3763844 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SAC.COM

PR

全78件 (78件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

環境・自然災害

2020年10月06日
XML
カテゴリ:環境・自然災害
 おそらく地球温暖化の影響と思われる世界各地の気性が激化。
 温暖化ガスの排出を規制するため中国、EUはNEV(新エネルギー車)の販売促進のため、ガソリン車の販売の規制を強化。
 米国最大の新車市場のカリフォルニア州は2035年以降ガソリン車の新車販売の禁止を宣言した。

 地球温暖化の影響によると思われる大量の降雨、スーパー台風・竜巻の発生、酷暑、乾燥などが続いている。
 中国政府が大量の住民に移住を強いて建設した全長2.3km、高さ185m、世界最大級の三峡ダムが、豪雨の連続で決壊するのでは、と噂された。
        ​
 2020年8月下旬、長江上流域の各地で続く大雨は中流の三峡ダムに流れ込む水量を増加させ続け、過去最大規模の流量となり、大規模な放水が続いた。
 三峡ダムの設計上の最高水位は175m。
 8月22日、水位が過去最高の167.65mとなり溢れる寸前となった。
        ​
最大の危機は中国の三峡ダムの決壊
(4) 未来トレンド分析シリーズ 
国際政治経済学者 浜田 和幸 氏
2020年08月20日 New IB News
 世界を飲み込むかのような新型コロナウイルス感染の嵐は一向に収まる気配が見えない。
 その発生源をめぐってはアメリカと中国が「新冷戦」と揶揄されるほどに対立し、責任のなすりつけ合いに終始している。
 そして、トランプ政権は「ヒューストンにある中国総領事館は“スパイの巣窟”である。
 アメリカで進む感染症治療薬の開発に関するデータを盗もうとしてきた」といった理由で、閉鎖を命じるという強硬手段に打って出た。
        ​
中国が迫られる「苦渋の選択」
 このように世界各地で大雨による洪水被害が同時に発生しているのは前代未聞のこと。
 なかでも中国の状況は世界の株価にも影響をおよぼし始めており、習近平政権にとっては深刻である。
 アメリカとの貿易戦争やコロナウイルスの発生源をめぐっての非難の応酬合戦が続く中国であるが、世界最大の水力発電ダムである三峡ダムが決壊の危機に瀕していることは看過できないだろう。
        ​
 何しろ6月半ばの梅雨入り以降、中国の南部と西南部では、今日まで大雨と集中豪雨が続き、多くの河川が氾濫。
 その結果、31ある省のうち、26もの省で洪水が発生。被災者は3,800万人を突破。224万人近くが緊急避難を余儀なくされている。
 経済的な損失は5,000億円近いといわれる。
 中国最大の淡水湖である八陽湖(江西省)では水位が23mに上昇し、警戒水位の20mを軽く突破してしまった。
 中国政府は人民解放軍の部隊10万人を投入し、人命救助や堤防増強工事に当たらせているが、焼け石に水のようだ。
        ​
 そうしたなか、「揚子江中流に位置する三峡ダムが大量の雨水の圧力で決壊するのでは」との危惧が出てきたのである。
 万が一、ダムが決壊すれば、約30億m3の濁流が下流域を飲み込むことになる。
 中国史上最悪のダム崩壊となることは請け合いだ。
 4億人から6億人もの被災者が出るとの予測もあるほどである。
 安徽省、江西省、浙江省などの穀倉地帯は水没の危機に瀕する。
 河口には上海が位置するが、その都市機能は壊滅的な被害を受けることになるだろう。
 上海に限らず、流域に位置する重慶や武漢など175の主要都市は経済、工業地帯を形成しており、日本企業も多数進出している。
 中国のGDPの半分を生み出しており、ダムの決壊となれば、コロナ禍以上にサプライチェーンが寸断されることにもなりかねない。
        ​
三峡ダム
 と同時に、中国国内で問題視されるようになったのが、「ダムによる地震の誘発現象」である。
 これまでもダム建設による環境破壊が懸念されてきた。
 しかし、2008年に発生した四川大地震によって10万人近い犠牲者が出たことをきっかけに、中国の科学者たちが調査を進めた結果、「大地震の原因は四川省内の活断層の近くに新設されたダム」との結論に至ったからである。
 大型ダムの貯水による重みが地殻に深刻な圧力をかけたことが原因と見なされ、専門家の間では「ダム誘発地震」と呼ばれるようになった。
 実は、中国の西部に建造されたダムの98.6%が地震発生頻度の極めて高い地域に密集しているのである。
        ​
 さらに深刻な懸念は揚子江流域に存在する原子力発電所への影響であろう。
 放射能汚染の恐れは福島原発事故の比ではない。
 こうしたリスクを抱えた三峡ダムを決壊させないで済むにはどうすればいいのか。
 現在、ダムの上流でも下流でも洪水が発生しているため、ダムを放水すれば下流域の洪水は拡大してしまう。
 かといって、放水しなければダムの決壊は秒読み段階に入る。
 中国は究極ともいえる苦渋の選択を迫られているといえよう。
        ​
 このように中国はじめ世界で頻発する大雨や洪水であるが、視点を切り替えれば、今後の課題は「洪水資源の有効活用」である。
 とくに中国の場合は河川流量が洪水期に60%以上が集中している。
 そのため、洪水ピーク流量と水量が大き過ぎるので有効活用ができないどころか、洪水被害を拡大させるままで、「手の施しようがない」といわれる所以だった。
  ― 引用終り ―
        ​






