487639 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

にろすのブログ

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

書籍

2010.06.15
XML
テーマ:読書(4957)
カテゴリ:書籍

小学生に戻ってしまったようなお題にですね。

素晴らしい本にめぐり合ったので思わず感想文、

いや感想ブログを書いてみたくなっちゃいました。

10代から20代までは歴史書中心、20代後半からは

ミステリー小説に目覚めた私です。今はこれらの本も

読みますが、自伝を読むのが好きになりました。

いわゆるB級自伝。エグザイルのhiro、布袋やひろみ郷、石原真理子

そして格闘関係。高田延彦、猪木、前田。そして野球のイチローや

原監督などなど。下手すりゃゴーストライターもんもあって

すぐ分かる(笑)

桑田真澄著の「心の野球」。

清原の「男道」なんぞとは一味違う内容でした。

全部面白いけど中でも感心したのが、超科学的根性野球という

言葉。科学的根拠を勉強、体験した上で根性を持ってプレイする。

確か神鋼時代ラグビーの平尾誠二さんも同じような事言ってたよね。

いやぁ凄い言葉です。日本全国津々浦々科学的根拠を元に

少年たちを指導している監督やコーチっているのかなぁ。

小学生が肘や肩を壊しても責任とらないコーチたち。

理論も勉強せずに「気合で切り抜けろ~」。大人のエゴ、

親のエゴじゃ子供たちは哀れです。我家の子らは野球しとらんけど

桑田さんみたいな指導者に教えてもらいたくなりました。

と言いつつ私もある出会いがあるまでは非科学根性工務店でした。

右へならえの施工と根拠のない根性施工。そこに科学が介在する

余地はありませんでした。

でも今は超科学的根性工務店を目指しがんばってます!

きっちりデータをとって次につなげる。

まだまだ道半ばだけど、科学を知る事が快適で健康な住まい

つくりの第一歩である!を合言葉に。

いつかは書こう「心の建築」 (笑)

ペンネームはにろす星人がいいかなぁ(笑)

アレカヤシ

ホームセンターで3980円で購入したアレカヤシが

いつのまにか巨大になってきました。

たぶん凄く居心地がいいのだろうなぁ。

 

 

 

 

                          コミュニケーションを育む住まい

                                 田村工業株式会社

 

 

 

 

 

 







Last updated  2010.06.15 18:46:39
コメント(20) | コメントを書く


2010.03.15
テーマ:時事放談(38)
カテゴリ:書籍

昨夜は食べ過ぎて。。。

妻のお母さんともどもチョコいただいたお返しに

食事をしてきました。

最近は腹八分目って言う日本人の美徳を忘れ去ってしまいました。

徹底的に食べなきゃ気がすまない。

三日坊主だったすろージョグを再開しなけりゃなぁ。。

その帰りに本屋さんに寄って 

魔裟斗さんの新刊の自伝を購入。一気読みしてしまいました。

格闘技ファンではあるけれど、カリスマである彼のことはあまり

知りませんでした。

賛否両論あるけれど、キックの中量級を輝かせた功績は

やっぱり凄いと言わざるをえない。

この本の中で

精神力が強くなければいけないけど、それと共に体力も

なければいけない。精神と体力がバランスがとれてこそ

真に強くなれる、とありました。

なるほど~。

先週末になぜか急に体が5tくらいに感じて、ぐったり。

ここのところ蓄積するばかりの仕事に、効率よく対処できずに

少しネガティブになってたようです。

強い精神力があれば確かに心では乗り切ることはできても

体がついて行かない。体力だけあっても気持ちが前に行かなきゃ

進めない。

当たり前の事なんだけど、常にその状態を保つのは大変な

作業なんですよね。

気合ばかり先行してて、少し焦ってたみたいです。

子供の頃見ていた番組を思い出しました。

素晴らしい名言。

知力、体力、時の運!byウルトラクイズ~~

にゅーよーくへ行きたいかぁ~。お~~。

今週も精神と体力を充実させて「運」をがっちり掴むぞぉ。

撮影

日曜日にお客様にもご協力していただき、秘密の撮影を

行いました。

いろんな人と関わっていろんなコミュニケーションが生まれる。

まさにコミュニケーションは人類に残された最高の武器だぜ!

 

 

 

                          コミュニケーションを育む住まい

                                 田村工業株式会社

 







Last updated  2010.03.15 16:07:09
コメント(33) | コメントを書く
2008.01.11
カテゴリ:書籍

走る!の後は飛んで跳ねて回って!

