創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

○2008 第2四半期ニュース○

○第2四半期(2008年・4月~6月/末)の弊社業務ニュース○

*2008年、4月度から6月末まで(弊社・第2四半期)の主要ニュースです:

=====================================※ GOOD & BAD NEWS

☆対外ニュース:

1) ビジネス英語ライティング研修
  株式会社正興電機製作所様にて、
  英語ビジネスライティング研修(全3回)の講師を務める。
  ⇒⇒改良点が複数ありましたので、次回セミナー予定の際には、
     上手く修正して、対応、実施して参ります。

1)社団法人福岡貿易会様主催の貿易英語講座~基礎編~の
  講師を務める(全2回)
  ⇒⇒第1回目の講義は失敗をしましたので、2回目は、慎重に
    取り組みました。ですが、全体的に、あまり良い講義であったかといえば
    そうではありません。反省点の多いものでした。
    7月15日から始まります中級編にて、より一層頑張りたく存じます。


2)福岡ショップ情報局に登録、新規ブログを早速開始、

このショップ情報局に4月1日に登録し、早速告知などを始めております。
上記の同友会、福岡ビジネス協議会よりもメリットがあると感じ、
こちらに業務PRの活路を求めました。
URLは以下の通りです:
http://fukuoka.shoplog.jp/niten/

このポータルサイトは、株式会社イーハイブ様
(所在地:福岡岡市中央区天神4-8-2-8F)が開発、
展開されているものです。
弊所では、このサイトに於いて、弊所のブログを通じ、
このサイトを活用しまして、
これまで以上に、数多くの、弊所考案のサービスを皆様にご案内して参ります。

3)中小企業家同友会、並びに、福岡ビジネス協議会を退会
 ⇒会員としてのメリットをほとんど感じられず、会費ばかり支払いますので、
   辞めました。福岡ビジネス協議会様に至っては、同協議会サイトにて
  弊社業務のPRをどんどんしていたら、批判だけ喰ってしまいまして、
  吃驚しました。というのは、他者を批判するのでしたら、自分の企業も
  業務PRをすればよいからです。
弊社は、全て創意工夫で各種の業務サービスを開発し
  PRしておりますのですが、その様な努力を、自社で行わず、
他社の頻繁なるPRを批判するなどは、言語道断で、嫌気がさしました。

4) 複数のホームページ英語訳担当:
(実績リストは以下の通り)

○巡回展示会「くじらとぼくらの物語」英語サイト
 (九州大学ユーザーサイエンス機構・チルドレンズミュージアム研究会様) 
http://www.cm-kujira.jp/en/index.html

○KHサーチャー様、サイト(英語表現箇所の一部は弊社の訳です)
http://www.fukunet.or.jp/member/kk9656/

○富士産業さま・商材紹介サイト:(香川市)
*桑白皮エキス↓
http://www.fuji-sangyo.co.jp/english/product/index.html
*ニンニクエキス↓
http://www.fuji-sangyo.co.jp/english/product/garlic.html
*ニンニクエキス粉末↓↓
http://www.fuji-sangyo.co.jp/english/product/fji114.html
*カイオポ・エキス粉末↓↓
http://www.fuji-sangyo.co.jp/english/product/caiapo.html

===================================
☆ 業務展開ニュース

1)末次通訳事務所が創業10年を迎えました。

 (関連事項として)

1-a) 弊所のロゴマーク採択:

創業10年を記念して弊所では、
ロゴマークを採用し、今後これを用いる事としました。

このロゴマークは、下記の写真の通りです。
弊所のマークです:二刀流の象徴です:

【英語二刀流・ロゴマーク】



宮本武蔵は、武具の製作もしておりますが、
上のロゴマークは、その一つ「海鼠透かし鍔」から起草した図案です:

末次通訳事務所は、<兵法・英語二刀一流>を号します。
新免武蔵先生が開祖の【兵法二天一流】を英語/サンボ/将棋他の
諸面から挑みたいとの思いでの屋号です。

さて、二天一流の心を以って、弊所では、
企業の皆様が、その海外事業展開に於いて、有効な展開が
出来るために、通翻訳業務や企業向けの英語研修を執り行なっております。

弊所は、二刀流です: (これには意味があります)

英語・日本語の二刀流
通訳業務・翻訳業務の二刀流

二刀流に挑む事で、相乗効果により
それぞれ技術質を倍増して、業務に反映させて参ります。

=====================================
1-b) 記念品などを皆様に送付:(第一陣)

※私が英語訳を担当しました大相撲の冊子(2冊)について、
 これを小中高校の恩師、勤務先の元上司、門下の方々他に送付しました。
※通信講座の皆様には、記念で名作映画のDVDを送付しました。
※今後、他にも記念品を用意して、送付したりします。
※退門者の方にも送付しました(が、特に大学生の方は、礼など挨拶もなく
  残念です。そこまで礼儀をしらないのか?=その姿勢に無念さを感じます)

1-c) 記念の通信講座コースを複数も受けて展開:

*前置詞講座、トム&ジェリー他、記念講義を設けて
マーケティングも兼ねて展開中です。

*さらに、【英語語法講義】の配信を開始しました。
  ⇒⇒これは、従来の英語文法の説明や解説内容に疑問を呈し
     弊社独自見解で英語の文法の真相を解説しております。
     (ご希望者は、無料配信しますので、ご連絡ください。) 
====================================

2)執筆業務、及び、モニター活動拡大の必要性を感じる

a)執筆は、新聞雑誌へは、1000本の掲載回数を目指します。
b)雑誌に英語連載が出来る様に、動かねばならない必要性を感じました。
 今後、この方面で営業活動をしてまいります。
===================================
☆その他特記事項
A)項目のみ:

1)バイトの暢ちゃんが、2ヶ月の入院と手術

2)痛風症状が、梅雨頃連続発症し、難儀しました。体調を壊しました。

3)30年ぶりに歯科医に掛る。

B)思った事:

1)4-6月に特に強く思いましたが、 私は、間違っておりました。
  これ以上、筑豊地区と言いますか、こちらにはいるべきではありません。
  こちらの人々とビジネス感覚やその他、ビジネス展開上の
業務感覚が違いすぎます。
  私は、現在、引越しするだけのお金もままなりませんので、
  すぐには動けませんが、何とか資金面で頑張って、
はやく移転したい、移転する積りです。
  色々と都合もありましたが、
永年、こちらに留まるべきではありませんでしたね。

2)退門者や受講経験者の方に付いて:
  当該の方々には既に個別にご連絡をしておりますが、
  弊社は、受講経験者の皆様に対しても、有益と判断できる場合は、  
  資料を送付したりします。今回、大相撲の英語訳冊子もそうでした。
  弊社になんらかのご不満なりがあり、お辞めになった方もおいででしょうが、
  資料が着たら、純粋に、連絡くらいはすべきであります。
  私も、そういう事を期待しているわけでは有りませんし、
  純粋に、是迄の御礼とご報告も兼ねて、またきっと弊社の英語訳冊子が
  皆様の英語学習に有益と判断し、送付をしました。
  ウソでも宜しいですから、礼くらいは仰るべきと存じます。
  よほど、私は人望がないのでしょう。
  今後、こうした宜しく無い人望を改善できる様に、
  自分を見つめて、取り組みたいと思います。

                                       以上

【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.