536221 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

●世田谷区の会計事務所で会社設立●

PR

プロフィール


●さすらいの節税人●

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

東京都練馬区 社会… 代書屋sr▼・ェ・▼さん
<ししぃの館> Sissi@管理人さん

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

愛らんど・タイランド

2012年09月08日
XML
 懇意にさせていただいておりますレスリング協会の役員さんの随行で木曜までタイのパタヤにいっておりました。スマイル

 試合結果はこちらでございまして、日本チームも健闘したようで喜ばしい限りです。大笑い

 役員さんがどこか案内してくれというので、とりあえずバンコクの中華街で300Bのフカヒレにご案内。チャトチャックの週末マーケットで値引きの手伝い。その後携帯忘れたというので、MBKで買った850BのデュアルバンドのNOKIAをプレゼント。パタヤでは、ゴルフ場の予約でゴルフをエンジョイしていただきました。さらに最終日にはソンテウ(タイのピックアップトラック)に乗せて宿に帰還という、ちょいとかわった志向で喜んでいただけた旅になりました。大笑い





スマイルさて、今回も恒例の海外人柱企画スマイルマレーシアにつづきタイでもスマホを使ってまいりました。どうにか成功したので、備忘録がわりに設定法をつらつらと書いておきます。

 
スマイルまずはSIMを買いましょう。

AIS
これこれ、このマークが目印スマイル

 わたしは、このAISのSIMを使いました。SIMカードはMBKで売ってました。スマイル(50Bの通話料つきで100B)

 以前はタイ旅行といえばコレの1-2-CallなるSIMが幅を利かせていたんですがTRUEという新興携帯電話会社か伸してきたみたいで、若干影がうすくなってました。

 こいつをいつもどおりSIMフリースマホにいれて、ごちゃごちゃ設定するわけです。

 どうもこの前いったときとちがってパケット使い放題やめているらしく・・

3G Package 3G/EDGE/GPRS 150MB 150THB
 このプランを使うには、*133*21# にダイヤル
3G Package 3G/EDGE/GPRS 1GB  350THB
 このプランを使うには、*133*22# にダイヤル
3G Package 3G/EDGE/GPRS 2GB and WiFi Unlimited 550THB
 このプランを使うには、*133*23# にダイヤル
3G Package UNLIMIT 3G/EDGE/GPRS 2GB and WiFi Unlimited 799THB
 このプランを使うには、*133*24# にダイヤル

 というふうに使用量に応じたパッケージになってます。スマイル

 うーん日本よりも早くパケットの流量制限設定してるって感じですね。号泣むかしは1日・1週間・1ヶ月で使い放題だったんですが・・それに料金高くなってるし号泣

 どのプランを使うかその人それぞれだとおもいますが、ご参考までに私(グーグルマップ+メールチェック+ブラウザで調べモノくらい)についていえば、40MB/日くらいパケット消費してました。スマイルテザリングやパソコンに仕込んでごちゃごちゃやりたい方は、もうちょい消費量を多めにみつもっておいたほうがいいでしょうねスマイル

 さてスマホ側の設定は、こうしてください。スマイル

 APN:internet Username: (不要)Password: (不要)
 MMSC: mms.mobilelife.co.th MMS Proxy: 203.170.229.34:8080


 おそらくこれでスマホ使い放題環境になるとおもいます(保証はしませんが)スマイル

 ちなみにパケット残高は、*139#で確認できます。

 WifiつきパッケージをえらぶとAISのWIFI電波が飛んでいるところで*389#をおせば、IDとパスワードがおくられてきてWIFIでより快適なネット環境が実現できますよ大笑いRazikoでも仕込んでおけば、海沿いのバーでJWAVEを聞くとか乙なこともできます。

 デフォのSIMチップでは50THBしか残高がありませんので、チャージ(現地ではTOP・UPという)する必要があります。スマイル

 やりかたは簡単で、そこいらにあるセブンイレブンにいって「AIS トップアップ **バーツ」といえば、お金払ったあとにレシートをくれます。

 そのレシートの真ん中あたりに書いてある16桁の番号を使って

 *120*(16桁の番号)#  でOKウィンク

 携帯の通話残高は*121#で確認できます。(日本に留守電チェックするとだいたい20THB/回ほど消費号泣スカイプ使ったほうが安いです)

 というわけで、マレーシアのスマホ環境>>>タイのスマホ環境 という結論で終わりにしたいとおもいます。(あまり結論になってないか)号泣

ウィンクでは!





