3053240 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

S.A.C.サイバーパンク親父.COM

PR

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

ランキング市場

フリーページ

全191件 (191件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

EV  電気自動車

2019年12月07日
XML
テーマ:電気自動車(139)
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​​​​        
 大排気量、大馬力を評して「マッスルカー」と呼ばれたフォード・マスタングもついに電動化。
 電動化したハイパフォーマンスモデルは、「マッハ1」ならぬ「マッハE」。
 電動化するとガソリンエンジンの「マッスル」イメージはなくなる。
 SUVのマスタング……長生きするといろいろなものがみられる。
        ​
55年ぶりの新車種はEVに
フォード・マスタング
新型「マッハE」発表​、
最大465馬力の上位モデルも
2019年11月19日 ねとらぼ
 米国の自動車メーカー「フォード」が、同社のマスタングシリーズとしてSUVタイプの新型「マッハE」を発表しました。
 マスタングは1964年に登場した、フォードの看板シリーズ。
 GMの「シボレー カマロ」などと共にアメ車を代表するクルマです。
 そのマスタングシリーズに55年ぶりの新型車種としてラインアップされるのが今回のマッハE。
 SUVスタイルのEVです。
        

 パワートレインには最大336馬力、最大トルク57.6kgf-mを出力する電動モーターを搭載します。
 さらにハイパフォーマンスモデルの「マッハE GT Performance Edition」は最大465馬力、最大トルク84.6kgf-mまで出力をアップする予定。
 停止状態から時速60マイル(約96キロ)までは3.5秒以内に到達するのを目指すなど、マスタングらしい力強さを打ち出しています。
 SUVらしく積載量も豊富で、リアトランクは820リットルのスペースを用意。
 また130リットル程度のフロントトランクも用意してあり、カバンなどの手荷物であれば余裕のあるスペースを確保しています。
 スマートフォンとクルマを連動させることで、ドライバーの接近を感知してクルマのロックを自動で解除するなど、機能面でも最新鋭のシステムを導入しています。
 マッハEはすでに予約受付を開始しており、価格は36395ドル(約395万円)から。
 納車は2020年から始まる予定です。
 ちなみにマスタングのEVといえば、1967年型のマスタングに電動モーターなどを組み込んだ「チャージ・マスタング」というモデルも話題になりました。
 英国の「チャージ・オートモーティブ」という会社が、フォード社の公認を受けて製造しています。
  ― 引用終り ―
        ​
 電池の眼目は水冷システム。
 衝撃吸収保護材を含む防水ケース内に固定され、水冷システムで冷却。
 電池の温度管理を行い、充放電性能の最適化をはかる。
 モーターは最大出力459hp、最大トルク84.6kgm。
 「GT」は0~96km/h加速は4秒以下。
 フォードモーターによるとポルシェ『マカンターボ』より加速がいい。
 リチウムイオンバッテリーは2種類。
 288個のリチウムイオンセル仕様が蓄電容量75.7kWh。
 9376個のリチウムイオンセル仕様が蓄電容量98.8kWh。
 後輪駆動モデルは、1回の充電での航続距離は、最大483km。
 車両の床下、前後の車軸間に配置。
 空間効率を高めている。
​​​​​​






最終更新日  2019年12月07日 06時00分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年11月30日
テーマ:電気自動車(139)
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​
 2019年0月19日、トヨタは中国・電気自動車大手のBYD比亜迪股分有限公司とEVのセダンとSUVを共同開発することで合意したと発表。
 トヨタブランドで2020年代前半に中国市場への投入を目指し、開発車両などに搭載する電池の開発も共同で進めるとした。
        
​​​ 2019年11月7日、トヨタはBYDと電気自動車の研究開発を行う合弁会社を設立を発表。
 出資比率は折半。
 トヨタの中国市場、電気自動車普及にかける意気込みが分かる。

