448630 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

にろすのブログ

PR

Profile


にろす

Calendar

Category

Favorite Blog

腕時計の電池交換を… New! ポン80さん

LINEクリエイターズ… 低反発まくら025さん

静岡学園 高校生サ… かわもと工房さん

田中工務店の「木造… kamita53さん

次男の成人式でやっ… 株式会社 新海畳店さん

新春歌い出し im my… Kimukazuさん

年末年始休業のお知… でら2007さん

素盞嗚(スサノオ)… 素盞嗚さん
Let's Go Crazy!! jackblueさん
ALIVE~百年の家proj… 100pさん

Comments

にろす@ 恐れ入ります。 Kimukazuさんへ 過大なお褒めのお言葉感…
Kimukazu@ Re:ソフトはハードという基礎の上に成り立つ(10/25) 生き生きと働く姿に感銘を受けます。 人生…
にろす@ Re[1]:2019~SUMMER~にろすの夏(08/28) Kimukazu様 ありがとうございます! 相変…
Kimukazu@ Re:2019~SUMMER~にろすの夏(08/28) 時々ここ古巣わ~るど覗いてます。 相変わ…
にろす@ Re[1]:新年明けましておめでとうございます!(01/01) magaさんへ 新年明けましておめでとうござ…
magadelanrose111@ Re:新年明けましておめでとうございます!(01/01) あけましておめでとうございます。更新は…

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

歴史と建物

2013.04.01
XML
テーマ:家族との旅(21)
カテゴリ:歴史と建物

何やかにやと忙しい3月です。

子供たちは新入学・進級の準備で親は仕事に全精力を振り向け中。

充実した4月にするための準備期間が3月。

という事で、約一年ぶりに家族で精神安定とエネルギーチャージの旅に

行ってきました。ただ疲れが蓄積したような・・・(笑)

だんご

ここは東北は岩手の一関市です。厳美渓という景勝地で

この木片を叩き、400円也を置くと対岸に引っ張られた

籠に団子が納まり戻ってくるという、珍しい渓谷を渡る郭公だんご!(笑)

だんご

危険極まりない団子たちです。

光堂

そして本旅のメイン、世界遺産中尊寺金色堂。奥州藤原清衡の平和への理念は

しっかり現代に受け継がれたと感じます。

歴史的な背景を子供たちに教えてそして体験させるって大切ですよね。

五月雨を降りのこしてや光堂 by 芭蕉

そしてお約束(笑)

弁慶

金色堂を長く守っていた旧覆堂です。鎌倉室町時代の質実剛健な武士の

時代らしい構造です。

旧覆堂

平泉と言えば、前沢町。前沢町と言えば前沢牛!!

前沢牛

舌の上で融けすぎて困りました(笑)!美味しい牛肉は塩が一番!

史跡

今は田野となった地に荘厳な館郡たちに思いを馳せる。

男のロマンが息づく平泉でした。

天童温泉

お約束第二段(笑)天童温泉。

山寺

雪降りしきる山寺も味わい深いものがありました。

スタッドレス外さないで良かった・・・・

上杉鷹山

米沢藩第九代藩主上杉治憲のあまりにも有名な言葉です。

本当の真理とは至極単純明快なものに違いないですね。

子供たちに暗記させました(笑)

そしてやっぱりにろす家の〆はこれかな・・

米沢ラーメン

元祖&本家&本流&源流の米沢らーめん!

美味しいらーめんに出会った瞬間こそ日本人に生まれて良かった

と思う瞬間ですよね!

と、まぁ一泊強行軍の移動距離985kmの旅。

これで4月も万全の体勢で乗り切れることでしょう・・・!・・・?

さてがんばろう!!

 

 

 

 

 

                           コミュニケーションを育む住まい

                                  田村工業株式会社 

 

 

 

 







Last updated  2013.04.01 12:24:44
コメント(8) | コメントを書く
2012.11.11
テーマ:日本の歴史(763)
カテゴリ:歴史と建物

うんた・わに・きょうさん

読みます。

平安時代に書かれた言葉。

雲太(出雲大社)、和二(東大寺大仏殿)、京三(平安京大極殿)

当時の大きさ?高さ?もしくは代表する建築物を太郎二郎三郎に見立てて

表現した言葉らしいです。

東京国立博物館にこれを見学に行ってきました!

