5976743 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋さんの台湾日記

PR

日記/記事の投稿

コメント新着

あき@たいわん@ Re:PCR検査数データ、こちらですよ。(07/27) おはようございます。 今朝、ニュースを…
菅本KGG @ Re:PCR検査数データ、こちらですよ。(07/27) PCR検査を行うだけでもお金が発生しますが…
あき@たいわん@ Re:気をつけてください~!(07/16) メイフェさんへ 是 コメントありがとう…
メイフェ@ 気をつけてください~! 擬古擬古・・・ なんだかその状況がものす…
菅本勲@ Re:追加議案て、なに?無駄遣い?予算案かな?(06/25) 上尾市でもコロナに託つけ汚い金集めを企…
gas=@ Re:えびちゃんを守る会 えびちゃんと待ち合わせ🎵(06/13) 久し振りにえびちゃんを見た(佐藤恵理子)…

サイド自由欄

秋池幹雄(090-9956-0480)
aki19580410@gmail.com
LINE ID akiikejapan  
LINE QR code
skype akiikemikio

お気に入りブログ

コロナパンデミック… New! あき@じゃぱんさん

大理、麗江、そして… New! としひでちゃんさん

ラオス回想その8(… GKenさん

鼻笛演奏家モスリン… mosurinさん

増えてきた! RISINGSUN1205さん

感染症も怖いけど・… 志津ママさん

川口発見散歩 玲小姐さん

楽天ブログ StaffBlog 楽天ブログスタッフさん
森伊蔵 魔王 百年の… お酒大好きのしんちゃんさん
沼影少年野球クラブ… baseball-yamaさん

フリーページ

画像はここです!


野球画像 1


野球画像 2 その他画像


野球画像 3


水庫(ダム)


相簿(フォト蔵)


神社情報


気になるサイト


ビジネスゲームの館


ISOうそ800


台湾帰りのあきさん日記


埼玉中央青年会議所


ちびっき


CVN ぼらんていあ


わたしの菩提寺


秋さんの美妙人生


100CLUB


故宮博物院


Ronja Blog


桃太郎さん


全大宮野球団


金沢 山野さん


遊憂彩彩 ソーラン


TWT


Hassy Report


俳句 de フォト


身近な生物@散歩道


ヨッシー・クラブ


シュガーさん


YOUTUBE


フジオート


案山子が歩いた


秋さん日記


奇魔 台湾yahoo


李登輝民主協会


李登輝友の会


大阪維新の会


美妙人生 政治編


いつまで続く


ホンマにアホか?もう堪忍したって。


さいたま市議 吉田一郎氏


まちウオッチング おおともさんの観察記録


心跳台湾


旅行記


あき@たいわん 旅行記


旅コミ


環境 eco


秋先生的台湾日記(中文)


アクセスUP


SMS homePage


市原少年野球


市原28


西門國小 家長會


goo 部落格


漫漫亭


ameba店主のブログ


ゴガクル


ASIA COLOR


meife


yunti


審判フォーラム


阮監督ブログ


あきさんのぶらり旅(自分ウオーカー)


田中千絵


中孝介


SleepyJanelee


かざしてナビ


まち楽


 IBA


新竹縣學棒聯盟裁判組網站


麻衣の世界


麻衣台湾部落格


越川会計事務所


女子硬式野球


Funshion


CBox


TVBS


世界のTV局


オリコン日記


Pocketer ミニ名刺:ポケッター


さいちゅうブログ


さいたま中央シニア


ママ記者ブログ


veoh


中央大学野球部


桶川カーデイナルス


桶川ヤング・アローズ


上福岡ジュピターズ


埼玉県体育協会


上尾ボーイズ


上尾市審判部


野東スポーツ少年団


新曽北ドルフィンズ


大里野球


上町ファイターズ


デジフォト便


FaceBook


北本マリナーズ


辰巳ハニーズ


高梁チェリーズ


ほのぼのおやじさん


ル パピヨン


ナチュロパス BINSEI ブログ


akijapan的空間 QQ


FACEBOOK 秋池幹雄


台中日本人学校


上尾市野球部会


浦和シニア


北本市少年野球連盟


上平野球


北本リトルジャイアンツ


梁田イーグルス


天使の夜


Okudoi Mika


みづほのつぶやき


ニャにゃんワールド


雪々花見酒


今井あずさ


劇団 青年座


東北関東草の根プロジェクト


秋山もえ ブログ


秋山かほる ブログ


上尾 子どもを放射線から守る会


子ども埼玉ネット


子ども全国ネット


内部被曝を考える市民研究会


原発反対!少しでいいからやってみよう。


子どもの未来を考える会 嵐山(埼玉県)


子供たちを放射能から守る埼玉県北ネットワーク


福島 フクシマ FUKUSHIMA


グリーンピース


独立行政法人 国立環境研究所


青木泰さんブログ


ざまあみやがれい


元駐日特派員のブログ


子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば


みんな楽しくHappyがいい


放射能から子どもたちを守る会・入間北


清水よしのり


ママ'sハートプロジェクト


ママ'sハートプロジェクト


メモリーズ株式会社


キーパーズ有限会社


四谷フェニックス


銀座ホステス・ニコ


川越フラワー養蜂園


健やか越谷


民宿 山宝(秩父荒川村)


あげおの たまちゃん


上尾市ホームページ


上尾市議会 中継


上尾オンブズマンの館


山本一太


プロフィール


あき@たいわん

カテゴリ

カテゴリ未分類

(745)

台湾日記

(1123)

竹南散歩

(236)

男の食卓

(503)

われらが若様!

