015537 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ナイスリフォーム社長の独り言

武者修行編

社長顔100


武者修行編


 大学を卒業して、就職をしました

と言っても、普通の人の就職とは違います



    同業の会社への就職です



 同業会社と言うのは、一応ライバルですから、

近くの会社には就職できません



    お客さんを取ることだって出来ますもんね



 そりゃ~、、

お世話になったんだし、そんなことしないけど、、

こっちが、お客さんを取ろうと思わなくても、、

お客さんから、指定されることもありますもんね。。

 

 また、その会社で修行すると言う事は、

すなわち、方針とか、やり方を盗むってことですから、、



    当然、、近くの会社は、、敬遠しますよね?



 だからね、社長さん同士は知っていても、

どんなに個人的に仲が良くっても、

他の会社に行くってことは、、




    ほとんどないんです



 お互いに、遠慮する

と言う暗黙の了解かな。。



 だから、わたしが就職した会社は、

大阪の池田市にある会社でした


 ここの店長(当時)が、

大変な信念をお持ちの方でした



 母が2年間鍛えてくださいとお願いしても、


「2年では無理ですよ、、3年かかります・・・」


 ってことで、3年の修行が始まることになりました




 本当に、いろいろな事を教えていただきました

たんに、仕事をしたら、それでいいんじゃない



何のために仕事をするのか?



その結果、何をしたいのか?



 こんなのことを言われるので、

新鮮な驚きの毎日でした




 特に、驚いたのは、倉庫番のおじさんが、


「中村君、会社と言うのは、○○で・・・」


なんて、語り出されるんです。




 うちの会社では、考えられませんでした。


   なんて、、会社なんだろう~


      そんな、驚きの毎日でした





 店長は、よく言ってました


「うちは、レベルが低いから・・・」



 わたしからすれば、

倉庫番のおじさんでも、うちでトップが取れるやん。。

そんなことを良く思ってました



 そして、、

実際の社員さんとしゃべったり、

仕事をしたり、、

はたまた、お酒を飲みに行ったり。。(笑)



    いろんな機会が、勉強になりました



 先方の社員さんは、、

最初は、多分こんな感じだったかな?





こいつは3年で自分の会社に帰りよる奴や。。

その間、邪魔せんかったら、、いいんちゃうかな?

どうせ、、社長のボンボンやろ、、フン!!だ。。



  ところが、、

意に反して、、




    わたし、、頑張りました。。(笑)




 一生懸命、、いろんなことを吸収しました。

いっぱしの、議論もできるようになってきました。

だから、本気の議論も出来るようになってきたんです。




     みんなが、仲間と認めてくれてました。




 こんな感じの関係と言うのは、、

もう、今後、できないでしょうね~



 ここの会社で、

実際に働き、実際に給与をもらい、

独りでの生活をしました



 実際に、自ら経験すると言うのは、

やっぱり大切ですねー。。



 でも、毎日のように、お酒を飲んだり、

夜遅くなってから食べたりと、

不規則な生活をしてましたから、、




    体重が、半年で、10キロ増えた。。(悲)



 これが原因で、その後、苦労するんですが、

若い時には、わからない。。(笑)



 こんな時の経験が、健康の大切さ、、

すなわち、タバコは止めたほうがいい、、

お酒も、休肝日を設けなさい、、



 なんて、、

小難しい事をいうようになったんです。。(笑)



 まあ、いろんな経験があったけど、

店長がしゃべった事を、

みんなが実際にはどう受け止めてるか?




    そんな事が分かったりしました。




 そんな中で、私の中に、信念が芽生えてきたんです。


店長の信念とは違いましたが。。(笑)



 でも、、

店長のすごいと思った事は、

たくさんあったけど、1つご紹介します


 当時、優秀な成績をあげた2~3人は、
グァム旅行ってのが、あったんです。


1年目は、ベスト3に入れませんでした。


2年目は、違う部署での仕事をしていたので

対象にすら、なりませんでした


3年目は、かなりの成績を残しました




    ひょっとすると、、グァム?



 でも、最後の3年目でしたから、

もう自分の会社に帰るので、そんな奴を選んでもね~

もったいないやんね~


 まさか、、

そんなことしても、

次の年の活躍は、もうないんですからね~




    でも、、違ったんです。。(驚)



 最後の数ヶ月は、経験しろってことで、

関係会社で働かせてもらってました




 そこに、店長から電話がかかってきました



「こーぞー、、グァムに行って来い!」


  「え?  でも・・・」


「なんや? お前、頑張ってなかったのか?」


  「いや、頑張りましたけど、、でも。。。」


「立派な数字をあげたやないか~」


  「ありがとうございます!」



 そんなこんなで、

初めての海外旅行に行かせてもらったんです




    3年目の3月、、最後の月でした。。




 今のわたしから考えると、

理解は出来ますが、、




    当時は全く理解できなかったです。。(苦笑)




 そして、グァム旅行から帰って、

3月31日、、店長が車で、嵯峨ガスまで送ってくれました



 最後は、わたしが、直接送り届けるんだ。。

これが、大事な息子を預かった、わたしの最後の仕事だー。。

って感じだと思います



 そんな想いと一緒に、

わたしは、3年の修行を終え、帰ってきました




続きまして、嵯峨ガス入社編です!



© Rakuten Group, Inc.