1556798 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

memo

PR

コメント新着

mama-goose@ Re[1]:台風来てます。(10/12) 空夢zoneさんへ ご心配いただき、ありが…
空夢zone@ Re:台風来てます。(10/12) 外猫ちゃんも濡れずにいてくれたらいいで…
mama-goose@ Re[1]:しまった!(10/01) rabbeeさんへ あ、お仲間が! なんか、足…
rabbee@ Re:しまった!(10/01) ガソリン、私も週末に入れてなくて~ 土曜…
mama-goose@ Re[1]:燕麦は芽が出た。(09/19) rabbeeさんへ 燕麦は人気ですよね。 以前…

カレンダー

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

東北関東大地震

2016年03月11日
XML
カテゴリ:東北関東大地震
東日本大震災から5年。

2 
 2011年3月11日撮影(C)mama-goose
             ↑
うちのあたりは、実家の大谷石の塀が全壊したほか
断水が半月続くなどの被害がありましたが
幸いにも、下水の配管は大きな損傷がなかったようで
汚水があふれることはありませんでした。
でも下水管が破損でトイレが使えない時用に
いろいろグッズが出ているんですね。





確かに備えあれば安心。

だけど、犬猫を飼っているなら
彼らのトイレ用品が使えると思います。
特に良さそうなのが、ペレットストーブの燃料にも使える
木製のペレットタイプのものや
おからでできたタイプ。





こういう材質なら、埋めて処理できて土にかえるので
ごみを増やしません。

その意味でも、ペレットストーブ、いいなぁ。
燃料のペレットが、ストーブに使えるだけでなく
猫トイレにも、非常時には人間のトイレにも使えそうだし。

これからは、そんなことも考えて
暖房器具やペットのトイレ用品を選ぶといいですね。



にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村










最終更新日  2016年03月11日 14時27分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年03月18日
カテゴリ:東北関東大地震
3月16日、NHKニュースワイド茨城で
被災ペットの保護と新しい家族への橋渡しをする活動が紹介されていました。

PAP_0196

「福島から茨城の里親へ」のキャプション。

PAP_0195

茨城でも比較的被害の少なかった地域で活動する団体です。
私はこの団体の会員さんとは面識がないし
里親会などのイベントに行ったこともないのですが
保護した動物の防寒用に古着を集めていると聞いて
着古したセーターなどを送ったことがあります。

PAP_0194

PAP_0193 

無事に新しい家族が決まって、出発した猫ちゃん。

PAP_0192

多くの保護団体が被災地でのペットの保護活動にあたっています。
こうしてTVなどで紹介されて
より多くの人が関心を持ってくれれば
行き先が決まらないまま
シェルターで保護されている犬猫に
大切にしてくれる家族ができていくのではないかと思います。

福島は、お隣りさん。
飼い主さんの生活が落ち着くまでの一時預かりであっても
常磐道ですぐ行き来できるので
飼い主さんも安心して生活再建に取り組めるでしょうし
ペットにとっても移動の負担が少なくて済みます。

茨城でも、福島に近い県北地域では
津波の被害もあったし
うちの周りでも修復の終わっていないお宅もあるほど
震災の影響は大きいものでした。
でも、それほどのダメージがなかった地域もあるのですから
少しずつ協力して
福島のみなさんの力になれたらと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年03月18日 20時19分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月11日
カテゴリ:東北関東大地震
地震発生時、リヴィングのパソコンの前にいた私。

「14:49 凄い地震、」

ツイッターに残った私のつぶやき。
あまりに揺れに、それしか書いてなかったようです。
とっさに、見まわして
自分の上に倒れてくるものがない位置にいたので
じっとしていたのだけど
食器棚や書棚の戸が開き
お気に入りの陶磁器や、これまで作ったエッグアートが
次々床に落ちて割れていくのを呆然と見ていました。
猫たちは怯えて二階に駆け上がっていきました。

