000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

土星LIBRARY

オメガの記憶 2話

あらすじは前の話を・・・。

【チャインの物語 番外編 オメガの記憶】

第2話 ~自分の弟子・無音の番犬~

オメガはワルサータウンをでて、強敵・ケルベロスを倒すために旅にでる。
旅には仲間が必要なのでとある町にきている。町の名は・・・・・サイレントシテイー。


==サイレントシティー==

サイレントシティーは音がない無音の町。
町にはチャオが普通にあるいているが、なぜか足音さえも聞こえない。


「ここにワシの仲間がいるはずじゃ・・・」

オメガはサイレントシティーにある小さな家をたずねる。家を訪ねると家の中から1匹のライトカオスが現れた。


「オメガさんじゃないですか!!」

家にいたライトカオスは驚く。

「久しぶりじゃな。デルタ、元気にしてたか?」

「当たり前ですよ!さあさあ、僕の部屋に入ってください!」

ライトカオスは自分の家にオメガを誘う。ライトカオスの名はデルタらしい。
オメガはブライドの部屋にはいる。

デルタはオメガを自分の部屋に入れたあと紅茶とクッキーを差し出す。

「どうしたんですか?オメガさん。こんな無音の町にくるなんて・・・・・・・・・・」

「実はだなぁ・・・お前に頼みたいことがあるんじゃ・・」

オメガはデルタにケルベロスの話をする。デルタはケルベロスの話をきいて目が輝いていた。

「そんでチャインという英雄の変わりに僕、デルタに仲間になってほしいと・・・」

剣を磨くデルタがいう。デルタは剣士だ。

「そうじゃ!どうだ?ワシの仲間になってくれるか?」

「そうだね~・・・いいよオメガさん。仲間になりましょう!」

二人の意見が一致した後、立ち上がり握手をする。

だがこの後大きな事件がおこる。

「ここかあ!!!オメガ、でてこい!」

1匹のチャオがサイレントシティーで大きな声で叫んでいる。その声はとても怖い。
しかもオメガが聞いたことのあるような声だ。


「もしかしてこの声は・・・・・」

オメガは外に飛び出す。その後を弟子・デルタが追う。
外はいつも静かだけは今回だけは爆撃の音が大きく響いている。
そして1匹のチャオが二人の前に現れる!


「久しぶりじゃないか・・・オメガ・・・俺はお前をさがしてここまで来たぞ!」

1匹のチャオはバズーカのような武器をオメガとデルタに向ける。

「オメガさんコイツが!?」

デルタは剣を構えながら言う。

「そうじゃ。コイツがワシの敵・・・ケルベロスじゃ!」

オメガも武器・槍を構える。
ここに無音の町が戦いの火蓋となった・・・・・。


続く!


© Rakuten Group, Inc.