ツタンカーメン

あっ違います(笑)ここは朝から大混雑。

目的はこちら

大出雲展

出雲大社大遷宮を目前にひかえた特別展。

初めての次男坊との男二人旅。

いやぁ楽しかったです!

ここ数年で数々の銅鐸や銅剣が発見され続けている島根県は

出雲周辺。まさ多くの謎が存在する地域なのです。

出雲大社って名前は小学生のころから知っていますが、

何ゆえ島根県にあるのか?何て考えたこともありませんでした。

冒頭に書いた言葉のように、既に当時から大和の国の三大建築に

なっていた社。その天空の社の基礎柱の出土した部分も展示されて

いました。想像では最高高さ47mの天空に続く社があったらしい。

出雲

不思議なつくりですね。これが本当に存在していたならどのように

建てたのか?興味は深まるばかり!そして何といっても

この出雲大社は現在の天皇家の祖神である天照大神から

「国譲り」をさせられた大国主命を祀っています。

国譲りって多分、戦争ですよね。じゃ戦争で争った相手を

壮大な社に祀るって、不思議じゃありませんか?

敵対していた神を崇めたてるって何故? 

レクイエム(鎮魂)の社が何故に日本三大建築の一つなのか?

などと次男坊と話しながらの見学は楽しかったなぁ~。

歴史の楽しさって実は年号を覚えるなんてつまらない作業より

IFからはじめた方が数倍楽しいですよね!

雷門

べたですけど、上野に行ったら浅草(笑)スカイツリーの

おかげで東武線も混雑してました。

モンブラン

浅草で一番美味しいハンバーグを食べてきました!

また行こうな、次男くん!

 

 

 

 

                        コミュニケーションを育む住まい

                               田村工業株式会社

 

 







Last updated  2012.11.12 00:07:22
コメント(10) | コメントを書く
2012.07.01
カテゴリ:歴史と建物

暑いような涼しいような日が続きます。

この時期になるとなぜかしら中だるみしちゃう自分。

毎年これじゃいかんと思っていて改善してるのですが・・・

こうゆうときは体を動かす!それしかなさそうです。

 

昔お世話になった人や憧れていた人に、中年になって

お会いするって本当に嬉しいというか感動するものです。

建築を生業にするために大学も建築科を専攻していました。

当時は何となく。って感じで、明確な目標もなくただただ

だらだらと過ごしていました。

でもある瞬間に、当時設計において巨匠と呼ばれている方々の

作品に出会い、そしてそれを実際の見ることができて

建築っていいなぁと思えるようになりました。

当時は安藤忠雄氏や磯崎新氏、そして

さかのぼってコルビジェやライトなどなど・・・・

群馬県は当時の知事さんが建築に熱心で、安藤氏や磯崎氏の

設計物件が多数存在していてすごく参考になった覚えがあります。

そして憧れの吉村順三氏の「軽井沢の山荘」を見る機会に

恵まれました。

軽井沢

立ち入り禁止を乗り越えて(笑)

昔雑誌でみたまんまの形でそれは存在しておりました。

僕のボキャじゃ上手に話せませんが、良い建築は

時代とは関係なく良い建築だ!と深く感銘いたしました!

建築に携わる者として、時間をつくって巨匠の作品を

見る機会を増やしていこうかと思います!

次は大阪の「住吉の長屋」か明治村の「帝国ホテル」などに

行きたいなぁ~♪

建築っていいっすね!

