455210 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

にろすのブログ

PR

Profile


にろす

Calendar

Category

Favorite Blog

温泉の町、別府 株式会社 新海畳店さん

壇蜜で断密 kamita53さん

明日に向かって走れ(… Kimukazuさん

【オリジナルアニメ… 低反発まくら025さん

「家づくりものさし… ★ニッチ★さん

素盞嗚(スサノオ)… 素盞嗚さん
Let's Go Crazy!! jackblueさん
ALIVE~百年の家proj… 100pさん
記憶の記録 フライングシードさん
田原市のけんちくや… kimi-2さん

Comments

にろす@ 恐れ入ります。 Kimukazuさんへ 過大なお褒めのお言葉感…
Kimukazu@ Re:ソフトはハードという基礎の上に成り立つ(10/25) 生き生きと働く姿に感銘を受けます。 人生…
にろす@ Re[1]:2019~SUMMER~にろすの夏(08/28) Kimukazu様 ありがとうございます! 相変…
Kimukazu@ Re:2019~SUMMER~にろすの夏(08/28) 時々ここ古巣わ~るど覗いてます。 相変わ…
にろす@ Re[1]:新年明けましておめでとうございます!(01/01) magaさんへ 新年明けましておめでとうござ…
magadelanrose111@ Re:新年明けましておめでとうございます!(01/01) あけましておめでとうございます。更新は…
2017.09.17
XML

夏の終わりを告げる気持ちいい風が吹いてきました。

とんぼが秋の到来を気付かせてくれます。 

今年もカレンダーが残り3枚と半分です。

昨年の自分の日記やブログを読み返してみると、今年は自分や

自分の会社にとって大きな変革があるだろうって書いて

いましたが、まさにそんな年になった!と思えるのです。

 

かたいお話の前に!(笑)

夏の思い出♪

attachment1

東北ツーリングに仲間たちと行ってきました。

毎度のデカ盛ソースカツ丼by会津若松市むらい食堂!

もちろん完食しました。使命全う(笑)

中年の楽しみのひとつが夏とともに過ぎ去っていきました。 

attachment3

お施主様のお住まいも無事にお引渡しできました。

オリジナル家具もたくさん提供することができました。 

写真はコミュニケーションTV台です。 

私たちの思いとお施主様の願いが完全一致できたお住まい。

田村夫婦心から感謝申し上げます!

attachment2

進行中のお住まいの工事も着実に進んでいます。

いつもの名迷コンビの妻と建具家具屋さん。

納まりやスタイル、思いを形にする入念な打合せです。

新しい試みをどんどん取り入れてみたいと思います。 

秋の完成に向けて一生懸命頑張ります!

 

私の元に毎月一通のメールが届きます。

読むビタミンという名のメールで、15年前に私が

経営を学んだ方々が毎月作成してくれている学びメールです。

今月は経営理念の必要意義についての内容でした。

私たちには10年前に2人で1年かけてつくった

「健康・安全・省エネを基本性能とした住まいつくりを通じて

家族が、友人が、地域のみんなが心を通わせる暮らしを提供する。」

という経営理念があります。

この理念と共にこの8年を過ごしてきました。

この理念にご賛同いただけたお客様のお住まいを

建築させていただく幸運をいただくことができました。

私たちのその瞬間にできる最大限の努力をしてきたつもりです。

と同時に何事も点検作業が大切である。という事を今回の

メールによって気が付きました。

目まぐるしく動いているときは絶対に気が付かない、

過ぎ去っていることすら分からないという現象に陥って

いたように思います。

原点回帰という言葉がありますが、原点に戻っているだけでは

駄目です。田村の経営理念という原点を見つめなおしながら、

更に進化するには何が必要なのか。

答えは身近にあるものでした。

この10年で読んで見て感じて自分にとって必要なもの、

雑誌や新聞の切抜きや毎年手帳にメモした膨大な言葉たちを

あらためて見なしてみました。自分で言うのも変ですが、

まさに統一された、経営理念に沿ったデータとして成立して

いました。

それらを読みながら、メールの内容をもう1回確認してみると

見えてくるものがあります。

先ほど自分で言った、答えは身近にある。というまさにそれで、

幸いなことに気付かぬうちにその方向に体が頭が進んでいました。

ただ、進むためにどうしても必要な大きな関門が存在している

ことにも気が付きました。

簡単そうでかなりの難易度です。思うことをひたすら熱く言葉に

してきた私にとって、最初の大きな躓きになっています。

そういった意味で、今年は変革の年なんだという再確認もできました。

まだ実践の機会は訪れていませんが、課題があるという幸福を

感じながら向上していけるように頑張りたいです。

じっかり実践で役立てるように準備そして学習をしたいと思います。

そして同時進行で、社内ハードをしっかり構築すること。

誰が見ても単純明快な資料と公的な認証認定。

自社の製品は特別秀でている!というひとりよがりこそ最大の後退です。 

 

難しいことを書いてきましたが、私たちの思いは

私たちの提供する暮らしで、お施主様に幸せになっていただくことただ一つです。

それを忘れないかぎり、進んでいけます。

今年のあと数ヶ月自分たちの心をしっかり整理整備していきます!

 

 

              コミュニケーションを育む住まい

                    田村工業株式会社 

 

 

 

 







Last updated  2017.09.17 14:36:51
コメント(2) | コメントを書く
[コミュニケーション] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.