トヨタと中国BYDが合弁設立
…電気自動車を研究開発、その他​​​
2019年11月8日 レコードチャイナ
●トヨタと中国BYDが合弁設立
 …電気自動車を研究開発
 トヨタ自動車と中国の比亜迪(BYD)が、電気自動車の研究開発を行う合弁会社を設立する契約を締結した。
 トヨタ自動車が2019年11月7日付で発表した。
 新会社の事業内容は電気自動車及びそのプラットフォーム、関連部品の設計・開発など。
 2020年中に中国国内での設立を目指しており、BYDとトヨタがそれぞれ50%ずつ出資する。
        ​
●サタケ、江蘇省と四川省の農業科学院と包括技術提携契約
 サタケ(本社・広島県東広島市)は7日、中国の江蘇省農業科学院、四川省農業科学院とそれぞれ、10月21日付で包括技術提携契約を締結したと発表した。
 サタケは、2007年9月に国家糧食局(現・国家糧食和物資儲備局)と包括技術提携契約を締結して以来、中国の農業・食糧行政機関との包括技術提携契約が5件になった。
 サタケによると、中国では黒竜江省・吉林省・遼寧省の東北3省で生産される米がブランド米として需要が高く、江蘇省や四川省で生産される米の販売拡大および収益増への壁となっている。
 サタケは江蘇省や四川省で生産される米の高品質化・ブランド力向上を目指し、水稲品質に関する共同研究プロジェクトの展開や、新技術に関する人員交流・情報交換などを行う。
        ​
●Kyoukanが中国市場向けに日本在住のKOLを育成
 …プロダクションのGROVEと提携
 中国市場への進出を図っている企業に対し、KOLを活⽤したマーケティングサポートを⾏っているKyoukanは7日、⼤関れいかをはじめ数多くのYouTuberを抱えるインフルエンサープロダクションのGROVEとKOL育成に関する業務提携契約を締結したと発表した。
​  ― 引用終り ―
        ​
 米中対立を日本企業はチャンスと捉えている。
 同じ世界の大市場でも、成熟市場の米国と成長市場の中国でどちらもカントリーリスクがあるなら中国を選ぶ、ということだ。

        ​
 ​ BYD、中国の有力な電気自動車メーカー​ 
 2017年6月6日 サイバーパンク親父.COM​






最終更新日  2019年11月30日 06時00分13秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年11月27日
テーマ:電気自動車(139)
カテゴリ:EV  電気自動車
​​
 2019年10月23日、トヨタは今年の東京モーターショーで、今後の電動化戦略の方向性を示すEVのコンセプトカーレクサス『LF-30 Electrified』を世界初公開した。
 四輪インホイールモーター、最高速度200km/h、0-100km/h加速3.8秒に達するパフォーマンス。
 大胆なデザインで注目を集めた。
        

 2019年11月22日、「広州国際モーターショー」が開幕。
 各社が電動車を展示する中、トヨタはレクサスのEVの市販モデル第一弾を世界初公開。
 EVの需要が多く見込まれる中国や欧州に先行投入する計画。
 EV専用車の市販はトヨタ初。
 中国新車市場では見た目の豪華さなどより、自動車としての信頼性が重んじられるようになってきており、レクサスの販売を伸ばすにはとてもよい環境。
 ITインターフェイス重視は、米中同一。
 ホンダは2018年以降、中国市場にEV2車種を投入。
 マツダは2020年に、SUVタイプのEVを欧州で発売する計画。
 トヨタは、2020年代前半に国内外で10車種以上のEVを投入する計画。
 超小型EVは別ということか?
 
 次世代電池が量産化されていない時点のEVは、「つなぎ」のようだ。






最終更新日  2019年11月27日 16時00分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年11月03日
テーマ:ホンダ(20)
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​
​ ホンダは欧州で販売する車両の100%電動化を3年前倒しして2022年までに目指すと発表。​
        
ホンダ、
目標を3年前倒し
2019/10/24 Reuters   
 ホンダの幹部は23日、欧州で販売する全ての車両を2022年までに電気自動車(EV)かハイブリット車にすると発表し、全車電動化の目標時期を3年前倒しした。
 同社は先月、電動化を進めるため、2021年までに欧州でディーゼルエンジンを搭載した車両の販売を打ち切ると発表。
 今年3月には、2025年までに欧州で販売する車両の100%電動化を目指すと発表していた。
 ホンダのシニアバイスプレジデント、トム・ガードナー氏は23日、アムステルダムで、「われわれは2022年までに全車電動化を実現できるとともに、特別なものを提供できると確信している」と語った。
 同地では、ホンダが欧州向け電動車「ジャズ」の新型モデルを発表した。
  ― 引用終り ―
        

