創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

英語の敬意表現 その③


英語道場 英語の敬意表現 その③  

Hello, everyone!!!

引き続いて、英語での敬意・丁寧表現です。クイズ形式で説明します:

Q 1) 来客がありました。ちょうど、ケーキがありましたので、
   そのケーキをお客さんに出します。
  その時のセリフ:どちらが丁寧でしょう。
 
  -1 Could you please eat this cake,Tom ?
  -2 Eat this cake, Tom

* -2が丁寧ですね。 ケーキを出すというのは、
  「相手に利益を与える事」です。
その場合、 命令文として言う形の方が丁寧になります。

-1は失礼になります。例えば、
【ケーキを試しに初めて作ったけどおいしいかどうか判らんけん、
 味見してくれんね?】と言う場合は、―1の言い方になります。

相手に利益を与える状況では、普通の命令文の方が、
却って、丁寧な言い方になります。

" Have a eat!!! " は、「食べなっせ!」と言う事ですね。
これも、命令文ですが、相手に食事を勧めるので(=利益を与える)、
丁寧な言い方・意味合いになります。

つまり、相手に利益を与える場合は、
そのまま、スパッと直裁に言う方が良いのです。

" Could you have a eat, please ? " は、
勿体をつけた言い方、つまり、失礼な言い方や皮肉っぽい言い方ですね。

Q2) 外国の企業と商談です。
   その企業の製品を日本で販売したく折衝をしています。
   
   その時のセリフ:どちらが丁寧でしょう。

-1 We will make 100 % effort to sell your products in Japan. 
  So, we would like you to put us in the first place on your list.
  (=とにかく、日本での販売に尽力します。
    ですから、当社を優先して考えて下さい)

-2 We have planned three ways to sell your products in Japan.
We estimate that the sales amount for the first year will be
20,000 pcs. So, we would like you to put us in the first place
on your list.
  (=日本での販売展開に際して、3つの策を考えております。
    初年度の販売数量は、2万個とみております。ですから、
当社を優先して考えて下さい)

* -2が丁寧です。日本語では、抽象的に、漠然と発言する傾向にありますね。
  然し、それでは、実際には 説明になっておりませんので、
相手には、失礼ですね。
  具体的に、論理的に説明することが、相手に説得性を与え、
相手にとって丁寧になります。

以上のクイズで、英語での「丁寧さ」が見えると思います。
ご質問は何なりと。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.