504434 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本語で話そう

PR

Archives

Calendar

Profile


灰色ウサギ0646

Favorite Blog

駿府城光のナイト☆坤… New! ヴェルデ0205さん

孫と過ごした夏休み New! nik-oさん

つぐないの旅(14)… New! 悠々愛々さん

福岡大濠の名店Jacqu… New! 家族で眼鏡さん

江戸城大奥の昇進順… New! しぐれ茶屋おりくさん

Category

全8件 (8件中 1-8件目)

1

シンガポール2018

February 28, 2018
XML
カテゴリ:シンガポール2018
シンガポールに着いた日、ホテルに着いたのは朝9時ちょっと過ぎ。チェックインにはだいぶ早い。荷物を預けて観光するつもりでいたら、直ぐに部屋に案内してくれた。
その理由がだんだん滞在中に分かって来た。私たちのフロアーには清掃係のMs Li Yan Joaoが朝出勤して来て私たちの部屋に近い彼女の部屋に入る。そして一日中そのフロアーにいて、ゲストの部屋の掃除や世話を焼くのだ。だから、早朝出発した人の部屋は直ぐに使用できる状態になる。


rblog-20180228004030-00.jpg


部屋はガンガン冷房でも外は暑いから外出のたびシャワーするとコンコンとノックしてタオル濡れていたら変えるよと、Joaoさん。彼女実は中国語で話し、英語が通じない。コミニュケーションは身振り手振り。これがなあんとも楽しい。
「クリーニング出してくれる?」「ごめんなさい今日だけはお正月で休みなの明日でいい?」「夜冷房寒いから毛布もう一枚くれる」「昨夜スペアー毛布出してたようだから、今日はカバーをかけて敷いて置いたよ」とベットに行って毛布を少し剥がして見せる。チップを受け取る時の「サンキュー」だけ英語が可愛い。

シンガポールにはマレーシアから働きに来ている人も多い。チリクラブを食べた「パームビーチ」のウエイトレスさんも、ハイティをした「シャングリラのローズテラス」のウェイトレスさん達もそうだ。なぜわかるかと言うとご隠居が必ず彼女達とお喋りするからだ。

ホテルのタクシー溜まりの人達もきっとそう。マレー語はインドネシア語にとても似ている。私は少しだけだけどインドネシア語が出来るから。ところどころわかるのだ。

いつも旅の楽しみの1つは現地と人との触れ合い。


rblog-20180228004030-01.jpg

帰国した日。
羽田から家に着くか着かないかぐらいに、ホテルのゼネラルマネジャーからメールが来ていた。

実はホテルを去る時アンケート用紙に答えて来たのだ。いつものように。
「このホテルで特に印象に残ったスタッフがいたら書いてください」と言う項目に、コンセルジュ部門のIdelさんと清掃のJoaoさんの名前を書いた。
メールには宿泊のお礼とその2人に私のお礼を必ず伝える由が書かれていた。

空にそびえる近代的なマンモスホテルがいっぱいあるシンガポールだけれど、客室数の少ない歴史的ホテルを選んだ今回の選択も当たりだったと思った。






Last updated  February 28, 2018 12:40:32 AM
コメント(2) | コメントを書く
February 26, 2018
カテゴリ:シンガポール2018
シンガポールでの、またある日、
午前中プールでくつろいで、昼になると部屋に帰って外出着に着替え玄関に出る。スタッフ達が「今日はどちらへ」と言う。
「リトルインディアへ」。ホールのコンセルジュから、ドアマンへ。ドアマンから外のタクシー係の人たちへさながら伝言ゲーム。タクシー係が運転手に「リトルインディアだってよ」と伝えてるように思っちゃうのは私の想像。

リトルインディアはアラブ街と同じでお正月でもやっている。


rblog-20180226120105-02.jpg


この街の事はどこに何があるかしっかり覚えている街。
ウェットマーケット(テッカセンター)から一筆書きのように見所を回りながら路地を歩く。
アメ横の横丁入った店のような細い路地の中の小さな店を見つける。


rblog-20180226120105-03.jpg



何年か前に来た時と同じおばさんが店にいた。相手は覚えてない。「前にここでヘロ目の象のクッション買ったのよ」ヘロ目とは私がその刺繍の象の目をそう呼んでいるだけ。
手作りだから1枚1枚全く違う象の模様。
店のおばさんが28シンガポールドルで良いよという。おや、以前交渉して負けて貰った値段と変わらない。なぜ?最初から安くなってる。ご隠居がいるから。「前に負けて貰って買ったんだ」と言うも「これ以上負けられないと言う」
50ドル紙幣を出すとお釣りを探しに言った。25ドル返って来た。
お釣りの2ドル札がないからまけてくれたのだ。
このクッション、かなりアバウトな値段なのだなあ。

