4212573 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夜が待ち遠しい

PR

Profile


さかまたつみ

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Comments

さかまたつみ@ Re[1]:本蓮沼の住宅街の人情食堂(07/01) ゆきちゃんさんへ なるほど、と勝手に納…
ゆきちゃん@ Re:本蓮沼の住宅街の人情食堂(07/01) 原住民です。 ついにいらっしゃいましたね…
さかまたつみ@ Re[1]:三河島の駅前居酒屋は大盛況(06/12) オヘソさんへ ご報告ありがとうございま…
オヘソ@ Re:三河島の駅前居酒屋は大盛況(06/12) 残念ながら若松さん閉店してしまいました。

Free Space

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ざ・鬼太鼓座 [ 鬼太鼓座 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新宿乱れ街 いくまで待って [ 山口美也子 ]
価格:1915円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トウキョウソナタ [ 香川照之 ]
価格:4568円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

けんかえれじい [ 高橋英樹 ]
価格:2181円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大地の子守歌【Blu-ray】 [ 原田美枝子 ]
価格:3958円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロケーション [ 西田敏行 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピクニック【HDリマスター版】【Blu-ray】 [ シルビア・バタイユ ]
価格:4223円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フルスタリョフ、車を! 【DVD】
価格:3991円(税込、送料別) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

出発 [ ジャン=ピエール・レオー ]
価格:4115円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

けんかえれじい [ 高橋英樹 ]
価格:2181円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

皆さま、ごきげんよう [ リュファス ]
価格:4100円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラヴ・ストリームス [ ジーナ・ローランズ ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブロンド少女は過激に美しく 【Blu-ray】
価格:4141円(税込、送料別) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カリフォルニア・ドールズ [ ピーター・フォーク ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リオ・ロボ【Blu-ray】 [ ジョン・ウェイン ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドン・シーゲル傑作選 DVD-BOX [ ロバート・ミッチャム ]
価格:5443円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)


2016/05/08
XML
カテゴリ:東京都その他
 なんて挑発的なタイトルにしてしまったのは、ようやく書き上げた記事が操作ミスで消えてしまったことへの苛立ちでしかないので、気になされぬようお願いします。当初、ダラダラと書き綴っていたのでまだしも初めの方であれば消えてしまって良かったと思わなくもないのですが、後半で熱がこもってからの文章は素晴らしい名文でありました。あれ程の名文はやたらめったらのことでは書けはせぬ。返す返すも悔やまれます。

201605_三鷹・ふれーず.jpg

 ところで、三鷹は喫茶、酒場に限らずこれまでほとんど登場していません。なぜなら若い頃通い過ぎてうんざりしてしまっているからです。また、特に喫茶店については、それ程の店があるはずもないと高をくくっていた節もあります。三鷹には主に2つの理由で通っていました。ひとつは三鷹オスカーという3本立て名画座で映画を見るため、もうひとつは三鷹の病院に入院していた友人を見舞うため。今はなき「喫茶・軽食 クラウン」、「珈琲家」にもその行き来の際に立ち寄ったものです。今も残る「茶房 ふれーず」にも何度かお邪魔していて久しぶりに立ち寄ろうと店の前に立ったもののお休みなのは少し残念でした。