新規会社設立税務会計顧問業務相続税(申告・対策)
社会福祉法人会計(新会計基準対応)マンション管理組合
医療法人会計学校法人会計宗教法人会計NPO法人会計






最終更新日  2012年09月21日 17時53分29秒
2009年11月27日
テーマ:海外旅行(5240)
今回、私が泊まったホテルはこちら
AIYA RESIDENCE
AIYA RESIDENCE というホテルです。

場所はBTSウォンウェイヤイ駅から歩いて15分くらい。
写真はよさそうですが、部屋は日本でいう民宿レベルです。

1泊1900円くらいだから、十分許せますが大笑い

ちなみにこのホテル、マンスリー契約もしてます。
9000B(約2万7千円くらい)で1ヶ月借りられますので、
学生さんなどがゆっくり夏休みを過ごすにはいいかもしれません。

さて今回は、町歩きがメインでした。

最初はホテルからBTSにのって、サパーンタクシン駅で下車
そこからフェリーに乗り(18B)、ターティェンという船着き場で降りて
ワットポーに入ります(50B)。

そこで「本格マッサージ」を受けました。(30分200Bくらい)

ワットポーは、マッサージの教習所みたいなところがあるらしく
シーロムによくあるMPのようないかがわしいモノではなく、
日本のそれに近いです。(ただし値段は倍くらい)

さてマッサージをうけてスッキリしたので、次にトゥクトゥクを
利用してカオサンにいきました。
チャオプラヤエクスプレス

余談ですが、トゥクトゥク値上げしたような気がします。
いつも何台かとめて交渉しつつ相場を探っているんですが、
いつもより値段が下がらないので値上げしたっぽいです。

さて、カオサンは相変わらずけだるい空気とお祭り状態が支配しており、
あんまり居心地がいいものではありません。
kaosan

ここは混んでいる店とすいている店の差が一目瞭然。
混んでいる店に入れば、ボッタクリなどの危険はまずありません。

で、立ち寄った名も知らぬバーで
シンハビール(大瓶)を2本ほど頂戴しましたぺろり

その後は、先日ご紹介した15番バスで
シーロムに移動、そこにある竹亭さんで腹ごしらえ

竹亭

竹亭さんといえば、カオサン通りで有名でしたが
いつのまにかシーロムにも出店していたのでビックリでしたびっくり

一人でいったので店長さんといろいろ雑談させていただきました、
気さくな方ですのでみなさんもぜひいらしてくださいウィンク

内装はこぎれいな日本料理店で、名物のカツ定食を頂戴いたしました。

その後パッポン通りに移動

ゴーゴーバーに行くつもりはなかったので、露天のバー
(行きつけですが名前忘れました)でウォッカ(110B)を
のんで外人の人と笑談

そこからブラブラと、バンヤンツリーまで歩いていきました。

とくにオススメだったのが、ここ
VERTIGO
バンヤンツリーホテルの屋上にあるバーVERTIGOですスマイル

わたしはシーロム通り方面から
歩いていったのですが、結構距離がありますし
奥まったところにあるため分かりづらいです。

タクシーかトゥクトゥクで行った方がいいです。

レストランとバーとありますが、腹ごしらえはして
きたので迷わずバーを選びました。

やはり飲み物は全般的に高いですが、
いちばん安いのがローカルウイスキー「メコン」の
ソーダ割り(110B)これを2杯のんで
お通し代とチップ込みで400B(1200円)くらい
支払いました。(まあ無難な金額でしょう)

屋上だけあって、若干肌寒いのと
あと短パン禁止(いわゆるドレスコードですね)が
あるのでズボンの無償貸出をうけました。

なにか飲んだ記憶しか残っていないのがお恥ずかしい・・


ウィンクでは!

