4002573 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SAC.COM

PR

X

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

フリーページ

2010年10月16日
XML
カテゴリ:民間航空
C919は中国初の独自開発中型旅客機。

 エンジンはGE製。

 標準型で168人乗り、最大190人乗り。

 航続距離4,075km。

 2014年初飛行、2016年引き渡し開始予定。


 ボーイイングの予測による単通路の旅客機市場は、2029年までで2万機、貨物機を合わせると3万900機。

 中型はダグラスをボーイングが吸収したのでエアバス対ボーイングの対決。

 小型は主としてボンバルディア(カナダ)、エンブラエル(ブラジル)の市場だった領域だが、スホーイスパージェット(ロシア)、ARJ21(中国)、MRJ(日本)が次々と参入する。

 自動車製造とともに航空機製造も産業の裾野が広いことで知られているが、航空製造は量産規模が車ほど大きくないこと、技術的により高度なこともあり、関連企業が増えるほど、造、組立は困難になっている。、

 同じく中国が開発する78-90人乗りのARJ21は、2009年引渡しの予定が2011年に延期された。

 新規開発メーカーだから開発が困難というわけでもなく、エアバスの超大型旅客機のA380も当初計画より約2年遅れの就航。

 ボーイングB787、223-296人乗りは、北京オリンピック前のは2008年5月の引渡し予定が2011年1-3月期に延期されている。

 エアバス(A)、ボーイング(B)に続くCOMAC、C919の開発は順調にすすむとは思われていないようだ。

        
ボーイング B787-8 全日本空輸 1/1000


 ARJ21と同じマーケットを狙う日本、三菱航空機ののMRJ、70-96人乗りは、2013年引渡し開始予定。

 スホーイ(ロシア)スーパージェット100、68-105人乗りは2007年就航済み。

 マーケットの見込は大きいだけに激戦区となっているが、国内マーケットが大きく社会主義体制の中国製旅客機は有利か。

 ただし利用者(乗客)の評判は別!

        
       航空事故の真実


 開発進む国産中型旅客機「C919」 初飛行は2014年、実績乏しく製造・販売に不安も
 (2010年10月15日 中国発 経済観察報)
 経済観察報記者 廖傑華
 …(略)…
 C919というネーミングには特別な意味が込められている。
 「C」はチャイナ、「9」は「永久」、「19」は「最大客席数190席」に由来するが、それだけではない。
 「C」は同時に、中国商用飛機の「ABC戦略」を意味する。
 中大型の旅客機で世界市場を2分する巨大企業の頭文字、欧エアバスの「A」と米ボーイングの「B」を取り、そこに第三勢力として肩を並べるのが目標なのだ。

 中国国内だけでも需要は巨大
 中国商用飛機の資料によれば、C919は150席クラスの単通路機としては広いキャビンを持ち、騒音は60デシベル以下。
 同じクラスの競合機(エアバスA320やボーイング737)より客席の窮屈さが緩和され快適に過ごせるという。
 予定価格は5000万ドル(約41億円)以下と、高いコストパフォーマンスが最大の売り物だ。

 …(略)…

 成否のカギは航空会社と乗客の支持
 中国の航空機産業の歩みは1950年代に始まった。
 国産商用旅客機の開発は「完全自主開発」と「外資の協力によるライセンス生産」という2つのアプローチで試みられたが、いずれも失敗した。この経験から、C919の開発では「中国が主導権を握りつつ、国際的に協業する」という第3のアプローチが採用された。

 ここに来て開発のピッチは上がっている。
 とはいえ、中国の航空機産業は経験も実績も乏しく、先行きは予断を許さない。
 C919に先行して開発が始まった国産小型旅客機ARJ21は、当初は2009年の引き渡し開始を予定していたが、中核部品の供給遅れが原因で2011年に延期された。
 ARJ21の開発にも米ロックウェル・コリンズ、ハネウェル・インターナショナル、GEなどの多国籍企業が加わっている。

 C919の課題は製造面だけではない。
 商用機の市場では、整備性や安全性を含めた総合評価の最も高い機種に需要が集中する傾向がある。
 国家戦略を背景に政府がいくら支援しても、最終的には航空会社と乗客の支持が得られなければ販売面では成功しない。
 例えば英仏両国が共同開発した超音速旅客機コンコルドは、技術的には大きなブレークスルーだったが、騒音の大きさや経済性の低さが市場に受け入れられず生産はわずか16機にとどまった。

 今年5月、中国民用航空局は三大国有航空会社(中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空)と中国商用飛機からなるワーキンググループを発足させた。
 C919の最初の引き渡し先が三大航空会社になるのは間違いない。
 とはいえ将来的に何機を導入するかや、乗客がC919を気に入るかどうかは、フタを開けてみなければわからない。

 (国産大飛機何時登場 2010年10月11日 ?経済観察報)






最終更新日  2020年05月24日 10時22分23秒
コメント(0) | コメントを書く
[民間航空] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Ta152R

お気に入りブログ

新発田フレンチ モ… New! maki5417さん

母の日とお孫ちゃん… New! nkucchanさん

ラコンダ 1933年 New! 越前SRさん

暗号通貨ビットコイ… New! ブルズアイUFOさん

【F1】5/11 角田裕… New! クレバースロスさん

コメント新着

 maki5417@ Re:大阪はトリアージが必要? 大規模災害レベルのコロナ禍(05/12) New! 大阪は変異株で大変な状況なのに、なぜ広…
 maki5417@ Re:中国の新車販売 2020年EV増、2021年日系5社好調、(04/19) 2531万1000台 まさに自動車大国ですね。 …
 Ta152R@ Re[1]:『21世紀の戦争論』3月の読書(7)(03/21) maki5417さんへ 開戦の責任者不在は「抑圧…

カテゴリ


© Rakuten Group, Inc.