2996513 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

S.A.C.サイバーパンク親父.COM

PR

バックナンバー

カレンダー

ニューストピックス

ランキング市場

フリーページ

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

船舶・navy

2019年10月03日
XML
カテゴリ:船舶・navy
​​​​
 三代目さるびあ丸が装備する「アジマス推進器」は、水平方向に360度回転可能なポッドにプロペラを装備した推進器。
        
 アジマス推進器を活用することで、船を任意の方向に移動させたり、現在位置を正確に維持したりすることができる。 タグボート、掘削船、海底ケーブル敷設船、掃海艇などの作業船に多く採用されるてきた。
 ジョイスティック操作のものは、プレジャーボートでシェアを伸ばしている。
 近年では岸壁への離接岸が容易になることなどから、クルーズ客船等に活用されている。
 近年、船内で発電した電力と電気推進との組合わせにより機械的な伝達軸を廃する事が可能になり、活用範囲が広がった。
        

長 所
・機動性・操船性の向上
 小半径での旋回、離接岸時の水平移動が可能になる。
 そのため、大型船舶でも入出港時にタグボートの支援なしで離接岸することができる。
・流体力学的に船型を最適化できる。
 減速、伝達機構に起因する機械的損失や整備費用を低減できる。
・複数の推進器を備える事により機動性、抗堪性が高まる。
・定点維持が容易で、海洋掘削船など定位置に留まる必要がある用途に適する。
        



短 所
・従来の伝達軸を使用した推進器に比べて実績が浅い為、アジマススラスタに起因する故障が発生している。
 この短所は使用実績が増すにつれ、解消されると思われる。
​​​        

 アジマス(azimuth:方位角)とは、方位(方向の水平成分)の数値表現。
 基準となる方位との間の角度のこと。
 航空分野などにおいては、機首の方向や進行方向を示すのに用いられる。
 水平座標系や天測航法、また衛星通信用地上アンテナの光軸方向を示すときには、水平方向の方位角と、垂直方向の仰角という2つの角度を用いて表現する。
 測量や航法などの分野においては標準的には度・分・秒を用いて表現する。






最終更新日  2019年10月03日 06時00分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月02日
テーマ:船旅(6)
カテゴリ:船舶・navy
三代目「さるびあ丸」
 2020年6月5日、就航予定。
 三菱重工業下関造船所江浦工場で建造中。
 カラーリングは美術家の野老朝雄氏。
        
 メカで特徴的なのは4つのエコロジー機能。
1.気象・海象情報を分析する最新の航海支援システムを搭載。
 最適な運航計画で燃費を削減。
2.ディーゼル主機関1基1軸+電動駆動プロペラ(アジマス推進器)の「ハイブリッド方式」によって低燃費、低騒音、低振動を実現。
3.「電子制御燃料噴射装置」搭載で排気ガス中のCO2(二酸化炭素)、NOx(窒素酸化物)を削減。
4.燃費の削減、環境対策に「排ガスエコノマイザ」を装備。
        

総トン数:約6,200トン
全長:約118m、全幅:約17m
満載喫水:約5.4m
主機関:2サイクルディーゼル
推進加勢:アジマス推進器
旅客定員:1,343人 ※指定席は733席
コンテナ積載数:38個
​        ​​






最終更新日  2019年10月02日 16時00分10秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:船舶・navy
二代目さるびあ丸
 1992年12月25日に就航。
 三菱重工業下関造船所で建造された貨客船。
 簡素な初代と比較して、一回り大きく、豪華になった。
        