街を歩いて、ふと一軒のインドレストランが賑わっているのを見つけて列に並んだ。ご隠居念願のインドカレー。

隣は中国人グループ。物凄く残して退出。彼らには辛すぎたか。この店に決めた理由はインド人率が多い事だった。彼らが美味しいと思っているならきっと美味しい。

何を注文していいか分からない。取り敢えずマトンとチキンカレー。チキンは煮るか揚げるかと聞いて来る。出来るだけ胃への負担を避けて、煮る方を注文。ご飯は白を選ぶ。

バナナの葉っぱをお皿代わりに広げ、ご飯やら、付け合せのキャベツの煮たものやらサービスされ、最後にカレーがやって来た。


rblog-20180226120105-01.jpg


ファーラーパークの駅までまたぶらぶら観光して帰った。


rblog-20180226120105-00.jpg

クッションになっている方は以前買ったもの。娘曰く、「象の目、エロ目度が足りない」!











Last updated  February 26, 2018 12:01:07 PM
コメント(3) | コメントを書く
February 23, 2018
カテゴリ:シンガポール2018
滞在2日目の朝の涼しいうちにタクシーでシンガポール植物園へ。以前来ている。広大な庭。前回来た時はその公園が南北にものすごく長いと知らず、北から南の端まで歩いて暑さとその広大さでバテた。よって、今回は中間にある「ナッシムゲート」を指定して降車した。
そこから蘭ガーデンや生姜ガーデンも近い。
帰りも少し先にタクシープールも有るので帰りやすい。

この公園、最初は人工的に手を加えて作ったのだろうが、今はすっかり自然のようになって、入り口のインフォメーションスタンドで早口の英語で地図を示しながら、お兄さんが説明してくれたように、ゆっくり散歩しながら歩くと、熱帯雨林あり、ビオトープ有り、犬の散歩やランニングしている地元の人がたくさんいた。市民憩いの森なんだろう。心も身体も落ち着ける公園だった。

インフォメーションの人が「シニアは安くなるよ」と教えてくれたのでオーキッドガーデン(蘭)入場時に「私たちおじいさん、おばあさんです」と申告して安くして貰った。

「前来た時、大きなトカゲがいたのよね」とジンジャーガーデンのその場所で指差すと果たして横の草むらからオオトカゲがにゅうっと出て来た。全く同じポイントでってどう言うこと。不意を突かれてご隠居写真撮影にあたふた。


rblog-20180223103337-00.jpg



2日後、夜に海辺のガーデン・バイ・ザ・ベイに行った。
ここでも隠居組安くなるかなと思っていたが、書かれていたのはシニア市民のみ。残念。
こっちも広大なガーデンだ。でもそのほとんどが人工物と植物のコラボで出来ている。
大きなドームの植物園の中は何万個だろう鉢植えの菊で急ごしらえ旧正月仕様。もう1つの巨大ドームの中には巨大な張りぼてみたいなもの(表現が悪いかな)外側に欄など貼り付けたり滝を作ったりの壮大な塔が有って、エレベーターで一気に登り、空中庭園さながらその中や周りを歩いて降りてくる。なんか未来都市のガーデン感覚。一番外側のガラス張りからはマリーナベイサンズが見えた。


rblog-20180223103337-01.jpg


そこを出て巨大な植物塔が並んでいる場所に行くと、大勢の人が地面に座ったり寝そべったりしている。


rblog-20180223103337-04.jpg


我らもなんだか分からず真似をして座った。隣のインド人(だと思う)に聞くと、8時から、その塔にイルミネーションが灯り光のショーが始まると言う。マリーナベイサンズホテルを挟んで、あっちの港で噴水とレーザーのショー、こっちでイルミネーションのショーを同時刻にやるんだ。凄い。


rblog-20180223103337-02.jpg


ショーを見ていると、ポツポツと雨が、そういえば「ライトニングリスク」のため空中通路歩きは中断中と書いてあった。夕立が来る!

さっと立ち上がって戸惑っているご隠居の手を引く。急ぎ足で屋根のあるところに移動すると果たしてざあーと大粒の雨が降って来た。少し濡れたが素早い行動でずぶ濡れにならずに済んだ。
そこからは人々が移動する前に一目散で屋根の有る通路を歩いてタクシースタンドへ。
我らがタクシーに乗った後には長いタクシー待ちの列ができていた。

2つのガーデン。
私の中ではシンガポール植物園の勝ち。


rblog-20180223103337-03.jpg








Last updated  February 23, 2018 10:33:40 AM
コメント(5) | コメントを書く
February 21, 2018
カテゴリ:シンガポール2018
旧正月中のある日、ホテルで1日過ごし、夕方タクシーでナイトサファリに出かけた。

さあ着いたと張り切ってチケットカウンタに並ぶも、7:15入場売り切れ、8:15入場売り切れ、9:15入場売り切れ10:15のチケットしか無い。無い。もちろんナイトサファリだから夜の10:15分入場チケット。ただ今7時。
えー、3時間も待つの?