最終更新日  2020年10月06日 06時00分09秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年09月07日
カテゴリ:環境・自然災害
 台風10号(ハイシェン)が、西日本に最接近した場合、九州山地の東側斜面に期間中の最大24時間雨量が400ミリ、その既往最大比(過去の最大値との比較)が150%を超えるエリアが予想されていた。
 九州だけでなく、近畿にかけて広い地域で、これまでに経験したことがないような雨の降り方をする可能性があり、洪水による浸水害や土砂災害が発生への警戒が9月2日の段階で呼びかけられた。
        ​
なぜ? 特別警報級 台風10号
2020年9月2日 FNNプライムオンライン   
  …(略)…
 1日夜、小笠原近海で発生した台風10号。
 気象庁は2日、台風10号について、強い危機感を示した。
 気象庁の会見「特別警報級の勢力とも言える。
 これまでと同じくらいの台風だろうと思われると、想像以上のことが起こってしまう」
 中心気圧が930hPa(ヘクトパスカル)以下、または、最大風速50メートル以上の台風の接近が予想される場合に出される台風の特別警報。
 これまで、沖縄県を除き、一度も発表されたことはない。
 台風10号は今後、特別警報級の勢力に発達し、6日の日曜日ごろから7日の月曜日にかけて、奄美地方から西日本に接近、または上陸のおそれがある。
  …(略)…
        ​
 気象予報士・三井良浩さん
「記録的に海面水温が高いことで、台風が発達しやすいという状況」
 気象庁が発表した、日本近海の海面水温。
 一般的に台風が発達する海面水温は27度以上といわれているが、8月の平均は、30度前後という異例の高さとなっている。
 太陽の日差しによって海の水面が温められると、暖かく湿った空気によって、上昇気流を発生させる。
 この気流によって、次々と積乱雲が生まれ、次第に台風へと発達。
 台風の進路となる海面水温が高いと、台風は発達したまま、日本列島に向かうおそれがあるという。
 気象予報士・三井さん
「最大風速で50メートル以上という予想なんですけれども、これは早めに避難していただきたい。
 風の場合は、吹いてから避難というのは、ほとんど不可能です」
  ― 引用終り ―
        ​
 気象庁は台風10号が発生する前の9月1日に「日本の南を中心に海面水温が過去最高を記録」という報道資料を発表した。
 海水温上昇が今後の台風の発生・発達に大きな影響を与えるからで、気象庁からの間接的な台風警戒への呼びかけと解釈すべき。 
 9月3日、ヤマト運輸は、台風10号の接近に伴い、九州で5日午後4時から7日にかけて段階的に集配業務を停止すると発表した。
        ​
 9月5日、台風10号は、重大な災害が起きる恐れがある「特別警報級」の勢力に発達した。
        ​
 9月5日、鉄道と航空各社は計画運休、欠航を発表。
 JR九州と西日本は、台風10号の接近に伴う6、7日の計画運休を発表。
 6日から順次九州全域で新幹線や在来線の運転を見合わせ、7日は終日運転を取りやめ。
 山陽新幹線も7日は広島―博多間で終日運休。
        ​
 全日本空輸は、九州や沖縄などを発着する6日の国内線を多数欠航とした。
 7日は九州や四国、中国地方発着の全国内線に拡大。
 欠航は2日間で計358便。
 日本航空も、九州や沖縄などを発着する6日の国内線136便を欠航。
 7日は152便を欠航とした。
        ​
 9月6日午前、気象庁は「特別警報の可能性は低くなっているが、引き続き最大級の警戒を」と訴えていた。
 九州の半分以上が暴風域(風速25m/s以上)に入り、大阪など関西以西の各地が強風域に入っていた。
 台風10号は、ぎりぎりのところで勢力を弱め、6日、九州の西側の海上を北上。
 九州7県に87万9521世帯に避難指示が出されていた。
 7日の午前8時現在、台風10号によるけが人は34人。
        ​
 南から湿った空気の流れ込みは続いており、広い範囲で、崖の下や河川の下流域で引き続き注意が必要。







