創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

英語の敬意表現 その①


Hi, readers !!

英語にも敬語・敬意表現があります。

但し、日本語文化での丁寧さと英語文化での丁寧さは
意味合いが違います。

日本語文化では、
<相手と上下に距離を離す>事が「丁寧さ・敬意」になりますが、
英語文化では、概して、<相手と横に近づこうとする>事が
「丁寧さ・敬意」になります。

文化や宗教、社会の違いによるものです。

日本語社会での丁寧さは、politeness であり、
英語社会での丁寧さは、friendliness と
定義しても良いでしょう。

英語の敬意表現を上手く使って、
海外とのビジネスを円滑に進めたいものです。

★英語での丁寧表現 その①:
英語で話す時に、或いは、日本語でも外国の方と話す場合は、
相手の名前を挟みましょう。
 
親しくなったら、相手のファーストネームやニックネームで、
最初の頃は、Mr./Ms--で良いので、
相手の名前を節々に入れて、親しみ感を出しましょう。

▼日本には、そんな習慣がないので、
これは、日本人にはなかなか出来ない事ですが、その癖を付けましょう。
例えば、トムさんにあったら、Hi, Tom, how are you ?

或いは、打ち合わせの時に、
Tom, I’m sure she will say yes.
(トムね、俺、あの女性はOKすると思うよ)

トムさんが具合が悪そうだったら、What’ wrong with you, Tom ?
などと名前を入れましょう。
名前を入れるだけで全然、受け止め方が違います。

★その②: 仲間意識の "we"

例)営業成績不振の営業マンを集めて社長が、お説教をしております。
そこで、『君たち、もっと頑張りたまえ!』と言うとき英語では、
次のA とBとでは、どちらがより丁寧な(団結心のある)英語でしょうか?

A: You should work harder.
B: We should work harder.

*Bの方が、暖かみのある言い方ですね。YOU と WE の使い分けにより、
英語では丁寧さ、暖かさを出すことができます。

上のAは、あくまで、YOUですので、『君たちは』と言っており、
部下と社長間に敷居があります。

一方、Bは、「我々は」、としております。

つまり、社長は営業マンらを含めて、
「我々は」としており、営業マンらの視点で発言をしております。
ですから、こちらの方が 仲間意識の強い言い方になり、
YOUよりも丁寧です。この様なWEの使い方を
覚えておいて下さいませ。

ビジネス英語ではよく使うべき言い方です。


ご質問は、何なりと。See You Next Month!!!!




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.