380575 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ふだん着物ぐうたら着物 oumatyanの日記

PR

全315件 (315件中 311-315件目)

< 1 ... 27 28 29 30 31 32

★☆着物☆★

2009.10.22
XML
カテゴリ:★☆着物☆★
今日、配達の方が来たとき、着物着たまま出て行くと、とてもびっくりされてしまいました。
「踊りをされているのですか?」と訊かれ、
「いっ、いえ特に」と答えた後、何と言っていいか分からず無言で押印するわたしでした。

こういう時ってなんて答えたらいいんでしょ。
「着付けの練習です」とか、
「着たかったから着ただけです」とか、
「きもの教の信者です」とか、
どれもおかしいですね。
あたりさわりない答えありましたら、お教えください。
といっても、何もないのに着物着てる時点であたりさわりがあると思われていたりして・・・。






最終更新日  2009.10.23 02:38:49
コメント(6) | コメントを書く


2009.10.20
カテゴリ:★☆着物☆★
今日は、『きもの日和』という本を読んでました。

宇野千代さんが自らデザインした着物の写真と素敵なエッセイが掲載されています。
昭和30年代にデザインした作品も、雑誌の写真という形で掲載されていて興味深いものがあります。

宇野千代さんというと、桜が大好きな方で、桜のデザインが多いのですが、花を描いた桜、枝付きの桜、花びらを描いた桜とさまざまあります。

私の気に入ったのは、「桜吹雪スミぼかし」という作品で、白っぽい地に納戸色の濃淡の花びらが散っているというもの。
裾近くは花びらがたくさん描かれていて色も濃いもの、上に行くにしたがって花びらが少なく色も薄いものにと、花びらでぼかしが表現されています。それは花びらが積もっていく光景のように描かれています。

桜以外の柄もたくさんあって、小さな白い四角を流れるように散らした「石畳」という作品も素敵。
札幌をイメージした樹木を刺繍した訪問着と袋帯も素敵です。冬でも白を着るのにピッタリな雰囲気です。

エッセイも、宇野千代さんと着物のかかわりの歴史、着物への思いが綴られていて読み応えがあります。

気に入った一文を引用します。

「装いの心構え」という章の冒頭です。
 お洒落は、とても大切なものです。その人の生き方を表現することだからです。
 ただ単に、流行の洋服を着ることでも、値段の高いものを着ることでもありません。
 身を整えるとは、心を整えることなのです。


    きもの日和







最終更新日  2009.10.20 17:38:26
コメント(2) | コメントを書く
2009.10.18
カテゴリ:★☆着物☆★
今日はきもの文化検定の日でした。

たいして勉強してないくせに、一生懸命着物を着て受験しました~スマイル

まず午前中に4級(70%正解だと4級合格、60%正解だと5級合格らしい)受けました。
4級は、いちおうOKと思います。

午後から3級です。
こちらは、難しい問題も含まれてます。

例えば、
 問62 次の色のうち、歌舞伎役者に因んだ色でないのはどれですか。
  (1)芝習+元色
  (2)団十郎茶
  (3)海老茶
  (4)路考茶
う~ん、分かりません。テキストに書いてたでしょうか?それすら分かりません・・・。

あと、テキスト外からの出題と思われるのが、
 問100 京都の舞妓さんが芸妓になることを独特の言葉で言い表します。次の中から選びなさい。
  (1)衿替え
  (2)一本立ち
  (3)髪直し
  (4)衿直し
これは知ってたの、ラッキー!NHKの「だんだん」見てたら出てきたので。迷いなく(1)をマークしました。

というように、広い範囲から出題されてます。
染めや織りの工程のこととかも、覚えたつもりでもコレって何染めの特徴だったっけとごっちゃになってしまってました。

明日、正解がホームページに掲載されるそうなので、自己採点してみたいと思います。

興味のある方は、きもの文化検定ホームページをご覧下さいね。

最後に、コレで受験に行きました。
お気に入りの無地紬です。
やや青みが強く写ってるかな、もすこし紫っぽいです。

60分と90分の試験を終え、百貨店に寄ってから帰ったところをチクワに撮ってもらいました。
ぐだぐだな着物姿で申し訳ないです。

移動は自分で運転して行きました。
下駄は危ないので、スニーカー履いたら足袋のせいでとっても履きにくかったワ。
あ、もちろん車降りたら下駄に履き替えましたよ、念のため。

