1254065 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

nipparatの日記 囲碁 不思議体験 

Aug 16, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 オリンピック観戦オタクとして今大会一番衝撃的だったのが男子バレーの決勝戦、ブラジル対ロシアの対戦。1~2セットのブラジルのバレーを見て愕然とした。お家芸の高速コンビバレーが完璧、さらにどんなボールでも拾って攻撃に繋げて、しかも決めてしまう。まるで大人と子供のようにロシアが圧倒されていた。過去にこんなチームがあっただろうか、もう永久に他の国は勝てないんじゃないかと思った。

 ところが不思議、3セット目に入りロシアの高さが発揮され、ブラジルにミスがいくつか続いた所から流れが変わってしまった。おそらくブラジルの選手が、そんな一時の流れを気にせずに2セット目までのノリノリの気持ちで行けば、負けようがなかったはずだ。ロシアの高さ・強さを意識した瞬間からすべてがおかしくなってしまったように見えた。結局そこからロシアの3セット連取という信じられない逆転劇となった。

 秀行先生の数ある名言の中でも、一番の名言と思うのが「錯覚している奴が一番強い。」という言葉。まさに勝負の真髄を突いた言葉。自分が強いと信じられる選手が勝つ。しかし、この言葉は強烈な皮肉も入っている。自分が強い、あるいは正しいと思っていることは実は錯覚なのだ。それに気づいた時に、上達し次のステップに進むチャンスが生まれるのだろう。何とも不思議だ。







Last updated  Aug 17, 2012 01:59:59 AM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:錯覚と目覚め(08/16)   ほうきゅう3 さん
競輪好きな秀行先生は、
「俺の予想が外れる訳がない」と、
借金まで作って大勝負をしていたようですが、
錯覚だと気が付かなかったのでしょう。^^ (Aug 19, 2012 06:11:20 PM)

Re[1]:錯覚と目覚め(08/16)   nipparat さん
ほうきゅう3さん
勝負を極めた人が競馬に関しては見えなかったというのも不思議ですね。あるいは、それが一番幸せだという悟りの境地でしょうか。 (Aug 19, 2012 09:23:30 PM)

PR

X

Favorite Blog

刑事裁判の傍聴に来… 風の精ルーラさん

ドラクエ8 サザン… みんみん猫0707さん

皇居レース たきぽりさん

席亭の囲碁日記 das53jpさん
朝はパン、夜はごはん pinceanaさん

Comments

nipparat@ Re[1]:心が揺れに揺れた碁(05/05) あっじょさんへ  かなり南北に行かれたの…
あっじょ@ Re:心が揺れに揺れた碁(05/05) nipparatさん ありがとうございます。ウナ…
nipparat@ Re[1]:心が揺れに揺れた碁(05/05) あっじょさんへ コメント気づくのが遅くな…
あっじょ@ Re:心が揺れに揺れた碁(05/05) ご無沙汰しております。 記事と全く関係な…
nipparat@ Re[5]:心が揺れに揺れた碁(05/05) GO!さんへ  御紹介ありがとうございます…

© Rakuten Group, Inc.