000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

nipparatの日記 囲碁 不思議体験 

Apr 21, 2013
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

※棋力と置き碁 

 置き石の数というのは単純に棋力差を表すわけではない。

 若いころに私の方が少し分が良いけれども互先でもいい勝負のA君と一番手直りで徹夜の勝負をしたことがある。途中から私の方に流れが来て、どんどん打ち込みついに7子に到達した。

 大して力が変わらないのにどうしてこんな事になるかと言うと、人が碁を打つ時に本当の意味で勝負に徹することができないからだと思う。自分の描いた物語を盤上に表現したい気持ちがあり、前に打った手の意思を継承することで危険が生まれると感じていても、簡単に軌道修正できないのだ。それどころか、半潰れと分かっていても途中で軌道修正するくらいなら、一段落するまで進めてから取られた石を利用して局面を打開しようとすることもある。

 置き碁の下手は上手の恐怖と戦いながらどこまで物語を通せるかを試み、上手は相手のそんな気持ちを利用しながら徐々にポイントを上げて行くのが腕の見せ所である。

 だから物語を継続しようとしない打ち手相手の置き碁は難しい。ハマる流れに入っているのにハマらないのである。そこで、ハンデ5子のBさんに対してさらに5子置くCさんにも同じハンデ5子、というような事態も起こる。

 棋力が上がるほど例外なく物語への執着も強くなる。逆に言えば、物語を構想して実行する能力イコール棋力と言ってもいいと思う。ところが、これが全く当てはまらない存在がある。対局ソフトだ。

 

※ソフトの強さ

 自分自身も以前のクレージーストーンとの対局で実感したが、先日の武宮先生と最高レベルのソフトの対局の棋譜を見ても顕著だ。部分的にハマりそうな流れになりかけても、さっと逃げて収束してしまう。そんな事なら何でその前にその手を打ったの?と叫びたくなるが、物語を継承しなくても傷つく心がないのだから強い。勝利に一直線だ。武宮先生も面食らったと思う。 

 ところで、ネット記事によると立ち会った棋士がこの対局を見て並みの県代表より強いと言ったとか。ある意味ではそうかも知れない。冷静さを失うことがなく、自分が打った悪手に引きずられることもなく、トッププロを恐れることもない。これは恐ろしい。

 ただこのプロの発言は本気なのだろうか、それともプロ得意のお世辞なのだろうか?本気なら、現時点なら全財産かけて懸賞を受けてもいい。お世辞なら、生身の碁打ちを傷つけて、ソフトを持ち上げるような発言をするのは何のつもりなのか?

 いずれトッププロも抜かれるのは避けられない流れになっている。そうなった時には賞金減だけでなく、わざわざプロ棋士に高い指導料払う人もいなくなるかも知れないのに呑気なものだ。多くの碁打ちのために「強いけれど、これは碁じゃなく碁ゲームだ。」くらい言ってほしかった。







Last updated  Apr 21, 2013 08:45:00 PM
コメント(8) | コメントを書く


PR

X

Favorite Blog

廃校 たきぽりさん

10/10(日)ゼニキ級位… kyonchnさん

囲碁名人戦 開幕! みんみん猫0707さん

席亭の囲碁日記 das53jpさん
朝はパン、夜はごはん pinceanaさん

Comments

nipparat@ Re[1]:心が揺れに揺れた碁(05/05) あっじょさんへ  かなり南北に行かれたの…
あっじょ@ Re:心が揺れに揺れた碁(05/05) nipparatさん ありがとうございます。ウナ…
nipparat@ Re[1]:心が揺れに揺れた碁(05/05) あっじょさんへ コメント気づくのが遅くな…
あっじょ@ Re:心が揺れに揺れた碁(05/05) ご無沙汰しております。 記事と全く関係な…
nipparat@ Re[5]:心が揺れに揺れた碁(05/05) GO!さんへ  御紹介ありがとうございます…

© Rakuten Group, Inc.