668379 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Tatsuya Nishiwaki Infinite

PR

X

Profile


infinite5

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Freepage List

Favorite Blog

Evergreen Days Evergreen_63さん

Comments

Free Dating sites@ zMflBlmpHVtrElhbpN Hi, I really like your internet site i…
ゆきこ@ ワーイ♪ ここで『まつこふさん』を見つけるとは思…
まつこふ@ 楽しみです♪ とても久しぶりにのぞかせていただいたら…
ゆきこ@ Re:ホーンセクション、レコーディング(12/29) 茶髪の人誰?って思った^^; 暫く見ないう…
◆MIDO◆@ 出会い 2年前なんですか!? 意外です~ もっと…
2011/12/29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
一昨日リズム録りをした楽曲に、今日はホーンセクションをオーヴァーダビングしてきました。

僕には久々の、いわゆる「バリバリのホーンセクション」ってやつですグッド


僕は自他共に認める「ホーンセクション大好き野郎」でして、今までにも何百曲ものホーンセクションのアレンジをしてきたんですが、今回も半笑いになりながら楽しんで書かせていただきました(笑)。


そんなわけで今回、このレコーディングに御登場いただいたのがこのかたたち。



20111229BluffHorns.jpg
音符BLUFF Hornsの皆様音符


このかたたちと出会ったのは2年ほど前。二井原実さんとファンキー末吉さんのセッションのときで、そのときとっても感動して、それ以来、爆風スランプの再結成コンサート等でも御一緒させていただき、またリーダーの松木隆裕氏とは、ことあるごとに、理想のホーンセクションについて語り合う仲となっていまして、「いつかは俺のホーン・アレンジをBLUFF Hornsに吹いてもらいたい」と思っていたんですが、ついに念願がかないました。


今までにも、数多くのホーンセクションの皆さんとお仕事を御一緒させていただいてきて、それぞれにすばらしい仕事を提供していただいてきたんですが、このBLUFF Hornsの魅力はずばり「超ワルな感じ(笑」

野性味溢れる野獣のような演奏なんですね。


で、野性味溢れる野獣のような音楽表現と、言うのは簡単なのですが・・


音楽ですからね・・


例えば、全裸で山野に放たれても何十年も生きていけるとか、下着を1ヶ月替えなくても平気とか、靴下が左右違っていても気にしない・・

ていうようなキャラのプレイヤーが吹けば実現できる、というものでは当然ないわけですよ。


もっと言えば、いい加減に吹いたり、とにかく大きな音を出したり、不正確な音程やリズムを容認すれば実現できる、なんていうものでもないことは明白なんですよ。


これを実現するには、その時代のみんなが共感できる「野性味溢れる野獣のような音楽表現」という価値観とか美意識とかをホーンセクション全体で共有して、それのために各ホーン・プレイヤーが自らの身体を自分の意思でコントロールすることで初めて実現できるものなんですね。

具体的に言うと、音の微妙な長さ、ダイナミクス、裏拍の遅れ具合、ある音から次の音へ行くときのパフォーマンス、まあ譜面には書けない情報ですね。

とにかくとにかく、ちょーかっこいいホーンセクションが録れました!!!!!!!!


20111229BluffAndMe.jpg

BLUFF Hornsの皆さん、お疲れ様でした!!!!!!!!!
とっても感謝です!!!!!!!!!!!!!!






Last updated  2011/12/29 11:05:26 PM
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.