最終更新日  2020年09月07日 20時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年09月03日
カテゴリ:環境・自然災害
 「密」を避ける、思いのままにならない都市の交通を自らの力(脚力)で解決する、ということでもないのだろうが、コロナ禍の世界で自転車が人気を高めている。
 ガソリン、ディーゼル、電動を問わず自動車より、自転車の方がエコであろう。
 リモートオフィスと自転車の組合せは、自家栽培の野菜の食生活とエコな田園生活を連想させる。
 人の精神と生活を豊かにするとは限らない、効率重視の社会感が変わり始めているのかもしれない。
        ​
…世界で自転車ブーム 生産追いつかず
2020年8月19日 AFPBB News
 何か月も続いた新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)後に、混雑したバスや電車での通勤を避けるため、または健康な体を取り戻すため、世界中で自転車ブームとなっている。
 だが多くの国で自転車の売り上げが爆発的に伸びたため、自転車メーカーや小売店は需要に追いついていない。
        ​
 フランスのパリではアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)市長の尽力により、自転車用道路がここ数年で増加した。
 だが、新品の自転車を手に入れるには何週間も待たなければならない状況だ。
 パリの小規模小売業者フェデリコ・モスカ(Federico Mosca)さんはAFPの取材に「この3~4週間、十数人の顧客を待たせている。いつ自転車が入荷するかまったく見当がつかないため、返金しなければならなかった客も何人かいる」と語る。
 フランスのスポーツとサイクリングの連盟によると、自転車の今年5月、6月の売り上げは、昨年同期に比べ倍増した。
        ​
 自転車の売り上げは、世界のほとんどの国で上昇している。
 仏スポーツ用品小売り「デカトロン(Decathlon)」によると、自転車の売り上げは欧州全体で「2倍さらには3倍にまで増加」している。
 中国ではロックダウンの緩和以降、需要が5倍に急増した。
 米国でも自転車の売り上げは爆発的に増えている。5月のオンライン購入だけでも昨年同期比5000%増となった。
 米自転車メーカーと小売業者の連合である「ピープル・フォー・バイクス(People for Bikes)」によると、米国でのオンラインと店頭の売り上げは今年5月、前年同期比81%増の11億ドル(約1160億円)に達した。
        ​
■ロックダウンで部品調達困難に
 だが需要の急増に加えロックダウンの影響で、欧米のメーカーは部品調達が困難になっている。
 欧州自転車産業連盟(Confederation of the European Bicycle Industry、CONEBI)の推計によると、欧州で販売される自転車部品の45~50%はアジアからの輸入だ。
  ― 引用終り ―
        ​