 船客区画最上階のAデッキに、特等・特1等・1等の上級船室が配置される。
​ 上級船室のエリアに下級船客は入れない。​

 劇場版アニメ『天気の子』の冒頭、主人公の帆高が住んでいる島(神津島)から東京にくるときに乗っているのが「さるびあ丸」。

 近年、さるび丸は「東京湾納涼船」で活躍。
 2時間ほどのナイトクルージングの飲み放題付きで通常2600円。
 WEB予約で2400円。
 浴衣着用で男女とも平日1000円引き。
 かなりお得な納涼船。
        ​
【諸元】
総トン数 4,965トン
全長:120.54m  全幅:15.2m
深さ:8.8m 喫水:5.4m
主機関
:三菱8UEC37LA型(ディーゼル) 2基
出力:5,600馬力×2基
推進器:2軸
旅客定員:1,927名
 船室改造後:816名
        ​
 2002年のすとれちあ丸の引退により、運航区域が沿海区域から近海区域に変更された。
 救命艇設置等の改造工事を受けた。
総トン数:4,973トン(近海資格取得後)
(航行区域は 限定近海)






最終更新日  2019年10月02日 06時00分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年10月01日
テーマ:船旅(6)
カテゴリ:船舶・navy
初代さるびあ丸

 内海造船田熊工場で建造された。

 1973年1月、東京(竹芝桟橋) - 大島 - 三宅島航路に就航。
 定期航路で乗客と島々に生活物資なども運んでいた。
 時代は既に中距離旅客船航路のカーフェリーへの転換がすすんでいた。
 1960年代から1970年代にかけて建造された5隻の旅客船(さくら丸、はまゆう丸 (初代)、かとれあ丸、ふりいじあ丸、本船)の最終船。
        
 若者が海外に手軽に行けなかった時代、「離島ブーム」があった。
 伊豆諸島は乗船料の安さもあり、若者が大挙して主に東海汽船を利用して訪問。
 ピーク時の1973年には人口3,000人の島に136万人もの観光客が伊豆諸島を訪れた
 1992年12月、大きくなった二代目さるびあ丸の就航により引退、係船された。
        
【諸元】
総トン数:3,079 トン
全長:93.00m  型幅:14.00 m
型深さ:5.90 m
主機関
:新潟鉄工所(ディーゼル) 2基
最大出力:7,200 PS
定格出力:6,120 PS
推進器:2軸
旅客定員:2,256名
​        ​






最終更新日  2019年10月01日 16時00分08秒
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:船旅(6)
カテゴリ:船舶・navy
​​​
 「さるびあ丸」は、東京・竹芝~伊豆大島・利島・新島・式根島・神津島航路に就航する貨客船。
 「さるびあ丸」の名は、一度でも伊豆七島航路で乗船した者には、ひどく懐かしく響く。
 三代目となる「さるびあ丸」の進水式見学ツアーが開催される。
        
【3代目さるびあ丸進水式概要】
■日時 11月27日(水)
 9:55開会 ※10:00進水
■場所 三菱重工業下関造船所江浦工場
■建造 三菱造船株式会社
東海汽船の新造「さるびあ丸」
「船台進水」を見学
2019.09.07 乗りものニュース編集部
 東海汽船は2019年9月6日(金)、建造中の3代目「さるびあ丸」の進水式見学ツアーを実施すると発表しました。
 旅行会社3社にて、9月10日(火)から販売が開始されます。
 進水式は11月27日(水)、三菱重工業下関造船所 江浦工場(山口県下関市)で執り行われます。
 ツアーはクラブツーリズム、ナショナルランド、トラベルロードの3社が主催し、それぞれで内容や金額が異なりますが、いずれも進水式前日の11月26日(火)に東京を出発する2日間の日程で、北九州や下関の観光を含みます。
 組み立てられた新造船を初めて水に触れさせる進水式は、ドックに注水するだけで済ませるケースもありますが、今回は造船台から船体を水面へと滑らせる「船台進水」が行われます。
 就航は2020年6月の予定です。
  ― 引用終わり ―
        ​
​​ 世はクルーズ船ブーム。
 時間と小遣いに余裕のあるシニア層も多いことだろう。


