287876 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

明鏡止水

PR

Profile


tsukasatou

Category

Recent Posts

Archives

Headline News

Rakuten Ranking

全9件 (9件中 1-9件目)

1

フィロソフィ

2009/04/21
XML
カテゴリ:フィロソフィ
稲盛和夫名誉会長の公式HPを今日たまたま発見しました。

公式HP→創業者 稲森和夫

経営12箇条やフィロソフィの紹介も一部掲載されてありました。
これを参考にしながらフィロソフィについて考えていこうと思います。


稲盛和夫の哲学






Last updated  2009/04/22 12:03:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
2007/11/09
カテゴリ:フィロソフィ
wikiによると、風林火山の陣旗の始祖は武田信玄ではないようです。

南北朝時代に、足利尊氏を一時は追いつめた事がある南朝方の武将北畠顕家が武田信玄より先に風林火山を旗印に用いました。

北畠家は村上源氏の庶流で、顕家の父親は北畠親房。親房は後醍醐天皇によって開始された建武の新政を補佐。後に足利尊氏が鎌倉にて反旗を翻すと、顕家は奥州より兵を引き連れ、新田義貞、楠木正成とともに足利軍を打ち破る。やがて、足利尊氏は九州で再起し、顕家は再び足利軍と戦うが、和泉堺浦で高師直軍と戦い戦死する。享年21。顕家の子の北畠顕成は後に村上師清と名乗り、村上水軍の祖となる。

------------------------------------------------------------------
基本はネットや本を利用して調べていきますが、ブログをご覧になっている皆様からの意見や要望も参考にしていこうと思っています。何か「風林火陰山雷」について知っている方がいれば、是非とも情報提供をお願い致します。






Last updated  2007/11/09 07:25:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/11/06
カテゴリ:フィロソフィ
記事改訂中

------------------------------------------------------------------
基本はネットや本を利用して調べていきますが、ブログをご覧になっている皆様からの意見や要望も参考にしていこうと思っています。何か「風林火陰山雷」について知っている方がいれば、是非とも情報提供をお願い致します。











Last updated  2007/11/09 07:19:29 PM
コメント(2) | コメントを書く
2007/11/01
カテゴリ:フィロソフィ
大河ドラマ「風林火山」、テニスの王子様の「風林火陰山雷」、名探偵コナンの「風林火山陰雷」に触発されて、孫子の軍略「風林火陰山雷」について研究していこうと思い立ちました。

基本はネットや本を利用して調べていきますが、ブログをご覧になっている皆様からの意見や要望も参考にしていこうと思っています。何か「風林火陰山雷」について知っている方がいれば、是非とも情報提供をお願い致します。


☆★☆★☆★☆今日のニコニコ☆★☆★☆★☆

偉人の名言集
 アダム・スミスやルター等有名な偉人の名言集です。

☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆






Last updated  2007/11/01 08:21:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
2007/01/26
カテゴリ:フィロソフィ
「止めを刺す」=「完璧主義を貫く」

武士は敵に止めを刺すとき、止めの作法を怠らなかったそうです。怠った場合それは武士にとって恥となりました。

歴史物のドラマや本を見ると、完全に負けを悟ったときは潔く「止めを刺せ!」というシーンが何度か出てきました。

残り1%を終わらせなかったことで、それが致命傷になるやもしれません。次へのステップにつなげるためにも何事も100%で終わらせなければいけないのです。

ビジネスを例にとれば、100%の製品を作り上げる事で始めて真の信頼を得ることが出来ると思います。

人間はあと一歩で達成あるいは完成間近なのときは気分が上々で、慢心するばかりです。99%仕上がったときに、残り1%を終わらせなければ、多大な時間と費用をかけたものが無駄になります。

<参考文献>







Last updated  2007/01/26 03:23:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/11/29
カテゴリ:フィロソフィ
 我々人間が良き人間、すなわち心の美しい人間になるためにはどうしたらいいのだろうか?