最終更新日  2020年09月03日 06時00分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月16日
カテゴリ:環境・自然災害
 ブニヤウイルスのゲノムは3分節のマイナス鎖RNA。
 細胞質内で増殖し、節足動物内で増殖することができる。
 トスポウイルス属のみ植物ウイルスで、その他の属は人畜に感染する。
        ​
…60人が感染
2020年8月4日 テレ朝news   
 「新型ブニヤウイルス」というウイルスに感染し、中国で7人が死亡していることが分かりました。
 中国メディアによりますと、江蘇省南京市に住む60代の女性は40度の高熱が続いてせきとだるさもあったため病院に行ったところ、新型ブニヤウイルスに感染したと診断されました。
 同じ病院では今年に入り、合わせて37人の感染が確認されているということです。
 安徽省でも4月以降、23人が感染してそのうち5人が死亡し、浙江省では2人が死亡しています。
 専門家は新型ブニヤウイルスに感染した場合、白血球の減少や体内の出血などが見られるとしています。
  ― 引用終り ―
        ​
 新型ブニヤウイルスは、2010年にマダニにかまれた患者から中国衛生部が取出したウイルス。
 専門家は「感染者と密接接触がなく、感染防止対策を取っていれば恐れる必要ない」と述べている。
 症状は、何日も続く体調不良、40度以上の高熱、倦怠感と寒気、白血球の減少、体内の出血など。
 「ブニヤ」は最初にウイルスが分離されたウガンダの地名ブニャムウェラに由来する。
        ​
 マダニは日本でもいたるところにいる。
 新型コロナの次、感染症第二波は新型ブニヤウイルスかも。






最終更新日  2020年08月16日 06時00分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月09日
テーマ:地球温暖化(10)
カテゴリ:環境・自然災害
 
 新型コロナウイルスの感染拡大が収束しても、新型コロナウイルスのワクチンができたとしても、パンデミックの危機は減ったわけではない。
 南米やアフリカの開発の拡大にともなって、新たな感染症の発生、拡散の可能性は減ったわけではないからだ。
 それに加えて地球温暖化で氷河や永久凍土が溶け出すと、氷に封印された病原菌が蘇る可能性があるという。
         ​
……パンデミックの危険性は?
Jul 9 2020 NewSphere
 新型コロナウイルスの出現で世界はパンデミックに陥っているが、研究者たちは、今後も人類の脅威となる感染症はコロナ以後も出てくると見ている。
 その原因になると危惧されているのが、気温上昇による氷や永久凍土の溶解で大気中に放出される病原体だ。
 地球温暖化で、新型コロナに続く第2のパンデミックが起こるのだろうか。
        ​
 1月初めに、1万5000年前からあるとされる中国チベット高原北西部の氷河から採取された氷床コア(研究目的で氷河などの深層から取り出した氷のサンプル)から33種類のウイルスが確認され、そのうち22種類は未知のウイルスだったと報告する論文が発表された。
 フランスの環境ウイルス学の研究者のChantal Abergel氏は、そもそも地球上のすべてのウイルスを採取することは困難とし、未知のウイルスが発見されても驚きではないと述べている(ウェブ誌『VICE』)。
 この論文の著者たちは、こういった氷河から古代のウイルスを発見することは、人為的な気候変動の影響で不可能になるかもしれないと述べる。
 気温上昇で世界中の氷河が減少し、その中に長らく囚われていた細菌やウイルスが放出されるからだという。
 これは地球の過去の気候システムを解明するという観点では、氷河の中にある役立つデータが減少することにつながる。
 しかし最悪の場合、人に有害な病原体が大気中に放出されてしまうこともあるとしている(同上)。
        ​
 実は2016年にシベリアのヤマル半島で炭疽菌の集団感染が起き、2000頭のトナカイが死に、96人が入院する惨事が起きた。
 この地方ではトナカイの生肉を食べる習慣があるが、感染した生肉を食べた12歳の少年が死亡している。
 その年はシベリアに気温35度という熱波が到来。
 永久凍土が解け、75年前に感染したトナカイの死体の中で生き延びていた炭疽菌の胞子が大気中に放出されたことが、感染の原因だと研究者は結論付けた(SWI、テレグラフ紙)。
        ​
 ロシアの生物学者、ボリス・ケルシェンゴルツ氏によれば、炭疽菌の胞子は永久凍土の中でも2500年は生き延びるという。
 過去に極北の住民は、貴重な薪を動物の死骸を処理するために使いたがらず、永久凍土を掘って「家畜墓地」として埋めてきた。
 遊牧民ならそのまま放置して「呪われた土地」として近寄るのを避けたという。
 現代ではそういった場所へ一般人が入ることはできず、場所自体も秘密にされている。
 永久凍土が解ければ、そこを流れる水などにより、炭疽菌の胞子が運ばれて犠牲者を出すのではないかと懸念されている(テレグラフ紙)。
  ― 引用終り ―
        ​
 氷や永久凍土の中に囚われている微生物のなかには未知のものが存在する可能性がある。
 人間にとって強毒性の微生物や、現代の人類が免疫を持たない病原体が空気中に放出されて活性化されれば、爆発的感染拡大を招く可能性もある。