 2019年2月、世界の自動車生産体制を見直す一環として、英国とトルコの工場での生産を2021年中に中止すると発表した。
 F1にエンジン供給しているホンダの欧州への こだわりは強いが、域内シェアは1%以下と低迷している。
 2022年までに100%電動化のアドバルーンを上げることで、存在感と未来志向の姿勢をみせたかったのだろう。
 先にフォーミュラEへの参戦もF1で好成績を収めたら考慮しているとも、報道されている。
 Honda e レベルの目的限定ではない「特別な技術(電動関連)を提供」できるかにかかっている。
​​​        






最終更新日  2019年11月28日 06時40分06秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:マツダ車(19)
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​​​​​
 マツダが小さいバッテリーのEVを発表。
 航続距離は Honda e 並みの240km。
 とても「いっちょ前の車」とは思えない。
                

マツダEVプロトタイプに試乗
バッテリーは35.5kWh
2019年10月20日 AUTOCAR JAPAN   
あえて小さくしたバッテリーは35.5kWh
text:Rachel Burgess(レイチェル・バージェス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)
 マツダは、従来の内燃機関の効率を高めるだけでなく、しっかり電動化技術の開発も進めていた。
 近年のマツダの成果として印象的だったのは、スカイアクティブ-X。
 高圧縮比で薄い混合気に着火することで、「ガソリンエンジンのパフォーマンスと低排気ガスに、ディーゼルエンジン並の経済性とトルクを組み合わせる」 とうたわれている技術だ。
 だが、2021年から欧州で施行される厳しい環境規制目標を考えると、自動車メーカーはEVモデルの導入を先送りすることができない。
 今回フランクフルトで、マツダ初のEVプロトタイプの試乗となったのも、自然な流れだといえる。
 ベースはCX-30で、数日後に開幕となる東京モーターショーで正式にお披露目される予定。
 量産モデルも小型SUVになるとのことで、床下に搭載されるバッテリーは35.5kWh
  航続距離は240km程度とされており、主に都市部での利用がメインとなるだろう。
 比較的小さい35.5kWhというバッテリーの容量には理由がある。
 マツダによれば自動車のライフサイクル、生産から利用、廃棄やリサイクルまでの環境負荷を検証した結果、35.5kWhという大きさが環境に優しいことがわかったという。
 ガソリンエンジンのマツダ3や、95kWhという大容量バッテリーを搭載するより、環境負荷が小さいとのこと。
143psのモーター1基で240kmの航続距離
 マツダ・ヨーロッパで研究開発部門を率いるクリスチャン・シュルツェは、「バッテリーが大きすぎても良くありません。
 ユーザーが本当に必要とする航続距離を理解しつつ、CO2を大幅に削減するためには、バッテリーの容量は小さくする必要があります」
 「わたしたちは35.5kWhというサイズが、1度の充電で買い物をしたり学校への送迎をしたり、通勤で利用したりするのに丁度いいサイズだと考えています」 と話している。
  ― 引用終り ―
                ​
 あえて小さくしたという言い訳に欠けている前提は、「現在のバッテリーでは」という文句。
 バッテリーがより軽量、高エネルギー密度になれば、結果は大きく変わる。
 小さなバッテリーの搭載をもって「しっかり電動化技術の開発もすすめていた」かどうかは分からない。
 電動化について何らかの取り組みは続けていたらしい、ことは分かる。
 ディーゼルでは時代の要請に応えきれない近未来を迎えるにあたり、マツダも他のメーカーと同様、次世代蓄電池を欲していることは確実。
 次世代蓄電池が実用化されたなら、EVの市場への浸透度は大きく変わると考えられている。
 トヨタがグループを挙げて電動化技術に取り組む由縁。
 内燃機関にはうるさいモータージャーナリズムは、電動化に関しては素人並みになっている。
                ​
トヨタとマツダが資本提携に踏み切った
実は、国家レベルの利害衝突が背景に… 
町田 徹
2017年8月8日 現代ビジネス






