2005.08.06

高校生の自主性を尊重して欲しかった!

カテゴリ:DIARY
 今日から開幕する全国高校野球選手権大会で、広島代表の高陽東が8時15分の原爆投下時刻を前に、開会式に備えて集合した他の48チームの選手たちに黙祷を提案しようとしたところ、日本高校野球連盟の関係者に止められ、同校ナインだけで黙祷した。
 
 高野連の関係者は「原爆は広島だけのこと。この場でみんなを巻き込むのは良くない」と制した。「広島のことも長崎のことも含めて、大会行事として8月15日に黙祷をしており、原爆の日の黙祷を全体の行事とするわけにはいかない。今日の黙祷は1校でやるものと思って許可した。」と話した。

同校ナインは列を離れ、自分達だけで広島の方向に向かって黙祷したという。選手の一人は、「他府県の選手にも被爆の悲惨さを知ってもらおうと考えたのに悲しい」と話した。


 戦後60年。原爆投下されたということが風化されることが懸念されている今、広島代表高陽東の工藤主将は立派だと思う。工藤主将は全体の行事として黙祷を提案したのではないはず・・・。原爆で亡くなった多くの方々の哀悼の意と平和への誓いは広島県民だけやればいいというものではないという純粋な考えからの提案だったはず。

 逆に行事にして何が悪いのだろうか?むしろ1分の黙祷でこういうことを考える機会を作るのは悪いことではないはずだ。8月15日には既に敗退してしまって甲子園を後にしている高校生だっているのだ。高校生全体で集まれる機会は開会式しかない。戦後60年という節目の年だし、高校生の自主性を尊重して欲しかった。もっと柔軟に考えるべきだと思う。



 





TWITTER

最終更新日  2005.08.06 16:56:06
コメント(0) | コメントを書く
[DIARY] カテゴリの最新記事