「14:51 凄い地震、停電、食器めちゃくちゃ」

停電したので、すぐにパソコンの電源を切ったところで

「14:52 水槽が!また揺れ始めた!」

あまりの揺れに、リヴィングのあちこちに置いてあった水槽の
水面が揺れて水が飛び出し
ガラスの蓋は外れて水槽内に落ちたり割れたり。

午前中、3月1日に葬儀を終えた父の墓参りに行っていたため
はるくは車の中に入れたままでした。
実家にいる母の様子を見に行こうと
とりあえずガスの元栓を閉めたり
あちこちのコンセントを抜いて回ったり
(それってブレーカー落としておけば1度で済んだんですね)
車で実家に向かいましたが
途中のガソリンスタンドは設備の破損で閉鎖している所、
車の販売店の全面のガラスが砕けて道に散乱
実家についてみれば、塀が全壊。

2 

それでも、母も私も非常用に飲料水や
火を使わずに食べられるものを常備していたので
何とかなりました。

ガチョウと猫の世話のため、
歩いて自宅と実家を何度か行き来して
電気が通るまでの3日間は実家に泊まっていました。

その間、携帯が充電できないので
夜1回だけブログに投稿する以外は電源を切っておき
連絡がつかないと友人たちが心配してくれていました。

一言でもブログに書いておくことで
連絡できない知人たちに無事を知らせたり
当時の様子を思い出すことができるのはいいですね。

いろんな想いはありますが
無事に1年を過ごせたこと、感謝。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








最終更新日  2012年03月11日 23時13分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月05日
カテゴリ:東北関東大地震
福島で被災動物の保護にあたっている団体に
保護の際に使うキャットフードの支援をしようと
激安のドライフードを注文しようとしたら
なんと
売り切れでした!

モノは、イオンの自社ブランド“トップバリュ”の
ドライキャットフード
2.5kg入りが498円と、原料はなんだろう?と思ってしまう安さ。
そういうものをばらまくことに罪悪感を感じつつ
それがなければ生きていけない被災ペットもいる現実。

私が懸念するのは、
そういうフードを口にするのが
ペットばかりでなく野生動物もかなりいるはずだということ。
空腹であれば
生きものは何でも食べてしまいます。
いや、家畜は人間のあたえるものしか食べられないという事実もあるのです。
その結果、
草食動物の牛に肉を与えたために
BSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)が発生したり
抗生物質やホルモン剤を混ぜた餌を食べた家畜・家禽の肉で
薬剤が残留するケースが見つかったり
さまざまな問題が報告されてきました。

立ち入り禁止区域に残る生きものは
もちろん野生動物も多くいるわけで
彼らは放射能と同時に
そういう人工物を食べてしまうことで
何らかの影響が出てくるはずだと思うのです。

そんなわけで、
今までドライフードを置いてくることに
非常に抵抗を感じていたので
その活動を支援するためにフードを送ることはしていませんでした。

とは言え、捕獲のためにとなれば
特に今回は集中的に自治体などでも動いているため
一気に保護数を多くするならと
送ることにしたんですが…


売り切れになるほど
みんなが激安フードを送ったなら
それはそれで心配だなぁ…
そして、そんなに売れるならと
メーカーが増産したら
多分余るようになるだろうなぁ…

福島からの猫の受け入れも、
これまで数件の問い合わせをしていますが
何せ、今でも10匹の猫たちがいる我が家。
どこでも「お気持ちだけありがたく」と断られます。
(まあ、現実的には助かっていると言えるでしょうが)
としたら
やっぱり物資の支援でしょうね。
ってことで、別のフードを少々送ることにしました。


他にも
保温のために古着を集めているところとか
グッズを販売して運営に充てるとか
団体ごとに、いろいろな取り組みがあります。

できる範囲で協力していきます。

浜のミサンガ
024
そういう活動の一つ、
被災地に仕事を作るプロジェクトのグッズ。
倉庫にあった未使用の漁網を使ったミサンガを買うことで
ミサンガを作る仕事と売上金の収入を被災地にもたらします。
027

よくあるシリコンのリストバンドではない
手作りのアクセサリー。
薄着になっていく季節、
手元のワンポイントアクセサリーにぴったり。
支援も同時にできる
おススメのファッションアイテムですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年03月05日 10時07分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月01日
カテゴリ:東北関東大地震
NHKの夜9時のニュース番組の冒頭、
福島で犬猫の保護が始まったと報道されていました。

防護服を着たままトラップを仕掛ける
自治体職員さんの姿、
夏秋に撮ったと思われる犬猫の姿。
(今はもっと雪があるのでは?)