 

 

 

 

                        コミュニケーションを育む住まい

                               田村工業株式会社 

 







Last updated  2012.07.01 12:03:06
コメント(14) | コメントを書く
2011.02.23
カテゴリ:歴史と建物

僕が住む太田市というところはJR線がありません。

あるのは東武鉄道という私鉄のみ。この東武線こそ地元の大動脈。

群馬の銀河鉄道と言っても過言ではない我らが東武鉄道。

幾多の若者たちがこの鉄道で東京デビューを果たし、幾多の老若男女が

愛と希望を胸にこの鉄道で旅立って行きます。

かつて僕が働いていた渋谷には東急電鉄が走っております。

乗ってくる方々はみなセレブ。特に女性はきれいな方ばかり。

東横線には焼きたてのパンやどこぞの有名ケーキが似合う。

東武線には柿ピーといかさきが似合う。そして酔っ払いおやじが良く似合う。

そんな東武線を地元の皆は愛しています。

昨日はその東武線を使って東京に行ってきました。

T社の研修で錦糸町まで遠征です。

そして東武伊勢崎線終点の浅草駅には東武鉄道が社の命運を

かけて(?)築城中の巨大な建物が!

スカイツリー

あの有名なスーパードライホール(通称う〇こビル)と並んで

建つのは東京スカイツリー。

古代メソポタニアの王が神を目指し造ったとされるバベルの塔。

この東京スカイツリーも東武鉄道が地上の神を目指した暴挙、

いや壮挙なのだろうか・・・

下町浅草が大きな変貌を遂げようとしています。

天の神降臨!!

トステム

T社ショールームは絢爛豪華でした。

たまには東武線に揺られて東京に行くのも

文化心を刺激するんもんですな~。

(夏を快適にするアイティムをしっかり体感してきました。)

 

帰りは東武線が誇る超豪華特級りょうもう号に乗って帰ってきました。

りょうもう号

まさに地上の銀河鉄道999!

隣にはお年を召したメーテル様が乗ってこられました・・・

 

 

 

 

                           コミュニケーションを育む住まい

                                  田村工業株式会社

 







Last updated  2011.02.23 09:45:35
コメント(24) | コメントを書く
2010.12.24
テーマ:家族との旅(21)
カテゴリ:歴史と建物

寸暇を利用して、子供たちのリクエストにより

鎌倉へ行ってきました。

鎌倉幕府を滅亡へと導いた新田義貞は僕の故郷新田郡の

武将です。彼は潮の満ち引きを利用して不可能とされていた

稲村ヶ崎海岸から鎌倉に攻め入りました。

そんなDNAが我らの体に流れているのか、鎌倉大好き家族です。

いちょう

台風で倒れた鶴岡八幡宮のおおいちょうからは新しい芽が出ていました。

甘味

鎌倉と言えば甘味処。おいしゅうございました。

円覚寺

とても温かく紅葉も綺麗な国宝円覚寺。

鎌倉はやはり散策が一番です。

そして今回の目玉!

銭洗い

銭洗弁財天!ここで銭を洗い、その洗った銭を使うと

倍倍になるとか。

いちまんえん

奮発しました。残り少ないお小遣いから一万円投入!

考えてみたらこれを使わないといけないから、これを使うと

財布の中身は・・・後先考えないところは直ってない・・

洗う

家族たちもせっせと洗っていました。硬貨をね。

 

〆はやっぱり新横浜ラーメン博物館。

川越の超有名店「頑者」がんじゃと読みます。つけ麺発祥の店。

頑者

つけ麺

美味しくいただきました。

 

前の晩にゆうりんで飲んだお酒が体内に宿っている中の

日帰りの旅。疲れましたが久しぶりに楽しい一時でした。

また春に行きたいな~。

年末ラストスパートは続くぜ~!

 

 

 

 

                           コミュニケーションを育む住まい

                                  田村工業株式会社

 

 

 







Last updated  2010.12.24 16:54:56
コメント(24) | コメントを書く
2010.08.26
カテゴリ:歴史と建物

何とも暑き日々に熱き心で対処。

右往左往東奔西走縦横無尽!