(102)

スポーツ

(31)

少年野球

(587)

野球シニア

(8)

ベトナム

(12)

日本国内

(3065)

プロ野球

(40)

女子ソフトボール

(13)

地震

(125)

新幹線

(20)

NHK海外

(19)

野球

(168)

タイ

(37)

ゴルフ

(38)

航空関係

(16)

お仕事

(263)

愉快な看板たち

(5)

男一人

(180)

愛煙家

(4)

一時帰国

(102)

台湾的水果

(16)

台湾ケーブルTV

(18)

大陸

(169)

歴史

(26)

家族

(252)

いいのかなあ?

(65)

安全

(354)

人権・平和

(145)

映画鑑賞

(26)

ボランテイア

(29)

行政改革

(22)

日本の自然

(62)

日本神輿

(28)

原発事故

(22)

健康

(29)

特派員報告

(6)

カラオケ

(9)

友人

(10)

アジア

(7)

アフィリエイト

(5)

正しい姿勢から成立する市政

(258)

在宅中国貿易

(48)

エネルギー

(15)

じぶん党

(8)

NO! プラスチック!

(4)

コンプライアンス

(10)

ちほう公務員

(10)

上尾市防災士協議会

(61)

sakura0123.com

(3)

地球温暖化防止コミュニケーター

(9)

市民の活動

(20)

教育

(13)

詐欺

(15)

フェチ

(3)

国政

(22)

NPOオール上尾市民活動ネットワーク(略称、AAN:エーツーエヌ)

(277)

節約

(6)

市議の通信簿

(4)

談合

(3)

わいせつ セクハラ パワハラ ハラスメント

(8)

マスコミ

(16)

韓国

(4)

公明党

(3)

人権

(5)

市民目線 こころある対応

(18)

公開質問状

(51)

県議選

(19)

首長

(10)

図書館本館

(20)

翔んで、あげお

(55)

前市長と元議長 同時逮捕

(14)

情報公開 透明性

(9)

あげお未来創造市民会議委員

(7)

条例規則等

(6)

埼玉県

(19)

新政クラブ

(13)

記事転載

(37)

上尾市役所

(90)

上尾の図書館を考える会

(12)

上尾市議選

(111)

上尾市議会

(141)

市民の声

(66)

フリマ

(3)

議会中継(定例会、特別委員会、常任委員会)(録画含む)

(33)

パーク・ゴルフ

(2)

市長・副市長・教育長

(24)

元市長(新井弘治氏)

(18)

いい加減な考察、市民のために

(3)

環境センター

(3)

彩の会

(12)

伊奈町

(2)

中国語

(1)

教育委員会

(8)

参議選

(49)

知事選

(16)

市民の関心

(149)

上尾政策フォーラム

(4)

地球温暖化防止コミュニケーター(旧IPCCレポートコミュニケーター)

(7)

5G(第5世代)

(2)

あげおの桃太郎

(1)

スマホ投票

(1)

N国党

(588)

JK

(1)

こどもの貧困

(1)

人工肛門用トイレ設置

(2)

上尾オンブズマンの館

(2)

百条委員会

(6)

れいわ新選組

(26)

5G

(3)

三橋貴明氏

(5)

渡辺エージェンシー

(2)

中田敦彦氏

(108)

メンタリストDaigo

(24)

税金

(2)

ホリエモン

(41)

将棋

(2)

YouTube

(344)

自衛隊犯罪

(1)

日本人

(19)

さいたま市

(1)

量子力学

(3)

Lifewave X 39

(36)

アクセスランキング

(67)

医療

(16)

法律

(2)

美味しい

(1)

コロナ

(32)

炎の料理人

(3)

NHK

(1)

武田邦彦

(4)

寄付

(1)

ヒバリクラブ

(20)

高校野球

(1)

ネット販売

(1)

グローバリズム

(2)

厚労省

(1)

アメリカ 美国 米国

(1)

オリンピック

(1)