最終更新日  2019年11月03日 06時00分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月31日
テーマ:電気自動車(139)
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​​​​​​
 大手の自動車メーカーは、自動車の未来をEVにおいている。
 ではEVがいいのか?
 現行のEVは欠点が多く、ゼロエミッションや低速トルクの豊富さを別として、商品性で内燃機関に勝てていない。
                ​
テスラが築いた「高くて構わない」はもう飽和
2019年10月25日 東洋経済オンライン
  …(略)…
■EVの実績が伸びない理由
 しかし、そもそもなぜ世界の期待を集めるEVが1%少々の実績に甘んじているのか?
 実は自動車の黎明期からEVは存在した。
 しかしほとんど見向きもされずに内燃機関の時代が続いたのである。
 問題の本質は当時から同じだ。
 エネルギー密度が低い。
 つまり「重量当たりのエネルギー量が少ない」。
        ​
 クルマに仕立てるには航続距離が足りない。
 足りるようにするためには大量のバッテリーを搭載せねばならず、そうすると重いし高価になる。
 「いやいや、エネルギー密度は目覚ましく改善されている」と反論する人が世の中にはいて、それは必ずしも間違ってはいない。
 そのあたりにかろうじてメドがついたからこそ10年ほど前から各社がEVをリリースし始めたのだ。
 100年前と比べれば進歩がすさまじいのは認めよう。
 だが、商品として適正なバランスに達するには、まだあと100倍くらい進歩が必要だ。
 今の10倍ではまだ厳しい。
 EVは必須の技術であり、今後も継続的に開発投資が進むだろうが、2年や3年でどうにかなるレベルにはない。
 早くとも2030年くらいまではかかるのではないか。
        ​
 2019年の今、EVのバッテリーは1台分で200万円から300万円くらいのコストと言われている。
 バッテリーだけでは走れないから、クルマに仕立てるとどうやっても350万円くらいにはなってしまう。
 だからまじめにバランスのよいクルマを作ろうとすればするほど、お値段はお高め、航続距離は少しやせ我慢して「わりと余裕ですよ」と言えるくらい、装備は少し悲しめのEVが出来上がる。
 バッテリーが高いのがすべて悪い。
 このトラップから誰が抜け出せるかのレースが今のEVマーケットの本命だ。
  ― 引用終り ―
​                ​​​
 巨大新車市場の中国と米国でEV化が進展しそうなので、各メーカーは急にEVに力を入れ始めた。
 現状は価格が高く、自由度の少ない(航続距離、充電時間)車なので、各種の優遇策がないとEVの選択にはつながりにくい。
 「重量当たりのエネルギー量」が高いバッテリーが実現できれば、これらの状況は激変する可能性がある。
 「2年や3年でどうにかなるレベルではない」とは断言できない。
 世界の自動車メーカーは新しい電池の開発めどを2020年においているからだ。
 画期的な性能の蓄電池の製品化に各社が鎬を削っている。
 開発段階のため、半端な情報の流出に、大いに注意がはらわれている。
​​​​​​​                ​​​






最終更新日  2019年10月31日 22時33分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月18日
テーマ:電気自動車(139)
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​
        

 ホンダは、新型コンパクトEV(電気自動車)「Honda e」の量産モデルをフランクフルトショー 2019で公開すると発表した。
 Honda eは、新開発となる後輪駆動のEV専用プラットフォームを採用。
 コンパクトなボディにロングホイールベースと短いオーバーハングを実現。
 市街地での取りまわしのよさと優れた走行性能を両立させたタウンユースのモデル。
         

 パワートレーンは、100kW(136PS)または113kW(154PS)の2つの出力と、315Nmのトルクを発生する高出力電動モーターを採用。
 35.5kWhのバッテリーは、1回の充電で最大219km走行可能。
 30分で80%の容量まで急速充電できる。
 エクステリアの特徴は、電子ミラーシステム「サイドカメラミラーシステム」。
 ポップアウトドアハンドルの採用により、シームレスさを強調。
 インテリアは12.3インチのデュアルタッチスクリーンを装着。
       

ドイツではおよそ350万円から
【フランクフルトショー2019】
2019.09.10 Web CG
  …(略)…
 今回のショーでは、その価格も明らかにされた。
 地方自治体の補助金を差し引いたドイツの場合で、最高出力100kW(136PS)のタイプが2万9470ユーロ(1ユーロ=118.4円換算で約349万円)、同113kW(154PS)のハイパワーバージョンたる「アドバンス」グレードが3万2470ユーロ(同384万円)となっている。
  ― 引用終わり ―
        

