1110711 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

nipparatの日記 囲碁 不思議体験 

Feb 12, 2009
XML
テーマ:囲碁全般(717)
カテゴリ:囲碁

☆9子局 

 続いて若手Oプロが9子持ち時間50分切れ負けの設定で対局。私の2局をじっくり観戦し勝算十分。「あくまでシステムと戦う」という頼もしい発言で対局開始。序盤から各所で局所戦をしかけて得を重ねる作戦だ。作戦があたり、3隅の仕掛けで成果を挙げる。

 途中で苦笑しつつも感心したのが以下のOプロの手。

局面図6

crazy6.jpg

 

 白1の手。ここを打たずに黒から左辺アテから上辺押さえられると泣きなので大きな手だが、この手には「システムに勝つ」という心より「ここを打たなかったら碁じゃない」という碁打ちの意地を感じた。実は私自身もあらゆる手段で弱点をつくと言いながら、どうしても「碁打ちの意地」から抜けられない部分があるのにすでに薄々気がついていたのだ。この気持ちはクレージー君にはわかるまい。

 この後左下で成果をあげて、右下1/4が全部地になる寸前に白は突入。なるほど、さすがプロ。私は各所に石をばら撒いて細分化する作戦を中心に考えていたが、局所で稼ぎまくって黒に一箇所のデカイ地模様を作らせ完成する直前に飛び込んでのさばるという究極の戦術だ。

 ここでプロの技を見せて劫になる。しかし黒は巧みな近所劫、そして良いタイミングで劫を解消し勝勢確立。ここではクレージーの強さが出た。

 劫に強い。他の碁でもそうだったが劫を解消するタイミングが正確なのだ。優勢になってからは例によって自分の地の中に手を入れるような手を打ち黒の勝利。

 続いて私が9子50分切れ負けで対局。これも、局所戦で黒は攻め合いをあっさり放棄するなど得を重ね終盤までにかなり地合いが接近したが、どうしても追いつかずその後は固く打たれて敗戦。

総譜 (黒14.5目勝ち)

 その後、Oプロとの9路盤対決。まず向先でガッチリとクレージーが勝ち。その後互先(コミ6.5目)勝負でプロが必死で戦い三勝一敗。噂通り、9路盤の強さは本物だ。

 

☆戦い終えて

 当初夕方5時までの予定が、御厚意で夜9時までクレージーを貸していただいた。

 手空きの時間に村松教授や学生さんと親善対局したり、囲碁ソフトや研究のことなど教えていただいて、たいへん濃密な時間となった。

 さて19路でのクレージーの実力であるが、私自身の手ごたえとしては、持ち時間40分あるいは一手30秒以上の碁では9子では勝つのは極めて難しく、7子くらいが限界に近いと感じた。ただし、運の要素も相当にあるようだ。

 終盤で優勢であれば半目勝ちを目指して損をしても不必要に固く打ってくる一方で、わずかでも不利と見ると辛抱せずに極端な勝負手で玉砕に来るので、教科書的な終盤を見ることはできない。 

 序盤は独特な中央重視傾向で、シチョウなどの局所の読みは弱く、一方で劫の解消のタイミングは正確。人間とは思考方法など何から何まで全く違うので、人間の段に当てはめて評価することは無理だと感じた。理屈からすると持ち時間を増やせばどんどん強くなるかと思ったら、そうでもないそうだ。

 これから手の探索方法の工夫などがどんどん進むとのことで、今後も急速にモンテカルロ碁のソフトが強くなる事は間違いない。ただプロ並に強いソフトが近いうちに登場するかどうかは開発者にも分らないようだ。序盤を上手く打つためには極めて高い壁を感じる。  

 素人考えではコンピューターの処理能力が加速的に向上し続ければ終盤のシュミレーション能力が序盤まで発揮できると思うのだが、そろそろコンピューターの能力向上にも限界が見えつつある段階らしい。

 今回の企画では、クレージーの予想以上の強さを実感した。一方で、19路の碁の深さも再確認できた。また、コンピューターが何十万通りもシュミレーションするより人間の瞬時の直感が遥かに優れていることを目の当たりにして、人間の脳の凄さを再認識した。

 そして何よりOプロの打った「渾身の曲がり」。これは「碁を打つ喜びを実感し、見る者の心を揺さぶる手」であり、モンテカルロ碁の脅威を感じつつもこの手を見て、ちょっとホッとした気分にもなった。

 貴重な体験をさせていただいた村松先生伊藤先生はじめ教室の皆さんに感謝したい。







Last updated  Feb 13, 2009 08:28:40 PM
コメント(2) | コメントを書く

PR

Favorite Blog

風が強く吹いている たきぽりさん

なぜブラック校則は… 風の精ルーラさん

席亭の囲碁日記 das53jpさん
朝はパン、夜はごはん pinceanaさん
玉藻 pg(ピィジィ)さん

Comments

nipparat@ Re[1]:天才少年との対局から(03/10) jkhe713さんへ ようこそ、情報提供ありが…
jkhe713@ Re:天才少年との対局から(03/10) 早熟ということでは楊鼎新九段が浮かびま…
nipparat@ Re:お互いダメつまりだが(10/08) 修正しました。打たない囲碁ファンさん、…
nipparat@ Re[1]:お互いダメつまりだが(10/08) 打たない囲碁ファンさんへ  ご指摘ありが…
打たない囲碁ファン@ Re:お互いダメつまりだが(10/08) こんばんは。 参考図2の白1で4に打ち…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.