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年06月11日
XML
テーマ:法律(462)
カテゴリ:法律
特定商取引に関する法律
(昭和五十一年法律第五十七号)
施行日: 令和二年四月一日
最終更新: 令和元年五月三十一日公布(令和元年法律第十六号)改正
https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=351AC0000000057
(目的)
第一条 この法律は、特定商取引(訪問販売、通信販売及び電話勧誘販売に係る取引、連鎖販売取引、特定継続的役務提供に係る取引、業務提供誘引販売取引並びに訪問購入に係る取引をいう。以下同じ。)を公正にし、及び購入者等が受けることのある損害の防止を図ることにより、購入者等の利益を保護し、あわせて商品等の流通及び役務の提供を適正かつ円滑にし、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。
第二章 訪問販売、通信販売及び電話勧誘販売
第一節 定義
第二条 この章及び第五十八条の十八第一項において「訪問販売」とは、次に掲げるものをいう。
一 販売業者又は役務の提供の事業を営む者(以下「役務提供事業者」という。)が営業所、代理店その他の主務省令で定める場所(以下「営業所等」という。)以外の場所において、売買契約の申込みを受け、若しくは売買契約を締結して行う商品若しくは特定権利の販売又は役務を有償で提供する契約(以下「役務提供契約」という。)の申込みを受け、若しくは役務提供契約を締結して行う役務の提供
二 販売業者又は役務提供事業者が、営業所等において、営業所等以外の場所において呼び止めて営業所等に同行させた者その他政令で定める方法により誘引した者(以下「特定顧客」という。)から売買契約の申込みを受け、若しくは特定顧客と売買契約を締結して行う商品若しくは特定権利の販売又は特定顧客から役務提供契約の申込みを受け、若しくは特定顧客と役務提供契約を締結して行う役務の提供
2 この章及び第五十八条の十九において「通信販売」とは、販売業者又は役務提供事業者が郵便その他の主務省令で定める方法(以下「郵便等」という。)により売買契約又は役務提供契約の申込みを受けて行う商品若しくは特定権利の販売又は役務の提供であつて電話勧誘販売に該当しないものをいう。
3 この章及び第五十八条の二十第一項において「電話勧誘販売」とは、販売業者又は役務提供事業者が、電話をかけ又は政令で定める方法により電話をかけさせ、その電話において行う売買契約又は役務提供契約の締結についての勧誘(以下「電話勧誘行為」という。)により、その相手方(以下「電話勧誘顧客」という。)から当該売買契約の申込みを郵便等により受け、若しくは電話勧誘顧客と当該売買契約を郵便等により締結して行う商品若しくは特定権利の販売又は電話勧誘顧客から当該役務提供契約の申込みを郵便等により受け、若しくは電話勧誘顧客と当該役務提供契約を郵便等により締結して行う役務の提供をいう。
4 この章並びに第五十八条の十九及び第六十七条第一項において「特定権利」とは、次に掲げる権利をいう。
一 施設を利用し又は役務の提供を受ける権利のうち国民の日常生活に係る取引において販売されるものであつて政令で定めるもの
二 社債その他の金銭債権
三 株式会社の株式、合同会社、合名会社若しくは合資会社の社員の持分若しくはその他の社団法人の社員権又は外国法人の社員権でこれらの権利の性質を有するもの
============

