1258772 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

nipparatの日記 囲碁 不思議体験 

Aug 1, 2007
XML
テーマ:囲碁全般(733)
カテゴリ:囲碁
第30回新囲碁ボケ結果発表
お題
「○○」(決意表明を)
「本気ですか?」
「○○」


解説
 前半寄稿が伸びずに心配したのですが、後半からぐいぐい伸びました。以前は、前半にいい作品が集まり易かったのですが、最近は後半にもいい作品が来るようになっていて、30回を迎えた囲碁ボケの成熟を感じます。
 
 ところで、タイゼム賞の代替え賞品として2000万ポイントだった副審査委員長権を今回から1000万ポイントで提供することにします。
 pgさんは、お休みです(夏ばて?)。

講評
イゴチュウさん
「nipparatさんに置かせて、絶対勝つよ。一億円かけてもいいよ。」(決意表明)
「本気ですか?」
「最高に置かせてやる
360子だ。」


 第一手目で360子抜かれてしまうという、とんちボケですね。さすが、安国寺のイッキュウさんと並び立つ、雲国寺のイゴチュウさんです。

「今年は、中国最古の棋書をさがすぞ。」
「本気ですか。」
「本、木です。」


 最古の本は木だったんですね。AAA師匠の伝説の名作「木布」を思い出しました。

igottiさん
「今年は全国大会で優勝するぞー!」
「本気ですか?」
「言うだけ、タダですから」


 なるほど負けて元々、「勝つ」と言うのはタダですもんね。素晴らしいです。←どっかの国の首相かああ!

郷禄介さん
「王座戦挑戦者決定戦、張栩さんに絶対勝ちますよ!」
「本気ですか?」
「"チョーッ"とくれば"トシちゃんカンゲキーッ"に決まってます。」


 今村俊也先生のセリフですね。なんかこれ、言いそうな気もしますね、低い声で。

「来年こそ本因坊取ります!」
「本気ですか?(なんか嫌な予感)」
「では決意の森の石松を・・・」
「やっぱりか!」


 またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた登場の森の石松で~す。
 またまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまたまた懲りずに大笑いしちゃいましたよ~だ。またまたが千個超えたら、ギネスに申請します。

「もうぼやくのやめる!」
「本気ですか?」
「・・・」
「あ、そういうぼやきでしたか」


 「酒やめる」と同じで「囲碁やめる」が口癖になっている碁打ちは多いでしょうが、「ぼやくのやめる」は意表突かれて大爆笑です。うまさと面白さ最高、大傑作です。

ほうきゅう3さん
「もう絶対謝りません。」
「本気ですか?」
「碁は調和だと言いながら、許してくれた事が無い。」


 なるほど、深いですねえこれは。調和だと言いながら許してくれないと、う~んなぜだろう?調和を乱したからでしょおお!

「プロの打ち碁を、一日一局並べます。」
「本気ですか?」
「・・・・もう少し考えて見ます。」


 本気ですか?と聞かれる前は確かに本気だったんですよ。
 本気ですか?って恐ろしい言葉ですね。

ゆうすけさん
ゆ「囲碁のプロになります!!!」
「ほんきですか??」
ゆ「やっぱり株取引のプロで」
「村上ファンドか!!!」


 なぜここに村上ファンドが?意表を突かれて可笑しい作品です。

まぴかさん
夫「今年は絶対ペア碁に出るぞ!」
妻「本気ですか?」
夫「だから、女の子を産んでくれ」


 赤ちゃんと参加するんですかあああ!?
 赤ちゃんなら性別わかりにくいなあ、と考えていてふと気づきましたよ。ペア碁って、強い男が女装して出たらどうなんでしょうね。まさか、オリンピックみたいなチェックするんですかね?誰かやってください。(ニューハーフはどうよ?)