ブログランキングバナー←ぽちっとお願いしますスマイル



新規会社設立税務会計顧問業務相続税(申告・対策)
社会福祉法人会計(新会計基準対応)マンション管理組合
学校法人会計宗教法人会計NPO法人会計



週末バンコク!






最終更新日  2009年11月27日 09時44分10秒
2009年11月26日
テーマ:海外旅行(5240)
バンコクの街角に立っていると、
目立つのがこの路線バススマイル
路線バス

料金も安い(7~18B)ので、
これを使うとかなり安く足の確保ができます大笑い

しかし路線がごちゃごちゃしていて、
何番のバスにのったらいいかわかりにくいですよね?

そこで利用したいのがこの本
DACO
DACOのバンコクバス路線図

日本で購入を忘れても、バンコクISETAN
(BTSチットロム駅近く)の4階にある紀伊国屋で
ゲットできます(120B)

これさえあれば、バンコクを縦横無尽に制覇できます大笑い

乗り方はカンタンで、20B札を車掌に出して
行き先をいえばオツリをくれます(タイ語が出来なくてもOK)

路線バスに乗るとツアーバスでは決して体験できない、
バンコクの「素顔」がみえてきますスマイル

個人的にオススメなのが15番バス

 シーロム通り→エラワンプーム→サイアム・MBK
 →仏具屋街→民主記念塔(カオサン近く)→王宮前広場
 →ワット・ポー→王宮


と、観光的にもオイシイ地域を回ります。(本数も多いです)

民主記念塔周辺は、電飾していることがおおいので
夜のバスからの眺めは感動モノです

ウィンクでは!

ブログランキングバナー←ぽちっとお願いしますスマイル



新規会社設立税務会計顧問業務相続税(申告・対策)
社会福祉法人会計(新会計基準対応)マンション管理組合
学校法人会計宗教法人会計NPO法人会計



もっと好きになっちゃったバンコク






最終更新日  2009年11月26日 11時00分24秒
2009年11月25日
テーマ:海外旅行(5240)
連休を利用して、久々にバンコク
いってまいりました大笑い

私はSIMフリー携帯を現地で使って
通信費(留守電チェック・インターネット)を
極力抑える方針でいってます。

で、タイで使ってるSIMはコレ
SIM
AISという会社が出している one-2-call という
ブランドです。

(実はこのSIM過去にも購入しているのですが、
システムがちょっと変更になったっぽいので
備忘録代わりに書いておきます。)

1)SIMの購入

ゲットのしかたはカンタン

スワンナプーム国際空港の到着ロビーに売っています
(深夜到着でしたが、開店してました)

店員がすすめていたものには、SIM本体と事前に100B
チャージしてあるものと事前に200Bチャージして
あるものがありました。

とりあえず前者を買いました(たしか199Bくらい)

2)開通作業

いぜんは開通作業が必要だったのですが、
こんかいはそのまま渡されました。(不要になった?)

3)GPRSパッケージ

私の携帯は、ブラウザのほかに
PCメールのチェック機能がついているので、
これを利用しない手はございませんスマイル

ということで、おとくなGPRSパッケージ
申し込みました。

申込み方法はカンタンで、携帯から*138に電話する
→英語を選択(1)→「1日定額」「一ヶ月定額」とあるので、
「1日定額」を選択しました。

(ちなみに以前とくらべると、かなり値上げしたっぽいです号泣

4)リチャージのしかた

バンコク市内、至る所にあるセブンイレブンにいきまして、
(たとえば100Bチャージしたい場合)
「トップアップ ワンツゥーコール 100B」といえば、
だいたい通じます。

100Bはらうと、16桁の番号がかいたレシートを
店員が渡してくれますスマイルこれが暗証番号

   *120*(16桁の暗証番号)#

と、電話をかけると料金がチャージされますウィンク

5)残高確認

 *121#にかければ、SMSで残高が送られてきます。

みなさんもぜひチャレンジをスマイル


ウィンクでは!

