528055 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

●世田谷区の会計事務所で会社設立●

PR

プロフィール


●さすらいの節税人●

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

東京都練馬区 社会… 代書屋sr▼・ェ・▼さん
<ししぃの館> Sissi@管理人さん
2007年10月14日
XML
カテゴリ:会社の税金
商業登記で気をつけたいひとつが、社長交代。代表取締役が交代するとき、いままでの代表取締役がそのまま会社も辞めてしまうと、けっこう登記が大変になります(^^ゞ

なぜなら、取締役全員の印鑑証明書が必要になるからです(@_@;)
外資系の日本現地法人の場合は、さらに大変。外国人の取締役について大使館の署名証明書が必要になります。

・・そこで、まあ些細な裏技をお教えしますと。代表取締役が辞めた後も、平取締役にとどまる場合は、新代表取締役の印鑑証明書で足りるという規定を利用して、いったん代表取締役を交代をしたあと、代表取締役は平取締役に降格して、1日ズラして平取締役もやめるふうにすれば、印鑑証明書は新代表取締役のもの1枚で足ります(^^)たとえば

 ●月1日  小平大介さん代表取締役辞任
       大平小介さん代表取締役就任
       小平大介さん取締役辞任

・・これはよくない例。取締役全員の印鑑証明書が必要になります。


 ●月1日  小平大介さん代表取締役辞任
       大平小介さん代表取締役就任
 ●月2日  小平大介さん取締役辞任

こんな感じにすれば、印鑑証明書は大平小介さん一通でOK(^^)ちなみに登記の印紙代も上とおなじ1万円ですみます。

ちょっとしたテクニックですが、いざこういう局面に遭遇したら利用してみるのもいいですね
(^^)ではでは






最終更新日  2007年10月14日 21時50分13秒
[会社の税金] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.