000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

●世田谷区の会計事務所で会社設立●

PR

プロフィール


●さすらいの節税人●

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

東京都練馬区 社会… 代書屋sr▼・ェ・▼さん
<ししぃの館> Sissi@管理人さん

全8件 (8件中 1-8件目)

1

登山

2009年06月14日
XML
カテゴリ:登山
さて問題、ココはどこでしょう?スマイル
成城崖地

じつは成城にある緑地です。

今日午前中は仕事していましたが、午後は蒸し暑かったので
近所を散歩がてら歩いていたら発見しました。こんな所にあります。

成城4丁目は崖地になっていて、
こうした緑地がけっこう残っているようです。

散策にはよいですねウィンク

ウィンクでは!

ブログランキングバナー←ぽちっとお願いしますスマイル






最終更新日  2009年06月14日 16時49分10秒
2008年01月05日
カテゴリ:登山
(^^)また丹沢にいってきました。今回は鍋割山

 甘く見て軽装でいったのですが(--;)バス停から登山口まで歩いている途中、ちらちらと白い雪が・・・こりゃもしかしたら雪山か・・とおもいましたがだんだん晴れてきました(^^)日頃の行いの成果ですな

 後沢乗越という尾根筋の鞍部まで、かなりの急登坂。そこからぐんぐん登っていくのですが、登りは余裕で途中「おお!頂上だ!(^^)楽勝♪」とおもっていたら、そのむこうに別の頂が・・こんなことを3~4回くりかえして、やっと本当の頂上につきました(--ゞ

 鍋割山頂上にある鍋割山荘のご主人は、100キロボッカで有名な草野さん。ここの山荘の名物「鍋焼きうどん(¥980)」をいただいて、帰りは大倉尾根経由で帰ってきました(^^)v積雪もなくて快適!晴れ渡って眺めは最高でした(^^)!







最終更新日  2008年01月05日 19時49分02秒
2007年09月22日
テーマ:山登り(183)
カテゴリ:登山
また今日も丹沢に行って来てしまいました(^^ゞ

ただ気温が30度ちかくあったので、本当の夏山登山です。(シャツで汗が絞れます)こういうときはこまめな水分補給と、塩分摂取につきますね(^^)b
とくに塩分がおおいお酒のつまみ系をもっていくと、歩きながらの塩分摂取もOKです(^^)むろんお酒はもっていきませんよ

さて、丹沢の塔の岳から大倉という集落まで、尾根筋がのびているのですが、これが有名な「大倉尾根(通称:馬鹿尾根)」なんで馬鹿尾根というかといえば、あまりにだらだら長いので、馬鹿尾根というありがたくない名前を冠せられています(^^ゞ

さて、この大倉尾根。あなどるなかれ標高差約1200mあります。都内から日帰りの電車でいける、これだけの高度差がある尾根というのはおそらくここくらいでしょう。とにかく数カ所、ガレ場があって冷や汗ものですが、あとはひたすら階段と坂道を降りてくるという単調な尾根です。(登るほうは大変でしょうけど(^^ゞ

みなさんも一度はチャレンジしてみては?(^^)ではでは






最終更新日  2007年09月22日 20時57分12秒
2007年09月18日
テーマ:山登り(183)
カテゴリ:登山
昨日、丹沢の大山にいってきました(^^ゞ写真はありません、あしからず

いつもどおり、秦野駅からヤビツ峠行きのバスに乗ろうとしましたところ、8時18分発のバスがすでにでてしまいました。(本当は塔の岳にいくツモリでした)

やばいな(--ゞ歩くの遅いし、秋だから日暮れも早いし・・とおもって呆然としていると、終着点ヤビツ峠からもう一方にのびている登山道が。みると「大山」とかいてあります。
「大山いったことないから、こっちにしよう」と、安直に上ってきました。

ただ地図でみると、標高は三ノ塔(1205m)より高い1251m。まあでも、登りは余裕で途中一カ所軽い鎖場があった程度で、サクサク登れました(^^)v

山頂につくと・・すさまじい嵐
台風みたいな暴風になってきました・・こりゃヤバイな(^^ゞとおもい、早々に撤収。
下りは大山下社(ケーブルカー駅あり)にむけて歩きました。登りより下りのほうが、はるかにキツいです(--ゞとにかく滑りやすい岩場、ガレ場の連続で這々の体で暴風雨の中下山してきました。降りてくると、不思議な現象が・・

・・・なぜか下社につくと、晴れてました(@_@? 

