6835311 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秋さんの台湾日記

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

NO! プラスチック!

2019年09月04日
XML
テーマ:SDGs(4)
カテゴリ:NO! プラスチック!
バイオプラ歴史
1925年
M.Lemoigne(仏・パスツール研究所):枯草菌の体内物質としての脂肪族ポリエステルを発見
1932年
W.H.Carothers(米・デュポン社):低分子量ポリ乳酸の合成を発表
1939年
Bauer:黒酵母の一種がプルランを産生することを発見
1958年
D.H.Williamson:P(3HB)を発酵法で合成し、生分解性のあることを発見
1963年
藤井:納豆菌がポリグルタミン酸を産生することを発見
1966年
原田:微生物産生系多糖カードランを発見
1970年
デイビス&ジャックス社(米):ポリグリコール酸を生体吸収性縫合糸として上市
1973年
鈴木:ポリビニルアルコール分解菌を土壌中より分離
1974年
L.L.Wallen:共重合脂肪族ポリエステル産生微生物を発見
1975年
エチコン社(米):ポリ(グリコリド/L-ラクチド)を縫合糸として上市
林原社(日):プルランの工業生産を開始
1976年
常磐:ポリカプトラクトン分解酵素を発見
1980年
ICI社(英):水素細菌で共重合ポリエステル(3HB/3HV)の工業生産を開始(Biopol)
1981年
嶋尾:ポリビニルアルコール分解菌・酵素系を発見
1982年
ICI社(英):水素細菌でランダム共重合ポリエステル(3HB/4HV)の工業生産を開始
1987年
プラスチックの海洋投棄禁止“MARPOL”条約が制定
土肥:水素細菌でランダム共重合ポリエステル(3HB/4HV)の合成に成功
エチコン社(米):ポリグリコール酸縫合糸を上市
グンゼ/日本メディカルサプライ社:ポリグリコール酸縫合糸を上市
1988年
デイビス&ジャックス社(米):ポリ(グリコリド/トリメチレンカーボネート)を生体吸収性縫合糸として上市
米国サフォーク郡で生分解性包装資材の使用を義務づける条例が制定される(施行は延期)
1989年
工技院四国工業技術試験場:キトサン/セルロース系の展開
水産庁:バイオプラスチック応用技術開発試験プロジェクト(3カ年)を発足
1990年
通産省:BDP研究開発基本計画を策定。「低環境負荷物質開発技術」の一環として8年間プロジェクト
※BDP=Biodegradable Plastic:生分解性プラスチック
ICI社:ドイツでBiopol製品第1号としてシャンプーボトル(ウエラ社)を発売
JBA:通産省委託事業「BDP試験評価方法開発」を受託(以後1999年度まで 継続)
※JBA=(財)バイオインダストリー協会
1991年
ドイツ:包装ゴミ法施行。識別表示を含めた容器包装資材の再利用・再資源化が規定される
ドイツ:廃棄物回収専任機構“DSD”が発足
1992年
ISO:日本提案に基づき生分解度試験法標準化検討部会(TC61/SC5/WG22)が発足
1993年
昭和高分子:脂肪族ポリエステル“ビオノーレ”を上市
坂井:ポリビニルアルコールの分解微生物を発見
ドイツ:有機性廃棄物について住宅地廃棄物法が施行される。バイオビンの据え付けが広がる。
1994年
カーギル社(米):ポリ乳酸製造プラントを稼働(4,000t/年)
島津製作所:ポリ乳酸パイロット・プラントを稼働(100t/年)
日本工業規格:JIS K6950「プラスチック-活性汚泥法による好気的生分解度試験法」
EU:包装物および包装ゴミに関する指令(94/62/EC)
1995年
容器包装リサイクル法が成立(本格施行は2000年3月)
鐘紡:ポリ乳酸繊維“ラクトロン”を開発
通産省:BDPの愛称を“グリーンプラ”とする
ベルギー:認証機関AVI社による“OK compost”認証制度が発足
NEDO:通産省委託事業“生分解性プラスチックの実用化検討委員会”「新プラスチックの幕開け」報告書(3月)
1996年
三井東圧化学:乳酸直重合法ポリ乳酸パイロット・プラントを稼働(500t/年)
モンサント社(米):ゼネカ社(英)の“Biopol”事業を買収
イーストマン・ケミカル社(米):脂肪族芳香族ポリエステル(EastarBio)の工業的生産を開始
クロノポール社(米):包装資材用ポリ乳酸の生産開始(1,000t/年)
ドイツ:循環経済・廃棄物法が施行される
1997年
カーギル・ダウ・ポリマーズ社(米)設立:ポリ乳酸“EcoPla”を商業生産開始(8,000t/年)
1999年
ISO:生分解度試験法ISO14851、14852および14855を正式に発効
モンサント社(米):“Biopol”事業を凍結
BASF社(独):脂肪族芳香族ポリエステル(Ecoflex)の工業的生産を開始
