519075 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

●世田谷区の会計事務所で会社設立●

PR

プロフィール


●さすらいの節税人●

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

東京都練馬区 社会… 代書屋sr▼・ェ・▼さん
<ししぃの館> Sissi@管理人さん
2008年06月24日
XML
ウィンクどうも!NIWAです

海外旅行するときに困るのが連絡手段しょんぼり

いまは国内の携帯電話もイタリアでそのまま使えますが、
いかんせん通話料が高いですね号泣

それにインターネットもしたいところです

そこで、現地の携帯を使っちゃいましょう!大笑い

用意するものは、つぎの二つ

 ・SIMフリー携帯
   安値サイトを探せば5000円くらいでGSM対応の
   携帯を廉価販売しています。一つあれば、たいていの
   国に対応しています。

 ・海外SIM
   海外の携帯は、日本とちがってプリペイド方式が多いです。
   SIMカード(以下)というプリペイドカードを購入します。
   イタリアでは、TIMという会社がいちばんメジャーです。
 
tim

   これに付属しているICチップ部分を切り離して、SIMフリー
   携帯に差込めば現地仕様の携帯として利用できます。

  ※どちらも日本で事前に用意しておいたほうがいいです。
   携帯は現地で買うとアフターサービスが受けにくいですし、
   SIMカードは売り場が少ないです。

さて、通話は普通の携帯とおなじです。
日本への通話は、1.5ユーロ/分 とさほど割安感はありません。
ただしイタリア国内間での通話は、0.15ユーロ/分と割安です大笑い

レストラン、ホテル、航空会社との連絡はもちろん
トランシーバーとしても活用できますね

さてここから応用編ウィンク

じつは、TIMはインターネット機能(GPRSといいます)が付属しています

設定がかなりむずかしいのですが、私の携帯(M1000)では
以下のようにしたらうまくインターネットに接続できました

 アカウント名:TIM    ベアラ:パケット
 APN;IBOX.TIM.IT   POPタイプ:IP
 IP/DNS:(いずれも「自動取得」)
 プロキシ:(設定しない)
 その他:PPP圧縮→する PPP認証→PAP 発信者番号通知→システム

おかげさまで、M1000で毎日メールチェックできました。

ご参考までにウィンク

むしろリチャージのほうが難しいかもしれません。

リチャージカード自体は、タバッキ(現地の雑貨屋さん)に
行き、20ユーロ札だして
「TIM リカリカ ペルファボーレ」
 といえば入手できます。(リカリカ=リチャージカード)
右下を削ると、リチャージ用16桁番号がでてきます

しかしここで難問が・・・・携帯から聞こえてくるアナウンスが、
イタリア語号泣

「たぶんこうじゃないか・・」と試行錯誤してうまくいった
リチャージ手順をご紹介します。

1)4916に通話
2)(おそらく「いまの残高は×××ユーロ」とアナウンス)
3)しばらく聞いていると、
  「・・・ウーノ!、・・・デゥエ!・・・トレッ!」
  と、イタリア語で番号読み上げ開始します。
  ここで、「2」を押します
4)また番号読み上げが始まりますので「4」を押します
5)また番号読み上げが始まりますので「1」を押します
6)ここで、無音状態になります。
  リチャージカードのスクラッチを削ってでてきた
  16桁の番号をいれます
7)入力した16桁の番号が、イタリア語で機械的に
  読み上げられます
8)最後になにかイタリア語でアナウンスがありますので
 「8」押して終わり
9)無事チャージできたらSMSが届きます
  ないしは、電話をいったん切って*121#を
  押せばシステムが残高を通知してきます

勇者はチャレンジしてみてくださいウィンク

ウィンクでは!

ブログランキングバナー←ぽちっとお願いしますスマイル

さりげなくトレビの泉ですスマイル
トレビ






最終更新日  2008年06月24日 14時21分43秒
[伊太利亜(イタリア)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.