第三章 連鎖販売取引
(定義)
第三十三条 この章並びに
第五十八条の
二十一第一項及び第三項並びに第六十七条第一項において
「連鎖販売業」とは、
物品(施設を利用し又は役務の提供を受ける権利を含む。以下この章及び第五章において同じ。)の販売(そのあつせんを含む。)又は有償で行う役務の提供(そのあつせんを含む。)の事業であつて、
販売の目的物たる物品(以下この章及び第五十八条の二十一第一項第一号イにおいて「商品」という。)の再販売(販売の相手方が商品を買い受けて販売することをいう。以下同じ。)、
受託販売(販売の委託を受けて商品を販売することをいう。以下同じ。)
若しくは販売のあつせんをする者又は同種役務の提供(その役務と同一の種類の役務の提供をすることをいう。以下同じ。)
若しくはその役務の提供のあつせんをする者を
特定利益(その商品の再販売、受託販売若しくは販売のあつせんをする他の者又は同種役務の提供若しくはその役務の提供のあつせんをする他の者が提供する取引料その他の主務省令で定める要件に該当する利益の全部又は一部をいう。以下この章及び第五十八条の二十一第一項第四号において同じ。)を収受し得ることをもつて誘引し、
その者と
特定負担(その商品の購入若しくはその役務の対価の支払又は取引料の提供をいう。
以下この章及び第五十八条の二十一第一項第四号において同じ。)を伴う
その商品の販売若しくはそのあつせん又は同種役務の提供若しくは
その役務の提供のあつせんに係る取引(その取引条件の変更を含む。以下「連鎖販売取引」という。)をするものをいう。
2 この章並びに第五十八条の二十一、第六十六条第一項及び第六十七条第一項において「統括者」とは、連鎖販売業に係る商品に自己の商標を付し、若しくは連鎖販売業に係る役務の提供について自己の商号その他特定の表示を使用させ、連鎖販売取引に関する約款を定め、又は連鎖販売業を行う者の経営に関し継続的に指導を行う等一連の連鎖販売業を実質的に統括する者をいう。
3 この章において「取引料」とは、取引料、加盟料、保証金その他いかなる名義をもつてするかを問わず、取引をするに際し、又は取引条件を変更するに際し提供される金品をいう。
(連鎖販売取引における氏名等の明示)
第三十三条の二 統括者、勧誘者(統括者がその統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引について勧誘を行わせる者をいう。以下同じ。)又は一般連鎖販売業者(統括者又は勧誘者以外の者であつて、連鎖販売業を行う者をいう。以下同じ。)は、その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引をしようとするときは、
その勧誘に先立つて
その相手方に対し
統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者の氏名又は名称(勧誘者又は一般連鎖販売業者にあつては、その連鎖販売業に係る統括者の氏名又は名称を含む。)、
特定負担を伴う取引についての契約の締結について勧誘をする目的である旨
及び当該勧誘に係る商品又は役務の種類を明らかにしなければならない。
(禁止行為)
第三十四条 統括者又は勧誘者は、その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約(その連鎖販売業に係る商品の販売若しくはそのあつせん又は役務の提供若しくはそのあつせんを店舗その他これに類似する設備(以下「店舗等」という。)によらないで行う個人との契約に限る
以下この条及び第三十八条第三項第二号において同じ。)の締結について勧誘をするに際し
又はその連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約の解除を妨げるため、
次の事項につき、
故意に事実を告げず
又は不実のことを告げる行為をしてはならない
一 商品(施設を利用し及び役務の提供を受ける権利を除く。)
の種類及びその性能
若しくは品質又は施設を利用し
若しくは役務の提供を受ける権利
若しくは役務の種類及び
これらの内容その他これらに類するものとして主務省令で定める事項
二 当該連鎖販売取引に伴う特定負担に関する事項
三 当該契約の解除に関する事項
(第四十条第一項から第三項まで及び第四十条の二第一項から第五項までの規定に関する事項を含む。)
四 その連鎖販売業に係る特定利益に関する事項
五 前各号に掲げるもののほか、
その連鎖販売業に関する事項であつて、
連鎖販売取引の相手方の判断に影響を及ぼすこととなる重要なもの
2 一般連鎖販売業者は、その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約の締結について勧誘をするに際し、
又はその連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約の解除を妨げるため、
前項各号の事項につき、不実のことを告げる行為をしてはならない。
3 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者は、
その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約を締結させ、
又はその連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約の解除を妨げるため、
人を威迫して困惑させてはならない
4 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者は、
特定負担を伴う取引についての契約の締結について
勧誘をするためのものであることを告げずに営業所、
代理店その他の主務省令で定める場所以外の場所において
呼び止めて同行させること
その他政令で定める方法により誘引した者に対し、
公衆の出入りする場所以外の場所において、
当該契約の締結について勧誘をしてはならない。
(合理的な根拠を示す資料の提出)
第三十四条の二 主務大臣は、前条第一項第一号又は第四号に掲げる事項につき不実のことを告げる行為をしたか否かを判断するため必要があると認めるときは、当該統括者、当該勧誘者又は当該一般連鎖販売業者に対し、期間を定めて、当該告げた事項の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。
この場合において、当該統括者、当該勧誘者又は当該一般連鎖販売業者が当該資料を提出しないときは、
第三十八条第一項から第三項まで及び第三十九条第一項の規定の適用については、
当該統括者、当該勧誘者又は当該一般連鎖販売業者は、
前条第一項第一号又は第四号に掲げる事項につき
不実のことを告げる行為をしたものとみなす。
(連鎖販売取引についての広告)
第三十五条 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者は、
その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引について広告をするときは、
主務省令で定めるところにより、
当該広告に、
その連鎖販売業に関する次の事項を表示しなければならない。
一 商品又は役務の種類
二 当該連鎖販売取引に伴う特定負担に関する事項
三 その連鎖販売業に係る特定利益について広告をするときは、
その計算の方法
四 前三号に掲げるもののほか、主務省令で定める事項
(誇大広告等の禁止)
第三十六条 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者は、
その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引について広告をするときは、
その連鎖販売業に係る商品(施設を利用し及び役務の提供を受ける権利を除く。)
の性能若しくは品質又は施設を利用し
若しくは役務の提供を受ける権利
若しくは役務の内容、
当該連鎖販売取引に伴う特定負担
当該連鎖販売業に係る特定利益
その他の主務省令で定める事項について、
著しく事実に相違する表示をし、
又は実際のものよりも著しく優良であり、
若しくは有利であると人を誤認させるような表示をしてはならない。
(合理的な根拠を示す資料の提出)
第三十六条の二 主務大臣は、前条に規定する表示に該当するか否かを判断するため必要があると認めるときは、
当該表示をした統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者に対し、
期間を定めて、
当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めることができる。
この場合において、
当該統括者、当該勧誘者又は当該一般連鎖販売業者が当該資料を提出しないときは、
第三十八条第一項から第三項まで及び第三十九条第一項の適用については、
当該表示は、前条に規定する表示に該当するものとみなす。
(承諾をしていない者に対する電子メール広告の提供の禁止等)
第三十六条の三 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者は、
次に掲げる場合を除き
その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引について、
その相手方となる者の承諾を得ないで電子メール広告をしてはならない。

一 相手方となる者の請求に基づき
その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引に係る電子メール広告(以下この章において「連鎖販売取引電子メール広告」という。)をするとき。
二 前号に掲げるもののほか、通常連鎖販売取引電子メール広告の提供を受ける者の利益を損なうおそれがないと認められる場合として主務省令で定める場合において、連鎖販売取引電子メール広告をするとき。
2 前項に規定する承諾を得、又は同項第一号に規定する請求を受けた統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者は、当該連鎖販売取引電子メール広告の相手方から連鎖販売取引電子メール広告の提供を受けない旨の意思の表示を受けたときは、当該相手方に対し、連鎖販売取引電子メール広告をしてはならない
ただし、
当該意思の表示を受けた後に再び連鎖販売取引電子メール広告をすることにつき
当該相手方から請求を受け
又は当該相手方の承諾を得た場合には、この限りでない。
3 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者は、
連鎖販売取引電子メール広告をするときは、
第一項第二号に掲げる場合を除き、
当該連鎖販売取引電子メール広告をすることにつき
その相手方の承諾を得、
又はその相手方から請求を受けたことの記録として
主務省令で定めるものを作成し、
主務省令で定めるところによりこれを保存しなければならない。

4 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者は、連鎖販売取引電子メール広告をするときは、第一項第二号に掲げる場合を除き、当該連鎖販売取引電子メール広告に、第三十五条各号に掲げる事項のほか、主務省令で定めるところにより、その相手方が連鎖販売取引電子メール広告の提供を受けない旨の意思の表示をするために必要な事項として主務省令で定めるものを表示しなければならない。
5 前二項の規定は、統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者が
他の者に次に掲げる業務の全てにつき
一括して委託しているときは、
その委託に係る連鎖販売取引電子メール広告については、適用しない。