さすが雨降山の異名を持つ大山。山頂だけ天気があれてました(^^)おしまい









最終更新日  2007年09月18日 22時44分23秒
2007年05月12日
カテゴリ:登山
三の塔から富士山

前回ひどい目にあったので、本日は万全の体制でのぼってきました(^^ゞ
とくに気を付けたのは登り方なんですが、膝より前にかかとがこないように登ると、息切れせずに登れます。ちょうど、膝から下の足を力を抜いてもちあげて、そのまま地面におろす動作をくりかえす感じ(=膝で登る)です。

アンチョコはこちら↓


下りがまだ苦手です(^^ゞ






最終更新日  2007年05月12日 19時49分32秒
2007年04月30日
カテゴリ:登山
fuji.JPG
休みを利用して、丹沢にいってきました。(^^)

ちょっとインターバルがあるので、キツいかな、と思っていたのですが
案の定・・めまい・たちくらみ・おまけに、こむらがえり
最悪の状態で生還しました(^^ゞいまも、こむらがえりです

あとで調べてみると、塩分が不足すると
同じ症状になるようです。

昨日は花立小屋あたりで、心筋梗塞の急病人が出て
ヘリも飛んだとのこと・・・体調管理は万全にしたいものです(^^ゞ






最終更新日  2007年04月30日 21時15分32秒
2006年11月05日
カテゴリ:登山
金曜にまた丹沢にいってきました(^^ゞ
とくに丹沢マニアというわけではなく、

 ・自宅(成城学園駅)から、電車1時間で近い
 ・変化にとんだコースがあって、いろいろ楽しめる
 ・エスケープルートがあり、天候の急変があっても問題ない
 ・1日で3kgくらい痩せるので効率的ダイエット
 ・・・・名前が似てるから(丹羽←→丹沢)

・・という理由でよくいってます。出発駅で丹沢フリーパス
(成城学園駅:1330円)
を買うと、電車・バスのチケットが一緒になってキップを何度も買わずに済んで便利です。(しかも割引料金です)
表尾根(三之塔から)
←けっこう眺めいいでしょ?(三之塔からの下り道)
右手奥、山頂に雲がかかっている山がこれから向かう塔之岳です

ご覧の皆様には、特別サービスで
いちばんスリルある行者岳のシーンをおみせします
行者岳の鎖場(上から)
←鎖場です。ちょっと混雑してますねぇ(^^ゞ

行者岳の鎖場(下から)
←下から見るとこんなかんじ
行者キレット
←鎖場を通過するとキレットが待ってます

ここは、年何回か滑落事故があるらしいのですが、慣れてくると
ひょひょひょい♪と通過できます。ぜひいってみてください、
アスレチックみたいで結構たのしいですよ(ォィォィ

で、お昼くらいに山頂に到着塔之岳山頂
←チョット天気悪いですね。
この日、塔太郎(=山頂に棲んでる鹿)は、いませんでした

後はダラダラながい大倉尾根(通称:『ばか尾根』といいます)を
降りて帰りました
大倉尾根
←結構急な下りです(山頂から麓まで、標高差1200mあります)

・・しかし、今日になり遅発性筋肉痛に悩まされております


まあ、よい運動でした(^^)

山と渓谷社歩き方~体力に自信がない私でも、そんなにラクラク歩けるの? 044020←山歩きの参考書です
これを読んで歩いたら、けっこう登りが楽になりました。
タイムも1~2時間短縮できました。山登りも奥が深いですね(^^ゞ






最終更新日  2006年11月06日 09時14分09秒
2006年09月12日
カテゴリ:登山
060910_133226.jpg

日曜日に塔ノ岳(丹沢)に登山してきました(^^)
ヤビツ峠までバスでいき、いつもどおり、三の塔→烏尾山→行者岳→新大日
とめぐり、お昼には塔ノ岳に到着

いつもだと、ここで大倉尾根に降りるんですが、今回は趣向をかえてユーシン
のほうに降りてみました。塔ノ岳をどんどん降りていくと、途中に水場(不動
清水という名水、冷えていてオイシイです)があり、鍋割から来た方とちょいと歓談。
その後もぐんぐん降りると、登山道もなだらかになり(上写真)実に静かな
丹沢の山歩きを楽しめました。

山道は1時間ほどでしたが、その後林道あるきがかなり長かったです(*_*)3時間くらい
途中、何カ所かライトなしの真っ暗な手彫りのトンネルがあり(おまけに天井に
観音様の絵が描かれている不気味なトンネルも)肝試し状態で降りていきます。

注意していただきたいのは、玄倉のバス停。ちょうど17時のバスがいってしまい
18時のバスまで1時間以上待ちました(T_T)このルートが人気ない理由が
なんとなくわかりました。







最終更新日  2006年09月12日 22時34分14秒
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.