ブログランキングバナー←ぽちっとお願いしますスマイル



新規会社設立税務会計顧問業務相続税(申告・対策)
社会福祉法人会計(新会計基準対応)マンション管理組合
学校法人会計宗教法人会計NPO法人会計



[優良中古]NOKIA Softbank X02NK ストームブルー■税込■【白ロム携帯電話】 【 中古パソコン イオシス 】






最終更新日  2009年11月26日 11時15分03秒
2007年09月24日
去年タイ・ビルマ国境をみに行ってみたのですが(デジカメの日付はズレてますあしからず(^^ゞ、そのときの話。

当時、チェンマイで時間をもてあましていたところ、国境メーサイ市)行きのバスがあったので、おもしろいから国境体験のため乗ってみました。
チェンマイのバス停
このバス停では、待っていた午前8時に国歌が大音量で流れて全員起立(^^ゞ最初何かとおもいましたが、タイでは8時と18時に国歌が公共機関で流れて、その間タイ人外国人問わず全員起立しないといけないらしいです。(起立しないと逮捕されることも!)

バスの車窓(タイ)
そして、こういう感じのタイの田舎道をのんびりとエアコンバスで走っていきます。タイの国道はおもしろいもので、あまりトンネルがありません。峠でもかなり急な坂道にして、ムリヤリ道路を通しています。そういう峠道のてっぺんには、なぜか検問所があって、おまわりさんがバスに乗り込んできます(^^ゞで、私みたいな日本人まるだしの人間は「ああ、おまえはいいよ」的な感じで、顔パスです。(いちおうパスポートみせますが)、タイの人たちは身分証明書を見せるよう求められます。
私が乗っていたバスでは、2名ほど身分証明書がなかったので、バスからおろされて検問所のほうに連れ出されました。突然の出来事にポカーン( ゚д゚)としていると、大雨の中非情にもバスはそのまま出発。どうやらミャンマーからの密入国の取締をやっているようです( ;゚Д゚)その後、その2名はどうなったか知りません。
察しはつくとおもいますが、タイミャンマー国境なんて山の尾根みたいな場所なので、監視の目を盗んでは密入国者が結構入ってくるみたいです(^^ゞ
メーサイ
どうにか、国境の町メーサイに到着。ちょいと高台からみると、こんな感じ
メーサイ・タチレク
なんか完全に一つの町ですね(^^ゞ左手遠くにタイミャンマー国旗がみえますでしょうか?そのへんが、国境付近です
国境の川
国境にはこんな川が流れています。川沿いに食堂がありましたので、食事をとりましたら、子供が川で遊んでましたし、川で洗濯してる主婦の方もおりました(^^ゞただし川を渡ると密入国で捕まるので、だれも渡る人はおりません

さて国境越え、遠方にみえるのがミャンマーのイミグレ(入管)です。
国境(タイ・ミャンマー)
ミャンマーのイミグレで手数料10ドル払って、軍人さんにパスポートを預けます(これが凄い不安(>_<;)
タチレク
タチレクは何もない町でした(--ゞ10分くらいブラブラして、タイに戻ってきました。(^^ゞいちおうミャンマーに行ったことにはなるかな

後で聞いた話によると、タイミャンマーはあんまり仲がよくなく、しょっちゅう国境で小競り合いをしているとのこと。そういう事件があると、報復としてタイ・ミャンマー政府は国境をよく閉鎖します(*_*;)タチレクミャンマー側)に遊びに行って、1週間メーサイタイ側)に戻ってこれなかった日本人の話も聞きました。こわいですね(^^ゞ
あと、ミャンマーのほうがビールカレータイよりうまいと聞きました。(--ゞ次回にとっておこう

まあ貴重な経験でした。みなさんも、ぜひ一度陸路国境越えを経験してみてください。






最終更新日  2007年09月24日 22時33分12秒
2007年07月09日
(^^)今日は温泉旅行の番外編、タイの温泉をご案内します。
場所はタイ北部チェンライから10kmくらいのところです。
s-チェンライ市内.jpg

チェンライ市内から、アジアハイウェイをひたすら北上します。(チェンライ空港方面です)
メンライ王

私は自転車でいきましたが(^^ゞ、車と併走していきます。車が時速100kmくらいで飛ばしているので、命のおしいかたはソンテオをチャーターしていったほうがいいです。
アジアハイウェイ
チェンライ市内での自転車のレンタル料は、たしか100THBでした