DSCF13133.JPG






最終更新日  2009.10.19 00:30:27
コメント(4) | コメントを書く
2009.10.07
カテゴリ:★☆着物☆★
秋といっても暑いわ~と思っていたら、今週から急激に寒くなっちゃったびっくり

少し前に買っておいた厚地木綿着物を取り出しました。

寒いので、ハイネックカットソーの上から着ちゃいました~。

黒水玉綿着物.JPG
(鏡に映った姿を撮影してるので、衿の合わせ逆ですが気にしないで)

家の中だから誰も見ないしいいのだー!と思ってたが、スーパーに食品買いに行くのに着替えるのメンドーでこのまま行っちゃった。

恥ずかしー誰も見るなよーと思いながら、うつむいて小走りで買い物済ませて帰ったよ。誰か見てると思うけど・・・。

レビューにも書いてるんだけど、まさに普段着、ごろ寝もOKな着物です。
汚れてもいい着倒し用にピッタリですね。

気に入ったので、藍とグレーの縞模様も買いました~。
縞は少し生地の感じが違うらしい、届くの楽しみハート(手書き)

こちらの商品デス。新柄も続々出てるので今後もチェックしたいと思います。

  秋のお出かけは「綿きもの」がぴったり!新柄登場★送料無料 【楽天国際配送可能商品】【きょ...

それにしても、人に見られても恥ずかしくないように綺麗に着たいなしょんぼり






最終更新日  2009.10.17 03:11:55
コメント(6) | コメントを書く
2009.09.30
カテゴリ:★☆着物☆★
シルバーウィークに姉の家に遊びに行きました。

予告せずに着物を着ていったら、びっくりされたけど悪い反応じゃなかったのでひと安心ウィンク

夕方に着いてその日は酒宴。。

翌日朝からお出掛け、広島県の瀬戸田町という所に行きました。
JRに乗って三原駅へ、そして三原港から快速船で生口島へ渡ります。

しかし家を出るのがギリギリに、皆出掛ける用意ができているのにお姉ちゃんだけなかなか支度が出来ず・・・。
駅に着いたら乗るべき列車がもうホームに着いてて大慌て!!
私は着物姿なのに、走って改札を通り抜け、階段を駆け上がり、駆け下りて、なんとか乗れました。

DSCF12288.JPG
昭和レトロな雰囲気の瀬戸田町の町並み。。

DSCF12422.JPG
耕三寺にて。

耕三寺博物館は、とても広くて色んなところがありました。
たくさんの鮮やかな建物、仏教美術や茶道美術、地獄絵や石に彫った仏像がたくさんある千仏洞という長い洞窟、広さ5,000平方メートルにもおよぶ白い大理石の庭園、その中にあるおしゃれなイタリアンレストラン、穏やかな瀬戸内の景色が望めます。

DSCF12544.JPG
大理石の庭園「未来心の丘」にて姪っ子と。

お土産を買って、平山郁夫美術館へ。
「秋の特別展 幻想美の世界」開催中でした。
少し疲れていましたが、独特の世界にうっとりです。

この日はとても日差しが強くて、暑くて汗だらだらの中、たくさん歩きました。

実は着物でお出掛けするのは、まだ4度目です。
着付け教室の式典、夏のお食事会、結婚式がこれまでのお出掛けなので、
こんなに歩き回って、長時間着物を着ていたのはこれが初めてです。

でもお気軽木綿普段着なので、とってもラクで楽しかったです。
草履でもすごく歩きやすかった。靴より足が疲れないようです。

また着物でお出掛けしたいものですスマイル

この日着ていた着物は、きもの ほ乃香さんのオリジナル木綿の着物

帯はヤフオクにて落札した手作り木綿帯。
長襦袢代わりには、小町カレンさんのコチラ

草履は、キモノ 仙臺屋(和織染) 2号店さんで共同購入した999円びっくりの草履(足袋より安い草履って・・)。
足袋は、アンティークきもの屋小町さんの小紋柄足袋
です。

髪をまとめてるバレッタも楽天で購入しました。
すごい楽天ラバーですねハート(手書き)






最終更新日  2009.10.09 01:45:00
コメント(0) | コメントを書く

全315件 (315件中 311-315件目)

< 1 ... 27 28 29 30 31 32


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.