4123016 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

夜が待ち遠しい

PR

Profile


さかまたつみ

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Comments

25¢@ Re:【解答篇】今そして緊急事態宣言解除後のお愉しみ その11(05/13) 初めまして。 ホクシンケンだけ行ったこと…
ハードコア丸山@ Re:【解答篇】今そして緊急事態宣言解除後のお愉しみ その10(05/11) 日立は塙山キャバレーに行きましたが まだ…
さかまたつみ@ Re[3]:緊急事態宣言解除後のお愉しみ その1(04/17) ゆきちゃんさんへ ありがとうございます…

Free Space

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ざ・鬼太鼓座 [ 鬼太鼓座 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新宿乱れ街 いくまで待って [ 山口美也子 ]
価格:1915円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トウキョウソナタ [ 香川照之 ]
価格:4568円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

けんかえれじい [ 高橋英樹 ]
価格:2181円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大地の子守歌【Blu-ray】 [ 原田美枝子 ]
価格:3958円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロケーション [ 西田敏行 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピクニック【HDリマスター版】【Blu-ray】 [ シルビア・バタイユ ]
価格:4223円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フルスタリョフ、車を! 【DVD】
価格:3991円(税込、送料別) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

出発 [ ジャン=ピエール・レオー ]
価格:4115円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

けんかえれじい [ 高橋英樹 ]
価格:2181円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

皆さま、ごきげんよう [ リュファス ]
価格:4100円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラヴ・ストリームス [ ジーナ・ローランズ ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブロンド少女は過激に美しく 【Blu-ray】
価格:4141円(税込、送料別) (2018/10/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カリフォルニア・ドールズ [ ピーター・フォーク ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リオ・ロボ【Blu-ray】 [ ジョン・ウェイン ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドン・シーゲル傑作選 DVD-BOX [ ロバート・ミッチャム ]
価格:5443円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)


2017/02/26
XML
カテゴリ:千葉県
「サンキュー ちばフリーパス」をご存知でだったしょうか。昨年の9月1日から11月20日まで連続する2日間、千葉県内の鉄道と路線バスの一部が乗り放題となる魅力的ではありますが、普段青春18きっぷを愛用する身としては微妙な価格(3,900円)設定の切符でありました。ちなみに対象路線等は以下となります。

鉄道:千葉県内のJR線、小湊鉄道線、いすみ鉄道線、銚子電鉄線
バス:小湊鉄道バス、九十九里鉄道バス、千葉交通バス、ジェイアールバス関東、鴨川日東バス、館山日東バス、天羽日東バスの指定路線

詳細はキャンペーンHPをご覧ください。

 セコいぼくとすれば18きっぷでは乗車できない小湊鉄道線、いすみ鉄道線、銚子電鉄線の鉄道3路線と路線バスを乗り潰すのが得策かとも考えましたが、今回は銚子電鉄を利用する以外はJRの鉄道路線のみを駆けずり回ることにします。土日を利用しての旅となるので、日曜はやってない喫茶店や酒場が多いことは覚悟しなければなりません。ですけどまあやってなければそれはそれで仕方のないこと。この旅をしたのが半年近く前のことになってしまったから、当時の気持ちはもはや他人の記憶と同様に霞んで霧の向こうを眺めているようなものに成り果ててしまっています。そうそう、この二日は、蘇我駅でS氏と合流したのでした。彼氏は近頃多忙を極めているようで、年末に少し一緒だった事はあったけれどほとんど会えていません。

 そんな個人的な事情は置いておくこととして、蘇我駅からは内房線姉ヶ崎行に乗り継いで終点の姉ヶ崎駅に向かったのでした。ここのことは、ぼくの喫茶店巡りの指南役でもあるこの方の情報を参照しました。

