3201978 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

S.A.C.サイバーパンク親父.COM

PR

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

ランキング市場

フリーページ

2019年01月04日
XML
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​​​​​​​​​
 北京の空気は昔よりだいぶマシになったようだ。
 中国やインドがEV化をすすめるのは、現代の自動
車用内燃機関を純国産化が困難だから。
        ​
模倣能力が高いのに
=中国メディア 
2018-11-26 Serchina
 すでに世界最大の自動車市場となった中国。
 経済成長が続く限り、自動車市場も拡大が見込まれ
るが、中国メディアの快資訊はこのほど、中国人にと
って中国自動車メーカーの「模倣やパクリ」は嘲笑の
タネになっていると指摘しつつ、中国の自動車メーカ
ーのエンジンはなぜ日本のエンジンに敵わないのかと
疑問を投げかける記事を掲載した。
 …(略)…
        ​
 続けて、精密さが求められる自動車のエンジンは非常に特殊な存在であると指摘し、「模倣することすら我々が思うほど簡単なことではない」と主張した。
 また、近年燃費の良さが重視される傾向にあるが、「燃費を落としつつも加速性を維持しなければ、世界の自動車市場に参入してゆくことはできない」と主張。
 この点、日本のエンジン開発には「匠の精神が十分に発揮されている」とし、日本製のエンジンは数十万キロ走行しても修理を必要としない芸術品の域に達しており、これは中国でも模倣できないと論じた。
 …(略)…
        ​
 「だから日本は凄い」ということにはならない。
 急速な経済成長を遂げる中国は、短期間で儲けることを主体とした投資が好まれる。
 国内市場の行き詰っている日本企業も、短期間で収益をあげることが求められている。
 即ち、技術集積型の製品以外は生き残れそうにない。
        ​
 なぜ中国人は
「皆が口をそろえて日系車の性能を評価する」
のか=中国メディア 
 2018-11-30 Serchinas 
 品質が高いから売れているのではなく、価格に見合った価値を提供しているから売れている。
 Value for money であることが大事だ。
 大手電機メーカーの家電からの撤退は、価格から品質に価値を置き換えたため。
 日本でも新興メーカーは高コスパ・薄利多売をとって、製品ラインナップを充実させている。
 家電のアイリスオーヤマであり、ツインバードだ。
 日本の自動車メーカーは、高規格の国内版だけでなく、価格を下げた新興国版のブランド、車種をラインナップしている。
 廉価ブランドのアイワをやめ、国内で廉価モデルを売らなかったソニーと大違い。
 自動車の電動化は、電機メーカーにではなく、中国やインドの現地自動車メーカーに、大きなチャンスをえる。
​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019年01月04日 12時00分16秒
コメント(0) | コメントを書く
[EV  電気自動車] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Ta152R

お気に入りブログ

ダイヤモンド・プリ… New! アンクル・トム大森さん

安倍首相の子どもじ… New! maki5417さん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

中村区役所向かいの… New! nkucchanさん

東京国立市発動機運… New! 越前SRさん

コメント新着

 オコス・ゴビジー@ Re:新型コロナウイルスの感染拡大と松原照子氏の世見(02/05) 当たるも八卦当たらぬも八卦。もしも東京…
 Shigeru Kitamura @ Itaru Nakamura           反米親北路線へ  …
 Shigeru Kitamura @ Itaru Nakamura  反米親北路線へ  「帰らざる橋」を渡…
 Shigeru Kitamura @ Itaru Nakamura      反米親北路線へ  「帰らざる…
 maki5417@ Re:自浄能力無き郵政グループ、3社長辞任と後任人事(01/12) あの高市が孤立して涙ぐんだと報じられて…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.