なんだかサーカスか劇団員のようになってきました。

昨日は我が社のロゴや仕組みつくりにご協力いただいた、

会援隊T氏と月例の打ち合わせでした。

今後の会社の認知の取り組みや運営資金の賢い回し方

などこれから経営者として本質向上目指して色々

教えていただいてます。正直かなり不得意、というか無知な部分

が多く目を背けたくなっていましたが、今年は笑顔で真正面から

がんばってます。

昨日のお話で、T氏の過去の会社経営の悩みや苦悩の

実体験を聞きました。その中での反省点として教えていただい

たのが、とにかくクヨクヨするな!でした。

経営は楽しいことだけではなく(当然ですよね)資金繰りや社員と

のことやら何やら悩むことが多々あります。

T氏もそんな状態で約6ヶ月眠れない日々を過ごし、

立ち直るのに3年かかったらしいです。振り返ってみると

社の明確な方針が定まらず、何をしてよいのやら分からずに

迷路にはまってしまったらしいです。

T氏曰く「にろす君はもう会社の理念やコンセプトは決まったじゃん!

だから迷ったり、悩んだりする必要はないんだよ。そりゃ資金繰り

やその他大変な時期もあると思うけど、そんな時こそあっけらかんと

スマイル、スマイル。一番悪いのは悩み抜いて閉じこもり周囲の

出会うべき人との出会いや、話が聞けないことだよ。

経営者は如何に飛んで跳ねて回れる時間をつくり

そこで得た知識を生かすかにかかってんだから。」

稲妻にうたれた気持ちでした。サナギマンからイナズマンに

変身しました。

そうです!私にはもうしっかりした理念とコンセプトがあるのです。

あとはいかにそれを新しい出会いで磨いていくかだけ!

いくんべー!飛んで跳ねて回って!

今日は壮大な気分。

今年一発めの にろすの名曲アルバム

地球は青い

画像をポチッとな!俺たちの世界は輝いているぜぃ!

シンディーちゃんとブルースくんは凄いパワーです。

高校生のとき買ったこの唄の12inレコードまだあるかなぁ...

 

 

                       コミュニケーションを育む住まい

                       じょうしゅう100年プロジェクト

                              田村工業株式会社







Last updated  2008.01.11 17:25:26
コメント(14) | コメントを書く
2007.09.11
カテゴリ:書籍

最近空いた時間を利用して本を読んでます。

アナログ世代の私はネットで本を読むという

より、質量のある本が好きです。本屋さんに寄ると

内容を確かめずに表紙のセンスや奇抜性で買ってしまう

こともしばしばあります。本棚に自分の好きなハードカバーの

書籍が整然と並んでいくのを見ると心地よくなってしまいます。

一年のうちで体が活字を要求する時期が必ずあります。

この秋からが要注意です。我が家のお小遣い制度はかなり

厳しい査定となっており(たくさんもらっても結局は厳しい)、

その中から本を買うとなると大変です。まぁ計算ができれば

たいしたもんですが、それは無理。片っ端から買いあさり

気がついたらどっさりなんてことは当たり前。でも読みたくて。

の悪循環。でも知識が残る。かなぁ。

ジャンルは様々。歴史、ミステリー、ハードボイルド、戦争

恋愛以外はなんでもOKの私がほとんど読まなかったのが

建築関連書籍。建築は目で見て体感するもので、画像集なら

良いが活字は駄目なんて下らない考えを持ってました。

でもちょっと前いい本を見つけて読みました。

日本でも有名な建築設計の巨匠達のコラボ本です。

本

けっこう住まいつくりを基本にとらえ、真面目に語ってます。

かなり失礼かも知れませんが、巨匠達も住まいを考えることが

好きみたいです。

難しい表現はないし、面白いので秋の夜長の一冊に。

住まいは楽しくつくろう!

 







Last updated  2007.09.26 07:49:57
コメント(14) | コメントを書く
2007.09.07
カテゴリ:書籍

台風も去り、少し湿度がありますが執務机の窓から吹き込む

風が心地良いです。

私のKR(コミュニケーションルーム)に対して多くの方から温かい

お言葉をいただきました。改めてありがとうございます。

正直自分がこのような舞台を持てるとは想像もしていませんでした。

その分凄いプレッシャーを感じています。会社に対しても資金面や

仕事の受注面で大きな負担をかけました。

ただ今は迷いはありません。全てはこれからだと思ってます。

自信を持って自社の住まい商品

コミュニケーションを育む住まい

をお客様に勧めたいと思います。そして当社の理念

住まいつくりを通じて快適な暮らしを提供する

を愚直に実践していこうと思います。

アイス珈琲と本

アイス珈琲を飲みながら本でも読もうかと。

題に惹かれ買ってしまいました。

jbさんこのショットの出来はどうですか?

 







Last updated  2007.09.25 20:59:58
コメント(8) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.