保護したものの、
引き取り先が見つかりにくい現状も紹介され
大木トオルさんのセラピードッグ育成の様子と共に
訓練して被災地で活躍できるように「選ばれた」犬
そして
ハッキリと話が出ないものの
画面には「選別されるいのち」の文字。

それって、引き取り手がない場合は処分されるってことですか?

多分、行政は否定するでしょうが
現実的に福島以外の自治体で
多くの犬猫が処分されていることを考えたら
福島だけが特別であるはずはないと思ってしまう。
※私の思ったことであって、事実がどうなのかはわかりません。

私自身、何度か被災猫の引き取りを検討し
実際、何件かの猫については問い合わせをしたのですが
現在猫10匹がいる我が家は飼養頭数過多で不適格とされて、
未だ被災動物は預かっていません。
もっとも、地元茨城も
未だにご近所でも
屋根瓦をブルーシートやガムテープで仮補修したままのおうち、
塀が倒れて瓦礫が庭に積んであるおうちなど
被災地であることは事実ですので
そういう所で保護した犬猫を優先しないといけませんが。


春からペットを飼おうと思っている方
ぜひ被災動物に目を向けて下さい。
雑種はいやというなら純血種の犬猫もいます。
例えば、ここ
チワワの飼い主さんを募集しています。
他にもダックスとか、猫も何種類か。

他にも、いろんなところで里親さんを募集しています。

MSNペットリサーチ

とか

猫の保護活動をしている「ねこひと会」とか。

必要な場合は除染をしてから連れてくるので
放射能がどうのという心配はありません。
また、引き取りは無理でも
保護した犬猫の不妊化や怪我・病気の手当ての費用を寄付することもできます。

保護シェルターに直接物資を送ることもできます

1年間生き抜いてきた彼らに

みんなが、できる範囲で。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村








最終更新日  2012年03月02日 12時25分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年02月15日
カテゴリ:東北関東大地震
しばらく前に知った、東北の復興支援グッズの一つ
「浜のミサンガ・環」

機会があれば購入しようと思っていましたが
たまたまサイトを知ったので注文しました。

024 

なかなか可愛いでしょ?
1つが1100円ですが
そのうち約570円以上が、作った人の収入になるそうです。
よくメッセージ入りで作られるシリコンのリストバンドと違って
アートともいえる手作り品なのがいいですよね。

027


詳しくは→こちらで。
購入もできますよ♪




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年02月15日 23時05分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月21日
カテゴリ:東北関東大地震
父が使っていた車を
被災地に送ることにしました。

かなり古いし、あちこち傷があるのだけど
それでも必要とされていることが分かったからです。

110602_1111~01p 

明日、支援団体に陸送となります。


父は退職前には福島に単身赴任していました。
私は一度も行ったことがなかったのだけど
三春に数年住み、週末には車で帰宅していました。
今回、被災地に贈る車は
退職後に購入したものなので
年式は古いけど、私の車より走行距離は短いんです。
車検の残っている間だけでも
被災地で使っていただければと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2011年06月21日 22時45分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月06日
カテゴリ:東北関東大地震
震災直後、物資の援助の呼びかけが多くありました。
これも、小規模の避難所に届かなかったり
所によって物が余っていたり
必要な所に必要なものが届かない問題がありました。

必要なものを買えるようにと
義援金の方がいいんじゃない?という人も多いですが
NHKのニュースで
自治体によって義援金の配分が進んでいないことを報道していました。