 若いころに初代サルビア丸に乗った世代が、豪華になった三代目にノスタルジーを感じながら乗船する、という構図もありだと思います。​​
​​​        






最終更新日  2019年10月01日 06時00分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月21日
テーマ:軍艦(15)
カテゴリ:船舶・navy
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
 ドレッドノートは1906年12月2日、英国海軍(HMS)に就役した戦艦。
 中間砲・副砲を装着せず単一口径の連装主砲塔5基を搭載して当時の戦艦の概念を一変させた革新的な艦である。
 艦橋に設置した射撃方位盤で統一して照準することで砲を集中管理し、一斉射撃(斉射)することで命中率が飛躍的に向上した。
 また当時のの戦艦の速力が18ノット程度(レシプロ機関)なのに対し、蒸気タービン機関で21ノットの高速航行が可能だった。。 
 以降、日本では「ド級(弩級)」戦艦という言葉が生まれたほどだ。
 大口径、長射程、高速戦艦は、超ド級発展を遂げた。
        ​
「航空機優位」だけじゃない、
空母が海上戦力の中心になった理由
2019年4月3日 乗りものニュース
  …(略)…
 さて、その「空母の有用性」とは何なのでしょうか。
 そのポイントとしては以下の3つが挙げられます。
        ​
空母の有用性、具体的にはどのあたり?
 まずひとつ目は「艦載機の存在」です。
 戦艦は大口径の大砲を有していますが、その射程はせいぜい40kmほどです。
 しかし、それが空母であれば、艦載機の存在によって、200km以上先の目標に向けて狙いを定めることも可能です。
 もちろんこの距離は、洋上だけでなく内陸部にも向けることができるため、敵艦艇だけでなく敵地奥の陸上目標に狙いを定めることもできます。
 しかも第2次世界大戦後、航空機はジェット化され、より速くより遠く飛べるようになりました。
 現代の艦載機であれば、1000km以上も先の目標に対して攻撃することも可能です。
 しかも、より大型の爆弾やミサイルも積めるようになっています。
 複葉から単葉へ、レシプロ(ピストン)エンジンからジェットエンジンへ、航空甲板という狭い空間でも運用可能な航空機の登場により、空母は大発展を遂げたのです。
        ​
 ふたつ目の要素は「汎用性、柔軟性」です。
 航空母艦は英語で「Aircraft Career」といい、直訳すれば「飛行機運搬船」となりますが、運ぶ飛行機、いうなれば搭載する航空機の種類によって、さまざまな使い方ができるのです。
​​ たとえば、特定エリアの制空権(一定空域において味方の航空機が自由に行動できる状態のこと)を確保したい場合には、制空戦闘機を多めに搭載して出航し、敵国本土を叩く目的ならば攻撃機を、揚陸作戦ならばヘリコプターや「オスプレイ」のような輸送機を多めに搭載するなど、それぞれの目的に合わせて柔軟に艦載機の数や種類を変更することで、幅広く運用することができます。
 また艦載機の搭載武装も、目標が敵航空機であれば空対空ミサイル、艦船であれば魚雷や対艦爆弾、対艦ミサイルといった具合に、潜水艦なら対潜ロケットや対潜爆雷、魚雷など、陸上目標なら爆弾や空対地ミサイル、ロケット弾などといったように、積み替えることができます。
 これは海上で、砲撃戦主体の船として生み出された戦艦とは大きな違いです。
 戦艦は強力な艦砲を多数装備するとはいえ、それを魚雷やミサイルに積み替えることはできません。
 仮にミサイルを搭載したとしても、その巨大な艦砲を外すことはできず、場合によっては無用の長物を載せたままとなるのです。
        ​
実はお安い空母、その理由
 3つ目のポイントはその「経済性」です。第2次世界大戦当時、日本の国力を結集して建造した戦艦「大和」の建造費が、当時の価格でおよそ1億4000万円、現在の価値にすると約3兆円弱になるそうです。
