2230683 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

にしわき眼科クリニック。

PR

プロフィール


眼科8795

カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

グレーターイスラエ… New! tt555さん

「県境夏まつり・一… New! e_tourismさん

★愛媛でがんばるメガ… メガネマン0206さん
Mizumizuのライフス… mizumizu4329さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.06.21
XML
カテゴリ:外来診療一般
​​​ 患者様から非常に良く聞かれる質問に、








​​​ 目薬をこぼれる程点すと、気持ちいいし良く効く気がするのですが?​







 というものがあります。










 そしてその後に、







 ​目薬が全然足りないのでもっとたくさん下さい。​







 と続くのがゴールデンパターンです。(笑)















 これは以前から当ブログで何度も書いているのですが、








 ​目薬はこぼれる程点しては駄目​​








 です。










 その理由は、








1. 目薬は1滴で十分効く様にそもそも設計されている。具体的に言うと、目薬は1滴が50マイクロリットルなのですが、目の中の目薬が入る部分である結膜嚢(けつまくのう)の容積は30マイクロリットルとなっている。つまり、目薬は1滴で目に対して十分過ぎるくらいの量がある。









2. 目薬をこぼれる程に点すと、目の周りが目薬の成分や含まれている防腐剤の影響で荒れる。酷い場合には皮膚炎を起こすこともある。








 からです。

















​ ​こぼれていいのは居酒屋で注いでもらう日本酒くらいのもの​









 で、目薬をこぼれる程点すのは百害あって一利なし、ということなのです。​











 覚えて置いてくださいね。​​​






最終更新日  2019.06.21 17:56:12
[外来診療一般] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.