今週はいつにも増してハードワーク。

そして明日は

網走番外地

古い写真ですみません。

2008年に行った網走。この地に旅してきます。

と言っても主要目的地は紋別。

早くに亡くなった妻のお父さんの母上が今年大往生を

とげました。お線香あげにいかなくちゃね~と

話してはいたけれど、ハードな日々についつい計画が遅れて・・

エイや~とばかりに強引にスケジュール。

知床~網走~紋別~層雲峡~旭川という

これまたハードにぶちかましてきます。

知床で羆さんに食べられなかったら、また皆さんに旅の

報告ができると思います。

永遠のテーマだったウニ丼を食すチャンス到来。

行って参ります。

にろすの名曲アルバム。

熱き心に!はフェイントです。懐かしい曲、これ知ってるかなぁ。

↓クリック↓

麗美

まぁこれ知ってる人はバブル弾けたあたりに社会に出た

人です。ユーミンと松任谷正隆の秘蔵っ子。

でもシンガーソングライターとしての才能もばっちりでした。

 

 

 

 

                          コミュニケーションを育む住まい

                                 田村工業株式会社

 

 







Last updated  2010.08.26 23:07:39
コメント(12) | コメントを書く
2009.07.05
カテゴリ:歴史と建物

雨が降ったり止んだり、おかしな天気ですね。

今日から新しい一週間の始まりです。何か一つでも掴んで

成長していきたいと思う四十の梅雨。

長男も小学校六年生になり、来年は中学生。今年から始まった

歴史の勉強が楽しいらしく、誰が何をしたとか、誰かを知ってるかと

親父に質問をぶつけてきます。歴史に関しちゃ、悪いけど遥か昔から

司馬遼太郎やら吉川治を読破し、最近では裏の裏まで知り尽くした

歴史雑学マニアの俺様に答えられない事はない!しかもこぼれ話の

おまけ付きときたもんだ~。

勉強自体は戦国時代まで進んだらしいですが、復習も兼ねて

上州に全国から埴輪が集結してるって情報をキャッチ。早速GO!

埴輪が集合!

たっぷりどっぷり当時の大王気分で堪能してまいりました。

倅とは後日、上州古墳巡りもしようかなぁと思います。

夏休みには「織田信長をたどる旅~天下布武への道~」を

計画中です。果たして実現するかどうか。。。

この埴輪展の隣に建つ建物は

群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館です。

建築会の重鎮、磯崎 新氏の設計した氏の代表作の一つ。

この建物周辺は群馬の森と言って緑に囲まれた自然地帯です。

緑と山と川と歴史に囲まれた自然の国、群馬県。

海はないけどやっぱ最高にいいところだぜ~!

 

 

 

                        コミュニケーションを育む住まい

                               田村工業株式会社







Last updated  2009.07.06 00:11:55
コメント(28) | コメントを書く
2009.06.06
カテゴリ:歴史と建物

と言っても、日光ではございません。

そして世界遺産でもございません。

ねむり猫ちゃんもいません。

ここは太田市の世良田町といふところです。

先日プレゼンさせていただいたお客様の土地確認と農地転用の

準備のために遠征してきました。(と言っても車で10分くらい)

今後はこの近辺に度々出没する予定です。

世良田東照宮

ここは家康さんが日光に東照宮をつくる前に、今で言えば

身分偽装(言葉が悪い)のためにつくったものです。

征夷大将軍になるためには平氏か源氏の血筋であることが大前提。

もともと三河の松平なる一族は平氏でも源氏でもない。

そこで目につけたのが、この新田乃庄の新田氏です。

中世、鎌倉幕府を滅亡に追いやった新田義貞はこの一族です。

清和源氏の大本流新田氏の子孫となることで目出度く

征夷大将軍になり、江戸に幕府を開きました。

東照宮2

そこで「ここが俺たち一族の聖地だぜ~」と言いつつも

何もないのはマズイ!

そこで自分を神格化するための日光東照宮とは別の政治的な

意味合いの東照宮がここにできました。

その時歴史は動いた!

今でも徳川家発祥の地として有名です。

どんなときもWHYやIFは常に持っていたいものですね。

ということで

新たな仕事に向かって馬力全開で行きます!

家康さんと

利根川

坂東太郎利根川に見守られつつ、

この地に百年健康を維持できる住まいを。

その時にろすは動いた!