バンドゥー・タラート(市場)の北にこういう看板があります、ここを左折します。
かんばん

ひたすらタイの田舎道をいくと、こういう場所に出ます
バンドゥー

中にはいって右に売店があります。ここで「温泉に入りたい」旨告げましょう。
(売店の人はタイ語しか通じません。練習してからいきましょう(^^ゞ
温泉の建物はこんなかんじです。
バンドゥー温泉

日本の温泉ではないので、あまり期待はしないでください(^^ゞ(1回30分:50THB)
ゆぶね
ただし泉質は硫黄泉で、結構いいお湯でした。(^^)

このときの宿泊は、ゴールデントライアングル・イン、名物のナイトマーケットからも近い場所にあります。
ゴールデントライアングル
なかなかいい雰囲気の宿でした(^^)

ちなみにチェンライの空港は、飛行機が欠航・遅延するので有名です。(この日も6時間飛行機が遅れました)旅行で最終日をチェンライにするのは、避けた方が無難です(^^ゞ
チェンライ空港
(^_^)/おしまい

タイ語はこれで覚えましょう(^^)






最終更新日  2007年07月09日 22時05分25秒
2007年06月30日
スワンナプーム空港
↑なんだかんだで最終日です。(^_^)/さよならタイランド

さて9時に運転手さんの指示でロビー集合、11時の飛行機にのるためシェムリアップの空港に向かいます。
カンボジア国道6号線

無事空港到着。なんとここで空港利用料25$を払う必要があることが判明(--#)入国の時はビザ代20$もとりながら!

で、出国審査。そんなに手間かからないと思っていたら、出国審査官がポケットを指差す。「やばい、何か禁制品でも持っていたかな・・(--ゞ」と思い、びくびくしていたら「ジャパニ、いいボールペンもってるね!1$でどうだ?」だから、売り物じゃないっつーの!(--#

カンボジア上空
・・・・・・・・・・(--#カンボジアの空港手強し

さてバンコクに戻ってきました。帰りの日本いきは夜の飛行機なので、とりあえず空港に荷物を預けて(2階と4階にある「Left Baggage」と書かれている手荷物預り所です)バンコク自由行動ということに。残りのお三方は買い物とマッサージで分かれました。

・・さて私といえば、地下鉄にのりladprao駅に降り立っています。事前に連絡とっておいたタイの会計士事務所PanwaAuditingにタクシーで向かいます。事務所に入ると、所長のPrasert Poothongが出てきて日本とタイの賃金・オフィスレンタル・税制など、小一時間程度話をしてきました(英語)(^^ゞというわけで、めでたく提携させていただきました

つぎにladprao駅に戻り、そこからスクンビット駅経由でナナに向かいます。ナナPacific place1にあるSCM International law officeにご挨拶。ちょっと手違いがあって、弁護士のWilliam Chanさんには会えませんでしたが、後日メールで「東京いく用事があるから、そのときに」ということになりました(^^ゞ海外での営業はむずかしい

夕食はアヌサワリーチャイにいって、屋台でクエティオをたべます。30THB
アヌサワリーチャイ

アヌサワリーチャイ近辺で時間ツブし(本当はソイゼロのプールバーに行きたかったが、再開発でツブれてました(>_<))、スリウォン通りで残りメンバーと合流するためにまたバスにのりました。77番のACバスに乗ると行き先を聞いてきます「パイ パッポン」というと「スィッ シッー」(?_?)ん、しっくすてぃー?60バーツかと思いましたが、もう一回ゆっくり言ってもらうと「スィップ スィー」14バーツ(タイ語)(^^ゞあせった、また値上げかと思いました。

スリウォンで残り三人と合流すると、「サラダで2000円くらいボられた」との話、どうも有名なぼったクリレストラン、ソンブー●ディーに連れていかれたらしいです(--ゞ

1時間後、空港にもどり深夜便で帰国。(^_^)/たのしい三日間でした







最終更新日  2007年06月30日 10時05分46秒
2007年06月29日
アンコールワット
↑アンコールワットです。一生に一度は見ておきたいですね(^^)航空写真はこれ