一 連鎖販売取引電子メール広告をすることにつきその相手方の承諾を得、又はその相手方から請求を受ける業務
二 第三項に規定する記録を作成し、及び保存する業務
三 前項に規定する連鎖販売取引電子メール広告の提供を受けない旨の意思の表示をするために必要な事項を表示する業務
第三十六条の四 統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者から
前条第五項各号に掲げる業務の全てにつき
一括して委託を受けた者(以下この章並びに第六十六条第五項及び第六十七条第一項第四号において「連鎖販売取引電子メール広告受託事業者」という。)は、
次に掲げる場合を除き
、当該業務を委託した統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者(以下この条において「連鎖販売取引電子メール広告委託者」という。)が行う
その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引について、
その相手方となる者の承諾を得ないで連鎖販売取引電子メール広告をしてはならない。
一 相手方となる者の請求に基づき、連鎖販売取引電子メール広告委託者に係る連鎖販売取引電子メール広告をするとき。
二 前号に掲げるもののほか、
通常連鎖販売取引電子メール広告委託者に係る連鎖販売取引電子メール広告の提供を受ける者の利益を損なうおそれがないと認められる場合として
主務省令で定める場合において、
連鎖販売取引電子メール広告委託者に係る連鎖販売取引電子メール広告をするとき。
2 前条第二項から第四項までの規定は、
連鎖販売取引電子メール広告受託事業者による
連鎖販売取引電子メール広告委託者に係る連鎖販売取引電子メール広告について準用する。
この場合において、同条第三項及び第四項中「第一項第二号」とあるのは、「次条第一項第二号」と読み替えるものとする。
(連鎖販売取引における書面の交付)
第三十七条 連鎖販売業を行う者(連鎖販売業を行う者以外の者がその連鎖販売業に係る連鎖販売取引に伴う特定負担についての契約を締結する者であるときは、その者)は、
連鎖販売取引に伴う特定負担をしようとする者(その連鎖販売業に係る商品の販売若しくはそのあつせん又は役務の提供若しくはそのあつせんを店舗等によらないで行う個人に限る。)と
その特定負担についての契約を締結しようとするときは、
その契約を締結するまでに
主務省令で定めるところにより、
その連鎖販売業の概要について記載した書面をその者に交付しなければならない。
2 連鎖販売業を行う者は、
その連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約(以下この章において「連鎖販売契約」という。)を締結した場合において、
その連鎖販売契約の相手方がその連鎖販売業に係る
商品の販売若しくはそのあつせん又は役務の提供若しくはそのあつせんを店舗等によらないで行う個人であるときは、
遅滞なく、
主務省令で定めるところにより、
次の事項について
その連鎖販売契約の内容を明らかにする書面を
その者に交付しなければならない。
一 商品(施設を利用し及び役務の提供を受ける権利を除く。)
の種類及びその性能
若しくは品質又は施設を利用し
若しくは役務の提供を受ける権利
若しくは役務の種類及びこれらの内容に関する事項
二 商品の再販売、受託販売若しくは販売のあつせん又は同種役務の提供
若しくは役務の提供のあつせんについての条件に関する事項
三 当該連鎖販売取引に伴う特定負担に関する事項
四 当該連鎖販売契約の解除に関する事項(第四十条第一項から第三項まで及び第四十条の二第一項から第五項までの規定に関する事項を含む。)
五 前各号に掲げるもののほか、主務省令で定める事項
(指示等)
第三十八条 主務大臣は、統括者が第三十三条の二、第三十四条第一項、第三項若しくは第四項、第三十五条、第三十六条、第三十六条の三(第五項を除く。)
若しくは前条の規定に違反し
若しくは次に掲げる行為をした場合
又は勧誘者が
第三十三条の二、第三十四条第一項、第三項若しくは第四項、第三十五条、第三十六条若しくは第三十六条の三(第五項を除く。)の規定に違反し
若しくは第二号から第四号までに掲げる行為をした場合において
連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が害されるおそれがあると認めるときは、その統括者に対し、
当該違反又は当該行為の是正のための措置、
連鎖販売取引の相手方の利益の保護を図るための措置
その他の必要な措置をとるべきことを指示することができる。
一 その連鎖販売業に係る連鎖販売契約に基づく債務又はその解除によつて生ずる債務の全部又は一部の履行を拒否し、又は不当に遅延させること
二 その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引につき
利益を生ずることが確実である
誤解させるべき断定的判断を提供して
その連鎖販売業に係る連鎖販売契約(その連鎖販売業に係る商品の販売若しくはそのあつせん又は役務の提供若しくはそのあつせんを店舗等によらないで行う個人との契約に限る。次号において同じ。)の締結について勧誘をすること。
三 その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る
連鎖販売契約を締結しない旨の意思を表示している者に対し
当該連鎖販売契約の締結について
迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘をすること
四 前三号に掲げるもののほか、
その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る
連鎖販売契約に関する行為であつて、
連鎖販売取引の公正及び
連鎖販売取引の相手方の利益を害するおそれが
あるものとして主務省令で定めるもの
2 主務大臣は、勧誘者が第三十三条の二、第三十四条第一項、第三項若しくは第四項、第三十五条、第三十六条、第三十六条の三(第五項を除く。)