それでも、9:15分の切符が手に入った。それまでの2時間、入場無料のリバーサイトに行けと言われるままにリバーサイドでお魚やジュゴンを見て過ごす。夜お魚見てもねえ。
ならばとスターバックスでサンドイッチ食べながら待つも、8時になったら閉店準備を始めおい出された。

仕方がないので少しでも近くに行ってようとナイトサファリ入り口で列に並ぶと後ろに並んだアメリカ人に夫が何時のチケット?と聞く。私たちより早い。じゃあ、交代交代とみんなで笑いながら。並び順交代。

ジリジリ進みながら入場時間になってすぐ英語トレイル電車に乗った。

40分電車で所々明かりのついた所にいるライオンや象を見ながら巡った。前回はトレイルを歩いたが、いつも言うように年寄りになったから夜眠くなる。
たったそれだけでああ疲れたとサファリを出て、またタクシー乗り場の列に並ぶ。タクシー来ない来ない。
ホテルで借りたタブレットの電話でタクシーコールできるのだが、街から30分のサファリ、待つのが早いか、呼ぶのが早いか?結局1時間待ってタクシーに乗った。
ナイトサファリは旧正月で大外れ。

真夜中のホテル帰着。

いつも玄関前やフロントにいっぱいいるスタッフも流石に1人のみ「お帰りなさい」と迎えてくれた。

おや、1人夜中のプールで泳いでいる人いるよ。

リバーサファリ
リバーサファリ posted by (C)灰色ウサギ

リバーサファリで見た夜なのに寝てなかった魚。






Last updated  February 21, 2018 06:54:56 PM
コメント(8) | コメントを書く
February 20, 2018
カテゴリ:シンガポール2018



アフタヌーンティといえば三段式のトレイにスコーンやサンドイッチ、スイーツ。

シンガポールはこれに飲茶などの中華系の物を加えて独自のハイティとして発展した。

前回シンガポールに友人と行った時は、ラッフルズホテルのティフィンルームのハイティと宿泊したマリーナベイサンズの屋上超有名空中プールサイドのClub55のチョコレートブッフェを体験した。

ちょっとリッチな雰囲気ではあったが、観光客向けかなと思った。

タクシーのドアを開けてくれたのはシャングリ.ラをイメージした衣装?を着たドアマン。ちょっとドキ。

今回はシャングリ.ラホテルのローズテラスのハイティ。
メールで直接予約した返信メールにドレスコードは「セミフォーマル」と書いてあったのでご隠居はネクタイに背広、私はワンピースで出かけた。
なーのに!
西欧系とみられるグループはワンピースやシャツ姿だけど、半分ぐらいいる中国人のお客さんはビーチサンダル履いてたり、ジャージっぽかったり、半ズボンだったり。あのメールはなんだったのか聞いてみたい気持ち。
まあ逆よりいいかと。

ガラス張りの中2階に有って1階のロビーの喧騒から隔離された落ち着いた空間には有る。料理の品数もたくさん有るが、サンドイッチのパンが独特で馴染めない。中華系のおかずのようなものも私たちの宿泊ホテルの朝食ブッフェと同じようで、取る気になれない。残るはスイーツ。スコーンとお茶だけサービスされ、後は全てブッフェ。バラの模様の食器でいただく。
色々な種類の手作りチョコは面白い。


rblog-20180220224231-00.jpg


rblog-20180220224231-01.jpg

旅程最終日の最終イベントがこれ。タクシーでGoodwood Parkホテルに戻ってタクシーを待たせて、昼チェックアウトした時に預かって貰った荷物を受け取りそのまま空港に向かった。








Last updated  February 20, 2018 10:42:32 PM
コメント(2) | コメントを書く
February 18, 2018
カテゴリ:シンガポール2018


2月16日の朝、ゆっくり起きて朝食レストランに行こうと部屋を出ると、廊下にいつもの清掃のスタッフがいて、「新年おめでとう」と言われた。

そうか今日は旧正月。

彼女、いつも我が部屋の気配りをしっかりしてくれて、毎日置いていく水ボトル2本の他に時々ノックして水足りているかと持って来てくれる。夜遊びして帰るとカーテンが閉まっていたり、みかんが入ったニューイヤーの赤い紙袋やおめでとうカードが置いてあることも。


