創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

★新★ 英語の時間のズレと含み

『英語:時間のズレと含み』

★さて、以前の講義で英語を使う上での時間の意識をご紹介しました。
英語では「今は今」「昔は昔」とキッチリ区別し話をします。
例えば、My father is a school teacher. 【父は教員です】は、
<今、父は学校の先生を職業にしている>との意です。
一方、My father was a school teacher.は
【父は、以前は教員でした】との意で、「今は教員を辞している」、
との含みがあります。「以前」、というのがミソです。
この様に、英語では、時間の区別をハッキリさせます。区別するというのは、
【今は今】、【昔は昔】と今と昔に線を引いて区別をします。
ですから、My father was a school teacher. は、
「かっては(例えば、昨年、又は、5年前、又は、母が存命中のとき等々;
昔のある時点では)教員だった」という事です。この様に時間帯を
区別する英語では、大原則として、<昔を示す表現形式>で<現在の事柄>を
言ったり、また、その逆も有りません。原則です。

★ここで、別のセリフを考えましょう。相手に何かを依頼する場合、
<could you~?>とか<would you~?>を付けて言えば丁寧になる、
と教えられます。
Could you lend me some money?「お金を貸してくれませんか?」
Would you come here, please?「ちょっとこちらに来て頂けませんか?」

さて、この could や、wouldは、canやwill の過去形です。ですが、
「お金を貸してくれませんか?」というのは、今現在での物事の依頼です。
つまり、矛盾が生じています。今現在の事なのに、
昔を示す表現形式を用いています。これは英語の原則に反します。
が、上のcould you~?would you~?の形はよく使われます。
つまり、原則に反してまで、故意に過去形を用いる事で何らかの話し手の含み、
感情を込めております。
上の場合でしたら、「<もし貴方さえ宜しければ、すまないけど>お金を
貸してくれませんか?」とか
「<忙しい所悪いのですが>こちらに来てもらえませんか?」とか、
<含み>の内容は、それぞれの発話状況で変わりますが、
<もし宜しければ>という含み・意味合いが、この敢えて用いる過去形に
込められます。この事は、英語を理解し、英語を使う上で極めて大事な事です。

読者の皆様には是非、この事を覚えて頂きたく思います。

末次通訳事務所 英語通訳 末次賢治 拝
★ 『ついでがあるんだったら、天神まで乗せてくれないかなあ?』とのセリフを英語で言う場合、
Can you give me a ride to Tenjin, if you have to go there? と Could you give me a ride to Tenjin, if you have to go there? との言い方が考えられます。どちらか丁重でしょうか?Could you~?の
方が丁重です。<もし良かったら>という話者の気持ちが過去形に込められているからです。
Can you~?の場合でしたら、気心の知れた相手との会話、或いは、同乗を頼んでも嫌な顔をしないであろう相手の場合、或いは、話者の方が、相手よりも上の立場(恩師、上司、お客様)などの
場合に使います。さて、この、今の時間の中での<過去形>を上手く使えば、ジョークの幅が
広がります。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.