最終更新日  2020年08月09日 06時00分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月23日
テーマ:ロシア(34)
カテゴリ:環境・自然災害
 
 地球温暖化のためか、ロシア・シベリアの永久凍土が溶け出し、地盤が軟弱となりパイプラインなどの構築物、建造物が崩れている。
 遂に軽油の大規模な流出事故が発生し、環境問題となっている。
       ​
:北極圏最大の事故は始まりに過ぎない?
2020年06月16日 Sputnik
 5月29日、ロシアのクラスノヤルスク地方の北極圏に位置するノリリスク ・ニッケル社の火力発電所で軽油が流出した。
 事故は、コンクリート基礎の上に建えられた軽油貯蔵施設の杭が突如、地中に沈下したことが発生の原因で、これによりタンク内部は減圧され、軽油が漏出して付近の河川に流れ出ることとなった。
 同社は、今回の異常な暖冬によって永久凍土が融解したことが事故の原因とみている。
 生態学者らは、今回の事故を北極圏最大の環境災害と分析している。
  …(略)…
       ​
永久凍土はもう永久ではない?
 世界の永久凍土の3分の1がロシアに集中している。
 その凍土面積は約1000~1200万平方キロメートルで、これがロシアの国土の半分以上を占めている。
 ロシアの石油・ガス生産塔やパイプラインの約50%は、永久凍土地帯に建設されている。
 ロシア水文気象環境監視局が3月に発表したロシアの気候に関する報告書によると、ロシアの気温上昇速度は10年間で0.47度だが、北極圏ではそれが0.81度とほぼ2倍の速度で上昇している。
 このロシアの速度は、世界の10年間の気温上昇速度(0.18度)の2.5倍以上。
 この気温上昇が異常気象を引き起こす。
 例えば、その土地のほぼ全てが永久凍土のヤクーツク(シベリア)では、冬が短くなることで気温は上昇し、雪がより多く降るようになる。
 この変化は、永久凍土にとって良いことではない。
 雪が地球の毛布のような役割を果たすため、積雪層が厚くなればなるほど、地球表面の温度は上昇する。
        ​
永久凍土溶解で、他に何が溶けだすか?
 モルグノフ所長によると、永久凍土の溶解によってメタンガスが放出されるという。
「地面の下の永久凍土にはメタンガスを含む天然ガスハイドレードを大量に蓄積しています。
 永久凍土の融解はメタンガスの放出を引き起こし、温暖化を加速させます。
 そして温暖化は永久凍土の融解を加速させます。
 これでは悪循環です。
 北極圏の自然は、どんなテーマの会議でも言われているように、非常に脆弱で壊れやすいものです。
 研究者らは、この永久凍土の溶解によって引き起こされる事柄について、すでに何度も警告しています。」
  ― 引用終り ―
        ​
 軟弱地盤となるだけでなく、深海底と同様、メタンハイドレートが溶け出し大気中に大量の炭酸ガスを放出し、温暖化を加速する。
 永久凍土中のメタンハイドレートと二酸化炭素の埋蔵量は、工業生産の年間のそれぞれの排出量の何百倍に相当する。

 温暖化ガスの排出規制はより早く、より強力に推進されるべきということらしい。

        ​






最終更新日  2020年07月23日 06時00分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年05月16日
テーマ:地球環境(8)
カテゴリ:環境・自然災害
​​​​
​ 50年後、最悪の場合35億人が暑すぎて人が住めないため移住を余儀なくされるとの国際研究の結果が発表された。
 最悪の場合ということなので、今後の人類の努力によって状況は改善できる。