募金をしても届かない…


やっぱりなぁというのが、正直な感想。
被災状況の把握や対策、避難にまつわるあれこれで
役所の仕事がパンク状態になるのは目に見えているのに
義援金は自治体経由でしか配布されないからです。

私は今までの経験から
コンビニやスーパーで少額の寄付は続けているけど
その他に物資の送付も続けています。
今日も父の礼服など
現地からの要望のあるものを箱に入れ
自分の服もクリーニング済みのものなど
洋服のメモを入れて透明袋詰め。
(サイズやデザインなど、選ぶ時の参考になる事柄)

結構いろいろな団体が
被災地の要望と提供希望者の
マッチングサイトを作ってくださっているので
そういうところから自分で提供できるものを選びます。

義援金が届かないのでは
体一つで避難してきた方々はどうやって暮らすというのでしょう。

避難所にいれば支援物資が届くけど
仮設住宅に入れば届かないからと
当選しても仮設住宅には入れない人。
特に高齢世帯では、
被災地でなくても「買い物弱者」が出るなど
様々な問題で暮らしにくい時代です。
あちこちの支援団体が手を貸して行くことが
どうしても必要になってきますね。

私自身は物資の提供程度しかできませんが
現地での仕分けが手間取らないような工夫はします。
ひとり一人が少しずつ手を貸すことで
みんなが暮らしやすくなるんですよね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











最終更新日  2011年06月06日 21時45分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年05月29日
カテゴリ:東北関東大地震
これまで2回、複数口での支援物資送付をした
レスキューひたち85号ですが
未だに新品女性用下着の募集が続いているので
確認したところ、

「ありがとうございます。
 砂地に水をまくがごとくなくなるところを見ると、
 避難所での現金不足・物資不足・
 交通手段(特に自家用自動車)の不足がひどいと思われます

という返信。

他にも
郡山在住男性のツィートで次のようなものがありました。

行政はまったく届いていない。
 2000人被災者がいる場合、
 1600個しか物資が来ない場合、
 1つも配らないという対応をしてしまう。
 そうして食べ物などは廃棄されてしまう。
 外部から手伝いに来た人は
 そうした行政の対応を怒るといったことも日常茶飯事
 」
  (原文のまま引用)

ということは、
明るいニュースが増えてきた被災地でも
現実は生きていくのに大変なことばかりのようですね。

まだ送っていない本、衣類から
父の愛車に至るまで
協力できることはしようと思います。


110427_0955~01 

現地に行けない私の、
ささやかな支援です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2011年05月29日 23時09分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年05月26日
カテゴリ:東北関東大地震
今日は那珂湊駅の帰りに
那珂川沿いにある老舗「稲葉屋」さんに
「イチゴダッペ」を買いに行きました。
今まで3軒のお店で買ったのですが
今回はまた別のお店。

稲葉屋さんは、「反射炉の鉄砲玉」という飴で有名なお店。


1
(2009年4月29日撮影)

PAP_0928
老舗だけに、建物に地震の被害がありました。
向い側にある那珂川の堤防も
ご覧の通り、ずらりと土嚢が。
   ↓
PAP_0927

ここから海門橋に向かう道路は
復旧工事で全面通行止めのまま。
震災の傷跡は深く残っています。

でも、お店は既にオープン、
もちろん新商品のイチゴダッペもありますよ♪

PAP_0926 

PAP_0925
入口には反射炉のミニチュア版が置いてあります。

そして店内には代々伝わる落雁や煎餅を作る時に使う型が
説明と共に展示されています。

PAP_0924

PAP_0923

PAP_0922

PAP_0921

伝統的な和菓子の他にも
洋風菓子もあって、ファンの多いお店です。
屋根は壊れたけれど、無事で何より。
周辺道路も、はやく工事がおわるといいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2011年05月26日 22時54分39秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

フリーページ

カテゴリ

プロフィール


mama-goose


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.