000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

●世田谷区の会計事務所で会社設立●

PR

楽天プロフィール


●さすらいの節税人●さん

世田谷で会計事務所経営しとります

フォローする

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

★ブログ再開! 大山… 代書屋sr▼・ェ・▼さん

<ししぃの館> Sissi@管理人さん
2014年05月09日
XML
カテゴリ:事務所日記
スマイルなんかブログに書くのもえらいひさしぶりですが、
今日は事務所で30分ほど従業員のみなさんのお時間をいただいて
コンプライアンス研修をおこないました。

内容は、
・犯罪収益移転防止法 ・東京都暴力団対策条例 
・職務上請求書 ・その他事務連絡


犯罪収益移転防止法というのは、俗に言うマネロン防止法という
やつでして、麻薬や売春で稼いだ犯罪収益を勝手に会社つくって
そこに隠さないように「必ず本人確認してねっ!」という金融庁さま
からのありがたいお達しのことです。

弁護士泣かせで差押に強い一般社団法人制度というのができまして、
(くわしくは近所の法律家の人にきいてください)

国も相当神経とがらせているんでしょうが、我々しがない
町中の事務所も法律遵守しなければならないので一応研修しました次第です。

東京都の暴力団対策条例は、「暴力団(および関係者)と取引したら
あかんよ!」というマスゾエさんからのこれまたありがたいお達しで
いちおう、暴力団関係者でないということを記入するフォームを私が
こしらえて従業員に新規に取引するときは「必ずチェックしてねっ!」と
励行させる次第であります。(あー めんどくさい)

実は先般当事務所は行政書士登録しまして、行政書士会の研修でしつこくいわれたのが
職務上請求書の不正使用に気を付けましょう」というもの。税理士や行政書士は
職務上請求といって戸籍・住民票を依頼者にかわって取得できるんですが、
これがよく心ない同業者によって不正取得されるという事件がおきてます。号泣

戸籍というのは個人情報の宝庫でございまして、離婚歴・養子縁組(解消)
・出身地・国籍・・・が、わかってしまい興信所などの調査に情報が流れてしまう
事件があるようです。(この話はまた別の機会に)

そんな不祥事のないよう、士業はその業務目的にしたがって、本人の了承を
うけたうえで、必要最小限の戸籍の請求をおこなうというタテマエがあるのですが
念のためこれを従業員各位に教えた次第であります。うちの事務所では、
職務上請求書用紙は私以外出し入れできない鍵のかかる場所においてある
ので、大丈夫だとおもいすけどね。

ここではいえませんが、行政書士と税理士ではだいぶ職務上請求書の取り扱いが
ちがうようで若干おどろいておりますびっくり

みなさまの個人情報を扱う仕事ですから、このへんの意識はつねにもっておきたいですね

と、キレイにまとまったところで 失礼しますウィンク

ウィンクでは!





新規会社設立税務会計顧問業務相続税(申告・対策)
社会福祉法人会計(新会計基準対応)マンション管理組合
医療法人会計学校法人会計宗教法人会計NPO法人会計|建設業許可|






最終更新日  2014年07月14日 16時58分36秒
[事務所日記] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.