294739 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明鏡止水

PR

Profile


tsukasatou

Category

Recent Posts

Archives

Headline News

Rakuten Ranking

2007/02/11
XML
カテゴリ:歴史
mixiで非常に興味ある話題を見つけました。

世に有名な関ヶ原の戦いにおいて、あなたは西軍・東軍どちら側につくかという内容でした。

これは私からすれば、かなり難しい選択です。なぜなら私は西軍・東軍の実情を知っているからです。学校では、東軍が勝利したという事実を教えますが、その裏話まではなかなか知られないものです(歴史好きは除く)。

関ヶ原の戦いで勝利したのは東軍です。東軍の総大将は徳川家康。対する西軍の総大将は毛利輝元でしたが、実質石田三成でした。ここで、それぞれの陣営を比較してみることにします。


西軍 兵力10万 陣形:鶴翼の陣
[主な参加武将]
 石田三成、島左近、大谷義継、宇喜多秀家、明石全澄、小早川秀秋、毛利秀元、吉川広家

東軍 兵力8万 陣形:?
[主な参加武将]
 徳川家康、本多忠勝、井伊直政、福島正則、黒田長政、細川忠興、山内一豊、田中吉政


兵力は諸説あるようですが、西軍が有利だったようです。なのになぜ西軍が負けたのかというと、ご存知小早川秀秋の裏切りです。

ここで焦点になるのは、石田三成がどういう人物だったのかということです。

本、漫画、ドラマなどを参考にすると、石田三成は非常に義理堅い人物で、豊臣秀吉から大層の信頼を得ていました。それもあって、福島正則ら、秀吉子飼いの武将から疎んじられる存在でした。加藤清正ら豊臣恩顧の武将らの朝鮮の役での手柄を握りつぶしたこともありました。ただ、それも秀吉のためにと思えばこそだったのかもしれません。

これらの事実を踏まえて、この記事を読んでおられる皆様は西軍と東軍どちらにつきたいと思うのでしょうか?ぜひ意見コメントをお願い致します。








Last updated  2007/02/11 12:27:21 PM
コメント(2) | コメントを書く

Calendar

Comments

oakley holbrook@ cmyswxiagclee@gmail.com I won't be able to see him today.H…

Freepage List

Favorite Blog

母の葬儀を終えました New! katariたがりさん

歴史コミュニティ jasmintea7さん
気になる最新求人情報 影武者0319さん
がんばるクマさんの… ま~くまさん
月刊猿復讐伝 龍皇神帝さん

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.