126211 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヒビブロ

2007年06月07日
XML
カテゴリ:映画
『夕凪の街桜の国』の試写会があたって
行ってきました。

原爆が投下されたヒロシマを描いた作品。
と言っても、直接戦争を描いているのではなく
13年経った広島と、その後から現在の広島の話。

被爆によって心にも身体にも大きな傷が残る。
それは、戦争中だけの過去の話ではなく
現在も続いている。
被爆者は傷ついた被害者であると同時に
ヒバクシャとして差別の対照となっている。

戦争中の描写が殆ど出てきてはいないが
それがより、リアルな感覚を突きつけてくる。

被爆し13年経った広島で、
皆実が語る言葉が非常に重い。


憲法9条改正案など
日本もまた、危うい方向に舵を取ろうとしている。
改正して一体どうするというのだろう。


映画で公開されるけれど、
原作の漫画が、また素晴らしく心動かす作品なので
是非おすすめしたい。
ってか、読め!








最終更新日  2007年06月09日 20時27分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事


PR

X

フリーページ

カテゴリ

プロフィール


○nitti○

カレンダー

バックナンバー

2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.