創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

this と  that

this と thatについて、申し上げます。

学校などでは、this=これは、
that=あれは、としておりますが、
これは、間違いです。

もっと、大切な意味合いが
this, that には、あります。

例えば、This is a pen. というのは、
『これは、ペンです』という事なのですが、
もっと正確に言えば、
『此処にあるのはペンです』となります。

* This is my company.=『ここは、僕の勤務先です』となります。
              話し手(僕)は、今、会社の中か、すぐそばに
              いることになります。

逆に、That is a pen.は、
『向こうにあるのは、ペンです』という事です。

* That is my company.=『あれが、(あの会社)が僕の勤務先です』と
            なります
話し手(僕)は、今、会社が見える様な離れた位置にいますね。

以上の新解釈から、this/thatの意味は
お判りでしょうか?

thisは、(話し手の)近くのもの・手前のもの、(こちらの領域)を
指します。thatは(話し手)の遠くのもの(向こう側の領域)、を
指します。


*人を他の人に紹介する場合は、
  必ず、this is ---とします。

  Tom, this is Ken.=
  トムさん、こちら(今此処におられる方は)がKENさんです

これを、Tom, that is Ken.とはしません。
人を紹介する場合、that を使えば、故人であるという意味合いが
出ますので、これは、間違えない様にしましょう。

*This side of the river という言い方の意味はお判りですか?
 『川のこちら側(岸)』という事です。
 この逆は、that side of the river.=
  『川の向こう側(岸)』という事です。

*このthis/thatの意味合いを使うと、次の様な事が
  言えます。

*『トムは、味方だよ(こちら側だよ)』Tom is on this side
  この逆は、Jack is on that side.(ジャックは、敵だよ)となりますね。

this =手前、こちらの領域(発話者のいる領域)を指し、
that=向こう側、発話者から遠い領域を意味します。

これを覚えておかれて下さいませ。

末次通訳事務所
代表・末次賢治 拝


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.