310065 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

にわのにわにはつとむがいる

PR

Profile


丹羽つとむ

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

こんにちわ。"にわ つとむ"です。
自分は人との出会いに支えられて
生きてきた人間だと、つくづく思います。
このWEBサイトを見ていただいている方とも
ある意味出会いなのかもしれません。
本当にありがとうございます。

ある小説に書かれていた文章がありました。
「人間は死ぬ時
愛されたことを思い出すヒトと
愛したことを思い出すヒトにわかれる」

自分はどちらかと考えた時
“愛されたことを思い出すヒト”
だと思います。やっぱり出会いに
支えられて生きてきた人間だから…。

でも“愛したことを思い出すヒト”
になりたいです。本当は…。
“愛したことを思い出すヒト”に
なれれば、素敵な深みのある役者に
近づけるのではと思います。

みなさんはどっちですか?
September 9, 2018
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

rblog-20180909002226-00.jpg


諦めずに夢を追い続け、映画『審判』の主演を射抜いた俳優のストーリー

番組名

 八木亜希子 LOVE&MELODY



番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

きょうは何度も役者の仕事を諦めかけながら、思いとどまって続けた結果、40代で初めて映画の主演に抜擢。海外上映も決まった男性俳優のグッとストーリーです。

映画『審判』で主演をつとめた にわつとむ さん

ドイツの作家、フランツ・カフカの小説をもとに、イギリス人のジョン・ウィリアムズ監督が舞台を現代の東京に置き換え、日本人の俳優を使って、日本語で撮った映画『審判』。

30歳の誕生日を迎えた「銀行員K」が朝目覚めると、そこに立っていた2人の見知らぬ男に、突然「逮捕」を告げられる不条理劇を、ブラックユーモアとサスペンスを交えて映画化したこの作品は、6月末から渋谷の映画館で3週間にわたって上映され、大きな反響を呼びました。

映画『審判』プレミア試写会での集合写真

主人公を演じたのが、俳優の にわつとむさん・43歳。初日の舞台挨拶でこうコメントしました。
「もうウルウルしています。何度も俳優を辞めようと思って、20数年やってきました。今日、ここに立てていることが幸せです。人生懸けた映画、楽しんでください!」

「ここに立てていることが幸せ」と語るにわさん。万感の思いが感じられる

兵庫県・西宮市出身のにわさんは、中学生のときに観たドラマ『北の国から』に感銘を受け上京。
慶応義塾大学に在学しながら、ある若手人気俳優の付き人として3年間修行しましたが、事務所から「このままマネージャーにならないか」と打診されて固辞。今度はお笑いの道に入ります。

「コントなら、芝居の勉強にもなるかなと思って」と言うにわさんは、コンビを組んで活動。
「“役者もできる芸人”を目指していた頃に、ジョンと出逢ったんです」

イギリス人映画監督のジョン・ウィリアムズ氏

小津安二郎監督の作品など、日本映画に憧れ30年前に来日。大学で講師をしながら自主映画を撮っていたウィリアムズ監督。劇場公開第1作の出演者をオーディションで募集し、にわさんは興味を持って応募しました。ウィリアムズ監督は、演技に対して真剣に向き合うにわさんを気に入り、準主役に抜擢。

さっそく撮影に入りましたが、地方ロケの間は芸人の仕事はできず。ある日、コントライブを終えた後、にわさんは相方に突然こう切り出されました。
「オレ、今日を最後に、芸人辞めて田舎に帰るわ……だってお前、俳優になりたいんだろ?」
にわさんのロケ先を訪ねたとき、すべてを察した相方は泣いていました。「彼とは今も友達です」と言う、にわさん。

映画『審判』撮影のようす

コンビを解散し、フリーの俳優として活動することになったにわさん。ウィリアムズ監督の映画を観たディレクターから声が掛かり、NHKの朝ドラに脇役で出演。
その頃、結婚もしましたが、事務所には恵まれず、仕事もだんだん先細ってきました。そんなとき、共働きで支えてくれた奥さんがガンに……。

「オレ、役者辞めて就職するわ」と告げたにわさんに、奥さんはこう言いました。
「本当にそれがあなたのしたいことなの?」……そこで、ハッ! と我に返ったにわさん。

映画『審判』からのワンシーン

幸い、奥さんのガン手術は成功。あらためて本当にやりたいことを見つめ直したとき、真っ先に浮かんだのがウィリアムズ監督との映画作りでした。
1作目に出演して以来、ずっと付き合いを続けていたにわさん。5年前に二人で始めたのが、カフカの『審判』を映画化するプロジェクトでした。

映画『審判』プレミア試写会の様子

日本に来て30年のウィリアムズ監督。今の日本が『審判』が書かれた第二次大戦前のドイツに似ている、という思いから映画化を決めました。
二人は知り合いの役者を集めて、まずは舞台公演を行い、それを叩き台に脚本を練り上げていきました。理想の俳優をオーディションで集め、足りない資金はクラウドファンディングで調達。

映画『審判』の撮影風景

「難しい役でしたが、役になりきって、役の中で生き続けようと心掛けました」と言うにわさん。
めったに褒めてくれないウィリアムズ監督が、粗(あら)編集を終えたあと、興奮して電話をかけてきました。「ツトム! 君の演技は素晴らしいよ! 画をつないだだけで演技がすべてを物語っている。これはツトムの代表作になる!」

「役の中で生き続けようと心掛けた」と撮影の心境を語ったにわさん

にわさんは言います。「僕はこの映画ですべてをさらけ出したので、一度たりとも嘘をついていません。お客さんに『いい映画をありがとう』と言われたのは初めてです。役者を辞めなくて本当によかった……」

八木亜希子 LOVE&MELODY
FM93AM1242ニッポン放送 土曜 8:00-10:50

聴き逃してしまったあなたは、下のバナーをクリックしてradikoのタイムフリーで聴いていただくことができます。









Last updated  September 9, 2018 12:22:28 AM
コメント(0) | コメントを書く

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

にわつとむ@ Re:雑誌「日本映画navi」(05/02) CHIEZO- さん コメントありがとう! 返信…
にわつとむ@ Re:フューチャーされました。(05/08) かょさん ありがとうございました! おか…
かょ。@ 足跡も爪痕も! 残せてますよo(^o^)o お疲れ様でした、パ…
かょ。@ もっと沢山書いてくださいヽ( ・∀・)ノ 渡仏お疲れさまです。 ツイッターでにわさ…
CHIEZO-@ Re:雑誌「日本映画navi」(05/02) いってらっしゃい!! 気をつけてね。 あ…

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.