518160 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

●世田谷区の会計事務所で会社設立●

PR

プロフィール


●さすらいの節税人●

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

東京都練馬区 社会… 代書屋sr▼・ェ・▼さん
<ししぃの館> Sissi@管理人さん
2007年06月29日
XML
アンコールワット
↑アンコールワットです。一生に一度は見ておきたいですね(^^)航空写真はこれ

さて6/25は混乱の一日でした(--ゞシェムリアップ(アンコールワットの地元)に行く飛行機にのるため、宿を出発したのが6時。すいすいとハイウェイから、早朝のスワンナプームに到着。(このころ7時くらい)今回乗るバンコクエアウェーズはリコンファームが必要なため、前日のうちに電話:66 (02)2655555(BKK-OFFICE)で済ませておきました(^^)v

チケットをもらってチェックインする(出発まであと30分)・・すると、出国審査が

怒濤の行列

ブースから人があふれかえっている状態。搭乗券には「15分前にゲート閉まります」と、無情なメッセージ。だれがどう考えても、間に合わない状況でした(T_T)前に中国人のツアー団体がいたので「すいません、8時の飛行機に乗るので先に・・」といおうとしたら、「俺達は7時50分の飛行機だ」とあっさり却下。タイムリミット10分(T0T)かなりやばい。やっと順番がくると、こんどは「ディパーチャーカードを預荷物にいれてしまった」と、メンバーの1人が・・・「終わった」(--;)正直、その瞬間おもいました。するとタイのイミグレのお姉さんから、「これ書け」といわれて新しいディパーチャーカードを渡されました。パスポートとディパーチャーカードを奪取すると、1分を切る速記でカードを書いてお姉さんに返す。「Is it All right?」と、血走った目つきでみると「お・・O・K」そのまま出発のEゲートまで、広大なスワンナプームを走り回りました。(映画「ダイハード」マクレーン警部の気持ちが痛いほど分かりました)搭乗手続はすでに終わっていたようでしたが、バンコクエアウェイズの係員にいうと、無線で連絡とってもらってどうにか乗れました(--;たぶん会計士やめても、ツアコンで喰っていけるな

あとは、まったりと飛行機でカンボジアに向かいます(--;)ヒーヒー
シェムリアップ空港
約1時間のフライトで、シェムリアップ空港に到着。カンボジアは到着時にビザが取れるので、20$だしてビザ申請。待っている間、入管係員から「オー!ジャパニ!いい扇子もってるねー!1$で買うよ!!」と、もちものを欲しがってきます(--#)売り物じゃないつーの!余談ですが、ビザ発行に写真(3×4cm)が1枚いりますが、ない人は2ドル払えばOK(わざわざ証明写真とるより、こっちのほうがトクですね(^^ゞ
(「100均で扇子を買っていって入管で売れば、モトとれるんじゃないか?」と発案した人あり)
現地のホテルから手配されたバンでとりあえずチェックイン。ホテルは、国道6号線とシヴァタ通りの交差点近アンコールスターホテルです。ホテルに向かう途中、運転手さんが「俺をガイドにしてくれ$35/日だ」というので、とりあえずOK。ホテルでチェックインをすますと、そのままアンコール遺跡見物に出かけました。
カンボジアのドライバー
かぁわぐちぃ~ひろしわぁ~♪♪(--ゞ古い
ドライバーのHENN VANNAKさんです(^^)日本語OK
私(=丹羽)あてに連絡もらえれば、彼の電話番号とE-MAIL教えます

タプロム
まずはタプロム遺跡といって、気の根っこが遺跡にからまったところ。このころはまだ余裕(^^)vタプロムから、テラスタイプのレストランで昼食を取ります。この移動の間に、地元のガキンチョが「ミスター!1こ1ドル!」としつこく物売り攻撃。これをかわしながらレストランにむかいます。
(なお、カンボジアでは普通に米ドルが使えます。1ドル未満は現地通貨リエルでもらえますが、日本での再両替はできません(^^ゞ

さて、いよいよアンコールワットです(^^)
アンコールワットの階段
第一第二回廊は何ともないのですが、第二から第三回廊にかけてが、かの有名な「地獄階段」角度70度の壁のような階段を、はいつくばるように上ります。猛烈な炎天下の中、拷問に近い状態です(^^ゞまあ頂上からの眺めは素晴らしいですけど。
登りよりもっと怖いのが下り(^^ゞ崖みたいなところを、手すり一つでおそるおそる降ります。あの恐怖は繰り返したくありませんね(--;
アンコールワットレリーフ
頂上には、こんなレリーフもありまして、猛暑のなかゆっくりしました(==;

バイヨン遺跡
最後に、アンコールトムのバイヨンを見て終わり。炎天下で地獄のような遺跡見学でした。

さて、遺跡見学のあとはアンコールモンディアルレストランで14$のバイキングでクメール舞踊を見物。(^^)いやいや、唯一マトモな食事ですな(写真でおみせできないのが残念)

その後、バーストリート(車で5分くらい)に運転手さんに案内してもらって、21:30くらいまでレッドピアノ(【その1】参照)で飲んでおりました。途中、客が急にすくなくなったので「何かヤバイ」とおもい、現地トゥクトゥクを3$でひろって帰ってきました(--;バンコクより高いのは納得いかん。ほかの人たちは、ホテルでマッサージをうけておられたようです(^^)戻ってからは、コンビニでシンハビールを購入(0.5$!激安)コンビニのレジは、US$表示とリエル表示の二本立てになっていて、2.5$のところを間違えて11$(下に11,000リエルと表示)払いそうになりました。なんだかんだいってシェムリアップの夜は、更けていきました。
アンコールスターホテル
結構いいホテルでしょ?(^^)泊まったところ
アンコールスターホテル
(--ゞ部屋は少し散らかしてしまいました







最終更新日  2007年07月09日 20時21分41秒
[愛らんど・タイランド] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.