デュポン社(米):脂肪族芳香族ポリエステル(Biomax)の工業的生産を開始
2000年
JBA:通産省委託事業「生分解性プラスチックの安全性等に関する調査」最終報告書(3月)
環境社会法等環境6法が成立(5月、施行は2001年もしくは2002年)
ISO14851、14852および14855のJIS化完了(7月:JIS K6950、6951,6953)
Gemgross-Slater:植物体内培養法の非グリーン性を指摘(Sci.American誌8月号)
シドニー・オリンピック大会の食品廃棄物再資源化事業でデンプン系BDPが活躍(9月)
トヨタ自動車:インドネシアでサツマイモ由来乳酸およびポリ乳酸製造構想を発表(11月)
三井化学:無触媒固相法ポリ乳酸製造法を開発(12月)
2001年
バイエル社(独):アミド系BDP“BAK”の生産から撤退(3月)
メタボリックス社(米):モンサント社より“Biopol”事業権を継承(3月)
食品リサイクル法施行(4月)
アースシェル社(米):マクドナルド社ハンバーガー用クラムシェルを紙器から“発泡デンプン+Biomaxラミ”へ(4月)
カッセル市(独):BDP製食品容器包装を補完資材とした再資源化事業が発足(4月より10ヶ月間
PHBインダストリー社(ブラジル):サトウキビ原料のPHB製造パイロット・プラントを稼働(5月)
高分子学会エコマテリアル研究会:発足10周年記念ワークショップ開催(9月、軽井沢)
台湾:“食品容器包装資材の生分解性プラスチック化”に関わる政令を制定。生プラ協会発足(10月)
BASF社(独):“Ecoflex”製造プラントを3万t/年へ増設を発表(6月)
P&G社(米):“Nodax”開発で鐘淵化学と提携。3年後の工業化をめざす(10月)
カーギル・ダウ社(米):三井化学とポリ乳酸事業を提携し、OEM生産を開始(10月)
トヨタ自動車:東京モーターショーでPLA製内装試作品を発表(10月)
カーギル・ダウ社(米):NatureWorks®ポリ乳酸14万t/年プラントを稼働(11月)
ノバモント社(伊):“Mater-Bi”製造プラントを2万t/年へ増設を発表(11月)
ユニチカ:ポリ乳酸をケイ酸塩とのナノコンポジット化により耐熱性を大幅に改良(12月)
2002年
FDA(米国食品安全局):カーギル・ダウ社PLAをFCNとして正式に認定(No.178:Jan.3rd)
富良野市:生ゴミ等コンポスト化事業補完資材のグリーンプラ識別表示制度活用方針を決定(1月)
協立ラミネート:生分解性ラミネート・フィルムを開発(2月)
平和紙業:生分解性合成紙を開発(3月)
農水省:“バイオ生分解性素材開発普及研究会”を開催(3~7月)
島津製作所:PLA事業を撤退(3月)し、トヨタ自動車へ委譲
農水省:生分解性素材による食品容器開発補助事業を発足させる(4月)
JABEX(日本バイオ産業人会議):“b-Japan詳細計画”を提言(5月)
富良野市:生ゴミ等コンポスト化事業補完資材のグリーンプラ識別表示制度活用を開始(8月)
ユニチカ:電子レンジ対応可能食品容器を開発(10月)
各種グリーンプラ登場:PGA(呉羽化学)、PES(日本触媒)、(CL-BS)コポリマー(ダイセル化学工業)、発泡PLA(カネボウ合繊)、PLA-PBSブロックコポリマー(大日本インキ化学工業)、非晶性DL-PLA(東洋紡績)
PLA(ポリ乳酸)の電子機器筐体への適用発表続く(ソニー・富士通・NEC)
大日精化工業、東洋インキ製造:生分解性色材を上市
リケンテクノス、ダイニック:機能性コンパウンド/シートを上市
3樹脂エマルジョン銘柄出揃う(PBS/昭和高分子、エステル化デンプン/ミヨシ、PLA/第一工業製薬)
地球環境産業技術研究機構:バイオ法コハク酸合成法を開発し、2003年度より工業化試験へ
グリーンプラ認証製品“紙器”(No.216:東セロ製):日独相互認証製品第1号へ(11月)
BT戦略会議:バイオテクノロジー戦略大綱を首相に提出(12月6日)
内閣:バイオマス・ニッポン総合戦略を閣議決定(12月27日)
2003年
(財)2005年日本国際博覧会協会:“生分解性プラスチック導入計画2003年度検討会”を開催(第1回、8月)
三菱化学・味の素:植物性脂肪族ポリエステル“GS Pla®”開発を発表(3月)
環境省:グリーン購入法特定調達品目に3点(透明窓付き封筒、生ゴミ回収袋、水切りネット)を登録(4月)
トヨタ自動車:ポリ乳酸1,000tプラント建設を発表(7月)
農林水産省:グリーンプラを使用した食堂実験を開始(11月)
2004年
小泉首相:施政方針演説でグリーンプラ製食器などのバイオマス製品の実証利用に言及(1月)
京都市:中央卸売市場にPLA製魚箱を導入。使用後に伏見区のメタンガス化プラントでガス化発電(1月)
JBA:経済省愛知万博実証事業「バイオプロセス実用化開発事業R&Dコンソーシアム」発足(4月)
2005年
(財)2005年日本国際博覧会協会:愛・地球博開催(3月25日より9月25日まで)