 少量生産から量産競争へ。
 EV時代の第2段階が始まる。

 それにしても航続距離200km台は、世間をなめている。
 全固体電池の登場を待つ暗示か?
​​​         






最終更新日  2019年09月18日 16時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月04日
カテゴリ:EV  電気自動車
​​
 高齢者による連続衝突事故が三重で発生。
 またプリウスか、と思ったらどうも違う。
 共通点は「覚えていない」ということ。
        ​
1人死亡7人重軽傷
2019年7月21日 テレ朝news    
  三重県伊勢市で車5台が絡む事故があり、1人が死亡、7人が重軽傷を負いました。
 20日午前11時ごろ、伊勢市の県道で67歳の男性が運転する車が前の車に衝突した後、左右の車に次々に衝突したうえ、左側の川に転落しました。
 また、3台目に衝突された車がはずみで左側を走っていた軽乗用車に衝突し、軽乗用車はひっくり返りました。
 この事故で、軽乗用車の後ろの座席に乗っていた伊勢市の無職・神内美知子さん(66)が死亡したほか、7人が重軽傷を負いました。
 警察によりますと、最初に事故を起こした男性は「覚えていない」と話しているということです。
 警察は事故の状況を詳しく調べています。 
  ― (略) ― 
        ​
 日本、韓国、中国では、今後高齢者の人口は増加する。
 電動化で自動車の運転はより容易になす。
 このままでは「覚えていない」運転者の車が起こす事故は多くなる。

 社会インフラとして自動車は、自動運転を事故防止機能として要求されることになる。
​​​        ​






最終更新日  2019年08月04日 06時00分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月03日
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​​
        

 2019年4月、トヨタは圧倒的な強みを持つHVの特許実施権を無償提供を発表。
 それに引き続きEVとEV用電池の共同開発を発表。
 中国政府はHV優遇策への転換を報じられているが、トヨタはEV普及の手綱を緩めない。
 個の共同開発は、トヨタのEV施策の前倒しと中国市場獲得への本気度が示されている。
 トヨタは中国への生産工場進出でVWに遅れ、中国新車市場No.1をVWに奪われたままになった。
 矢継ぎ早に放たれるHV、EVの取組は、それを覆す取組。
 中国でNo.1になってこそ、世界一が磐石になる。
        

20年代前半に中国投入
Reuters Staff
2019年7月19日 ロイター
 トヨタ自動車は19日、中国の電気自動車(EB)メーカー、比亜迪股分有限公司(BYD)とEVを共同開発することで合意したと発表した。
 開発するEVの車種はセダンと低床のスポーツ多目的車(SUV)のタイプ。
 トヨタブランドで2020年代前半に中国市場への投入を目指す。
 開発車両などに搭載する電池の開発も共同で進める。 
  ― 引用終り ―
        

 BYD(比亜迪股ふん有限公司)は広東省深せん市に本社を置く中国の企業。 
 グループ企業各社を通じて、IT部品(二次電池、携帯電話部品・組立)と、自動車を中心に事業を展開している。
 リチウムイオン電池の製造で世界第3位、携帯電話用では世界第1位。
 電池事業のノウハウを生かして自動車事業に参入。
 2003年、自動車事業の子会社BYD Autoを設立。
 2008年12月、世界初の量産型プラグインハイブリッドカーBYD F3DMを発売。
 2010年4月1日、日本の金型大手のオギハラの買収は日本でも話題となった。
 土地、建物、設備と従業員約80人を引き継ぎ、中国人社員への技術移転を進た。
         

 中国のEVトップメーカー。
        
 世界最大の投資持株会社バークシャー・ハサウェイの会長兼CEOのウォーレン・バフェットが、親会社の比亜迪に出資したことが報じられ、その将来性が高く評価された。
        ​
 中国トップメーカーのVWは今のところ有力なHVの玉をもっていない。
 ディーゼル不正の賠償金で経営体力を削られているであろうVWの、EV開発・生産対応状況と中国でのEV生産施策の巻き返しがあるのか、ないのか注目される。
​ VWが巻き返すには、世界トップクラスの部品メーカであるボッシュ、コンチネンタルなどとの全ドイツ的な取組が必要となると思われる。​
​​​​






最終更新日  2019年08月03日 16時00分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年07月30日
テーマ:ホンダ(20)
カテゴリ:EV  電気自動車
​​​​​​
        

