創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

○英語指導者への研修内容(立川)

★2010-6/11学研さま(立川地区)研修概要と参考資料類 (by Ken Suetsugu)

◎大目的:
・Further Improve our Grammatical Knowledge for our teaching career.
・Inspire yourself as a Gakken’s certified professional English
teacher.
・Develop your excellent English proficiency and teaching skills
for your students.

◆次ぎの4つの面を織り交ぜて、研修を行います: 実践的な研修を行います。

a) 英語指導者として求められる「英語運用能力」と「必要な見識」
b) 正しく英語語法を把握し、より判り易く、より深い説明が出来る事:
・be動詞について ・「動詞と時間」の意味 / ・「第4文型」の真意/
・前置詞各種の使い分け・ it is/ it の真の意味 / ・「冠詞と無冠詞」/
・その他、盲点になる文法事項各種/
・各単語のドラマ( 例:need/ produce/ order / train / practice-practical)

c) 児童・生徒との英語コミュニケーションで大切な心得
d) 「パタン練習」を使った良い練習法の紹介と実(be動詞の練習と3単現の”S練習方法)


1) Warm-Up(英語基本の練習)
a) Tongue-Twisters(1~2つ)(上記a/b/dの各要素)
・Heaven helps those who help themselves. /
・A friend in need is a friend indeed.

b) 四則計算や、「掛け算九九」を英語で云いましょう (be動詞 isを意識させる練習として)

c) 語法クイズ:-1足が多いのはどっち?
        Which cow has more legs, a cow or no cow?

-2 youは何人?※ you の捉え方、理解のさせ方に付いて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

#1)be 動詞 と do動詞についての指導方法提案 (絵や★末尾の資料を用いて説明します)
・BE動詞の意味合いとは? ○理解の軸は、イコール(=)、
<主語+(be動詞)+【単語句】>の言い方で、

<主語と 【単語句】>が同じ人/モノを指す場合に、 主語に応じたam/is/areを用いる>

・Tokyo Tower is tall. // Tokyo Tower is a tall building.
(東京タワー=tall/ 高い建物)

・Tokyo Tower is red.(東京タワー=赤い、赤い=東京タワー)

・進行形の場合の捉え方 Taro is running now. /
            Taro is talking to his teacher.

# 2) パタン練習(「3単現のS」を体で覚えさせる練習です)(d)

# 3)英語語法の正しい把握練習 (以下 a, bに該当)
a) この文章は正しいでしょうか?
⇒ 【Police want Sumo association to shun gangsters. 】

b) Most ( ) can use the internet. 
・選択肢:the students/ of students/ of the students

c) Taro visited ( ) countries in Europe.
・選択肢:most/ most of / almost / almost of

d) Ken, do you have ( ) chalk? 
・選択肢:many/ much/ a lot of
 <このdのセリフはどんな意味合いか、映像が浮かびますか?>

e) 英語で云いましょう⇒「具合が悪いので、「うどん」も「そば」も食べたくありません」

f-1) 「水戸黄門は九州に来た事がない」⇒
f-2) 「10年前に、中国に行った事があります」⇒

g)「動詞についての正しい理解」:
・動詞は何でも他動詞である// 心が動く意味の動詞は他動詞 
・名詞であっても動詞で使える単語が多い(道具や手段の名詞は動詞になる)

#4)動詞&時間の関係> 
重要点<1動詞は[現在形]というだけで⇒   >
2 [過去形]は⇒

a. I get up at 6:00 a.m. (真の意味合い⇒                             )

※ always と often についての正しい理解
I often get up at six in the morning. と
I always get up at six in the morning.との違い:

b) Birds chirp. / Cats sleep well. /
Cats often loam. / Our dog barks well.

<以下の例文は、英語の物語(宇宙飛行士の話)と(ガチョウの習性の話)から>
・The earth looks really beautiful against dark space.


・On the earth, we enjoy fishing for fun.


・ Have you ever watched a mother goose with her baby geese? Never?
When the mother goose begins to swim, her baby geese begin to
follow her.


c) My father was a policeman. (裏の(真の)意味合い⇒


d) I have just finished my homework. の(真の意味合い)⇒

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#5)it/ it is について
(天候や時間、形式主語/形式目的語の場合の it/ it is の意味合い
・It’s fine today, isn’t it?
・I found it very difficult to talk my father out of smoking.
・It is Mr. Tanaka who told us a wrong fact.

#6)第4文型の真意: <主語+動詞+相手+対象物>
※Mother wxggwxed me a lot of delicious cookies. の意味とは?⇒
・Our teacher gave us some advice on our future jobs.
・Ken will teach you how to use the internet.

#7)This is apple. について(これは、語法上、間違っているでしょうか?)

※名詞は、無冠詞になると⇒
・My children usually go to school at 8 a.m.  
We’ll have to go to work by eight tomorrow morning..

・Let’s go there by car or bus!!
(I came to school in my mother’s car today. )
「食物は我々の生活に必要です」⇒
「当店には、色々な食糧がございます」⇒
「馬は役に立つ動物です」⇒             
「リンゴは体に良い」⇒


#8)誤用されやすい前置詞の正しい使い方 1 [正しく前置詞を把握しましょう]

・の≠ of について:日本語の「の」は、英語ではofではありません!

with/by/ to/of 他の意味合い
With ⇒         
by⇒
of ⇒          
to ⇒

・日本人はお箸で、ご飯を食べます⇒ Japanese eat meals ( ) chopsticks.