朝食会場へ向かう途中で黒いスーツのコンシャルジェさん達が皆、おめでとうという。このホテル昔ドイツのクラブだったという伝統が残っているのか、ゲストの数にするとやたら従業員が多い、聞きたいことあってもすぐ捕まる。我が部屋のバトラーさんはタブレットで呼べと言うが、貧乏人のウサギ達、使い方がいまいち慣れないのだ、ロビーに誰かしらいるからそこで聞いた方が早い。



rblog-20180218192204-04.jpg


レストランのスタッフも皆「おめでとうと言う」2度目のお正月気分。

イブの前夜はホテル内の中華レストランは、大晦日のお祝いパーティーでごった返していたが新年の朝は静か。

朝食後は新年関係ないアラブ街に行ってバティック買って帰ってきたら、玄関前に朝、バトラーのイディルさんに12:00にお祝いの獅子舞とドラゴン踊りが有るからと言われていた獅子舞集団がちょうど来てパフォーマンスを始めた。


rblog-20180218192204-02.jpg


その日はホテルのハイティを予約していたので着替えてレスプレッソというラウンジカフェへ。大きい方のプールを見ながらブッフェスタイルのアフタヌーンティー。駐在員の奥さん達に人気というだけあって日本人がいっぱい。宿泊客は春節の中国人が多いというのに。食べ放題というにはやっぱりいう体に良くない。目移りしてつい食べすぎる。この日はお正月用の特別中華スイーツなどもあって食べ過ぎた。あ、料金はお正月なので割高。


rblog-20180218192204-03.jpg

ウェルカムドリンクのフルーツポンチ。

一番上の写真は違う日に食べたウェルカムケーキセット。








Last updated  February 18, 2018 08:22:07 PM
コメント(2) | コメントを書く
February 16, 2018
カテゴリ:シンガポール2018
今年は夫の地域のボランティアでやれ運動会だ、やれお祭りだと、忙しくて長期に海外に出られない。ならば暇な今のうちにちょろっと海外にと選んだのが日本とは反対の季節のシンガポール7日間。


しかし、航空券とホテルを予約してから娘に言われた。旧正月だよ、店全部閉まるよ。

え、果たして、予約するレストラン、どんどん弾かれる。送ったメールに「Chinese New Year」などと手書きされて送り返されて来るものも。予約が取れても正月料金に値上がりしている。

まあいいか、いっそのこと旧正月がどれだけ不便か、見てやろう。締め出されたらゆっくりホテルライフを満喫しよう。

近代的なホテルより、伝統あるコロニアルホテルをと選んだのがGoodwood Park Hotel.お陰で最初の日からコンシェルジュの方が名前を覚えて、なんでも相談しろと言ってくれた。ここバトラー的コンシェルジュさんが沢山いて気配り、目配りしている。無料海外電話のできるタブレットを貸してくれ、外出先からのタクシーコールも容易にでき、外出先からのSOSもいつでも彼の番号にかけろと言う。


ホテルには、小さい方のプールサイドにリスが住み着き、毎朝ホテルの林の南国鳥の声で起こされる。「キョキョキョキョキョ」と。


rblog-20180216174736-00.jpg

泳いでいたら花がポトリと水の中に落ちて来た。

rblog-20180216174736-01.jpg

小さい方のプールは客室に囲まれていて入りにくいので静かで良い。秘密の花園ならぬ秘密のプールの様。おや、ご隠居の足が。






Last updated  February 16, 2018 06:47:38 PM
コメント(2) | コメントを書く
February 15, 2018
カテゴリ:シンガポール2018
普通の人は、仕事を終わらせてぎりぎり空港に飛び込み、深夜便で海外に行くのだろう。

私たちのフライトも深夜便。

隠居組の我ら暗くなると眠くなる。5時を過ぎたらもう家でやることもなくなり、冷蔵庫やゴミも片付けたので何にも食べ物がない。

しょうがないから空港にでも行きましょ行きましょ、と家を出て電車に乗った。

空港は空いていた。Wi-Fi借りてもまだまだ時間がある。チェックインカウンターもがら空き。

結局ね、5時間もラウンジで過ごしましたよ。腰が痛くなったので電動マッサージに交代で出かけ、またラウンジに戻り飛行機を眺める。

昔、父や母が予定より物凄く早く集合場所や我が家にやってきた心理今、やっとわかりましたよ。


rblog-20180215223005-00.jpg






Last updated  February 15, 2018 11:30:07 PM
コメント(5) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.