000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋さんの台湾日記

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

百条委員会

2019年09月24日
XML
カテゴリ:百条委員会
今回の議題は、「調査方法について」でした。
具体的には、
「参考人として招致」するのは、以下の通り2人と決まりました。
  10月3日(水)10時から、道路課の職員  
         11時から、松澤副市長  
「証人喚問」は、以下の通り、8人と決まりました。
  10月24日(木)10時半~ 宮口都市整備部長(当時の道路課長)
         13時~  上尾市会計管理者(当時の都市整備部次長)
         15時~  上尾市退職者(当時の都市整備部長・元教育総務部長)
  10月25日(金)9時30分~ 新井弘治元市長
         10時45分~ 新井金作市議会議員
         11時30分~ 小林美仁(美創建業代表取締役)
         13時~   小林守利議員
         15時~   畠山市長 
  証言を求める事項の細目は、添付ファイルをご覧ください。









最終更新日  2019年09月24日 22時25分37秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年08月27日
カテゴリ:百条委員会
小林議員は6月に議長を辞任。
先月行われた全員協議会では
「不当な働き掛けをしたことはない」と主張した。

また新井元市長は工事費全額(約693万円)を市に返還。
埼玉新聞の取材に対し、
「私は一回も市に(工事を)頼んだことはない。
弁護士は返済の必要はないといったが
せがれ(新井金作議員)もお世話になっているので、
お金のことでとやかく言われたくないから返した
」と説明している。

埼玉新聞






最終更新日  2019年08月27日 17時30分05秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:百条委員会
・8月27日(火曜日)
午後2時から、
第2委員会室で
小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事の経緯に関する調査特別委員会
を開催します
(小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事の経緯に関する事項について)

※傍聴希望者が定員(20名)を超える場合は、
開始の15分前(13時45分)に抽選を行います。
なお、
傍聴をする際は、上尾市議会委員会傍聴規程をお読みください。






最終更新日  2019年08月27日 06時51分22秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年08月26日
カテゴリ:百条委員会
・8月27日(火曜日)午後2時から、
第2委員会室で
小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事の経緯に関する
調査特別委員会を開催します
(小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事の経緯に関する事項について)))

※傍聴希望者が定員(20名)を超える場合は、
開始の15分前(13時45分)に抽選を行います。
なお、傍聴をする際は、
上尾市議会委員会傍聴規程をお読みください。






最終更新日  2019年08月26日 15時04分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月09日
カテゴリ:百条委員会
NPOオール上尾市民活動ネットワーク(略称、AAN:エーツーエヌ)世話人
上尾の図書館を考える会 事務局長 大友氏の本日9日の臨時会のレポを共有します。



-------------
市民のみなさまへ

7月30日に開催された「全員協議会」終了後に、政策フォーラムと共産党の2会派の議員全員9人の連名で、畠山市長に宛てて、市議会「臨時会」の招集を請求していたこと、それを受け止めた畠山市長が決断して、8月9日9時半開会として招集していたことはご承知の通りです。
そして、会議に付すべき事件は、「小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事に係る不適切な対応」に係わる100条委員会設置の件とされていました。
この100条委員会の設置が「臨時会」で合意されるかどうかが、「全員協議会」での小林議員の居直り、弁明と反論による巻き返しを打ち破って任期中(11月中)に事実の究明と原因、及び、二度と繰り返さないための方策を決めることが出来るかどうかに決定的に影響すると考えられ、本日までのどのように合意形成が進むかどうかを注目してきました。
この間、8月7日と本日9日の朝に代表者会議が開催され、本日の議案は、「小敷谷地内フェンスブロック擁壁撤去・新設工事に関わる不適切な対応の調査に関する決議案」として、4会派の代表である星野良行議員、糟谷珠紀議員、道下文男議員、浦和三郎議員の連名での文書としてまとめ上げられていたことが分かりました。
決議案は、4人を代表して浦和議員が読み上げて提案しました。
地方自治法100条の規定により調査を行うこと、
10人の委員を選んで調査投別委員会を設置して、この委員会に付託すること、
地方自治法第100条第1項及び同法98条第1項の権限を上記特別委員会に委任すること、
調査は議会閉会中も行うことが出来ること、
調査経費は、本年度内においては300万円とすること
などを内容としており、弁護士の手助けを得ることも可能と考えられているものと思われます。

形は、画期的な姿となったと言えそうです。

委員10人の氏名は
星野、大室、斎藤、(以上彩の会)、前島、道下、(以上公明党)、井上、海老原、(以上政策フォーラム)、
糟谷、池田、(以上共産党)、小川(無会派)

第1回委員会が開催され、委員長には大室尚議員、副委員長には前島るり議員が選出されました。

どこまで突っ込んだ調査ができるか、実効のある方策を立てることが出来るかは、事務局体制はどう作られるか、
委員長・副委員長が過去の経緯にとらわれずに、公正・公平なリーダーシップを発揮することが出来るかなどが問われると思います。 

私たち市民のウオッチングもますます大切になります。
傍聴に出かけましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
AANの主なプロジェクト
どなたでもご参加いただけます。

「いい地域研究」P
「いい市政、いい議会をつくる」P
「憲法オープンカフェ」P
「人生100年時代の就労支援」P
「あげお市民新聞」P
「地域連携」P
「こども育成」P
「リクルート」P

ーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーー
こちらのブログもよろしくお願い申し上げます。


上尾オンブズマンの館








最終更新日  2019年08月09日 17時34分32秒
コメント(4) | コメントを書く
カテゴリ:百条委員会
委員に指名された市議(敬称略)

小川明仁
齋藤哲雄
大室 尚
星野良行
前島るり
道下文男
海老原直矢
池田達生
糟谷珠紀
井上 茂


新井弘治元市長所有地693万円公費支出事件



AANの主なプロジェクト
どなたでもご参加いただけます。

「いい地域研究」P
「いい市政、いい議会をつくる」P
「憲法オープンカフェ」P
「人生100年時代の就労支援」P
「あげお市民新聞」P
「地域連携」P
「こども育成」P
「リクルート」P


上尾オンブズマンの館







最終更新日  2019年08月09日 11時59分23秒
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.