186213 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カタルーニャでリュートを弾く 塚田智の日記

PR

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

音楽

2020.05.19
XML
カテゴリ:音楽

このスペイン人ギタリスト、サンチャゴ・デ・ムルシアの曲集は
当時のメキシコ音楽を多く含んでいる。
あるスペイン人がスペイン領であったメキシコの文化に通じるのは道理だ。
この"Los Impossible"は元はベラクルス周辺の民謡"Son Jaracho"の"La Lorroncita"という歌だった。
"Son Jaracho"はメキシコ先住民・スペイン・アフリカの音楽が融合したものだ。
サンチャゴがメキシコに実際に行ったかは定かではないが、
音楽的な交流があったことは認められる。
このように文化が伝播する経路を見るのは興味深い。






最終更新日  2020.05.19 02:34:41
コメント(0) | コメントを書く


2020.04.30
カテゴリ:音楽

バロックギターの本場はスペインだった。
その伝統がタレガまでのギターの隆盛につながる。
そのスペインギターの原点を築いた一人がガスパール・サンス
モダンギターのレパートリーでは『スペイン組曲』として知られている。
1674年に出版された彼の本から数曲を選んで並べたものだ。
編纂したのはイエペスだったか?
ホアキン・ロドリゴはやはりサンスの幾つかのテーマを用いて
ギター協奏曲『ある貴紳のための幻想曲』を書いた。
このある貴紳とはセゴビアのこと。
いずれもバロック時代の舞踏音楽として書かれており
当時の宮廷の様子を思い描くことができる。









最終更新日  2020.04.30 07:49:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.27
カテゴリ:音楽
今、多くの音楽家は自宅待機して活動ができないでいる。
コンサートができる環境が整う時期も明確でない。
こんな時は自室にこもってスキルアップの為の練習に明け暮れるに限る。
私には種類の異なる楽器が幾つかあるので紹介も兼ねて録音してみる。


バロックギターは古典ギター以前の楽器
5コースあり複弦はオクターブに調弦するなど複数の方法がある。
当初スペインで盛んになったのでヨーロッパではスペインギターと言われた。
弾いたのはモダンギターでも弾かれるド・ヴィゼーの組曲ニ短調
シンプルなだけに雑音の排除やラスゲアード、単音の処理に苦労する。

 



 

 
「禁じられた遊び」で有名なサラバンドは怪しい音楽管理会社に著作権を主張された。
そのためアップロードはしたものの現在は非公開。
もちろん、バロック時代の作品は誰も著作権を有しないので詐欺的主張だ。
異議申し立てをしてあちらの回答を待つ。
(多くの場合1ヶ月後特に回答せず、あちらの主張は取り下げられるらしい。)
このように古典音楽に不当な権利を主張し
利益を横取りするのは音楽への冒涜だ。






最終更新日  2020.04.27 22:46:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.12
カテゴリ:音楽
今週は結局一度も外へ出なかった。
金曜日は聖週間の重要な日だったが、
人の移動は制限され家族が集まって祝うことはできない。

過去に録音した音源をYoutubenのチャンネルに整理してみることにした。
10年以上前にCDにしたが今ではCDなど聞く機会はほとんどなくなってしまった。
ギターのレッスンでよく弾かれる小品を集めたものだ。






最終更新日  2020.04.12 09:59:43
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.17
テーマ:海外生活(7446)
カテゴリ:音楽
14日のコンサートは無事終了。
今回はいろいろな編成があって、
私はリュートデュオと通奏低音のテオルボを担当した。
デュオはホールの響きにも助けられとても気持ちよく弾けた。
古楽器には比較的大きめの会場だったが、
作品の繊細さはうまく伝わったようだ。



このコンサートの練習のためにバルセロナへ足しげく通った。
タラゴナからバルセロナまでは電車で1時間ちょっと。
用がなければ、普段はあまり行かないが、
遊びに行くと必ず寄る定番散歩コース
スペイン広場からモンジュイックの丘へ









最終更新日  2020.02.17 09:16:13
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.30
テーマ:海外生活(7446)
カテゴリ:音楽
ギターを学ぶ手がかりを探すために
初めてタラゴナを見たのは1月頃だった。
当時住んでいた内陸サラゴサから地中海沿いの町に来た。
一番印象的だったのが通りに実るオレンジだった。
春の訪れをつげる鮮やかな色が印象的だった。
それからここで音楽を続けることを決めたのだが、
実がついたオレンジの街路樹を見るたびにあの頃の気持ちを思い出す。
今年も私が一番好きな景色が見られる。








最終更新日  2020.01.30 03:27:24
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.19
カテゴリ:音楽
今日は午前中から、夕方までバルセロナで練習。
テオルボとリュートを抱えて家を出る。
久しぶりにメンバー全員で合わせる。
新しいメンバーがいるので構成や繰り返しの確認をする。
ほとんどがCDに収録した曲なので聞けばすぐわかるのだが。


休憩中に練習場からのぞくサグラダファミニア











最終更新日  2020.01.19 09:03:26
コメント(4) | コメントを書く
2019.11.22
カテゴリ:音楽
夏に発売されたCD"Taditional Catalan Songs"が
地元ラジオ局"Catalunya Radio"の音楽専門チャンネルで紹介された。
12月にはインタビューも放送されるそうだ。(私は参加しながったが) 
多くの人に知られて聴いて貰えればうれしい。

レウスにあるモデルニスモ建築を巡る。
レウスはガウディの生まれた町でもある。






最終更新日  2019.11.22 04:19:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.27
カテゴリ:音楽
6月頃完成したとお知らせしたCDはもう販売されている。
「カニゴー古楽アンサンブル」(The Canigo Early Music Ensemble)で検索すると、
タワーレコードなどで購入できるようだ。
このブログの楽天でも検索で見つかる。
最も今はCDを作ってもほとんど売れないので、
制作会社は音楽配信サービスを主に商売をしている。
Apple Music、Spotifyなど主要配信サイトでも聴ける。
そして、Youtubeでも無料で試聴できる。

しかし、CDのほうが音が良いそうなのでよかったらご購入を。






最終更新日  2019.08.27 08:01:27
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:音楽
6月頃完成したとお知らせしたCDはもう販売されている。
「カニゴー古楽アンサンブル」(The Canigo Early Music Ensemble)で検索すると、
タワーレコードなどで購入できるようだ。
このブログの楽天でも検索で見つかる。
最も今はCDを作ってもほとんど売れないので、
制作会社は音楽配信サービスを主に商売をしている。
Apple Music、Spotifyなど主要配信サイトでも聴ける。
そして、Youtubeでも無料で試聴できる。

しかし、CDのほうが音が良いそうなのでよかったらご購入を。






最終更新日  2019.08.27 07:10:20
コメント(0) | コメントを書く

全69件 (69件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.