 同じころ建造された空母「翔鶴」「瑞鶴」の建造費はそれぞれ約8000万円ですから、「大和」の約半分の値段で建造できたわけです。
 当時は、年に50%ともいわれるハイパーインフレが起こっており、また空母の場合、艦載機やそのパイロットを考慮しないと戦力としてカウントできないので、一概にこれだけで有用性を問うのは難しいかもしれませんが、それでも多くの国が、戦艦の建造より空母に力を入れた理由のひとつが、このような経済的理由だったといえるでしょう。
 さらに戦艦の場合は、前線で直接的に敵艦とやりあうため、砲弾や魚雷に耐えられるような重装甲、そして敵艦の装甲を撃ち破れるだけの大口径砲を搭載しようとすると、建造にも高い技術力と相応のノウハウが必要です。
 しかし空母の場合は、ある程度後方から航空機を発着艦させるため、それなりの発着艦支援装置は必要ですが、艦自体にはそこまで高い建造能力を必要としないため、戦艦と比べれば短期間での大量建造が可能です。
 ゆえにアメリカは、太平洋戦争中に正規空母16隻、軽空母9隻、護衛空母118隻もの大量建造ができたわけです。
 ちなみに、同時期にアメリカが建造した戦艦はわずか4隻(ほかに、戦前に起工、戦中に竣工したのが4隻)だけでした。
  …(略)…
        ​
 大口径・長射程砲を搭載する戦艦は自艦と同程度主砲を備える敵艦に相対しても撃たれ負けないための装甲(バイタルパートのみ)を備えた。
 また片舷斉射で安定を得るためにも全幅が拡大しドンドン大きく、重くなった。
 極め付けが戦艦大和(1941年12月16日就役)、武蔵(1942年8月5日就役)だ。
 大和級は戦艦として史上最大の排水量(基準排水量64,000トン)、史上最大の46cm主砲3基9門、防御面は重要区画(バイタルパート)で対46cm砲防御を備えた正統派の戦艦。
        ​
 苦労して大日本帝国海軍は巨大戦艦を作ったが、戦艦の時代を終わらせたのも帝国海軍だった。
 1941年12月10日、マレー半島東方沖で帝国海軍航空隊がイギリス東洋艦隊の戦艦プリンス・オブ・ウェールズと巡洋戦艦レパルスを撃沈した。
 戦艦は航空攻撃だけで撃沈できる証明となった。
 大和、武蔵の就役の前に、戦艦は艦体決戦の主役から外れた。
        ​
 一方、航空母艦は主役となったが、記事のように「安い」とはいえない存在。
 機動艦隊、空母打撃群の形で、航空母艦を護衛する艦を伴わないと敵からの攻撃に脆弱だからだ。
 中国海軍や海上自衛隊が急ごしらえの航空母艦を運用するには、航空母艦に随伴し海上、水中て守る様々な艦が必要。
 航空母艦を単独で運用すると、対艦ミサイルで沈められる可能性があるからだ。
 イージス艦などを配備するとさらにさらに高くつく。
 そのため、艦載機が高額なこととあいまって、航空母艦はとても高くつく。
        ​
世界最強の米海軍の中でも中核を担う
インタレスト
 専守防衛を旨とし、少子高齢化・人口減少社会に入った日本が装備するに相応しくない艦種だ。
        ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019年06月21日 06時00分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月02日
テーマ:軍艦(15)
カテゴリ:船舶・navy
​​​​​​​​​​​​​​​
        ​
 2019年2月11日、スペインの有力紙「エル・パイス」は、中国の軍事予算が2000から16年まで毎年2ケタ成長を続け、中国の軍事改革が2015年から明らかに強化されたなどと指摘。
 中国軍はより専門的になり、戦闘力もより強化され、さらに「情報戦に勝利できる」ようになったと主張した。 
 海軍力では、2017年に水上艦と潜水艦の数が米国を抜き、米海軍が283隻であるのに対して、中国海軍は317隻になったと報じている。
 中国はロシアと同様に元来陸軍国。
 近年、一帯一路の戦力を整えようと海軍力の増強にやっきになっている。
