6815988 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋さんの台湾日記

PR

X

全10件 (10件中 1-10件目)

1

地球温暖化防止コミュニケーター(旧IPCCレポートコミュニケーター)

2021年01月22日
XML
おはようございます。
あたまが動くかわかりませんが、
つぎの記事を読み込んでみたい。
https://news.yahoo.co.jp/byline/emoriseita/20151202-00051987/


温暖化の科学の信憑性

今回は,「常識者」の立場から常識を擁護するように説明するのではなく,筆者なりに虚心坦懐に考えてみたときに,温暖化の科学にどの程度の信憑性があると思うのかを素朴に説明してみたい。

まず,人間活動により二酸化炭素(CO2)をはじめとする温室効果ガスが大気中に増加していること,これは筆者には疑えない。産業革命以降に大気中に増加したCO2の量は,化石燃料燃焼等により大気中に放出されたCO2の総量の半分程度である。人為排出よりも支配的な正味の放出・吸収源は知られていないので,この量的関係だけを見ても,大気中CO2濃度の増加は人間活動が原因と考えざるをえない。

(つづく)











最終更新日  2021年01月22日 09時09分05秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年01月06日
一方、地球温暖化やその原因等に対し異論を主張する論者も存在し、主な異論は当該分野の専門家による反論がある[13]。

この項目では実在する主張や反論をそのまま記載する。反論に対する再反論は記載しない。

地球温暖化に対する懐疑論 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


懐疑論への反論および学者や団体による見解
地球温暖化は温室効果ガスの増加と人間活動の拡大によるものであるとして懐疑論は反論されている[134]。

2007年7月に米国石油地質協会(AAPG)が気候の基本的制御において人為的な二酸化炭素排出についての研究拡大が重要だと表明[11]した。これ以来地球温暖化に対する人為的影響を否定する地質学関係の学術組織は無いとされる[12]。

日本語での反論も為されており[13][135](何ページ?)、国立環境研究所の「Q&Aココが知りたい温暖化」がある。

前東京大学総長で三菱総研理事長の小宮山宏は、「全てについて反論は用意されている」「温暖化懐疑論が問題になっているのは日本だけ」と述べている[136](何ページ?)。

海洋研究開発機構の近藤洋輝は、NatureやScienceなどの著名学術誌に採用されていない異論が、メディアに安易に取り上げられることに懸念を表明している[137](何ページ?)。

トンデモ本を批判的に楽しむと学会の会長でSF作家の山本弘は著書[124](何ページ?)において、武田邦彦や槌田敦らによる懐疑論に関して、誤った解釈や信頼性の低い論拠などの問題点を指摘した上で「素人の印象を信じるな。専門家の言うことに耳を傾けろ。」と述べている。

数学者イアン・スチュワートは『数学の魔法の宝箱』で「地球温暖化詐欺」における気温と二酸化炭素のグラフに関する誤解を取り上げ、幼稚な推論が原因であるとして数学的に解説(何ページ?)している。


気候変動に関する政府間パネル 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






最終更新日  2021年01月06日 14時37分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年10月16日






最終更新日  2020年10月16日 11時34分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月19日
テーマ:地球温暖化(10)






最終更新日  2019年12月19日 20時23分02秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:地球温暖化(10)






最終更新日  2019年12月19日 20時11分35秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:地球温暖化(10)






最終更新日  2019年12月19日 20時02分55秒
コメント(0) | コメントを書く






最終更新日  2019年12月19日 17時23分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年12月14日
テーマ:YouTube(1451)






最終更新日  2019年12月14日 07時39分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月30日
テーマ:YouTube(1451)






最終更新日  2019年09月30日 20時38分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月16日
テーマ:中国&台湾(3183)


熱帶低壓最快晚間成颱 氣象局:預計深夜發海警



氣象局今天表示,位於太平洋地區的熱帶性低氣壓,最快晚間會增強為颱風「丹娜絲」,由於路徑往北偏,將會對台灣有較大影響,預計深夜會發出海上颱風警報,不排除明天發布陸上颱風警報。



台風、台湾に接近 そのあと、日本






最終更新日  2019年07月16日 14時45分41秒
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


© Rakuten Group, Inc.