201610_姉ヶ崎・ふじね01.jpg

201610_姉ヶ崎・ふじね02.jpg

201610_姉ヶ崎・ふじね03.jpg

201610_姉ヶ崎・ふじね04.jpg

201610_姉ヶ崎・ふじね05.jpg

201610_姉ヶ崎・ふじね06.jpg

201610_姉ヶ崎・ふじね07.jpg

201610_姉ヶ崎・ふじね08.jpg

 駅から5分も歩けば「レストラン ふじね」が見えてきました。何なにこれといって背の高い建物があるわけでもないからすぐに見つかるはずです。遠目にはやってるのか判断を付けかねぬのですが、きっちりやっているのでご安心を。早朝の6時過ぎにはもう営業してくれているのは、非常にありがたいことです。これじゃないと今回の切符をフル活用できなかったでしょう。古いスタイルのファミレスのようなお店は、特に東海から関西にかけての郊外に多いようで、確かに幼い頃にこうしたオオバコの喫茶店に時折親に連れられ訪れていたという漫然とした記憶があります。その当時の記憶にある幾分生硬ながらも、しっかり目立たせるべきは目立たせた内装への気配りは確かなものがあります。さすがにレストランを標榜するだけあって食事メニューも豊富です。歩いていける場所にあれば、やることのない土日なんかの朝に訪れてこの日の予定を考えたりすれば、無駄にぼんやり一日を浪費することも減りそうです。房総半島の旅の起点にオススメです。いや、終点もありかも。

 姉ヶ崎駅に戻り、内房線快速で木更津駅に向かいます。ここで久留里線に乗り換えです。久し振りなので終点まで乗り通したいところだけどその贅沢はまたのお楽しみにします。向かったのは木更津から2つめだったか3つ目の祇園駅です。前々からなんとも艶めかしい駅名で気にはなっていましたが、ようやく訪問が叶いました。

201610_祇園・gion.jpg

201610_祇園・ニューマーメイド.jpg

201610_祇園・花の木.jpg

201610_祇園・酒場01.jpg

201610_祇園・酒場02.jpg

201610_祇園・酒場03.jpg

201610_祇園・酒場04.jpg

 駅前には「GION」というカフェバー風の店がありますが営業前のようです。どうも酒の方がメインのお店のようです。何軒か呑み屋さんもあります。でも目当ての喫茶店はここから南にかなり下らなければなりません。ごちゃごちゃした細い道を歩くつもりでいたのですが、想像とは違って二車線の整備された通りが真っ直ぐ伸びていました。数分で良さそうな喫茶店がありますが、まだ営業前です。また帰りもここを通ることになるからその時やっていることを期待します。途中10軒以上のスナックや居酒屋の詰め込まれた一角がありました。ここはどういう呑み屋集落なのだろう。港近くや国鉄駅の死角なんかにこういうのが潜んでいたりしますが、あかにも唐突です。近くには「スナック喫茶 ニューマーメイド」や「COFFEE スナック 花の木」なんてのもありました。

201610_祇園・りんどん01.jpg

201610_祇園・りんどん02.jpg

201610_祇園・りんどん03.jpg

201610_祇園・りんどん04.jpg

201610_祇園・りんどん05.jpg

 やがて辿り着いたのは「りんどん」です。看板にベルと象が描かれていますが、ベルがリンリン、象がどんどんという擬音を意味してるのでしょうか。当たってるとすれば笑うほどではないにせよユーモラスなセンスですが、店は極めて手堅く生真面目な雰囲気のお店です。遊びはないけれど普段遣いの人にとっては、美味しいコーヒーがあってのんびり新聞を眺めることができればそれで充分なのでしょうね。サービスでヨーグルトをつけてくれたのですが、こういうちょっとした気遣いが常連さんを掴んで離さぬのでしょう。朝からそれなりの距離を歩いたのでもう少しゆっくりしたいところですが、このまま寛ぐと眠くなってしまいそうです。雨脚が弱くなったところで今度はひたすら緩い上り坂を引き返すのでした。

201610_祇園・茶居夢01.jpg

201610_祇園・茶居夢02.jpg

201610_祇園・茶居夢03.jpg

201610_祇園・茶居夢04.jpg

 行き掛けに通った「茶居夢」が開いています。当然入ることにしました。店名からもう少しシックな内装を予想したのですが、思った以上に場末の喫茶店の面影を留めるお店でした。先にいた常連らしき男性客2名は麻雀のテーブルゲームに一心不乱に対峙しています。すげえ情熱だなあと呆れるような感心するような感情で眺めましたが早朝から喫茶店巡りをしているぼくなんかのほうが、よほど奇特に思われたかもしれません。

201610_祇園・ロダン.jpg

 祇園でも未練を残してしまいました。「ロダン」というお店にも立ち寄ったのですが、まだひらいていなかったのですがこれがすごく良い雰囲気だったのです。窓越しに店内を見ると、ふた昔前の応接間のような店内、ゴブラン織りのソファがゴージャスな雰囲気です。ここは是非とも入ってみたかったです。






Last updated  2017/02/26 08:30:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
[千葉県] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.