創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

貿易のトラブル


通じるビジネス英語:第5回目
「貿易のトラブル」

通訳者として、色々な企業にお世話になってますが、
企業の海外取引上のトラブルに関る事があります。
よくあるトラブルは、(送金したが、品物が来ない)とか、
或いは、(品物を送ったが送金されない)といった内容です。

先ず,英語以前の問題として、「慎重さ」が求められます。
海外企業と取引をされる場合は、どんな些細な事でも慎重な
姿勢で望みましょう。例えば、海外から「後ほど送金しますので、
先に出荷して下さい」などと要望されても、そのまま鵜呑みにせずに、
出来る限り、L/Cの条件で,取引する様にしましょう。

"We would like to start our business on the L/C basis.
Otherwise, we may have to rethink our business "
(L/C条件にて、貴社とのお取引を始めたいと思います。
 それ以外の場合では、お取引を考え直さねばなりません)
この程度の言い方は必要です。
相手もきちんとした信頼できる企業であれば、やはりL/Cでの、
取引を了承するものです。

初めての取引相手の場合は尚更、用心必要です。又、海外取引を
開始する前に、相手企業との決まり事として、
取引契約書を作成されて,取り交わす事がリスクの少ない方法です。
海外では、契約書を行動の基準にする場合が多いのですが、
それを利用して、最初から契約書を作成し、相手と取り交わして、
取引を進めましょう。

さて、今度は,クレームを相手企業に付ける場合です。

例えば、海外からの納品で「仕様通りでない部品」がありました。
英語では、
" We regret to say that some parts were
out of specification. They were 5mm smaller than our agreement"
「残念ですが、仕様書(規格)外の部品が御座いました。規格よりも5ミリ
小さいです」 クレームを言う場合は、We regret to say ~ と
言います。これは覚えておきましょう。
尚、クレーム発生が繰り返される場合は、
" This is the second time. We will have to look for
other suppliers if you do not find the cause of the failure and
send us a report on how to solve the problem within two weeks from
your receipt of this letter." という具合に強く言いましょう。
「これで2回目です。本状受取り後,2週間以内に、貴社が欠陥の原因を究明し、
解決策を弊社に報告しない場合は、他の仕入れ先を探します」という様に
クレームを述べます。

ご質問などは、何なりと。E-mail:fuku@eos.ocn.ne.jp


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.