 

 

 

                          コミュニケーションを育む住まい

                                 田村工業株式会社







Last updated  2009.06.06 13:01:17
コメント(28) | コメントを書く
2009.05.11
カテゴリ:歴史と建物

朝4:30上州を出でて、行ってきました信州は善光寺さま。

七年に一度の前立本尊の御開帳の年。

本尊である阿弥陀三尊は絶対の秘仏でかれこれ1400年誰も

見ていないそうです。今回はその表現が悪いですが、レプリカの御開帳です。

善光寺

朝7:00に到着し参拝しましたが、見る見る間に人人です。

でも変な気分には不思議とならないのは、善光寺様のご威光

なのでしょうか。何故か清々しい心になれる。

家族の親族の皆の健康をしっかり祈願してきました。

だいきち!

引いたおみくじがだいきち!これから運気上昇モード突入か?

門前でおそばを食べて、

信州そば

同行した義母さんにマウントフジを見せるべく、山梨へ移動。

またまた甲府で食べたほうとうが美味かったです!

ほうとう

甲府市内は比較的空いてましたが、マウントフジ周辺は

やはり混雑。

富士やま

この連休明けの日曜日にしては多くの観光客がいました。

高速道路料金の影響かなぁと思いつつも、

やっぱり自然はいいもんです。

伊勢崎IC~長野IC間154kmが1000円。

長野IC~甲府南IC145Kmが1000円。

計約7000円リーズナブル。でもこれって税金の前借?

嬉しいような嬉しくないような。

久々のロングドライブに疲れたけど、遠出はリフレッシュに

なりますです。

帰りは雁坂峠を使って秩父の大滝温泉経由で帰宅。

大滝温泉

またまたおりさんのお宅近くをすり抜けてきました~。

清流沿いの天然温泉、気持ちが良かったです。

さてさて今日から月曜日。

新しいリフォームの工事が始まりました。

おなじみのメンバーが集まって、楽しく工事るぞ!

あっ

PTAの会議も今日から。がんばるべーど。

 

 

 

                         コミュニケーションを育む住まい

                                田村工業株式会社







Last updated  2009.05.11 13:57:49
コメント(32) | コメントを書く
2008.10.14
カテゴリ:歴史と建物

この時期雨が降ると寒いです。

いよいよ鍋が恋しい季節になってまいりました。

正直この関門をどうしたら抜けられるか心配。

減らない体重計を見つつ、いと悲し。

これは禁煙するより大変じゃい、と思うこの頃です。

 

三世代の家

この住まい。

私の親父の親父が建てた家で、かれこれ築80年。

私が小学一年のときに引越しして以来、賃貸として活用

されてきました。 

今は少なくなりましたが、三回も「曳屋(ひきや)」を行い、あっちに

いったりこっちにいったり。公道も跨いだりと、大活躍。

その思い出の住まいも老朽化がひどく、この度

退役。来週から解体工事に入ることになりました。

当然のごとく断熱材などは入ってなく、いわゆる日本の

典型的な「冬寒く、夏暑く」の家でした。

とは言え、ここで生活した幼稚園の頃の

かすかな思い出の中には大勢の家族(10人)と

一緒に過ごしたことが鮮明に浮かびます。

障子紙を全部破いたり、柱に落書きしたり、ボットントイレが

怖くて入れなかったり。

そうゆう意味では現代にはない、家族の自分一人の

コミュニケーションが育めた住まいだったと思います。

家族のあり方、住まいのあり方も随分昔とは変わりました。

ですが

住まいの性能は昔と変わらず、しかもコミュニケーションが取れない

子たちが増えてます。 

これ日本の工務店の責任によるところ大です。(私も含む)

住まいって、

家族が快適に生活できる器であり、その為には

良好なコミュニケーションが必要であり、

その為には省エネルギーで冬暖かく、夏涼しく

なければいけないし。

新しく生まれた生命が百歳まで健康に

生活できる住まい。

進むべき道は一本道じゃ~!

などと突然、改めて思ってしまいました。

ひらめきの一週間の始まりだ~。

 

楽天ブログの画像容量をアップさせました。

これで写真を消去しなくてすみます。

助かったぜBaby!楽天ブログ万歳!

 

 

 

                        コミュニケーションを育む住まい

                               田村工業株式会社

 

 







Last updated  2008.10.14 15:59:38
コメント(28) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.