「ヨセの勉強を一生懸命したいと思います」
「本気ですか?」
「だから、笑点見るね」


 寄席にかけた洒落ですね。でも、笑点見るとホントにヨセ20目強くなりますよ。

「犬だけじゃなく、猫にも碁を打たせたいと思っています。」
「本気ですか?」
「にゃ~んちゃってw」


 この、軽いオチは衝撃ですにゃ~ん。←この人どこへ?

GO!さん
「取る!」
「本気ですか?」
「取られた」


 これは日常的にある光景ですが、取ると言って数秒後に取られるというスピード感が最高です。一本取られました。

坂田「日本囲碁界の復興のために、私が一肌ぬぎましょう」
人「本気ですか?」
坂田「見ちゃイヤン♪」


 想像を絶するオチに、碁盤の角に頭をガンガンぶつける人が続出した極めて危ない作品です。皆さん、想像しちゃイヤン♪

夫「かつ!」
妻「本気ですか?」
夫「やっぱチキン」


 豚カツじゃなくて、チキンだったんですね。不覚にも24時間経ってから爆笑しました。←森田かああ!(←24時間悩んでください)

「上手の石を、黒石に変えてみせます」
「マジですか?」
「マジックです」


 ホンキをマジに変えたのですね?なぜだろう?
 ホンキックじゃ意味通じないからじゃああ!←目から鱗の駄洒落ホンキック作品。

「好きだ…」
「本気?」
「囲碁が」

 
 爆笑ですねえ。これは、シンプルに真実に迫ってます。さらに!
 教訓:碁打ちに「君のことが好きだ」と言われても安心してはいけない。「私のどこが好き?」「碁を打てるところ」

ゆー坊さん
「わが流派は全員キャミソールを着て手合をするぞ」
「・・・・先生本気ですか??」
「碁も服装も合理的且つ機能性重視じゃ!見た目に惑わされるな!!
・・・・・・・・次は看護士の服装なんかどうかしら^^」
(ただ女装したいだけじゃ・・・・)


 対局ごとに薄着になっていくのはどうでしょう。
 看護服→キャミソール→水着→最終形

kanさん
S女流プロ「これ以上負け続けたら坊主になります。」
「本気ですか?」
S女流プロ「もう、アマになります。」


 まいううううう!(←なぜか突然)
 ところで、kanさん、これは追加でSプロの実名出してください。

superlineさん
「ここで私は、投げる訳にはいかない」
「本気か?」
「私は人形なんかじゃない。」(とつぶやいて手にしたものを投げる)
「ちょっと待て~!それはロンギヌスの槍じゃないぞ~!
 手合時計を投げてどうする~!!」


 これもエヴァねたかな?得意技の手合い時計を絡めて来ましたねえ。投げる替わりに手合い時計を投げるという、驚きの発想です。

「1局1局気合を入れて打つようにするぞ。」
「本気ですか?」
「ああ、本気だとも。…うぉりゃ!!」
「この碁盤、割ったら弁償してもらうからね…。
 確か100万したんだったな…。」


 いえいえ割れたら碁盤の負けですよ。遠慮なく割るつもりで打ちましょう。

BunnyBoyさん
「”石の上にも三年”のことわざ通り、これから三年碁石の上で生活します」
「本気ですか?」
「根気です」


 GO!さん並の切れのある駄洒落作品ですね。素晴らしい作品です。

新米刑事さん
「岡目八目を科学的に解明するぞ」
「本気ですか?」
「コンピューターに分析させます」


 岡目八目の分析も他人の目が一番ってことでしょうか。小話風の滑稽な味でいいですよ。

「人里を離れ山にこもって自分の碁を見つめ直すで~」
「本気ですか?」
「誰がモンキーやねん!」


 間寛平のネタですね。これ、そのままじゃないですかああ!