     ​

35億人を襲う熱波
2070年までに居住不可能に
国際研究
2020年5月6日 CNN.co.jp
 もしも今のままのペースで地球温暖化が続いた場合、現在35億人が暮らしている場所が、50年後には暑すぎて人の住めない場所になるかもしれない――。
 考古学や気候学、生態学の専門家でつくる国際チームがそんな研究結果を発表した。
     ​
 この研究は4日の米科学アカデミー紀要に発表された。気温が1度上がるごとに、10億人が別の場所への移住を余儀なくされるか、極端な猛暑に順応しなければならなくなると予測している。
 米ワシントン大学の専門家はこの予測について、「私たちが今のやり方を変えなかった場合に起こり得る」最悪の筋書きと形容する。
  …(略)…
     ​
 地球の気温は2100年までに3度の上昇が予想される。
 陸上は海上に比べて温暖化のペースが速いことから、人が経験する気温は2070年までに約7.5度の上昇が見込まれる。
 そうした変化は食糧生産や水資源の確保に重大な影響を及ぼし、移住に伴う衝突や紛争を発生させる。
 地球上で最も気温が高いのはアフリカのサハラ地域で、年間平均気温は29度以上。
 そうした過酷な環境に覆われている地域は地球の陸地の0.8%にとどまる。
 しかし研究チームの予測では、この極端な暑さは2070年までに地球表面の19%に拡大し、35億人に影響が及ぶ。
     ​
 影響を受ける地域には、アフリカのサハラ砂漠以南、南米、インド、東南アジア、アラビア半島、オーストラリアなどが含まれる。
 南京大学の専門家によると、こうした地域では人口が急増しており、特にインドとナイジェリアは、過酷な気温の下で暮らす人口が最も多い国になると予想される。
  ― 引用終り ― 
     ​
​​​ 環境対策は「待ったなし」と思われるが、現在の原子力発電で後顧の憂いを残すの方法は、適切ではない。
 武漢肺炎感染拡大の防止と、特効薬の開発が地球レベルで推進されたように、地球温暖化防止対策に全地球的に取組むべき時が来ていると考えるべき。
     ​​​






最終更新日  2020年05月16日 06時00分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年05月14日
テーマ:地球環境(8)
カテゴリ:環境・自然災害
​​​​​
 アフリカで大量のサバクトビバッタが発生。
 『孤独相』の場合は、背景に溶け込むように体色が緑や茶色。
 大量発生し集団の中で育った『群生相』は、黒や黄色に変身。
 広範囲に移動し、移動先の食物を食い尽くす。

 東アフリカ地域の被害は、ケニアで7万haの農地が被害、エチオピアで穀物の40%くらいが失われ、ソマリアでは、家畜用の草がほとんどなくなってしまったと伝えられる。
 FAO(国連食糧農業機関)は、さらに2,000万人に被害が及ぶと警告した。
 2018年のサイクロンによる大雨により、アラビア半島のイエメンとオマーンの国境周辺にバッタが大量発生。
 それが、翌2019年、サウジアラビア、紅海沿岸の国々に飛んでいって繁殖した。
 アフリカ東部では2019年10月にソマリア北部やエチオピアで洪水が発生、12月にはサイクロンが直撃し、バッタの大量発生に繋がった。
 今回の大量発生でサバクトビバッタは、アフリカから紅海を飛び越え、アラビア半島へ。
 イエメンでは、蝗害に加え、内戦と内戦により予防接種が困難になったペストの拡大などにより1,500万人が飢餓状態にある。
 アフリカトビバッタは、ペルシア湾を飛び越えイランから2月にパキスタン、インドに到達。
 インドと国境を接する中国の脅威となった。 