さて6/25は混乱の一日でした(--ゞシェムリアップ(アンコールワットの地元)に行く飛行機にのるため、宿を出発したのが6時。すいすいとハイウェイから、早朝のスワンナプームに到着。(このころ7時くらい)今回乗るバンコクエアウェーズはリコンファームが必要なため、前日のうちに電話:66 (02)2655555(BKK-OFFICE)で済ませておきました(^^)v

チケットをもらってチェックインする(出発まであと30分)・・すると、出国審査が

怒濤の行列

ブースから人があふれかえっている状態。搭乗券には「15分前にゲート閉まります」と、無情なメッセージ。だれがどう考えても、間に合わない状況でした(T_T)前に中国人のツアー団体がいたので「すいません、8時の飛行機に乗るので先に・・」といおうとしたら、「俺達は7時50分の飛行機だ」とあっさり却下。タイムリミット10分(T0T)かなりやばい。やっと順番がくると、こんどは「ディパーチャーカードを預荷物にいれてしまった」と、メンバーの1人が・・・「終わった」(--;)正直、その瞬間おもいました。するとタイのイミグレのお姉さんから、「これ書け」といわれて新しいディパーチャーカードを渡されました。パスポートとディパーチャーカードを奪取すると、1分を切る速記でカードを書いてお姉さんに返す。「Is it All right?」と、血走った目つきでみると「お・・O・K」そのまま出発のEゲートまで、広大なスワンナプームを走り回りました。(映画「ダイハード」マクレーン警部の気持ちが痛いほど分かりました)搭乗手続はすでに終わっていたようでしたが、バンコクエアウェイズの係員にいうと、無線で連絡とってもらってどうにか乗れました(--;たぶん会計士やめても、ツアコンで喰っていけるな

あとは、まったりと飛行機でカンボジアに向かいます(--;)ヒーヒー
シェムリアップ空港
約1時間のフライトで、シェムリアップ空港に到着。カンボジアは到着時にビザが取れるので、20$だしてビザ申請。待っている間、入管係員から「オー!ジャパニ!いい扇子もってるねー!1$で買うよ!!」と、もちものを欲しがってきます(--#)売り物じゃないつーの!余談ですが、ビザ発行に写真(3×4cm)が1枚いりますが、ない人は2ドル払えばOK(わざわざ証明写真とるより、こっちのほうがトクですね(^^ゞ
(「100均で扇子を買っていって入管で売れば、モトとれるんじゃないか?」と発案した人あり)
現地のホテルから手配されたバンでとりあえずチェックイン。ホテルは、国道6号線とシヴァタ通りの交差点近アンコールスターホテルです。ホテルに向かう途中、運転手さんが「俺をガイドにしてくれ$35/日だ」というので、とりあえずOK。ホテルでチェックインをすますと、そのままアンコール遺跡見物に出かけました。
カンボジアのドライバー
かぁわぐちぃ~ひろしわぁ~♪♪(--ゞ古い
ドライバーのHENN VANNAKさんです(^^)日本語OK
私(=丹羽)あてに連絡もらえれば、彼の電話番号とE-MAIL教えます

タプロム
まずはタプロム遺跡といって、気の根っこが遺跡にからまったところ。このころはまだ余裕(^^)vタプロムから、テラスタイプのレストランで昼食を取ります。この移動の間に、地元のガキンチョが「ミスター!1こ1ドル!」としつこく物売り攻撃。これをかわしながらレストランにむかいます。
(なお、カンボジアでは普通に米ドルが使えます。1ドル未満は現地通貨リエルでもらえますが、日本での再両替はできません(^^ゞ

さて、いよいよアンコールワットです(^^)
アンコールワットの階段
第一第二回廊は何ともないのですが、第二から第三回廊にかけてが、かの有名な「地獄階段」角度70度の壁のような階段を、はいつくばるように上ります。猛烈な炎天下の中、拷問に近い状態です(^^ゞまあ頂上からの眺めは素晴らしいですけど。
登りよりもっと怖いのが下り(^^ゞ崖みたいなところを、手すり一つでおそるおそる降ります。あの恐怖は繰り返したくありませんね(--;
アンコールワットレリーフ
頂上には、こんなレリーフもありまして、猛暑のなかゆっくりしました(==;