 この現代社会において真に良き人間は一体どれくらいいるのだろうか?勿論、それを判断する方法は一概には言えないが、私なりの方法を言おう。それはその人がどのくらい周りから、心から慕われているかで判断する。部下と上司、後輩と先輩、親と子、そして友、それらそれぞれの関係の絆、結びつきはそうすることによって判断する。判断するときは、素直な心で、誰に対しても平等でなければならない。周りから心から慕われるためには、謙虚でありながら努力を積み重ねることである。

 何が正しくて、何が悪いのかを論じる善悪賛否論については読者各自にお任せしたい。しかし、万物が存在するのは大宇宙の真理に基づいた結果であることを理解していただきたい。
 宇宙には流れ、言い換えれば意志なるものが存在し、宇宙が誕生したビッグバンからそれは始まる。宇宙は今も膨張しているという。地球が生まれ、生物が誕生し進化発展を遂げたのは、大宇宙の意志によるものなのである。宇宙の意志は良き方向に進んでいると私は信じている。その意志に逆らった行動を取れば災いが自分に降りかかってくる。良き人生を送るためには自分の未来は輝かしいものであると信じ続けることである。どんな逆境に遭おうとも明るくそれを信じ続けることが大切である。これは自分の尊敬する人物が強く言っておられたことである。

 次回に続く(^-^)/






Last updated  2006/11/30 09:45:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/03/12
カテゴリ:フィロソフィ
 人間誰しもいつかは不運が訪れます。しかし、その大抵の原因は過去に行った自分の行為によるものが多いのです。悪いことをすればいつか必ず天罰が来るのです。
 それに対して幸運を得る一つの方法は「地道な努力を続ける」ことだと私は考えます。
 ”努力をすればいつか報われる”というフレーズがこの件に適合するでしょう。人間成功するか失敗するかどうかの分かれ目に、やはり努力は欠かせないのです。
 ところがその努力の大半は自分以外の人間にはなかなか伝わらないものです。自分の努力を知ってくれるのはやはり自分の家族でしょうか。例えば、小学校の頃、親に褒めてもらうため、あるいは周りに自慢するために必死に勉強してテストで100点を取った経験は皆さんには経験無いでしょうか?そして、それで味をしめた小学生はさらに勉強を続けることでしょう。この場合は親に褒めてもらった、友達に賞賛されたことが幸運を掴んだことになるのではないでしょうか?問題はそのことを自覚するかどうかです。自分が努力を行った結果が報いられたわけです。
 このようなパターンは人生の中で幾度か経験するでしょう。
 私は地道な努力を続けていれば、人生において最高の幸運を得ることが出来ると考えています。

 






Last updated  2006/03/12 11:37:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/01/26
カテゴリ:フィロソフィ
 今日の激動の社会を生き抜くためには、今こそ「哲学」が必要だと考えます。
 
 哲学は字の如く難解なイメージを受けますが、人間が生きていくための指針を導いてくれます。

 私は”哲学=生き方”だと考えています。そこで、今後このカテゴリでは私の「生き方」の見解を載せていこう考えています。
 
 例として
 
  「大義名分を立てる」
  「前向きに明るく」
  「地道な努力をする」
  「類まれなる向上心をもつ」
  「臨機応変に対処せよ」
  「素直で、謙虚で、驕らず」

  
 などの項目について、自分なりの定義を述べたいと考えています。
  
 






Last updated  2006/01/26 09:20:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
2005/11/09
カテゴリ:フィロソフィ
 経営にはフィロソフィ(哲学)が重要です。京セラフィロソフィの一例を参考にしながら、フィロソフィについて書き込んでいきたいと思います。

 「完全主義を貫く」

 何事も仕事は100%完全に遂行することが重要です。会社は製品を作ります。製品はサービスも含みます。製品を生み出す過程でミスがあってはいけません。どんな些細なミスであれ、製品を買う消費者に危害を及ばすかもしれません。そんなことになったら会社の信用がた落ちです。製品の部品を完璧に作り、完璧にそれらの部品を組み立てて、完璧に製品を受注先、流通業者へ送ります。

 その当然のことをやって初めて消費者に喜ばれる製品・サービスを提供します。経営者が杜撰であれば、すぐボロが出ます。経営者は現場へ行き、現場の取組状況を自らも目でよく観察し、従業員の意見を聞くことが大切です。


大変お手数ですが、をクリックしていただけたらブログ更新への意欲になりまので、よろしくお願いします


稲盛和夫の実学 心を高める、経営を伸ばす新装版 君の思いは必ず実現する 松下幸之助の実学 松下幸之助の経営問答 松下幸之助と稲盛和夫




 






Last updated  2005/11/09 08:04:20 PM
コメント(2) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1

Calendar

Comments

oakley holbrook@ cmyswxiagclee@gmail.com I won't be able to see him today.H…

Freepage List

Favorite Blog

アニメ ワンピース… New! katariたがりさん

歴史コミュニティ jasmintea7さん
気になる最新求人情報 影武者0319さん
がんばるクマさんの… ま~くまさん
月刊猿復讐伝 龍皇神帝さん

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.