 空軍と同様に海軍の装備が遍く高度な技術力、工業力を要求することは、現代も変わりがない。
 高度な海軍戦力の充実は、軍事費の大幅な増大を招く。
        ​
それでも「経験不足で戦闘力は米海軍に及ばない」
―香港紙
2019年2月24日 Record China / 
 2019年2月22日、中国海軍は2035年までに米海軍に追い付くことを目標に新たな原子力空母4隻を建造する計画だ、と香港紙が報じた。
 中国海軍は現在2隻の空母を所有。
 最終的には空母6隻による戦闘態勢を整える構想だが、記事は「戦闘経験不足のために米海軍には戦闘力では及ばない」と分析している。 
 中国海軍では2012年に就役した空母「遼寧」だけが実戦配備され、国産空母「001A型」はまだテスト段階にある。
 「遼寧」は旧ソ連で設計された船体を建造途中でウクライナから購入して中国で完成させた空母で、乗組員の訓練に使用されている。 
 中国の習近平国家主席は2035年までに人民解放軍を近代化し、2050年までに世界トップクラスの軍事力となるよう指示。こうした近代化の中で、陸軍部隊を減らして空軍、海軍にもっと予算を割くように命じた。 
 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」によると、中国の原子力空母4隻は2035年までに海軍に配備される見通し。
 米空母などが使う蒸気式カタパルトよりも戦闘機の射出が容易な電磁式カタパルト(EMALS)が搭載される。
 軍事専門家は「中国海軍の空母は6隻になるが、戦線に投入されるのは4隻だろう」とみている。 
        ​
 原子力空母4隻の配備が実現すれば、中国海軍の装備は米海軍に匹敵するが、同紙は「中国海軍には実際の戦闘経験が不足しているという問題がある」と指摘。
 同時に軍事専門家の「中国軍の総合的な軍事力は戦闘経験の不足によって限定されるものの、空母や艦載機の技術は米軍と匹敵するレベルになるだろう」「米軍と同レベルに達するまで中国は軍事力を増強しなければならない」との見方も紹介している。 
  …(略)…
        ​
 原子力空母は、原子力(原子炉)をエネルギー源とする航空母艦(空母)。
 原子核反応による反応熱を熱源とする蒸気タービンを動力機関に備え、長大な航続力を誇る。
 米国の空母は、長期間(約6ヶ月)に備え、大規模な給食施設の他、診療室、床屋、郵便局、売店、教会などを備えている。 
 原子炉は出力の割りに体積が小さく、は動力にゆとりをもたせることが可能。
 発電電力が大きく取れるため、最新電子機器の電力消費に対応できる。
 原子炉冷却用に発生する蒸気量が豊富で蒸気カタパルトを使用できる。
 通常動力で必要となる排煙設備(煙突)が不要。
 現在の米国の原子力空母は退役まで炉心交換不要。
 炉心(燃料棒)交換は長期間の運用停止が必要となる(米海軍で18ヶ月程度)。
        ​
 空母打撃軍を構成すると莫大な費用が必要になる。
 そのため現在、世界中で原子力空母は、米国が11隻、フランスが1隻保有するのみ
 中国が原子力空母を保有するにあたっての主な懸念事項
・空母用の原子炉を作り、運用できるのか。
・実用化の例がない電磁式カタパルトを実用化できるのか。
・有効な艦載機を実用化できるのか。
・空母打撃軍を整備できるのか。
・4隻分または6隻分の空母打撃軍を装備し維持する軍事費の負担に国家財政が耐えられるか。
・膨大な技術者の養成はできるのか。
        ​
 少子高齢化の中国の人口は2020年からの15年間で1億人以上減少する。
 年金受給人口の構成比は2035年に30%を超える。
 現在と同じ様な国家運営をしていたら、人材も、財政も危機的状況になると予測される。
 もちろん、中国政府、中国海軍は「財政と人材の整備はできる」と答えるのだろう。
 国家財政を傾けて海軍を整備した、大日本帝国海軍を想起する。
​​​​​​​​​​​​​​​​​​        ​






