2020年01月24日

荒川の冠水橋

カテゴリ:埼玉県
好きなブログがあるので、検索してみました。
沈下橋、冠水橋について記述されています。

上尾から、北坂戸に向かうとき、樋詰橋がありますが、
夜分は、吸い込まれそうで、怖いです。

荒川の冠水橋(転載)
冠水橋もしくは沈下橋ってご存知ですか? これは大水になると橋が水没してしまう橋です。 川面からそれほど高くない位置に橋がかかっていて、 水没したときに流木などによって橋が流されないように、 欄干が付いていなかったり、 ロープ程度の簡単に取り外しの出来る構造になっている、 何とも情けない橋です。

四国土佐の四万十川が冠水橋で有名ですが、 結構、埼玉の中部にもあります。 しかも、荒川にも掛かっているのですから驚きです。

荒川の中流域ですと、洪水対策のため河川敷の外れには必ず堤防が作られています。 冠水橋に行くためには堤防を乗り越え、 広い河川敷をひた走り、水面が見え始めるとようやく橋にたどり着きます。 堤防は急角度で作られているので、 車道は大概堤防を斜めに登り、頂上でまた急角度で曲がり、 また堤防を斜めに下って行きます。 大抵は道が細く自動車の行き違いがようやく出来る程度しかありません。 橋はもっと狭く、自動車がやっと一台通れる程度しかありません。

大水が出ると下手をすれば橋は破壊され、 水が引いても渡れなくなってしまいます。 それでも健気に掛かっていて、 主として地元の人々の重要な交通路となっているのですから応援したくなります。

荒川に掛かっている冠水橋は上流から以下のようになっています。

久下橋
滝馬室冠水橋
原馬室冠水橋
高尾冠水橋
樋詰橋
西野橋

荒川の冠水橋





TWITTER

最終更新日  2020年01月24日 11時04分57秒
コメント(0) | コメントを書く
[埼玉県] カテゴリの最新記事