創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

英語の敬意表現 その②


英語道場 第12回  英語の敬意表現 その②  

Hello, everyone!!!

英語での敬意、丁寧表現の第2回目です。
人と会う時、
【今日、初めて相手の方と会うが、顔もよく判らない】と言う場合があります。
特に空港などで外国人と会う場合にはよく見られますね。

『すみません、ペリーさんでいらっしゃいますか?』と言う場合、
 "Excuse me, are you Mr. Perry by any chance ?"と言えば、
失礼になりません。
[by any chance]を付けますと、【間違っていたら、ごめんなさい】と言う
言い方になります。

この by any chance(=ひょっとして)は、一種のクッション語ですね。
非礼になる要素を予め未然に 防ぐ言い方です。
非礼な言い方をさけているのでその分、丁寧な言い方になります。

by any chance は、色々な状況場面に使えます。
【モノを尋ねて、それがなかったりでもしたら、或いは、
 間違ってでもしたら、失礼になるかも知れないと言う場面などで使います】

例)Do you have a spare key by any chance ? 
  (ひょっとして、スペアキーとかありますか?)
  Is this your watch by any chance ? 
  (この時計は、ひょっとして、おたくのですか?)

又、『英語で大丈夫ですか?(=英語を話せますか?)』と言う場合、
Can you speak English ? は、お勧めできません。

例えば、スペイン旅行中、町中を歩いているとおしゃれな帽子があって、
お店に入りました。店員さんは、スペイン語で話しかけてきましたが、
日本語はむろん、英語でしかこちらが用を足せない場合、
英語ができるかどうか、店員に尋ねますね。
その場合、Do you speak English ? か、Can I speak English ? 
と言いましょう。

もし相手の方が、英語もしゃべれる場合は、Can you--? ですと、
失礼な感じもします。

(英語を話せる能力)を尋ねている感じが出る為です。
極端ですが、日本人に「あなた日本語できますか?」と言う様なモノですね。

蛇足ですが、日本に住んでいる外国人に対しては、よく英語で話し掛ける日本人が
いらっしゃいますが、日本に住んでいたり、長期滞在している外国の方には、
英語等の外国語でなくて、日本語で話すのが礼儀です。
外国からの方も、それを望んでいる様です。
私が知る限りは、皆そう言います。皆さんは、どう思われますか?



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.