最終更新日  2019年06月02日 06時00分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月17日
テーマ:海運(9)
カテゴリ:船舶・navy
​​​​​​​​​
        ​
 日本遊船は3社統合で黒字となるはずのコンテナ船事業で赤字拡大。
 三菱重工、日本遊船と伝統ある三菱企業が大赤字で轡を並べるのか。
 
日本郵船社長に長沢仁志氏
2019年4月26日 共同通信
 日本郵船は26日、長沢仁志副社長が社長に昇格する人事を発表した。
 内藤忠顕社長は会長に就く。
 6月19日付。
 2019年3月期連結決算も26日発表し、純損益が445億円の赤字に転落した。
 前期は201億円の黒字だった。
 出資する定期コンテナ船会社の業績低迷で約310億円の特別損失を計上したことなどが響いた。
        ​
 
 2017年7月7日、日本郵船(38%)、商船三井(31%)、川崎汽船(31%)がコンテナ船事業を統合し、新会社、オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)を発足させた。
 ONE設立時点では世界第6位の規模の定期コンテナ船事業。
 記者会見で、統合が進む欧州のメガキャリアとの競争に「打ち勝つ意欲」を示したと報じられた。
 これは、短期・中期・長期でみて、全く現実味のない発言。
 コンテナ船事業は規模のメリットがコストに活きる。
 世界一のMERSKは油断なく統合をすすめており、1位と2位以下との規模の差は勝負にならないほど大きい。
 コンテナをより低いコストで輸送できる超大型コンテナ船も保有している。
        ​
 ​ONE
 公式サイト
        ​
 2018年4月、ONEが営業開始。
 2018年10月16日、ONEの2019年3月期の連結最終損益が6億ドル(約670億円)の赤字になる見通しと公表。
 ONEは3社の持ち分法適用会社なので、各々の連結決算の収支に影響を及ぼす。
 4月の営業開始直後に発生したサービス混乱の影響で積み荷が想定を下回り、運賃収入が減少。
 一部費用も増加し収益を圧迫した。
 燃料油価格高騰に対応したコスト削減も目標額を下回る見通しとなった。
        ​
​ そしてさらに業績低迷。
 フツーに考えれば、分かりきったことだ。​
​​​​​​​​​