若しくは前条の規定に違反し、
又は前項各号に掲げる行為をした場合において
連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の
相手方の利益が害されるおそれがあると認めるときは、
その勧誘者に対し、
当該違反又は当該行為の是正のための措置、
連鎖販売取引の相手方の利益の保護を図るための措置
その他の必要な措置をとるべきことを指示することができる。
3 主務大臣は、一般連鎖販売業者が第三十三条の二、第三十四条第二項から第四項まで、第三十五条、第三十六条、第三十六条の三(第五項を除く。)
若しくは前条の規定に違反し、
又は次に掲げる行為をした場合において
連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が害されるおそれがあると認めるときは、その一般連鎖販売業者に対し、
当該違反又は当該行為の是正のための措置、
連鎖販売取引の相手方の利益の保護を図るための措置
その他の必要な措置をとるべきことを指示することができる。
一 第一項各号に掲げる行為
二 その統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約の締結について勧誘をするに際し、
又はその連鎖販売業に係る連鎖販売取引についての契約の解除を妨げるため、
その連鎖販売業に関する事項であつて、
連鎖販売取引の相手方の判断に影響を及ぼすこととなる重要なものにつき、
故意に事実を告げないこと。
4 主務大臣は、連鎖販売取引電子メール広告受託事業者が第三十六条の四第一項又は同条第二項において準用する第三十六条の三第二項から第四項までの規定に違反した場合において、連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が害されるおそれがあると認めるときは、その連鎖販売取引電子メール広告受託事業者に対し、必要な措置をとるべきことを指示することができる。
5 主務大臣は、第一項から第三項までの規定による指示をしたときは、その旨を公表しなければならない。
6 主務大臣は、第四項の規定による指示をしたときは、その旨を公表しなければならない。
(連鎖販売取引の停止等)
第三十九条 主務大臣は、統括者が第三十三条の二、第三十四条第一項、第三項若しくは第四項、第三十五条、第三十六条、第三十六条の三(第五項を除く。)若しくは第三十七条の規定に違反し若しくは前条第一項各号に掲げる行為をした場合若しくは勧誘者が第三十三条の二、第三十四条第一項、第三項若しくは第四項、第三十五条、第三十六条若しくは第三十六条の三(第五項を除く。)の規定に違反し若しくは前条第一項第二号から第四号までに掲げる行為をした場合において連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が著しく害されるおそれがあると認めるとき、又は統括者が同項の規定による指示に従わないときは、その統括者に対し、二年以内の期間を限り、当該連鎖販売業に係る連鎖販売取引について勧誘を行い若しくは勧誘者に行わせることを停止し、又はその行う連鎖販売取引の全部若しくは一部を停止すべきことを命ずることができる。この場合において、主務大臣は、その統括者が個人である場合にあつては、その者に対して、当該停止を命ずる期間と同一の期間を定めて、当該停止を命ずる範囲の連鎖販売取引に係る業務を営む法人の当該業務を担当する役員となることの禁止を併せて命ずることができる。
2 主務大臣は、勧誘者が第三十三条の二、第三十四条第一項、第三項若しくは第四項、第三十五条、第三十六条、第三十六条の三(第五項を除く。)若しくは第三十七条の規定に違反し若しくは前条第一項各号に掲げる行為をした場合において連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が著しく害されるおそれがあると認めるとき、又は勧誘者が同条第二項の規定による指示に従わないときは、その勧誘者に対し、二年以内の期間を限り、当該連鎖販売業に係る連鎖販売取引について勧誘を行うことを停止し、又はその行う連鎖販売取引の全部若しくは一部を停止すべきことを命ずることができる。この場合において、主務大臣は、その勧誘者が個人である場合にあつては、その者に対して、当該停止を命ずる期間と同一の期間を定めて、当該停止を命ずる範囲の連鎖販売取引に係る業務を営む法人の当該業務を担当する役員となることの禁止を併せて命ずることができる。
3 主務大臣は、一般連鎖販売業者が第三十三条の二、第三十四条第二項から第四項まで、第三十五条、第三十六条、第三十六条の三(第五項を除く。)若しくは第三十七条の規定に違反し若しくは前条第三項各号に掲げる行為をした場合において連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が著しく害されるおそれがあると認めるとき、又は一般連鎖販売業者が同項の規定による指示に従わないときは、その一般連鎖販売業者に対し、二年以内の期間を限り、当該連鎖販売業に係る連鎖販売取引について勧誘を行うことを停止し、又はその行う連鎖販売取引の全部若しくは一部を停止すべきことを命ずることができる。この場合において、主務大臣は、その一般連鎖販売業者が個人である場合にあつては、その者に対して、当該停止を命ずる期間と同一の期間を定めて、当該停止を命ずる範囲の連鎖販売取引に係る業務を営む法人の当該業務を担当する役員となることの禁止を併せて命ずることができる。
4 主務大臣は、連鎖販売取引電子メール広告受託事業者が第三十六条の四第一項若しくは同条第二項において準用する第三十六条の三第二項から第四項までの規定に違反した場合において連鎖販売取引の公正及び連鎖販売取引の相手方の利益が著しく害されるおそれがあると認めるとき、又は連鎖販売取引電子メール広告受託事業者が前条第四項の規定による指示に従わないときは、その連鎖販売取引電子メール広告受託事業者に対し、一年以内の期間を限り、連鎖販売取引電子メール広告に関する業務の全部又は一部を停止すべきことを命ずることができる。