バイヨン遺跡
最後に、アンコールトムのバイヨンを見て終わり。炎天下で地獄のような遺跡見学でした。

さて、遺跡見学のあとはアンコールモンディアルレストランで14$のバイキングでクメール舞踊を見物。(^^)いやいや、唯一マトモな食事ですな(写真でおみせできないのが残念)

その後、バーストリート(車で5分くらい)に運転手さんに案内してもらって、21:30くらいまでレッドピアノ(【その1】参照)で飲んでおりました。途中、客が急にすくなくなったので「何かヤバイ」とおもい、現地トゥクトゥクを3$でひろって帰ってきました(--;バンコクより高いのは納得いかん。ほかの人たちは、ホテルでマッサージをうけておられたようです(^^)戻ってからは、コンビニでシンハビールを購入(0.5$!激安)コンビニのレジは、US$表示とリエル表示の二本立てになっていて、2.5$のところを間違えて11$(下に11,000リエルと表示)払いそうになりました。なんだかんだいってシェムリアップの夜は、更けていきました。
アンコールスターホテル
結構いいホテルでしょ?(^^)泊まったところ
アンコールスターホテル
(--ゞ部屋は少し散らかしてしまいました







最終更新日  2007年07月09日 20時21分41秒
2007年06月28日
フアラポーン駅
↑タイ国鉄の中央駅フアラポーン駅です(^^)
 ♪ ←タイの国歌はこちら、8時と18時に公共機関で流れます
(流れてる間は、起立していないといけません。日本人も)

さて一晩開けて翌日、4人組はといえば眠いのでとりあえず10時まで宿でまったりしておりました。

そのうち「タイ来たから観光でもしよう」ということになり、ガイド(いつの間にかそうなってしまった)である私めが、タクシーを止めます。せっかくなので、タクシン橋から王宮までエクスプレスボートで、(酔い覚ましに)川からバンコクを眺めようという乙な計画になりました。例の妖しいタイ語で「パイ サパーンタクシン」というとどうやら通じたらしく、そのままシーロム通りを南下、タクシン橋の埠頭につきそうになりますが、何とタクシーはそのまま橋を渡ってしまいます。(埠頭は川を渡らないで、鉄道駅の近くにあります)大慌てで「サタニーロッファイ!(=駅)」というと、何カ所かぐるぐるまわってやっと埠頭にたどりつきました。(50THB)

さてタクシン橋では、あやしいボートツアーがうろついており、それを無視してるとチャオプラヤエクスプレスが到着。船にのると、GPO→ホテル街→ラーマ1世橋→ワットアルンと進んで、酔いが醒めたすがすがしい状態で、王宮近くの船着場につきました。

チャオプラヤエクスプレス

船着場からおりると、タラート(市場)になってまして、市場を抜けるたところで、余りに有名すぎる詐欺師「今日は王宮は休みだよ!」おじさんが声を掛けてきたので、「しっしっ!」と追い払いました。(--ゞ芸歴は永いんでしょうが、そろそろ「ネタ更新しなよ」と思いました。

さてプラケオ(旧王宮)に到着します。うち一名の方が、半ズボンであることを指摘され長ズボンに履き替え命令をうけました。(意外に身なりに厳しいプラケオ)航空写真はこちら
ワットプラケオ

プラケオ見物が終わると、お昼ご飯。ヤワラー(中華街)にある海外天魚翅酒樓にいきました。ここではフカヒレが300THBで食べられるので、おすすめです。(とはいえ今はバーツ高だから、値頃感は一時期より薄れました(^^ゞ

つぎに「買い物がしたい」というリクエストでカオサン通りに向かいます。(ちょっと戻る形ですね)さてカオサンにいってびっくり、ジャージが200THB・シャツが400THBなど日本と変わらない物価になりつつあります。テラス式のバーが幅をきかせて、そこで頼むコーラも40THB(--;ぅわぁ高っ。バックパッカー=カオサンという図式は、もはや過去のものらしいですね。(T_T)でも両替のレートだけは、今でもいいみたいですよ。