最終更新日  2019年05月17日 06時00分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月13日
テーマ:軍艦(15)
カテゴリ:船舶・navy
​​​​
        ​
 中国、韓国、北朝鮮の脅威が増し、近年は海上、離島の安全・権益確保が重視されている。
 一方少子高齢化の波は、当然海上自衛隊にも押し寄せている。
 陸海空三軍の中で、海上自衛隊は志望者が最低。
 海上自衛隊は「省人化」と「洋上勤務期間の短縮」の取組を強化する。
        ​
なり手不足深刻で効率化
2019年3月19日 毎日新聞
 海上自衛隊は新たな防衛計画の大綱が適用される来年度以降、省人化の取り組みを強化する。
 乗員を半分程度に減らせる新型護衛艦を22隻建造するとともに、休養時間を確保するために乗員を途中で入れ替えるクルー制を導入。
 無人哨戒機の導入も検討する。
 背景には、警戒監視などの任務が増大する一方で、少子化で隊員募集が困難になっている状況がある。 
        ​
 新型護衛艦は今年度予算から取得が始まった。
 船体のコンパクト化を図り、乗員は現在の護衛艦の半分程度の約100人でも運用できるようにする。
 機雷を排除する掃海艇の機能も併せ持ち、駆逐艦(DD)よりも小型のフリゲート艦の頭文字を取ったFFMを略号とする。
 海自は昨年度末に47隻だった護衛艦を今後10年間で54隻まで増やすが、このうち22隻をFFMにする方針だ。 
 海自は主にこのFFMを対象に、ヘリコプターなどを使って護衛艦の乗員を任務途中で入れ替えるクルー制を導入する。これまでは艦艇ごとに乗員が固定されており、休養のためには停泊しなければならなかった。
 クルー制にすることで、乗員の洋上勤務期間を短縮し、陸上での休養日数を増やしたい考えだ。 
​  …(略)…​
        ​
 軍艦を造る、入れ替えるのには長期間かかる。
 現在大胆な施策を打ち出しても、完了するのは10年後。
 軍艦はメカの塊なので多分野に自動化、AIの導入が行われて初めて省人化が実現する。
 省人化の面で画期的な艦船が生み出される可能性もある。
        ​
 省人化のメリットが大きい潜水艦では一歩先に進んでいるようだ。
 海上自衛隊初の非大気依存推進(AIP)潜水艦「そうりゅう」型の乗員は65名。
 電動化、電動部分を増やすことは、省人化に有利。
        ​
​​​​






