創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

冠詞シリーズ 最終回

今日は最終回として、まとめを行います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★昨年春、お客様のお供で、オーストラリアに初めて
 訪問致しました。その際、飛行機で、現地の新聞を
 手にし、サッと一面を見ました。
その一面には、次の見出しが踊ってました。

見出し: Cronje: I took the money

私は、この見出しだけで、内容は把握できました。

Cronje(クローニュ)というのは、クリケットの選手で
有名な選手の様です。仮に、この選手に関して
知識がなくとも、上の見出しは一目でわかります。

新聞の見出しは、内容が一目でわかる様に
なっておりますね。日本語でしたら、
『松井、逆転弾』だけで、試合がどうなったのか
中身を読まなくても判りますね。

上の英語の見出しも、日本語の新聞と同じ様に、
中身の記事をまとめて言っている感じがあります。

上の見出しは、『クローニュ:八百長しました』又は、
『クローニュ:八百長認める』と言う意味になります。

→→→the moneyとあります。
theというのは、関係者、当事者が知っている事をさします。
これは、新聞ですので、読者(世間)の方が皆、知っている
お金となります。(=以前から話題になっているお金)ですね。
tookというのは、takeの過去形ですが、takeの意味は
受け取ると言う事ですね、つまり、
『問題の、例のお金を受け取ったんだ』となります。
新聞で、話題、問題になるお金とは、大体、賄賂ですね。
見出しになるくらいですので、賄賂などの汚いお金に
特定されます。

theの意味をしっかり把握しておりましたら、
上の見出しは一目でわかります。

例えば、小泉首相が昨日、靖国神社に
参拝しましたが、これを見出し風に書こうとすれば、
PM. Koizumi got to the shrine. となるでしょう。

PM= prime minister= 総理大臣の事です
shrine=神社の事です
the shrine=theが付いていることから、
        話題の、みんなが知っている神社のことですね
        この場合は、靖国神社となります。

ご不明な点は、何でもご質問して下さいませ。
お答えします。
the & a については、ひとまず、終わりにします。

末次通訳事務所
代表 末次賢治 拝




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.