000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

●世田谷区の会計事務所で会社設立●

PR

楽天プロフィール


●さすらいの節税人●さん

世田谷で会計事務所経営しとります

フォローする

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

東京都練馬区 社会… 代書屋sr▼・ェ・▼さん
<ししぃの館> Sissi@管理人さん
2012年12月14日
XML
テーマ:船舶免許(3)
カテゴリ:船のある生活
先日、小型旅客安全免許をとってまいりました。スマイル

なにやら一般の人にとっては見慣れない単語ですが、小型船舶でお金とってお客さんを乗せるときに必要な免許です。(通称:特定免許)これがあれば渡し船も営業できる。いわば小型船舶の2種免許です大笑いといってもおそらくやらないでしょうけど

まあ本音をいうと、自己研鑽の一環みたいなもんです。いまの小型船舶免許制度では資格制度が簡略化されすぎまして、人命救助や航海術は「あんたら勝手にやってよ」状態になってます。スマイル旧船舶免許の時代はみっちり人命救助をやったらしいのですが、規制緩和というやつでしょうか。お客さんを乗せるとするとチョット不安ですよね。そこで安全講習を集中的にやる旅客免許を取るに至ったわけです。

というわけで、朝っぱら(9時)から横浜の教育機関にいってまいりました。

免許とはいえ、別に試験はありません。ただ講習うけておわり。スマイルいたって簡単にとれます。

しかし講習内容は充実!びっくり

 ・救命訓練 ・救命いかだ体験 ・船の転覆防止法 ・船の放棄

など、フツーの小型船舶免許では習えないプラスアルファが習えます。教官は海上自衛隊の艦長だった方「海のおとこ」ですね~スマイル

講義で印象にのこった知識を、ちょいといくつかかいときます。(備忘録がわり)

たとえば、船を放棄するときは「予備浮力」というのがキーになるそうです。火災がおきて水をじゃぶじゃぶ入れるとだんだん浮力がなくなって、さいごジャボンとしずんでしまうポイントがあるそうです。(過去の例ですが)紀伊半島の沖で中国船が火災おこしたとき、海上自衛隊の船が放水しようとしたとき船長が「ノー」のサインをしたそうです。これによって尾鷲まで曳航して沈没を免れたそうです。スマイルためになりますね~

救命の実習もやりました。人形つかって人工呼吸です。スマイルよく人工呼吸でけが人の胸を押す作業をやりますが、ここでのポイントは「みぞおち」を圧迫してはいけない。剣状突起という骨が突出している箇所があるらしく、ボキッといくそうです。

うーん奥が深い旅客免許スマイル

最後に教官が「このなかで旅客船の営業する予定の方いますか?」と聞いたところゼロ。一般免許にくわえて、安全知識もマスターしておこうというモチベーションの高い人たちでした。(自分もふくめて)大笑い

ウィンクでは!





新規会社設立税務会計顧問業務相続税(申告・対策)
社会福祉法人会計(新会計基準対応)マンション管理組合
医療法人会計学校法人会計宗教法人会計NPO法人会計







最終更新日  2012年12月16日 20時46分16秒
[船のある生活] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.