・お寿司は、手で食べて下さい⇒ Please eat this sushi ( ) hand.

・ピアノに合わせて、皆で歌を歌いましょう。⇒Let’s sing ( ) the piano.

・私は学研社の社員です⇒ I’m a worker ( ) Gakken.
             I work ( ) Gakken.

・田中さんは高校の先生です⇒ Tanaka-san is a teacher ( ) a high school.
Tanaka-san teaches ( ) a high school.

・台所に通じるドア  the/a door ( ) the kitchen
・事業成功のカギ   the key ( ) success in business
・私のアパートのカギ   the key ( ) my apartment
・質問の答え   the answer ( ) the question
・この赤い箱のフタ the lid ( ) this red box
・いろは商事の社長  the president ( ) IROHA Trading
・福岡高校の校長先生 the principal ( ) Fukuoka High School

・福岡高校に異動も無く長年いる先生や名物先生
  the teacher ( ) Fukuoka High School

・母(と)の問題   a/the problem ( ) my mother.

※夏目漱石の本(1冊) 使う前置詞で意味内容が変わります:A book ( ) Soseki. 

1.夏目漱石が書いた本  2. 夏目漱石の人となりを紹介した本 
3.夏目漱石が終生大切に持っていた本
4.夏目漱石の作家としての評価本
5. 夏目漱石を批判した本 6.夏目漱石に捧げる本

=========================================
#9 単語のドラマ その他 [口頭説明 & 別紙資料ご参照]

・使役動詞について:make/ let/ have

Let:  My mother let me go there.  <let の意味⇒

Make: My mother makes me study for two hours every day.<makeの意味⇒

Have: I have my secretary to send some e-mails to the clients.
   <haveの意味⇒
I had my son to go and buy the book yesterday.

・数えられない名詞についての正しい理解(furniture/baggage)

★日本語感覚では「数えられる」と思われていますが、
じつは英語では数えられない名詞が多数あります:
baggage, clothing, furniture, equipment, homework, machinery,
mail(郵便物), chalk、merchandise(商品一式), postage, slang などです。
こうした単語の具体的な捉え方をお見せします。  



====================================

○ いわゆるBE 動詞と DO一般動詞の区別、使い分けの指導について


★(指導法一案資料) by Ken Suetsugu

1> be動詞(am/is/are)を理解させる説明方法
★ am/is/are は、<同じモノ> という言葉、算数の=(は・イコール)と同じ。
★ am/is/are は、です、ます という意味ではなくて、【同じ人・モノ】という意味
★ am / is/ areは、人数やモノの数も云っています: am/is は、1人、1つ
                          areは、2つ、か それ以上
I  am 私(1人)は、つまり、~~(と同じです)。

You(1人の目の前の話し相手& 2人以上の目の前の話し相手) /

We / They are (数は2つ/2人以上

He/ She / It / This/ That / is (数は1人、1つ)

2>パタン練習:主語に応じたbe動詞を覚えさせる練習 (主語とbe動詞の対応表):


基本文: I am Ken :キュー(変更命令)

You / My father / My brother / My friend/ Your father / Your brother /
He / His father /His brother / Her father/ Her brother / Her friend/
Our father / Our friend / Their father / Their friend / I

3> 穴埋め問題による学習
「僕は、タナカ・ケンです 」:I ( ) Ken Tanaka. is/are/have/am/
解説例> 【僕=ケン】なので、そして、僕(自分の事=I)なので、am

「君は、僕の友達です」: You ( ) my friend. is/have/am/are/
 ⇒【君(あなた(目の前の話し相手))=僕の友達】 なので、
そして、目の前の話し相手なので、are

「僕は犬を1匹、飼っている」: I ( ) a dog. am/are/have/is
⇒ 【僕=犬】ではないので、am/is/are ではない! have
 
「私は、バナナが好きです」 I ( ) bananas. am/like/are
⇒ 【私(自分)は=バナナではない】ので、am/is/areではない。like ~が好き、
という言い方をする

「私たちは学校へ行きます」We ( ) school. are/am/is/go to/ have
⇒【私たち(we)は、学校ではない】ので、go to

「太郎と花子は、背が高いです」 Taro and Hanako ( ) tall. have/am/is/are/like
⇒太郎と花子と2人だし、<太郎&花子は=背が高い、・背が高いの人=太郎&花子>なので、are
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4>【3単現の”S”(での表現)】を体で覚えさせる練習:

基本文: I have my books with me. :

第1段階:キュー⇒ you / He/ She/ We/ They/ Taro / Ken/ Hanako/ Kaori /
Your father/ Your parents / Your mother/ Your friends/
    Their mother/ Our bothers/ His family/ Her sisters/
The students/ The girls / None of the girls/ One of the girls
Taro and Jiro / Taro and I/ Three of us/ Some of us/ One of you

第2段階キュー⇒ 
⇒Questionと云われたら疑問文へ/Negative⇒否定文へ/Normalは普通に戻す
肯定文、疑問文、否定文を交えて、主語を色々と変えて、何度も云いましょう。


ご参照ください。ご質問は何なりとどうぞ。
【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.