​​     ​

アフリカでバッタの大群による
「蝗害」第2波発生
中国も警戒―仏メディア
Record China 2020年5月1日
 記事は、新京報による報道として、今年の第2波となるバッタの異常発生が東アフリカ各地で起きており、その数は第1波のおよそ20倍であると紹介。
 アフリカ地域で少なくとも2000万人に影響が出ると伝えた。
     ​
 そして、中国農業科学院植物保護研究所の張沢華(ジャン・ザーホア)研究員が「6月ごろに中国大陸もバッタの高リスク期に入る」との見方を示したことを紹介した上で、国家発展改革委員会、農業農村部、国家糧食・物資儲蓄局など11部門が先日連名で今年の食糧安全性確保に関する通知を出し、新型コロナウイルスの影響で食糧供給が滞り、社会の安定が揺らぐことのないようにするため5つの「重点任務」を打ち出したとしている。
  ― 引用終り ―  
     ​
■5つの重点任務
・食糧生産の総合能力強化
・栽培面積と生産量の基本的な安定確保
・食糧備蓄の安全管理強化
・食糧の市場や流通の管理徹底
・食糧の緊急対応能力強化
     ​
 サバクトビバッタは、1,000m以上の山は寒冷であるため越えられないと言われているが、生態は十分に把握されていない。
 今回も飛距離から飛び越せないだろうと言われていたペルシア湾を集団を保ったまま飛び越えた。
 中国は警戒を怠ることはできない。
 中国の穀物が被害を受けると、世界的な穀物価格が暴騰すると想定される。
     ​
「一瞬で何もかも奪う」
アフリカの大地を食い尽くす蝗害
バッタ博士が解説
​​​​​2020/02/20 FORBES JAPAN

 米国も安泰ではない。
 オオスズメバチが2019年末に米国に上陸したことが確認された。ミツバチが被害を受けることで、農作物の生育に影響が出る可能性がある。

     ​
外来種オオスズメバチが米国上陸
ワシントン州警戒強める​
2020.05.04 CNN.jp
 米ワシントン州で昨年末、ミツバチを襲う侵略的外来種のオオスズメバチが米国で初めて目撃された。
 ただでさえミツバチが激減している中、冬眠から目覚めたオオスズメバチの女王バチが活動を始める時期を迎え、州は警戒を強めている。
 養蜂農家からは、頭をもぎ取られたミツバチの死骸が大量に見つかったという報告が寄せられている。
  ― 引用終り ―
​     ​






最終更新日  2020年05月14日 06時00分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月29日
テーマ:地球環境(8)
カテゴリ:環境・自然災害
​​
 地球レベルでの、大規模自然災害頻発、感染病の拡大は、数が増え過ぎ、自然環境を痛めつけても無反省な人類への、地球が発した警鐘とも思える。
 武漢肺炎の
世界的な感染拡大は、地球環境改善という福音をもたらした。 
     ​
新型コロナにより「地球は息を吹き返した」
=専門家
2020年03月29日 スプートニク
 各国の政府は航空便の運休や大都市での外出規制に加え、工場の稼働停止など、様々ま新型コロナウイルス対策を導入している。
 これにより環境破壊の問題は改善に向かって進んでいるとの見解をエジプトにあるアインシャムス大学のヴァヒド・イマム教授が示した。
     ​
 26日に欧州の調査機関が発表した環境保全に関する報告書によると、欧州の主要都市では直近の4週間で大気汚染が急速に改善された
 大気汚染度はローマで26~35%改善したほか、マドリードでは40%に達している。
 新型コロナウイルス対策により、環境破壊の問題は改善に向けて進んでいると専門家らは考えている。
 航空便の運休や工場の稼働停止などは地球に与える影響を着実に減らしている模様。

 環境学が専門のイマム教授(アインシャムス大学)はリアノーボスチ通信の取材に対し、「地球はようやく息を吹き返した」と語った。
​  ― 引用終り ―​
     ​
 「地球はようやく息を吹き返した」とは楽観的に過ぎる見解だが、汚染された地球環境は、石油などの化石燃料の使用を大幅に減らせば、現在でもある程度回復可能であることが証明された。
 世界的に感染が収束した暁には、災害防止の観点からも、地球環境問題解消への積極的な取組を加速することが大事だと思う。