カオサン

カオサンが余りになにもなかったので、しょうがないからMBKに移動。3人組といったん別れて、赤バス(7THB、これに乗らないとバンコク来た気がしない(>_<)で宿にもどりメールのチェックなどします。

さて夜の部、今度はアヌサワリー・チャイ(戦勝記念塔)にあるサキソフォンにむかいます。(アヌサワリー駅南東広場の、南側に面したライブハウスです)日本のノリで頼みまくったら、どう考えても2人分の食事が出てきてパニック状態!でも500THB程度だから、やはり安いっすね(^^)食事中にライブが始まりましたが、中座させてもらってBTS経由でナナ方面に向かいました。

ナナで3人組と別れ、ひとりパッポンの立ち飲み(ゴーゴーではありません(^^ゞで、また大量に酒(メコンウイスキーとビアシン)を飲んで、そのまま、またひとりトゥクトゥクで宿に戻りました。






最終更新日  2007年06月30日 13時24分21秒
スワンナプーム空港
↑スワンナプーム新国際空港。できたばかりですね(^^)「歩き方」にものってません

さて、なんだかんだいいまして全員14時に成田集合。チェックインをすませ16時のJAL便に搭乗しました。

バンコクまでは5時間のフライト、やることもないので、(以前ご紹介した)M1000をタイ仕様に設定。ONE-2-CallのSIMを入れて、次のように接続先を設定しました。


「コントロールパネル」→ネットワーク設定」→「プロファイル」で「新規」
 アカウント名:one-2-call(←適当でいいみたいです)
 ベアラ:「GSM回線交換」  ユーザー名:AIS パスワード:AIS
 電話番号:*99#

「詳細設定」→「IP/DNS」
 「DNSアドレスの自動取得」→チェックを外す
 プライマリDNSサーバ:202.183.255.020
 セカンダリDNSサーバ:202.183.255.021

※)ちなみにパソコン通信に使うには、以下の設定になります
  
(携帯側)
 プロファイル:AIS APN:internet 認証タイプ:PAP
 ID: PW: (いずれも不要)

(PC側)
 ユーザー名:ai@connect   パスワード:connect
 ダイヤル:*99#

バンコクに到着。さて、携帯を入れて*120でアクティベートしてみると見事にAIS(タイの携帯会社)通話OK。(^^)これでかなり電話代が浮きます。ついでに、*138に電話して、10時間のインターネットサービス(50THB)を設定。E-メールも読めるようになりました。(^^)これで、重いノートPCを持たなくてすみます。

入国手続と税関をくぐると、おむかえコーナー。旧ドンムアン空港のときは、すさまじいタクシーの客引きの嵐だったのが、うそのようにおとなしくなってます。タクシーを予約すると、宿シーロム・アベニュー・インにチェックイン。(すでに23:30くらいでした)JAL便のなかで、ジャック・ダニエルを飲みまくってしまったせいで、カラバオ(タイの有名歌手、むこうの北島三郎みたい)を運転手さんに熱唱サービス。かなりウケてました。でもシッカリ500THBとられました(^^ゞ400THBが相場みたいです。

その後「シーロムに飲みに行こう」という話で、シーロムにlet's go!私はといえば・・バーでさらに酒をあおったら流石に気持ち悪くなり1:00くらいにトゥクトゥクにのって帰ってきました。「歩き方」にのってるタイ語「サームシップバーダイマイ?」で30THBにて交渉。距離でいえば目と鼻の先1kmなんで、歩いても帰れます。でも、深夜のバンコクをうろつく勇気がないのと酔った状態で大通りを横断する勇気もないので、安全代だとおもって乗っちゃいました(^^ゞバンコクのトゥクトゥクは観光用なので、あんまり使わないのですが、いちおうタクシーの初乗りより安いからいいかな・・と

後発メンバーは1:45くらいに宿に帰ってきました。タクシーでボられた(100THB)という話でした(^^ゞうーん、この先どうなるやら







最終更新日  2007年06月29日 21時52分05秒
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.