5 主務大臣は、第一項から第三項までの規定による命令をしたときは、その旨を公表しなければならない。
6 主務大臣は、第四項の規定による命令をしたときは、その旨を公表しなければならない。
(業務の禁止等)
第三十九条の二 主務大臣は、統括者に対して前条第一項の規定によりその行う連鎖販売取引の停止を命ずる場合において、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める者が当該命令の理由となつた事実及び当該事実に関してその者が有していた責任の程度を考慮して当該命令の実効性を確保するためにその者による連鎖販売取引に係る業務を制限することが相当と認められる者として主務省令で定める者に該当するときは、その者に対して、当該停止を命ずる期間と同一の期間を定めて、当該停止を命ずる範囲の連鎖販売取引に係る業務を新たに開始すること(当該業務を営む法人の当該業務を担当する役員となることを含む。)の禁止を命ずることができる。
一 当該統括者が法人である場合 その役員及び当該命令の日前六十日以内においてその役員であつた者並びにその使用人及び当該命令の日前六十日以内においてその使用人であつた者
二 当該統括者が個人である場合 その使用人及び当該命令の日前六十日以内においてその使用人であつた者
2 主務大臣は、勧誘者に対して前条第二項の規定によりその行う連鎖販売取引の停止を命ずる場合において、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める者が当該命令の理由となつた事実及び当該事実に関してその者が有していた責任の程度を考慮して当該命令の実効性を確保するためにその者による連鎖販売取引に係る業務を制限することが相当と認められる者として主務省令で定める者に該当するときは、その者に対して、当該停止を命ずる期間と同一の期間を定めて、当該停止を命ずる範囲の連鎖販売取引に係る業務を新たに開始すること(当該業務を営む法人の当該業務を担当する役員となることを含む。)の禁止を命ずることができる。
一 当該勧誘者が法人である場合 その役員及び当該命令の日前六十日以内においてその役員であつた者並びにその使用人及び当該命令の日前六十日以内においてその使用人であつた者
二 当該勧誘者が個人である場合 その使用人及び当該命令の日前六十日以内においてその使用人であつた者
3 主務大臣は、一般連鎖販売業者に対して前条第三項の規定によりその行う連鎖販売取引の停止を命ずる場合において、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める者が当該命令の理由となつた事実及び当該事実に関してその者が有していた責任の程度を考慮して当該命令の実効性を確保するためにその者による連鎖販売取引に係る業務を制限することが相当と認められる者として主務省令で定める者に該当するときは、その者に対して、当該停止を命ずる期間と同一の期間を定めて、当該停止を命ずる範囲の連鎖販売取引に係る業務を新たに開始すること(当該業務を営む法人の当該業務を担当する役員となることを含む。)の禁止を命ずることができる。
一 当該一般連鎖販売業者が法人である場合 その役員及び当該命令の日前六十日以内においてその役員であつた者並びにその使用人及び当該命令の日前六十日以内においてその使用人であつた者
二 当該一般連鎖販売業者が個人である場合 その使用人及び当該命令の日前六十日以内においてその使用人であつた者
4 主務大臣は、前三項の規定による命令をしたときは、その旨を公表しなければならない。
(連鎖販売契約の解除等)
第四十条 連鎖販売業を行う者がその連鎖販売業に係る連鎖販売契約を締結した場合におけるその連鎖販売契約の相手方(その連鎖販売業に係る商品の販売若しくはそのあつせん又は役務の提供若しくはそのあつせんを店舗等によらないで行う個人に限る。以下この章において「連鎖販売加入者」という。)は、第三十七条第二項の書面を受領した日(その連鎖販売契約に係る特定負担が再販売をする商品(施設を利用し及び役務の提供を受ける権利を除く。以下この項において同じ。)の購入についてのものである場合において、その連鎖販売契約に基づき購入したその商品につき最初の引渡しを受けた日がその受領した日後であるときは、その引渡しを受けた日。次条第一項において同じ。)から起算して二十日を経過したとき(連鎖販売加入者が、統括者若しくは勧誘者が第三十四条第一項の規定に違反し若しくは一般連鎖販売業者が同条第二項の規定に違反してこの項の規定による連鎖販売契約の解除に関する事項につき不実のことを告げる行為をしたことにより当該告げられた内容が事実であるとの誤認をし、又は統括者、勧誘者若しくは一般連鎖販売業者が同条第三項の規定に違反して威迫したことにより困惑し、これらによつて当該期間を経過するまでにこの項の規定による連鎖販売契約の解除を行わなかつた場合には、当該連鎖販売加入者が、その連鎖販売業に係る統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者が主務省令で定めるところによりこの項の規定による当該連鎖販売契約の解除を行うことができる旨を記載して交付した書面を受領した日から起算して二十日を経過したとき)を除き、書面によりその連鎖販売契約の解除を行うことができる。この場合において、その連鎖販売業を行う者は、その連鎖販売契約の解除に伴う損害賠償又は違約金の支払を請求することができない。
2 前項の連鎖販売契約の解除は、その連鎖販売契約の解除を行う旨の書面を発した時に、その効力を生ずる。
3 第一項の連鎖販売契約の解除があつた場合において、その連鎖販売契約に係る商品の引渡しが既にされているときは、その引取りに要する費用は、その連鎖販売業を行う者の負担とする。
4 前三項の規定に反する特約でその連鎖販売加入者に不利なものは、無効とする。