http://www.jbpaweb.net/history/history.htm






最終更新日  2019年09月04日 14時43分42秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年07月02日
カテゴリ:NO! プラスチック!



おあつう、ございます。
AAN、秋池幹雄(090 9956 0480)です。

ついに、何の拍子か?
電子煙草、楽天しました。

4日には、来るだろうか?

あ、アマゾンじゃないから。

そんな、急ぐわけでもないし。

火災予防と、いまさらの健康配慮?

孫対策?

そんなところかな。

台湾みやげの灰皿はどうしようか?

置物だな。


しかし、あつい!

あついときには、冷や汁ですな。


明日は、仕事やすんで、

県の イツモ防災研修にいきます。






最終更新日  2018年07月02日 15時25分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月26日
カテゴリ:NO! プラスチック!
​​​​



AAN、世話人事務局長、秋池幹雄(090 9956 0480)です。

先に、懸念、気がかりをブログしましたが、
ゴミ処理に隠れて、利権再燃ではこまりますので、
すこし、スポットをあてましょうね。





独自のストーカ構造をもつ焼却炉と
各種装置の合理的な配置により、
ごみを効率的に完全焼却。

​​​​​都市ごみ焼却炉:三菱式ストーカごみ焼却炉 ​​​​

どこのメーカーにするのか、なにも知りません。
これから、
新政クラブの市議さんに、聞いてみます。
​​​​






最終更新日  2018年06月26日 17時30分07秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年03月31日
カテゴリ:NO! プラスチック!
ちわーーーーーーーーーっす!

NPOオール上尾市民活動ネットワーク(AAN、エーツーエヌ)
PF(プラットフォーマー)のひとり、秋池幹雄(090-9956-0480)です。
よろしく、お願いいたします。

考えましょう!
プラスチック・ゴミ

レジ袋、やめましょう。
ペットボトル、やめましょう!


上尾市の現状は、以下の通りです。
~~~~~~~~~~~~~~~
(メール回答の転載)

平素より上尾市の環境行政に御理解、御協力いただきましてありがとうございます。
お問い合わせいただきました、『プラスティックごみの減量対策』について、
以下のとおりご回答いたします。

【ごみの処理方法について(担当:西貝塚環境センター)】
現状のごみの処理方法ですが、上尾市ではプラスティック類を可燃物に含めて回収し、
焼却をしております。西貝塚環境センターの焼却炉は高温で処理ができる施設です。
プラスティック類を可燃物に含めることで燃焼温度を900~1000度の高温に保ち、
ダイオキシン等の有害ガスの発生を抑制しております。
燃焼した熱は、発電をしたり、サーマルリサイクルとして、
隣接している「わくわくランド」の温水の熱源として供給しております。
今後のプラスティック類の分別については、
将来の課題として、調査・検討をしてまいりたいと考えております。

   西貝塚環境センター I(℡048-781-9141)

【ごみの減量について(担当:環境政策課)】
 市では、プラスティックを含め、各種ごみの減量の取組みを推進しております。
その中でも、「マイバック・マイボトル」の活用について、市政出前講座などの機会を通じて、
市民の皆様に呼びかけております。
これは「レジ袋」や「ペットボトル」などを減らすことで、ごみの減量を図っていくものです。
効果的なごみの削減のため、日々の暮らしで実践できる取組みを、
出前講座・イベント等の機会で引き続き呼びかけてまいりたいと考えております。

   環境政策課 K(℡048-775-6925)

以上、回答とさせていただきます。
今後も引き続き市政に対しまして、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
~~~~~~~~~~~~(以上)~~~~






最終更新日  2018年03月31日 14時08分01秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.