1537725 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ここらでちょっと途中下車

2021.04.21
XML
カテゴリ:病気
7日に入院して、8日に手術し、残すところもあと一日、明日退院予定だ。
手術の経過は順調で、傷口もきれいにくっついているそうだ。

<汚い足でごめんなさい>
今はまだ、こんな風にところどひきつったりして見える状態だけれど、徐々にきれいな線になっていくだろう。
帰ってからは、お風呂に入っていもいいし、プールは5月の連休開けぐらいから行けるだろうということ。

本当にここの病院ではよくしてもらった。
主治医のS先生は、朝晩様子を見に来てくれる。痛みがあると言えば、その都度、点滴やボルタレンの処方など、希望も聞いてくれるので安心だ。
担当医のN先生も、毎朝様子を見に来てくれる。テープの張替えをしてくれたり、二人の先生にちゃんと診てもらえるなんて、すごい贅沢なことなんじゃないだろうか。

一日2回あるリハビリは、作業療法士OTの先生と理学療法士PTの先生で、どちらもすごく熱心。
先週までリハビリしてくれたOTのN先生は、2年前お世話になったPTのI先生のだんなさん。車椅子の乗り移りから、歩行器、杖、階段の歩き方まで丁寧に教えてくれた。今週から担当してくれるA先生にちゃんと引継ぎをしてくれていた。A先生は2年前も担当してくれていた。病院内の階段の上り下り、平面からの立ち上がり、今日はお風呂の入り方を教えてくれる予定。マッサージでほぐしてくれるのも気持ちがいい。
PTのK先生は、筋肉をほぐしてくれて、使っていない筋肉も鍛えてくれる。K先生のしてくれるストレッチが、痛いけれど、とても気持ちが良くて、体に効く~と言う感じ。おかげでどんどん良くなっていくのを実感できた。

看護師さんたちも、若い人が多いけれどとても親切。看護師さんたちを見ていると、大変な仕事だなあと思えた。担当看護師のKさんは、私が部屋でパソコンを触っているのを見てたので、ブログのことを教えたらすぐに見てくれたと言う。歩けるようになるまでは、傷口を冷やす氷を持ってきてもらったり、痛いと言って点滴してもらったり、いろんなことをお願いしても、どの看護師さんも、気持ちよく接してくれた。個室だったら構ってもらえないかも、と思っていたけれど、この病院では全く関係が無かった。
飲み物も、私はお水とお湯と暖かいお茶を頼むけれど、一日三度入れなおしてくれるし、ご飯も運んできて戻してくれる。部屋の掃除やゴミ捨ても毎日と、気持ちよく過ごせた。

明日退院するけれど、大阪のコロナ患者のひっ迫で、どうも個室はほかの病院から運ばれる、コロナ以外の重症患者のために空けておくみたい。この病院は、コロナ患者も受け入れているけれど、感染病棟は別の建物で、完全に分離されている。以前より、看護婦さんの数が少ないなあと思ったけれど、そちらの方に回っているのかもしれないな。






最終更新日  2021.04.21 20:10:02
コメント(11) | コメントを書く
[病気] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.