asunarouさん
「もう囲碁なんてやめた」
「本気ですか?」
「いくら頑張っても上達なんてしやしない、時間の無駄だ」
「どうせいつもの口癖でしょ」


 これはもう、日常の光景ですね。碁打ちの口癖ナンバーワンが「碁をやめる」であるのは、確か世界7不思議に登録されていますね。

「俺はもう上達しそうにない、娘をプロにする」
「本気ですか?」
「まだほんの1歳だが碁石を見て飲み込もうとした、意欲はすごい」


「娘はまだ2歳だが才能がある、プロにしようと思う」
「本気ですか?」
「私がネットで負け碁を投げないでいたら、娘がPCの電源を切ったんだ」

「娘はまだ1歳だが見込みがある、プロにする」
「本気ですか?」
「秀策全集をばらばらに破り取って棋譜に見入っていた」

 
 親ばか三連発ですね。どれも「いかにも」で爆笑です。
 うちの子も3歳で固まりの石を取ることを覚えた時は、世界を制すと思ったんですけど、
あれから何年経っても自分の石の当たりを一切無視するという致命傷が直りません。

「タバコをやめると囲碁が強くなるらしいから、禁煙することにした」
「本気ですか?」
「何でも、禁煙で2子強くなれるらしい」
「あなたの煙を吸わなくて良くなれば、私は3子は強くなれますよ」


 これは、もう上手すぎですねえ。大爆笑。煙の中で碁を打つ二人の光景が浮かんできます。火事でも日本沈没でも碁を打つのが碁打ちですね。

Don Quixoteさん
「昨日の私とは明らかに違う私になってみせる」
「本気ですか?」
「定石を覚えればいい」


 格言通りという副題なんで、弱くなったのかな。これも歌丸風の切れのある作品ですね。

kyonchnさん
「碁界でのしあがっちゃるけん。」
「本気ですか?」
「まずは高校生選手権からと思うて、セーラー服買ってきたばい。」
「ふざくんな!」


 最近ドラマにもなった銀座のホステスがモデルの女帝ですね。碁界の女帝も見たくなりました。モデルは、イナバウワーさんか!?うわわわわわあ!

hexagobanさん
高尾「『号』を『秀紳』に決めました」
「本気ですか?」
高尾「『終身本因坊』を目指します」


 速報ありがとうござした。「高尾秀紳名誉本因坊」のネタをsperlineさんが以前に出してましたが、その通りになりました。
 それにしても秀紳はリスクのある号ですね。執念を見せれば執心本因坊と言われるでしょうが、成績が悪ければ焦心で傷心の就寝本因坊と言われるでしょうから、たいへんですね。

かものはし☆さん
「囲碁ボケ王子を誕生させ、
 囲碁の人気を上げてみせます!」
「本気ですか?」
「...
 囲碁ボケおやじにする?」


 大爆笑。囲碁ボケおやじが多いみたいです。
 顔が見えない囲碁ボケですけど、おそらく王子もいるはずですよ。名乗り出てください。
 えっと~、お姫様はkyonchnさんで女帝はpgさんでOKでしょうか?

続く






Last updated  Aug 1, 2007 09:19:39 PM
コメント(2) | コメントを書く


PR

X

Favorite Blog

預かりモンステラ New! kyonchnさん

新横浜マラソン たきぽりさん

席亭の囲碁日記 das53jpさん
朝はパン、夜はごはん pinceanaさん
玉藻 pg(ピィジィ)さん

Comments

nipparat@ Re[1]:心が揺れに揺れた碁(05/05) あっじょさんへ  かなり南北に行かれたの…
あっじょ@ Re:心が揺れに揺れた碁(05/05) nipparatさん ありがとうございます。ウナ…
nipparat@ Re[1]:心が揺れに揺れた碁(05/05) あっじょさんへ コメント気づくのが遅くな…
あっじょ@ Re:心が揺れに揺れた碁(05/05) ご無沙汰しております。 記事と全く関係な…
nipparat@ Re[5]:心が揺れに揺れた碁(05/05) GO!さんへ  御紹介ありがとうございます…

© Rakuten Group, Inc.