 ホンダeは街乗り重視で開発された。
 アクセルレスポンスはよく出来るので、重量配分を良くして操縦性の改善につなげるのは正統派のアプローチ。
 1充電の航続距離が短ければ、街乗りに最適化するのは適切な選択といえる。
 だが専用プラットフォームの開発は疑問符が着く。
​ 同じ体積で容量の飛躍的に大きな蓄電池の実用化を前提としていれば、問題はなくなる。​
        ​
ホンダの新型EV
ヒルクライムにも出走…グッドウッド2019
2019年7月9日 Respose
  …(略)…
​モーターは最大出力150ps​
 ホンダeには、高出力の電気モーターを搭載する。
 最大出力は150ps、最大トルクは30.6kgmを引き出す。
 ホンダeでは、このモーターが後輪を駆動する。「スポーツモード」が選択でき、より鋭い加速レスポンスによって、パフォーマンスを引き上げる。
 ホンダeには、ドライバーがアクセルペダルだけで加減速が行える「シングルペダルコントロール」を導入する。
 アクセルペダルを踏むと、通常どおり加速する。アクセルペダルから足を離すと、自動的に回生ブレーキが作動し、減速する。
 シングルペダルコントロールは、都市部における運転効率を向上させ、ドライブをより魅力的でエキサイティングかつ、シームレスにするという。
 ホンダeは後輪駆動のため、前輪のステアリングの切れ角を大きく取ることが可能になった。
 最小回転半径はおよそ4.3mとし、都市部における取り回し性を高めている。
        ​
1回の充電での航続は200km以上
 ホンダeには、日常的な使いやすさと柔軟な充電を可能にするために、信頼性の高い蓄電容量35.5kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載する。
 バッテリーパックは、水冷式だ。
 バッテリーの効率と充電性能を最大化しながら、室内空間を損なわないよう、バッテリーのサイズと重量は最小限に抑えられる。
 充電は、「タイプ2」のAC接続、または「CCS2」のDC急速充電器に対応する。
 1回の充電での航続は200km以上を達成する予定だ。
 急速充電なら、30分でバッテリー容量の80%まで充電できる。

充電ポートは、シンプルさと使いやすさを重視して設計された。充電ポートはボンネットに配置されており、車両の前部または両サイドからのアクセスを可能にする。
 ガラスパネルの向こうにLED照明が装備されており、充電ポートを照らし、バッテリーの充電状態を表示する。
 また、ダッシュボードのデュアルタッチスクリーンには、バッテリーの充電レベルが表示され、電動パワートレインのグラフィックには、電力の流れや回生および充電の状態が表示される。
  ― 引用終り ―

        ​
 バッテリーパックの水冷式はテスラが導入し、日産が導入していない技術。
 適切な温度管理と配電管理でバッテリー容量が保たれ、バッテリーの寿命が延びる。
 このために専用プラットフォームが必要になったのだろう。
 電動車は高度な運転補助システムの適用がエンジン車より広範に可能。
 ホンダeで自動運転、運転補助をどこまでやるか楽しみだ。
 恐らくEV量産車の実用化ですすんでいると思われる、トヨタグループが総力を結集した本気のEV専用車を早く見てみたい。
        ​
​​​​​






最終更新日  2019年07月30日 16時00分08秒
コメント(0) | コメントを書く

全191件 (191件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Ta152R

お気に入りブログ

大阪で勉強会 朝の… New! nkucchanさん

溶接ゴーグル 購入 New! 越前SRさん

川口泰司 in Shibat… New! maki5417さん

虚しく往きて実ちて… New! 三人文殊さん

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

コメント新着

 maki5417@ Re:首里城火災の原因は電気トラブル(12/14) New! 神の怒りよりは、地球温暖化を心配した方…
 maki5417@ Re:「日帝強制動員被害者支援財団」と「記憶人権財団」(12/13) 国交正常化に伴い北朝鮮が、賠償請求して…
 Ta152R@ Re:トヨタと中国電気自動車大手BYDが合弁会社設立(11/30) BYDは外観がホンダCRVそっくりな車を作り…
 Ta152R@ Re:中曽根大勲位 死去(11/29) 若いうちは首相公選制を唱え、長じては密…
 maki5417@ Re:トヨタと中国電気自動車大手BYDが合弁会社設立(11/30) BYDですか。 トヨタも変われば変わるもの…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.