201605_三鷹・リスボン01.jpg

201605_三鷹・リスボン02.jpg

201605_三鷹・リスボン03.jpg

201605_三鷹・リスボン04.jpg

 そうもう一軒何度か訪れたのにはどうしてか縁がないのか入れた試しのない喫茶店に向かうことにしました。南口駅前を通ると、中野の有名酒場がよく知られる「第✕力酒蔵」の何番目かの店があったり、立ち呑みの優良店がありましたが、いずれも立ち退かれてしまったようです。これでまた三鷹の町もどこぞの町とも見分けの付かぬ退屈千番なありきれた町の一つでしかなくなってしまいました。でも数少ない往時の情緒を醸している飲食ビルが残っています。その地下飲食外に人気ラーメン店なんかと並んで1958年から営業しているという「リスボン」があります。今日は開いているようです。「珈琲家」や「茶房 ふれーず」と同様に木製のさり気ない椅子がいかにも三鷹の喫茶らしく感じられるのは、特に愛着もないこの三鷹にもぼくのこっ恥ずかしい青春の残滓が留まっているのでしょうか。何気なくそれ程の年季を感じぬ品のいいよく手入れされた店内を見渡しながらコーヒーを口に運ぶと、名画座のスクリーンに映し出される名画ともいえぬ数多の駄作が蘇ってきたり、入院中というのにやけに元気だった友人との他愛ない会話が思い起こされたり、なんてことはまるでなくて、隣席の客の食べるやけに気になるランチばかりが目に付くのでした。この身も蓋もない言い方をするとコーヒーショップのような素っ気なさが三鷹の喫茶を特徴付けるとこの時は早急に結論付けたのてすが、それが全くの誤りであることが追って判明するのでした。

201605_三鷹・みなと屋.jpg

 どうやらお腹が空いてきたらしい。少し南に外れた場所に食堂があったはず。足を運ぶと何たることつい先達、長い歴史に幕を下ろされたようです。駅前を見ていたので特段の感慨もなく目当ての喫茶店に向かいます。延々ひたすらに20分も歩いたでしょうか。念願の喫茶店にようやくたどり着きました。

201605_三鷹・オリーブ.jpg

 ところが一軒家の特に目立ったところはないものの、店内から溢れる暖色の照明が間違いなくよい雰囲気の喫茶空間が広がるとのさしたる根拠のない予感に見舞われますが、その戸は押せど引けども開く気配はなし。無念な感情に叫び出しそうなくらいの苛立ちを感じるのも空腹がもたらすものです。「オリーブ」に再び来ることはあるのでしょうか。

201605_三鷹・エポック01.jpg

201605_三鷹・エポック02.jpg

201605_三鷹・エポック03.jpg

201605_三鷹・エポック04.jpg

201605_三鷹・エポック05.jpg

201605_三鷹・エポック06.jpg

201605_三鷹・エポック07.jpg

 またも無駄足を踏んだと三鷹の町を呪いそうになったその瞬間、なんだか良さそうな食堂を見かけただけでご機嫌になるのだからぼくのことを操縦するのは実に容易いことです。ところがさらなる歓喜がぼくにもたらされるのです。お隣の中華料理店も何とも味わい深いではありませんか。これは困ったどちらに入るべきか、いやこちらは暖簾がしまわれてるな、では食堂にしとこうかと思ったのも束の間、さらに一軒先には暗いフイルムの貼られたガラス戸に洒落たロゴで店名の「エポック」が記されています。食堂や中華料理店はなかったかのようにすぐさま扉を開くことになりました。仄暗い店内はオレンジのチェアが置かれることで和やかさをもたらしています。テーブルセットの椅子も背もたれがバーになっていて見た目にも楽しく、同色のテープで補修されているのも何だかいじらしくて、好意的に見られるのです。まだ空腹なのにおかしいですね。さて、さらに圧倒されるのが並大抵の食堂では太刀打ちできぬであろうメニューの豊富さです。迷い迷って頼んだカレーライスはお安い450円、同行者はナポリタン550円也。しかもその盛り付けの凄さときたらたまげるくらい。味もまた特徴的でどんなもんだというくらいに甘いのです。甘いのだけど不思議と癖になる味で匙を置く暇もなく口に運ぶとすぐまた次を欲しくなる常習性のあるヤバさです。食べ終えると猛烈な満腹感に見舞われます。嬉しくも苦しいひとときは、生きてることの充実感そのものです。そんな馬鹿みたいな大袈裟さもまんざら的外れではなく思われるのてす。くれぐれも食が細いことに自負のある方は小盛りでお願いしてください。途中で止めることなど叶わぬはずです。

 そんなわけでハシゴするはずの隣の2軒は諦めざるを得ません。でもでも次には「オリーブ」とお隣を組合せるプランに興奮してしまうのです。だけど果たしてぼくに「エポック」を無視するなんてことができるのか、その点には一抹の不安を残すのです。






Last updated  2016/05/08 08:15:18 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.