506309 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本語で話そう

PR

Archives

Calendar

Profile


灰色ウサギ0646

Favorite Blog

つぐないの旅(19)… New! 悠々愛々さん

朝倉遺跡 万灯絵(… New! デコちゃん6902さん

タイのお土産 New! Blue*Hawaii**さん

推理パズル♪ New! しぐれ茶屋おりくさん

福岡大濠の名店Jacqu… New! 家族で眼鏡さん

Category

全3件 (3件中 1-3件目)

1

熊野古道

February 17, 2016
XML
カテゴリ:熊野古道

那智勝浦のホテルで夫は朝も温泉に入った。
どうやら風邪を引き始めたらしい私は、朝風呂はやめ。
駅に荷物を預け、その日は熊野古道那智から那智大社、那智の滝までのコースを歩くつもりだったが、風邪を酷くしてはと杉林のいちばん風情のある大門坂手前までバスで行き、古道を歩くことにした。

駅前でバスの切符を買おうとしたら、昨日の古道終点、那智駅から勝浦駅まで乗ったタクシーが駅前で張っていて、「那智神社までチャーター6000円にしておくから乗らない?」と聞いてきた。

それじゃ熊野古道歩きにはならないので断ってバスで大門峠まで行き、そこから古道を歩いた。

大門峠
大門峠 posted by (C)灰色ウサギ

風情がある道だが472段あるらしい階段、山歩き用ストックが役に立つ。

大門坂を抜けてホッとしてもまだまだ階段は那智大社まで続く。
階段の途中で郵便局が有った。前のお土産やで絵葉書を買い郵便局で書いて投函した。
「那智のスタンプ押して出しておきますね」と署員さん。

那智大社前参道
那智大社前参道 posted by (C)灰色ウサギ

熊野那智大社、清岸渡寺と階段を巡る。
まだまだ階段。

今度はどんどん階段を降りると那智の滝前、飛瀧神社まで降りる階段。これ滝まで降りたら又登るんだろうな。

那智の滝
那智の滝 posted by (C)灰色ウサギ

で、やっぱり階段登ってバス停まで戻った。

帰りの電車は紀伊勝浦からぐるっと和歌山回って新大阪から新幹線を取っていたが、少し早い電車に変えたら来た時と同じ三重県回り、名古屋経由の新幹線に成った。

どちらもほとんど同じ時間らしい。ちょうど良い特急が有るか無いかの違いだけ。


おまけは勝浦の遊覧船からの風景

遊覧船
遊覧船 posted by (C)灰色ウサギ






Last updated  February 17, 2016 05:39:53 PM
コメント(7) | コメントを書く
February 13, 2016
カテゴリ:熊野古道
クラブツーリズムのパンフレットと書いたが、実は参考にするだけで、いつものように旅行は全て自分で組み立てる。
であるから、翌日はホテルの朝食もそこそこに朝も早よから歩くのだ。

そのために宿は新宮に取った。

伊勢から鈍行電車に乗って3時間半。本当に不便な紀伊半島だ。新宮に着いた時はすっかり暗くなっていた。

翌朝、早朝、熊野三山の熊野速玉大社神社に参拝していよいよ熊野古道、中辺路(なかへちと読む)ルートの出発だ。

熊野速玉大社
熊野速玉大社 posted by (C)灰色ウサギ

熊野古道には「〇〇王子」という名の神社のような道標が有って、それをポイントポイントに目指しながら歩く。

最初の浜王子を過ぎると海に出る。熊野古道が海辺?そうなのだ熊野古道は伊勢路や浜街道など紀伊半島の海岸を地図をなぞるようにぐるっと回る道もある。


熊野古道 中辺路 新宮から那智
熊野古道 中辺路 新宮から那智 posted by (C)灰色ウサギ

砂に足を取られる。石の上を歩くと乗った石が砂の中に埋まり足を挫く。この街道脚ばかりに力が入って進まないこと進まないこと。

やっと、浜が切れ高野坂で山道に入った。

熊野古道 伊勢路 高野坂
熊野古道 伊勢路 高野坂 posted by (C)灰色ウサギ

熊野古道はあっという間に高い崖の上に登り、来し方を振り返れば、さっきまで歩いていた砂浜が眼下に青い海を連れて横たわっていた。

熊野古道 伊勢路 高野坂
熊野古道 伊勢路 高野坂 posted by (C)灰色ウサギ

登れば降りる慣い。

熊野古道 伊勢路 高坂峠
熊野古道 伊勢路 高坂峠 posted by (C)灰色ウサギ

その日のコース15キロ。旧街道の旅人だったので15キロなどなんでもないが、砂地の歩きはことの外疲れた。

その日のお宿は紀伊勝浦。
温泉付きのホテルで良かった。






Last updated  February 13, 2016 09:01:29 PM
コメント(8) | コメントを書く
February 10, 2016
カテゴリ:熊野古道
東海道五十三次、中山道と街道巡りが終わって、さて次なる旅はと考えた。
五街道の残り甲州街道か日光街道かと調べている時、クラブツーリズムの月刊が届いた。熊野古道のツアーが載っていた。

成る程、熊野古道という手もある。
調べてみると、熊野古道は一本のルートではなく、紀伊山地の熊野三山(熊野本宮、熊野速玉大社、熊野那智大社)を巡るルートが難本もあり、その出発点もあちこちにある山岳信仰の道。
険しい山道あり、関東からの交通の弁が悪く、途中必ず泊らなければならない宿泊施設の種類が限られると、なかなかの難コースである。

俄然ファイトが湧いてきた。足腰のしっかりしているうちに行かなければ。

先ずは小手調べと伊勢神宮から出発する伊勢路ルートの一部をと冬の晴れたある日に出発したのである。

何十年ぶりかのお伊勢さん。外宮内宮と順序通り巡り、鳥居前町のおはらい町でブロ友さんのhanacoromoさんお勧めの伊勢うどんと名物手ごね寿司セットを食べ、定番、赤福本店で作りたて赤福を食べた。

巡礼の旅の始まりである。
次回はいつ行かれるかわからないが・・・

伊勢うどんと手ごね寿司
伊勢うどんと手ごね寿司 posted by (C)灰色ウサギ






Last updated  February 10, 2016 07:19:07 PM
コメント(8) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.