最終更新日  2019年05月13日 06時00分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月07日
カテゴリ:船舶・navy
​​​​​​​​​​
        ​
 世界と並んで日本のマスコミも政治かも「空母」という言葉が好きらしい。
 航空機が万能ではないのと同様、空母は万能ではない。
 米軍が佐世保に大型強襲揚陸艦の配備を検討しているという。
 大型強襲艦で運ぶべきは戦車、歩兵などの陸兵、輜重兵など後方部隊。
 足の短いヘリコプターなど。
 航空機は日本海を飛び、十分な作戦行動ができる。
        ​
=「小型空母」並み
F-35B重視-米海軍
2019.02.03  時事通信 
 米海軍佐世保基地(長崎県)に最新の大型強襲揚陸艦「アメリカ」(全長約260メートル、約4万4000トン)を配備することが米軍内で検討されていることが、日米関係者への取材で分かった。
 「アメリカ」は既存の強襲艦より、最新鋭ステルス戦闘機F35Bを艦載機として運用することを重視した設計になっており、配備されれば「小型空母」並みの戦力となる。
 佐世保基地に現在配備中の強襲揚陸艦「ワスプ」は年内に整備のために米本土へ戻る予定で、その後継となる。
 佐世保配備の艦船を指揮下に置く米第7艦隊は取材に対して「艦船の将来の配備については言えない。
 ワスプは前方展開が終了すれば、計画通りノーフォーク(バージニア州)に戻る」とコメントした。
  …(略)…
        ​
 議会を納得させるために、海兵隊は高価なF-35Bを活躍させたいのかもしれないが、第二次朝鮮戦争で活躍すべきは、多くの日本人が忌み嫌う搭載能力の大きいV-22オスプレイ。
 強襲揚陸艦の日本配備で想起されるのは朝鮮戦争の仁川上陸作戦。
 950年9月15日。
 朝鮮戦争を戦うに国連軍が大韓民国(韓国)のソウル西方約20キロメートル付近の仁川(インチョン)へ上陸した。
 北朝鮮を追い払い、大韓民国壊滅の危機からソウルを奪還した一連の作戦・戦闘。
 コードネームは「クロマイト作戦」。 
        ​
 仁川上陸作戦には大量のLST(戦車揚陸艦Landing ship,tank)が使用された。
 仁川港は干満の差が平均6.9mと非常に大きく最大で10mになり、干潮時には港の周辺はおおよそ3.2kmの干潟となり、上陸作戦は困難を極める。
 そこでその操船に、朝鮮の地理に明るい日本人水夫が2000人参加した。
 情報戦も駆使した仁川上陸作戦は大成功。
 そう、日本人は米軍主体の国連軍とともに北の脅威から大韓民国を守った。
        ​
 LSTは、水陸両用戦の概念も明らかではない1943年6月のソロモン諸島で米軍の作戦で実戦に投入された。
 その後行われたノルマンディー、硫黄島、沖縄などの多くの上陸作戦においては、欠かすことができない存在となった。
 空爆や艦砲射撃では地点を制圧することはできない。
 敵前上陸という過酷な任務から犠牲は多かったが、有効性も確かだった。 
 そして朝鮮戦争において仁川で使用され、LSTの有用性が再認識された。 
        ​
 LSTは進化し、エアークッション艇やその他の上陸用舟艇を用いた揚陸を主体とするドック型揚陸艦等に取って代わられつつある。 
 強襲揚陸艦(Amphibious assault ship)は、揚陸艦のうち輸送ヘリコプター及びエア・クッション型揚陸艇を始めとした各種上陸用舟艇を搭載・運用する能力を持つ艦。
 大規模なヘリコプター運用能力と全通飛行甲板を持つ。
 大半は垂直離着陸機(STOVL機)を搭載・運用することによる揚陸支援攻撃能力をも持つ。 
        ​
 広義にはヘリコプターのみを搭載運用し、揚陸能力をヘリコプターのみに依存しているヘリコプター揚陸艦も強襲揚陸艦と呼ぶ。
 狭義には船体内にウェルドックを持ち、上陸用舟艇の搭載・発進機能とヘリコプターによる空輸上陸機能を併せ持つ軍艦のことを指す。
        ​
 戦争は空母だけでなすのではない。
 上陸作戦には空輸能力の限界が現在程度なら、強襲揚陸艦や上陸用舟艇は上陸策背陰に必須だ。
 LST-1級戦車揚陸艦の満載時排水量は4,050トン。
 タラワ級強襲揚陸艦の満載排水量は39,000トン。
 強襲揚陸艦はLSTと桁違いに大きい。
        ​
 海上自衛隊のドック型輸送揚陸艦(LPD)2代目おおすみ型は満載時排水量14,000トン。
 これでも陸自隊員 330名、大型トラックは第1甲板に 38台、第4甲板に 27台。  
 90式戦車は第4甲板に 18輌収容できる。 
        ​
​​​​​​​​​​
<a href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/17da4295.b770d42a.17da4296.68e9f374/?link_type=pict&ut=eyJwYWdlIjoic2hvcCIsInR5cGUiOiJwaWN0IiwiY29sIjowLCJjYXQiOiI0NCIsImJhbiI6IjQ2MDEzNSJ9" target="_blank" rel="nofollow noopener noreferrer" style="word-wrap:break-word;"  ><img src="https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hsb/17da4295.b770d42a.17da4296.68e9f374/?me_id=1&me_adv_id=460135&t=pict" border="0" style="margin:2px" alt="" title=""></a>






最終更新日  2019年03月07日 06時00分18秒
コメント(0) | コメントを書く

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Ta152R

お気に入りブログ

「枕草子(まくらのそ… New! Photo USMさん

晩秋の東京旅 #13… New! maki5417さん

DURALEXデュラレック… New! nkucchanさん

本当は悩みなんて無… New! ブルズアイUFOさん

アペもそろそろ越冬… New! 越前SRさん

コメント新着

 Ta152R@ Re:台風19号 多摩川氾濫に想う(10/21) 住民は全員無事。今はどんな表情をしてい…
 maki5417@ Re:台風19号 多摩川氾濫に想う(10/21) 無堤防の500mは、景観重視の住民が反…
 Ta152R@ Re:日産トレーディング売却、日産自動車(09/27) 売却されても日産の仕事が「もらえる」の…
 maki5417@ Re:日産トレーディング売却、日産自動車(09/27) この会社は、まだあったのですね。 もとも…
 ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.