最終更新日  2020年04月29日 13時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年04月07日
カテゴリ:環境・自然災害
​​​ 
 武漢肺炎の感染拡大ばかりが注目されているが、世の危機は他にもたくさんある。
 自然災害だけでも豪雨、強力な台風、地震、火山の噴火など。
 心配し出したらきりがないが、杞憂とはいえない。
     ​
火山学者が戦慄する
「すでに富士山は噴火スタンバイ」​という現実
南海トラフと富士山「令和の大噴火」
鎌田 浩毅
2019年5月29日 Kodansya Bluebacks
「3.11」が状況を一変させた
 富士山は日本一の高さを誇る美しい山だが、いつ噴火してもおかしくない活火山であることは、意外と知られていない。
 いまから約300年前の江戸時代に、富士山は大噴火した。
 それ以来、地下に大量のマグマを溜め続けたまま、不気味な沈黙を保っている。
 私が専門とする地球科学には、「過去は未来を解く鍵」という言葉がある。
 過去に起きた自然現象を調べることで、未来の事象を予測するという意味だ。
 それに従ってタイムスリップすると、この1707(宝永4)年のいわゆる「宝永の大噴火」は、記録に残っている富士山噴火ではマグマの噴出量が第二位という巨大さだった。
 噴火は断続的に半月ほど続き、火山灰は横浜や江戸、さらには房総半島にまで降り積もって、大きな被害をもたらした。
 この過去の事実をもとに、同じことがこれから起きたらどうなるかを予測するため、私は2007年に『富士山噴火 ハザードマップで読み解く「Xデー」』をブルーバックスから上梓した。
     ​
 幸い6刷と版を重ね、テレビ各局はこの本を参考にして富士山に関するアカデミック・バラエティー番組を次々に制作し、私も解説をつとめた。
 ところが、2011年に起きた東日本大震災、いわゆる「3・11」は、富士山をめぐる状況を一変させてしまった。巨大地震から4日後、富士山の直下で地震が発生したとき、火山学者は全員、肝を冷やした。
 マグマだまりの直上に「ひび割れ」を起こした可能性があるからだ。
 幸い噴火はまだ起きていないが、富士山はすでに「噴火スタンバイ」の状態にあると私は考えている。
  ― 引用終り ―
     ​
 危機が明らかになり富士山のハザードマップ改定作業がすすめらた。
 想定火口範囲が
二子山火口周辺にまで広がった。
 被害想定エリアも拡大する。
 富士市側では、3時間程度で新東名に到達すると見込まれている。
 首都機能が低下する可能性が大きい、火山灰による停電、通信障害の影響はさらに広範囲におよぶ。
     ​
溶岩流、数時間で市街地に
富士山噴火被害・新シミュレーション
2019/12/28 静岡新聞
​​​ 富士山の噴火被害に対する新たな科学的知見を反映させるため国や県、有識者の検討委員会が進めているハザードマップの改定作業で、考慮すべき想定火口範囲が大幅に広がり、静岡県富士宮市では溶岩流が市街地に2~3時間で到達、富士市では新東名高速道を超えるとのシミュレーションが示されていることが、27日までの関係者への取材で分かった。
 避難計画において最も危険な第1次エリアは富士宮市を中心に拡大する見込みだ。県や市は計画の大幅な見直しを迫られるとみられる。
  ―   引用終り ―
     ​
 3月30日、ゴールデンウイークに開催される国内最大規模の人出を記録してきた福岡市の「博多どんたく港まつり」の中止が決定した。
 3月25日、小池都知事は緊急会見で「感染爆発が懸念される重大局面だ」として、週末の不要不急の外出自粛を要請。
 在宅勤務を推奨し、夜間外出も控えるように要請した。
 東京都の感染者数の増加は加速し、感染爆発が迫っている。
 「即、ロックダウンということではございません」と知事は説明した。
 政府の機能が集中する東京を簡単に封鎖するわけにはいかないということだだろ。
 警察などによる物理的に封鎖措置が取られているわけではないが、4月から東京は事実上「封鎖状態(ロックダウン)」状態。
     ​
 可能な企業はオリンピック期間にむけて準備されていた在宅勤務をすすめ、出張を抑制。
 市民は外出の自粛を要請されている。
 集まりは憚られ、飲食店は休業を迫られている。
 東京に集まる多くの大学が入学式を中止。
 授業開始を延期。
 行楽の自粛で旅行会社は倒産の危機。
 新幹線をはじめとする鉄道、航空会社、高速バスは、5月初旬まで減便を決定。
​     ​
 東京を基盤とする多くの企業が、1年後のオリンピックまでサバイバルレースを強いられている。
​​​
 ​​






最終更新日  2020年04月07日 12時00分08秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全78件 (78件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.