第四十条の二 連鎖販売加入者は、第三十七条第二項の書面を受領した日から起算して二十日を経過した後(連鎖販売加入者が、統括者若しくは勧誘者が第三十四条第一項の規定に違反し若しくは一般連鎖販売業者が同条第二項の規定に違反して前条第一項の規定による連鎖販売契約の解除に関する事項につき不実のことを告げる行為をしたことにより当該告げられた内容が事実であるとの誤認をし、又は統括者、勧誘者若しくは一般連鎖販売業者が第三十四条第三項の規定に違反して威迫したことにより困惑し、これらによつて当該期間を経過するまでに前条第一項の規定による連鎖販売契約の解除を行わなかつた場合には、当該連鎖販売加入者が、その連鎖販売業に係る統括者、勧誘者又は一般連鎖販売業者が同項の主務省令で定めるところにより同項の規定による当該連鎖販売契約の解除を行うことができる旨を記載して交付した書面を受領した日から起算して二十日を経過した後)においては、将来に向かつてその連鎖販売契約の解除を行うことができる。
2 前項の規定により連鎖販売契約が解除された場合において、その解除がされる前に、連鎖販売業を行う者が連鎖販売加入者(当該連鎖販売契約(取引条件の変更に係る連鎖販売契約を除く。)を締結した日から一年を経過していない者に限る。以下この条において同じ。)に対し、既に、連鎖販売業に係る商品の販売(そのあつせんを含む。)を行つているときは、連鎖販売加入者は、次に掲げる場合を除き、当該商品の販売に係る契約(当該連鎖販売契約のうち当該連鎖販売取引に伴う特定負担に係る商品の販売に係る部分を含む。以下この条において「商品販売契約」という。)の解除を行うことができる。
一 当該商品の引渡し(当該商品が施設を利用し又は役務の提供を受ける権利である場合にあつては、その移転。以下この条において同じ。)を受けた日から起算して九十日を経過したとき。
二 当該商品を再販売したとき。
三 当該商品を使用し又はその全部若しくは一部を消費したとき(当該連鎖販売業に係る商品の販売を行つた者が当該連鎖販売加入者に当該商品を使用させ、又はその全部若しくは一部を消費させた場合を除く。)。
四 その他政令で定めるとき。
3 連鎖販売業を行う者は、第一項の規定により連鎖販売契約が解除されたときは、損害賠償額の予定又は違約金の定めがあるときにおいても、契約の締結及び履行のために通常要する費用の額(次の各号のいずれかに該当する場合にあつては、当該額に当該各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める額を加算した額)にこれに対する法定利率による遅延損害金の額を加算した金額を超える額の金銭の支払を連鎖販売加入者に対して請求することができない。
一 当該連鎖販売契約の解除が当該連鎖販売取引に伴う特定負担に係る商品の引渡し後である場合 次の額を合算した額
イ 引渡しがされた当該商品(当該連鎖販売契約に基づき販売が行われたものに限り、前項の規定により当該商品に係る商品販売契約が解除されたものを除く。)の販売価格に相当する額
ロ 提供された特定利益その他の金品(前項の規定により解除された商品販売契約に係る商品に係るものに限る。)に相当する額
二 当該連鎖販売契約の解除が当該連鎖販売取引に伴う特定負担に係る役務の提供開始後である場合 提供された当該役務(当該連鎖販売契約に基づき提供されたものに限る。)の対価に相当する額
4 連鎖販売業に係る商品の販売を行つた者は、第二項の規定により商品販売契約が解除されたときは、損害賠償額の予定又は違約金の定めがあるときにおいても、次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める額にこれに対する法定利率による遅延損害金の額を加算した金額を超える額の金銭の支払を当該連鎖販売加入者に対して請求することができない。
一 当該商品が返還された場合又は当該商品販売契約の解除が当該商品の引渡し前である場合 当該商品の販売価格の十分の一に相当する額
二 当該商品が返還されない場合 当該商品の販売価格に相当する額
5 第二項の規定により商品販売契約が解除されたときは、当該商品に係る一連の連鎖販売業の統括者は、連帯して、その解除によつて生ずる当該商品の販売を行つた者の債務の弁済の責めに任ずる。
6 前各項の規定に反する特約で連鎖販売加入者に不利なものは、無効とする。
7 第三項及び第四項の規定は、連鎖販売業に係る商品又は役務を割賦販売により販売し又は提供するものについては、適用しない。
(連鎖販売契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し)
第四十条の三 連鎖販売加入者は、統括者若しくは勧誘者がその統括者の統括する一連の連鎖販売業に係る連鎖販売契約の締結について勧誘をするに際し第一号若しくは第二号に掲げる行為をしたことにより当該各号に定める誤認をし、又は一般連鎖販売業者がその連鎖販売業に係る連鎖販売契約の締結について勧誘をするに際し第三号に掲げる行為をしたことにより同号に定める誤認をし、これらによつて当該連鎖販売契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。ただし、当該連鎖販売契約の相手方が、当該連鎖販売契約の締結の当時、当該統括者、当該勧誘者又は当該一般連鎖販売業者がこれらの行為をした事実を知らなかつたときは、この限りでない。
一 第三十四条第一項の規定に違反して不実のことを告げる行為 当該告げられた内容が事実であるとの誤認
二 第三十四条第一項の規定に違反して故意に事実を告げない行為 当該事実が存在しないとの誤認
三 第三十四条第二項の規定に違反して不実のことを告げる行為 当該告げられた内容が事実であるとの誤認
2 第九条の三第二項から第五項までの規定は、前項の規定による連鎖販売契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消しについて準用する。






最終更新日  2020年06月11日 10時49分21秒
コメント(0) | コメントを書く
[法律] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.